ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子ブックレット(製造マネジメント)」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の「電子ブックレット」紹介記事一覧です。

電子ブックレット(製造マネジメント):
勝負を分ける3Dプリンタ特許
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、人気記事「勝負を分ける3Dプリンタ特許」をお届けします。(2015/5/4)

電子ブックレット(製造マネジメント):
技術者が“サラリーマン経営者”を見限るとき――躍進する中国自動車産業界を支える“侍エンジニア”
日本では新興国への技術流出を懸念する声が上がっているが、視点を変えてその背景を見ると、むしろ日本の抱える課題が浮き彫りになってくる。(2014/11/12)

電子ブックレット(製造マネジメント):
「SiC」と「GaN」、勝ち残る企業はどこか?
品質やコストと並んで、設計開発者が関心を持たなければならないのが、「特許」だ。製品設計の前段階から、自らの新たな視点に基づく特許出願を心掛けることが重要だが、まずは技術者が自ら特許について調べるためのヒントが必要だろう。本連載では、特定分野を毎回選び出し、その分野に関する特許の企業別、国別の状況を解説しながら、特許を活用する手法を紹介する。(2014/10/27)

電子ブックレット(製造マネジメント):
PLMや3次元CADって本当に効果があるの?
長い不況を抜け、ようやく明るい兆しが見えてきたニッポンの製造業。しかし、国際競争の激化や消費者ニーズの多様化により、「作れば売れる」時代は過去のものとなった。いかに売れるものを素早く市場投入するかが勝負の現在、PLMという視点から製造業のあるべき姿を考察する。(2014/10/20)

電子ブックレット(製造マネジメント):
良い営業、普通の営業、悪い営業、嫌な営業
日本が世界に誇るモノづくり文化の中で、おそらく最も地味な役回りを演じているのが生産管理部門だ。彼らはどんな苦労を抱えて日々の仕事をこなしているのか。普段聞くことのできない彼らの本音を語ってもらった。(2014/10/14)

電子ブックレット(製造マネジメント):
CFRPの知財マップ/炭素繊維で世界シェア7割を占める日本企業の知財勢力図は?
炭素繊維強化樹脂(CFRP)の原料として注目を集める炭素繊維(CF)。その世界市場の7割を日本のメーカーが握っている。CFRPとCFの知財動向をチェックする。(2014/9/29)

電子ブックレット(製造マネジメント):
“みんなここにいる”の強さ――長野発「ソニーのVAIO」が尖り続ける理由とは
ソニーは2010年にPC「VAIO」の事業本部を長野の製造拠点に統合する決断を行った。“都落ち”にもかかわらず輝き続けるVAIOの秘密はどこにあるのか。小寺信良が長野県安曇野市にある、ソニー長野ビジネスセンターを訪ねた。(2014/9/24)

電子ブックレット(製造マネジメント):
なぜ、パナソニックは有機EL照明事業開発に熱心なのかを推察する
読者の方々の関心が高い有機EL技術について、もう少し掘り起こしてみることにしましょう。今回は出願年に注目したいので商用データベースを試用しています。(2014/9/16)

電子ブックレット(製造マネジメント):
サムスンになれなかった日本の製造業
自社の製品開発戦略をしっかり把握しているでしょうか? 製品開発・生産技術の効率化を追求していたとしても、しっかりとした戦略とマネジメント意識がなければ意味がありません。本連載では、マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考えていきます。(2014/9/8)

電子ブックレット(製造マネジメント):
試作品の数を劇的に減らす直交配列実験の実務
品質管理のための代表的な統計手法である実験計画法について、実践的な手法を短期間に習得したいと希望している読者に向けて、Excelを使って効率的に独学できるような解説を行う。(2014/8/6)

電子ブックレット(製造マネジメント):
ドラえもんの動力源に最適!? “手のひらガスタービン”が描くエネルギーの未来
手のひらサイズのガスタービンには、日本のエンジン製造技術の粋とエネルギーの未来が詰まっている。いままでの常識を超えた発電機の開発はどのように行われたのだろうか。(2014/7/25)

電子ブックレット(製造マネジメント):
恐るべきIBMの知財戦略、なぜ太陽電池に賭けるのか?
米IBMは太陽電池の開発に熱心に取り組んでいる。IBMはICT企業であり、エネルギー関連のハードウェアは守備範囲外のはずだ。なぜ太陽電池に取り組んでいるのか。さらに太陽電池の開発・量産では先行する企業が多く、今からIBMが開発を進める理由が分かりにくい。今回の「知財で学ぶエレクトロニクス」では、IBMの知的財産(知財)戦略において、太陽電池がどのような位置を占めるのかを、特許出願状況の調査と併せて解説する。(2014/7/18)

電子ブックレット(製造マネジメント):
マグネシウムが変えるか、日本のエネルギー問題
「電気は貯められない」。現在のエネルギー政策は、この主張が大前提になっている。だが、東北大学未来科学技術共同センター教授の小濱泰昭氏は、この主張に真っ向から異議を唱える。太陽光でMg(マグネシウム)を精錬し、Mgを組み込んだ燃料電池に加工する……、こうして、電力を物質の形で蓄え、輸送し、新しいエネルギー循環を作り上げられるという。同氏は実際に機能するMg燃料電池も開発した。(2014/6/19)

電子ブックレット(製造マネジメント):
その製品が売れないのは「良くないから」だ――一橋大学米倉教授
日本の製造業の競争力低下に対する危機感が叫ばれているが、競争力を生み出すイノベーション創出にはどのように取り組むべきだろうか。イノベーション研究の第一人者である一橋大学イノベーション研究センター教授の米倉誠一郎氏に聞いた。(2014/6/4)

電子ブックレット(製造マネジメント):
「アップル、サムスン以外はみんな危機」再生請負人が見た民生電機
アリックスパートナーズは、民生用電子機器市場に関する調査結果を発表し、同業界の56%の企業が財務上危機的な状況にあり、業界全体が危機を迎えているという見通しを示した。(2014/5/27)

電子ブックレット(製造マネジメント):
上司のOKを取りにいく。必要なのはこの2枚
モノづくりエンジニアの努力はなぜ評価されない? モノをいう、組織を動かすエンジニアになるための必須要件「プレゼン力」を基礎から身につけよう。(2014/5/19)

電子ブックレット(製造マネジメント):
作業のバラツキを減らしたいなら“シックスシグマ”
現場改善支援のプロとして、改善プロフェッショナルの育成にこだわりを持ち続けるコンサルタントが贈る現場改善力再生のヒント集。個々人の現場改善能力を3つのタイプに分類し、それぞれに合った処方箋をお届けする。(2013/11/22)

電子ブックレット(製造マネジメント):
コア技術の現地開発に乗り出す日産、重い腰を上げたトヨタの本気度
日産は2012年1月から広州・花都で製造ロボットを導入して自動化率を高めた第2工場を稼働させる。中国市場で負け組に入りつつあるトヨタも同じ1月から現地生産・調達の推進や新興市場マーケティングに向けた組織改編を行う。グローバル開発・製造に向けた自動車メーカーの動きを読む。(2013/11/21)

電子ブックレット(製造マネジメント):
原子力発電所をめぐる日米欧企業連合 vs. 韓国連合の戦い
脱石油エネルギーの1つとして注目を集める原子力発電。国を挙げての競争が激化する業界を知財マップで見てみると……(2013/11/20)

電子ブックレット(製造マネジメント):
当たらない需要予測とうまく付き合う法
今日の製造業が抱えている根本問題は「大量・見込み生産の体制を残したまま、多品種少量の受注生産に移行しようとしている」ことにある。生産計画を困難にするさまざまな要因を乗り越え、より良い生産計画を実現する方法を検証してみよう。(2013/9/24)

電子ブックレット(製造マネジメント):
メイド・バイ・ジャパンのクルマが売れなくなった――中国高級車市場でドイツに負ける理由
中国でドイツの高級車メーカーが多大な利益を稼ぎ出している。世界最大の高級ブランド市場に成長しつつある中国で、実は日本車が売れなくなってきているようだ。その理由を探る。(2013/9/17)

電子ブックレット(製造マネジメント):
世界が注目するEVベンチャー“テスラ”の実力は?
EV関連技術の開発競争が熾烈(しれつ)を極める中、注目を集める米テスラ・モーターズ。一体どんなポジションを狙っている?(2013/9/11)

電子ブックレット(製造マネジメント):
分かってもらうための社内稟議プレゼンは3ステップで
上司や役員に分かってもらうプレゼン作りにはコツがある! 思いを詰め込みすぎて失敗した経験のあるエンジニアは必見(2013/8/30)

電子ブックレット(製造マネジメント):
品質向上はトヨタが“反面教師”――“企業風土に見合った経営”を徹底する現代自動車
日本市場以外で高い成長を見せる韓国の現代自動車。取材から見えてきたのは、為替差益やマーケティング力だけではない、日本企業を反面教師とした経営方針だ。(2013/8/23)

電子ブックレット(製造マネジメント):
悪夢のような“製販調整会議”を何とかしたい! って思うことありませんか?
生産計画グループのSさんは、月に1度のエンドレス会議で心の芯が今にも折れそう。利害の衝突、声の大きさ……、理不尽な会議を解消するために必要なこととは?(2013/8/20)

電子ブックレット(製造マネジメント):
モノづくりIT化の基礎情報ガイダンス
そろそろモノづくりの仕組みをIT化しないとマズイ! そんな危機感はありつつも、どこからどう手を付けたらいいのか、自社の戦略とマッチした製品は何か、などなど、謎だらけだ。セールストークにだまされた気分にならないためにも、事前にしっかり準備しておこう。(2013/7/26)

電子ブックレット(製造マネジメント):
“技術屋”が役員前で発表するときの必勝法
いよいよ発表本番の準備。印象を悪くする「べからず」集やリハーサル方法を知って“カイゼン”プラン承認を目指しましょう!(2013/7/24)

電子ブックレット(製造マネジメント):
先手を打ったマツダの製造業革命――真の“コンカレントエンジニアリング”がもたらす新しい価値
それは、生き残りをかけた究極のイノベーションであり、産業史にも残るものであろう。マツダが次の飛躍に向けて進める大胆な開発・生産プロセス改革の深層を追った。(2013/7/23)

電子ブックレット(製造マネジメント):
例題で理解する「そもそもシックスシグマって何だっけ?」
シックスシグマは改善のための重要ワード。でも、どう導入すればいいのか、どう考えるかを理解していますか? 簡単な例題から確認を。(2013/7/11)

電子ブックレット(製造マネジメント):
品質管理に必須の統計的手法「X-R管理図」「P管理図」の作り方
生産現場の品質管理に使われる「X-R管理図」「P管理図」は、実際にはどうやって作ればいい? サンプルを基に手を動かして覚えよう。(2013/7/5)

電子ブックレット(製造マネジメント):
グローバル進出企業が抱える課題とそのマネジメント
本格的なグローバル化の波が押し寄せつつあるいま、日本の製造業界はあらたな課題に直面している。変化に対応し、企業力を高めるために、何を把握すればよいかを識者に聞いた。(2012/9/28)

電子ブックレット(製造マネジメント):
外国人にカモられない国際交渉力を身に付ける!
グローバル化が進むモノづくりで、外国企業との交渉は避けられない。ところが日本人は絶望的なほど国際交渉が苦手である。(2012/9/24)

電子ブックレット(製造マネジメント):
マイケル・ポーター教授が日本ものづくりを診断!
日本が抱える3つの問題「新興国の脅威」「エンジニア不足」「過剰な高機能・多機能競争」にどんな解決策があるのだろうか?(2012/9/21)

電子ブックレット(製造マネジメント):
製品開発に隠されたムダとは“待ち時間”だった
トヨタ生産方式に代表される製造工程の“ムダ取り”手法を製品開発に取り入れたユニークなリーン製品開発手法を紹介する。(2012/9/18)

電子ブックレット(製造マネジメント):
ニッポンに圧勝したサムスンのグローバル戦略
日立、ソニー、松下を利益率で大きく引き離すサムスン電子。その躍進を支えた日本人エンジニアが明かす成功の秘訣とは?(2012/9/14)

電子ブックレット(製造マネジメント):
“全世界生産停止”を防ぐサプライチェーン管理
平時在庫のミニマム化とリスク管理は両立可能か? 相反する課題を同時に解決するには高度な情報化が必須だ。筆者の提唱するリスク管理のメソトロジーを紹介する。(2012/9/10)

電子ブックレット(製造マネジメント):
実用化はどこまで? プリンテッド・エレクトロニクス業界の開発競争を読む
印刷技術を応用した回路・センサー・素子製造の技術はどこまで進展しているか? 各国がしのぎを削る開発競争を見る。(2012/9/3)

電子ブックレット(製造マネジメント):
日本HPが東京生産する必然性
日本HPは2011年8月から、同社東京 昭島工場で新たに法人向けノートPCの生産ラインを始動した。製造の海外移転を目指す企業が増える中、日本HPならではのビジネスと東京生産の意味を考える。(2012/8/31)

電子ブックレット(製造マネジメント):
エンジニアの挑戦心に火をつける――“サラリーマンで日本一出世した技術者” 土光敏夫の「100の言葉」
イノベーションを起こすために頑張る、あるいは頑張りたいエンジニアに読んでもらいたい言葉がある。サラリーマン技術者として最も出世した人物、故・土光敏夫氏いわく「自分の火種は、自分でつけよ」。(2012/8/27)

電子ブックレット(製造マネジメント):
トヨタが気前よくカイゼンを教える本当の理由
日本のモノづくり学を牽引する藤本隆宏氏の講演から、最新の研究テーマ「開かれたものづくり」の概要を紹介する。(2012/8/20)

電子ブックレット(製造マネジメント):
製造現場の品質管理 “5M”カイゼンの心構え
製造過程の品質を左右する5つの要素“5M”。それぞれに安定と品質向上のための秘訣(ひけつ)があります。業務にまい進していると忘れがちな心構えもあらためて読んでおきましょう。(2012/8/17)

電子ブックレット(製造マネジメント):
あなたが品質管理で果たすべき役割は何か
製造現場で実施する製品管理を中心とした品質管理の基本を解説する。組織における品質管理の在り方から先人の教訓まで、筆者の経験とノウハウを紹介。(2012/8/15)

電子ブックレット(製造マネジメント):
IEにおける「品質管理」の考え方とは/IEにおける「品質管理」の本質と歴史的経緯
IE(インダストリアル・エンジニアリング)において、生産工程で考えるべき「品質」の基本とは? TQCの歴史的経緯などを踏まえながらモノづくりの現場が心得るべき事柄を順を追って解説します。(2012/8/13)

電子ブックレット(製造マネジメント):
日本のエネルギーは今後どうなる
エネルギー白書2011では原子力の依存度を下げていくという方向が初めて打ち出された。ただし、再生可能エネルギーを増やすだけでは対応できない。ガスや電力の供給網を全国統一する他、オフィスビルの照明などに工夫が必要だ。(2012/8/10)

電子ブックレット(製造マネジメント):
電力を変える蓄電システムの底力
蓄電システムは実にさまざまな用途で使われている。大容量蓄電システムを使うと、どのようなことができるのか、三洋電機を取り上げて、実例を紹介する。(2012/8/6)

電子ブックレット(製造マネジメント):
いま考えるべき品質マネジメント改革
グローバル設計・開発では品質保証部門が品質マネジメントプロセスの運用スキルを持つべきだ。実践例を参考に改めて品質マネジメントについて考えてみよう。(2011/8/12)

電子ブックレット(製造マネジメント):
パワー・マネジメント・システム設計ガイド
PCのアイドル時消費電力を抑えるだけで、システムの生産性や性能を犠牲にせずに大幅な省電力化が可能だ。全世界の電力コストを年間で550億ドル削減できる見込みがある。本設計ガイドではパワーマネジメント規格として一般的なACPIのS3(スリープ)を中心に解説した。(2011/7/27)

電子ブックレット(製造マネジメント):
マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略
経営学における競争戦略論の創始者であるハーバード・ビジネス・スクール教授、マイケル・E・ポーター氏の日本での講演「グローバル市場におけるものづくり競争力」の連載記事をPDFでまとめてお届けします。(2011/6/2)

電子ブックレット(製造マネジメント):
利益創出! TOCの基本を学ぶ
納期順守率が上がらないのはどうして? 問題を解決するには“ボトルネック”を見付けることが近道。『ザ・ゴール』で注目された制約条件を基にした工程管理の理論TOC。本稿ではTOCの理論を現場で実践するために必要な知識を紹介しています。(2011/2/15)

電子ブックレット(製造マネジメント):
本質から分かるタグチメソッド
S/N比による分析など、手法ばかりが先行しているきらいがありますが、タグチメソッドの本質的な考え方はもっともっと奥が深いものです。本質が分かれはカイゼンへの道も拓けるはずです。(2011/2/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。