ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Signal Integrity(EDNコラム記事)」最新記事一覧

Signal Integrity:
「5次までを使う」
(2011/6/1)

Signal Integrity:
復元マシーン
(2011/5/1)

Signal Integrity:
インパルスの重ね合わせ
(2011/4/1)

Signal Integrity:
時不変性
(2011/3/1)

Signal Integrity:
「重ね合わせ」の基本
(2011/2/1)

Signal Integrity:
「線形性」とは何なのか?
(2011/1/1)

Signal Integrity:
ウォーターハンマー
(2010/12/1)

Signal Integrity:
水と電子の類似性
(2010/11/1)

Signal Integrity:
誤差5%の抵抗の作り方
(2010/10/1)

Signal Integrity:
技術マネジャのためのデジタル設計用語集
(2010/8/1)

Signal Integrity:
基板パターンのスケーリング則
(2010/7/1)

Signal Integrity:
「最新式」も考えもの
ある大手ホテルチェーンで、クロックラジオの設定が狂ってしまうという事象が頻繁に発生した。その原因は一体何だったのだろうか。(2010/6/1)

Signal Integrity:
周波数軸での波形の評価
(2010/5/1)

Signal Integrity:
ガウシアンエッジの生成
(2010/4/1)

Signal Integrity:
シミュレーション時の信号エッジの生成方法
(2010/3/1)

Signal Integrity:
デジタル信号の近似
(2010/2/1)

Signal Integrity:
インピーダンスの局所的な変化
(2009/12/28)

Signal Integrity:
ESD電流の経路
(2009/12/1)

Signal Integrity:
ホールド時間の延伸方法
(2009/11/1)

Signal Integrity:
受信信号の歪
(2009/10/1)

Signal Integrity:
駆動点インピーダンス
(2009/9/1)

Signal Integrity:
「危険な遊び」に学ぶ
あれが危険、これが危険−−。最近の子供たちは、遊ぶ際、危険から守られ過ぎていて、“危険な遊びに学ぶ”権利を奪われているのではないだろうか。(2009/8/1)

Signal Integrity:
電源ケーブルの「緑色の線」
(2009/7/1)

Signal Integrity:
並走する荷電粒子に働く力
(2009/6/1)

Signal Integrity:
ICから基板への遷移領域
(2009/5/1)

Signal Integrity:
差動ライン間のクロストークを可視化する
(2009/4/1)

Signal Integrity:
差動配線における原則
(2009/3/1)

Signal Integrity:
音響理論に学ぶ反射信号の扱い方
(2009/2/1)

Signal Integrity:
ツイストペアケーブルのインピーダンス
(2009/1/1)

Signal Integrity:
電磁界ソフトのユーザーにエキスパートが贈る助言
(2008/12/1)

Signal Integrity:
オシロのプローブの曲がりを直す
(2008/10/1)

Signal Integrity:
プリント配線板の保護膜を剥がす
(2008/9/1)

Signal Integrity:
スプリットターミネーション
(2008/8/1)

Signal Integrity:
「ZMIN」という考え方
(2008/7/1)

Signal Integrity:
終端電圧の条件
(2008/6/1)

Signal Integrity:
対称終端の効果
(2008/5/1)

Signal Integrity:
無損失伝送の条件
(2008/4/1)

Signal Integrity:
高速デジタル伝送における“不確定性原理”
(2007/11/1)

Signal Integrity:
「たまに発生する不具合」への対処法
(2007/10/1)

Signal Integrity:
インダクタンスの本質
(2007/9/1)

Signal Integrity:
故障診断では五感も駆使
(2007/8/1)

Signal Integrity:
パルス幅の減少を性能測定に活用
(2007/7/1)

Signal Integrity:
電源ケーブルにまつわる幻想
(2007/6/1)

Signal Integrity:
なぜ、科学の教育は必要なのか
(2007/5/1)

Signal Integrity:
反射波の解析手順
(2007/4/1)

Signal Integrity:
プローブの影響
(2007/3/1)

Signal Integrity:
アイパターンは万能ではない
アイパターン(アイダイアグラム)を取得したら、その目の開き具合や幅などから、伝送路の歪(ひずみ)、帯域幅、あるいはノイズの影響などを評価することができる。システム全体としてのマージンを確認するための方法としては素晴らしいものである。しかし、残念ながらアイパターンは、細かい問題に対する適切な診断方法だとはいえない。(2007/2/1)

Signal Integrity:
周波数ドメインか、時間ドメインか
計測精度や感度、ノイズフロアの低さ、自動校正機能などの点で、時間ドメインの計測器に、ネットワークアナライザを超えるものはない(2007/1/1)

Signal Integrity:
レギュレータの出力電圧降下
(2006/12/1)

Signal Integrity:
レギュレータのモデル化
(2006/11/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。