ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イチから学ぶDSP基礎の基礎」最新記事一覧

イチから学ぶDSP基礎の基礎(8):
特徴を理解して、正しいDSPの選定を
今回は、適切なDSPを選択するためのポイントについて解説します。(2012/9/24)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(7):
DSP選定に役立つLSIの分類とDSP、ASICの比較
今回は、DSPとASICの違いについて解説します。(2012/8/17)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(6):
サンプリング周波数変換でできる 効率的なFFT分析
今回は、DSP入門とは少し離れて、サンプリング周波数変換について解説します。サンプリング周波数変換技術を用いてFFT分析を行うためのヒントについても触れています。(2012/8/10)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(5):
DSPはFPGAで作れる?
今回は、DSPとFPGAを比較してみたいと思います。この比較は、言いかえれば、“デジタル信号処理にはソフトウェア処理とハードウェア処理のどちらが向いているか”ということになります。(2012/7/25)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(4):
DSPと汎用組み込みマイクロプロセッサの比較
今回は、DSPと汎用の組み込み用マイクロプロセッサを比較します。(2012/7/11)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(3):
DSPとパソコン用プロセッサの違い
今回は、DSP発展の流れを追いながら、DSPとパソコン用プロセッサとの違いをお話します。(2012/7/9)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(2):
専用プロセッサとしてのDSPの特徴
今回は、専用プロセッサとしてのDSPの特徴と、DSP出現の背景、DSPと汎用CPUの違いについて解説します。(2012/6/29)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(1):
DSPが得意とする処理とは?
家庭用電化製品や携帯電話、地上波放送などさまざまなものがデジタルへ移行する中、DSPはデジタル信号処理の要(かなめ)として広く用いられています。本連載では、DSPで行う基本的な処理の考え方と基礎知識について、8回にわたって解説します。(2012/6/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。