ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」最新記事一覧

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
スイッチノードリンギングの原因と対策――電子版2016年5月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年5月号を発行しました。Cover Storyは、広入力電圧範囲DC-DCコンバーターで発生する「スイッチノードリンギング」を取り上げ、その発生メカニズムと対策を解説しています。その他、「iPhone SE」の製品解剖記事などを掲載しています。(2016/5/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
5G実現に向けた議論の焦点――電子版2016年3月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号を発行しました。Cover Storyは、このほど開催された「Mobile World Congress2016」(MWC2016)で繰り広げられた第5世代移動通信(5G)関連の議論を振り返りつつ、5Gの未来を占います。その他、中国製タブレットの分解記事、AI(人工知能)に関する新連載などを掲載しています。(2016/3/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
激動の半導体“業界再編”――電子版2016年1月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年1月号を発行しました。Cover Storyは、ここ1年、嵐が吹き荒れた半導体業界再編を振り返ります。その他、2015年末に行われたSEMICON Japan 2015のレポート記事、電源測定の基本ノウハウ解説、Appleの最新プロセッサ「A9」の解析記事などを掲載しています。(2016/1/12)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
フラッシュメモリの現在――電子版11月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号を発行しました。Cover Storyは、次世代技術が活発に登場してきているフラッシュメモリの最新動向を紹介する「フラッシュメモリの現在」です。その他、2015年10月に行われた「CEATEC JAPAN 2015」のリポート記事や、Appleの最新スマートフォン「iPhone 6s」の分解記事などを掲載しています。(2015/11/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
IoTのためのWi-Fi『IEEE 802.11ah』とは
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年9月号を発行しました。Cover Storyは、「IoTのためのサブギガヘルツ帯Wi-Fi『IEEE 802.11ah』とは」です。その他、次世代パワーデバイスであるGaNデバイスの解説記事や第6世代iPod touchの分解記事を掲載しています。(2015/9/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
太陽電池、これまで10年これから10年
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年7月号を発行しました。Cover Storyは、EE Times Japan創刊10周年特別編集企画「太陽電池、これまで10年これから10年」です。その他、「ワイヤレスジャパン2015」のリポートや、USB Power Deliveryの解説記事、「LG G4」を分解記事を掲載しています。(2015/7/13)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
最新規格「Bluetooth 4.2」のインターネット接続機能を理解する
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年5月号を発行しました。Cover Storyは、「Bluetooth 4.2 インターネット接続機能を理解する」です。IoTを実現する上で欠かせないIPv6接続をサポートするというこの最新Bluetooth規格の特徴について解説しています。その他、USB3.1のテストに関する技術解説記事、「Galaxy S6 edge」の解剖記事などを掲載しています。(2015/5/11)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
USB前夜から振り返りつつ、これから世界を席巻する「USB Type-C」を知ろう
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号を発行しました。Cover Storyは、「これから世界を席巻する!? USB Type-Cを知る」です。2015年半ばから急速に普及すると期待される新しいUSBコネクタ「Type-C」を、これまでのUSBの歴史を振り返りながら紹介しています。その他、これからのSoC設計に関する技術解説記事、「Newニンテンドー3DS LL」の分解記事なども掲載しています。(2015/3/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
SoC設計者が“ポスト・ムーアの法則時代”を生き抜く術――統合電子版2015年1月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年1月号を発行しました。Cover Storyは、「SoC設計者が“ポスト・ムーアの法則時代”を生き抜く術」です。“ムーアの法則”の限界がささやかれる中で、安易に微細加工技術に頼らず、設計でSoCの進化を実現するためのヒントを紹介しています。その他、先進のモーター制御アルゴリズムに関する技術解説記事、「iPad Air 2」の分解記事なども掲載しています。(2015/1/13)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
ウェアラブル機器設計で知っておきたい故障原因――統合電子版2014年11月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年11月号を発行しました。Cover Storyは、「ウェアラブル機器設計で知っておきたい故障原因」です。モバイル端末とは、異なるウェアラブルこその見落としがちなポイントを紹介しています。その他、2014年9月に発売されたスマートフォン「iPhone 6 Plus」の分解記事やCEATEC2014のリポート記事なども紹介しています。(2014/11/10)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
最先端の電源技術が一堂に――統合電子版2014年9月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年9月号を発行しました。Cover Storyは、2014年7月に開催された展示会「TECHNO-FRONTIER 2014」での電源関連技術に関する話題をリポートする「次世代パワー半導体、FPGA向け電源――最先端の電源技術が一堂に」です。その他、Amazonのスマートフォン「Fire Phone」の分解記事なども紹介しています。(2014/9/8)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
Bluetooth 4.1が切り開く新しいIoTの世界――統合電子版2014年7月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年7月号を発行しました。Cover Storyは、全てのモノが常時つながる“あらゆるモノのインターネット”時代が本格的に到来しつつある中注目を集めているBluetooth 4.1を紹介する「Bluetooth 4.1が切り開く新しいIoTの世界――“あらゆるモノのインターネット”」です。その他、ワイヤレスジャパン 2014の展示会リポート記事なども紹介しています。(2014/7/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
高まる医療分野への関心、半導体メーカーの入り口は“ヘルスケア”――統合電子版2014年5月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年5月号を発行しました。Cover Storyは、このほど開催された医療機器関連展示会「MEDTEC Japan 2014」の模様をまとめた「高まる医療分野への関心、半導体メーカーの入り口は“ヘルスケア”」です。その他、最新スマートフォン「GALAXY S5」の分解記事や富士重工業のステレオカメラを使った運転支援システム「アイサイト」の開発者インタビューなどを掲載しています。(2014/5/12)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
IoTのためのデバイスとローカルネットワーク――統合電子版2014年3月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年3月号を発行しました。Cover Storyは、言葉として広く認知されてきた感のあるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を掘り下げた「IoTのためのデバイスとローカルネットワーク」です。その他、「ワイヤレス給電の最新事情」やこのほど開催された「オートモーティブワールド2014」のリポート記事などを掲載しています。(2014/3/10)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
2014年の注目技術10――統合電子版2014年1月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年1月号を発行しました。Cover Storyは、2014年の第1号ということで、「2014年の注目技術10〜ウェアラブル機器やIoTが生活を変え、5Gや微細化技術が世界を驚かす」です。その他、Design Featureの「IGBTの耐久性の定量化」Tear Downの「プレステ4/Xbox Oneを分解」など、さまざまな話題を掲載しています。(2014/1/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
5G通信に自動運転車、“次世代”感じる要素技術が続々――統合電子版2013年11月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2013年11月号を発行しました。Cover Storyは、CEATEC 2013のリポート記事を集めた「5G通信に自動運転車、“次世代”感じる要素技術が続々」。その他、Tech News & Trendsの「スマートメガネはもう古い!? “スマートコンタクト”の開発進む」、Tear Downの「iPhone 5s搭載“M7コプロセッサ”はNXP製マイコン」など、さまざまな話題を掲載しました。(2013/11/11)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
液晶テレビを低電力化する新たなLED駆動方式――統合電子版2013年9月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2013年9月号を発行しました。Cover Storyの「液晶テレビを低電力化する新たなLED駆動方式」の他、Special Reportの「勢い止まらぬ無線給電、大電力の産業用途も高いニーズ」、Tech News & Trendsの「少年が数分で『レゴ マインドストーム』をプログラム――“エンジニアの卵”の育成に注力するNI」、Tear Downの「Google Glassを分解」など、さまざまな話題を掲載しました。(2013/9/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
デジタル電源再入門――統合電子版2013年7月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2013年7月号を発行しました。Cover Storyの「デジタル電源再入門」の他、Design Featureの「SiCデバイス:寿命『30億年』に『10年』が挑む」「LED駆動回路設計 〜基礎編〜」、Tech News & Trendsの「富士通研、CPU間クロック伝送回路の電力を75%削減する技術を開発」、Tear Downの「HTCの最新スマホ『HTC One』を分解、筐体が開けにくく修理は“非常に困難”」など、さまざまな話題を掲載しました。(2013/7/8)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
安全なデジタル無線通信を支えるスペクトラム拡散技術――統合電子版2013年5月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2013年5月号を発行しました。Cover Storyの「安全なデジタル無線通信を支えるスペクトラム拡散技術」の他、Design Featureの「無線システムの通信距離を確保する〜設計の基礎/ポイントから、RFフロントエンドICの動向まで〜」、Tear Downの「Samsungの『GALAXY S4』を分解、本丸はCortex-A7/A15の8コアプロセッサ」、Tech News & Trendsの「PCI Expressを無線化!? NECが『ExpEther』のデモを公開」など、幅広い話題を掲載しました。(2013/5/13)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
マルチレーン高速バスがもたらす、シグナルインテグリティの新たな課題――統合電子版2013年3月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2013年3月号を発行しました。Cover Storyの「高速シリアルの多レーン化がもたらすシグナルインテグリティの新たな課題」の他、Design Featureの「LED 照明をマイコン制御でもっと賢く、光品質・電力効率・コストを改善」、Tear Downの「BlackBerryの最新スマホを分解、「GALAXY S III」の採用品を数多く搭載」、New Technologyの「スマホでPC画面を映すだけ、富士通研のファイル転送技術」など、幅広い話題を掲載しました。(2013/3/11)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
2013年 注目のパイオニア&テクノロジ――統合電子版2013年1月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2013年1月号を発行しました。Cover Storyの「2013年 注目のパイオニア&テクノロジ」の他、Design Featureの「低振幅・低周波のセンサー出力を扱う、アナログ信号調節の最新テクニック」、Tear Downの「新iPad用プロセッサ『A6X』の詳細判明」、New Technologyの「どんな姿にも変形できる極小ロボット」など、幅広い話題を掲載しました。(2013/1/15)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
つながる時代のセキュリティ、チップと組み込みOSの連携で守る――統合電子版2012年11月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年11月号を発行しました。Cover Storyの「つながる時代のセキュリティ、チップと組み込みOSの連携で守る」の他、Amazonの「Kindle Fire HD」とAppleの「iPad mini」それぞれの分解、「電子の流れからナノ粒子を“隠す”、新型素子につながる研究成果を米大学が発表」、「カーボンナノチューブ素子のICチップ、“せっけん”と“トレンチ”で実用へ前進」など、幅広い話題を掲載しました。(2012/11/12)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
囲いから解き放たれるロボット、人間の生産性を高める“協働”へ――統合電子版2012年10月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年10月号を発行しました。Cover Storyの「囲いから解き放たれるロボット、人間の生産性を高める“協働”へ」の他、今回はSpecial Reportとして10月2〜6日に開催されたCEATEC JAPAN 2012の速報リポート「家電も車もスマホにつながる、“スマート化”で新たな付加価値を探れ」を掲載。さらに、「iPhone 5を分解、新型プロセッサ『A6』の謎に迫る」、「電気自動車『ボルト』、電池管理の秘密」など、幅広い話題を掲載しました。(2012/10/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
有機ELディスプレイ、「日本に勝機は必ず訪れる」――統合電子版2012年9月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年9月号を発行しました。Cover Storyの「有機ELディスプレイ、『日本に勝機は必ず訪れる』」や、「小型iPad投入あおるGoogleの『Nexus 7』」、「電力を変えるGaNとSiC、製品化への課題は大きく異なる」など、幅広い話題を掲載しました。(2012/9/10)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
太陽光を無駄なく使う、201X年の技術――統合電子版2012年07・08月合併号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年07・08月合併号を発行しました。Cover Storyの「太陽光を無駄なく使う」や、「Samsungの最新スマホ「GALAXY S III」を分解」、「4Gの時代はもう来たのか、モバイルで1Gビット/秒実現へ」など、幅広い話題を掲載しました。(2012/7/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
“小さな基地局” 携帯インフラで大きな存在へ――統合電子版2012年6月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年6月号を発行しました。Cover Storyの「“小さな基地局” 携帯インフラで大きな存在へ」や、「シボレー・ボルトを解剖、電力システムの秘密に迫る」、「ドイツの太陽光発電、『失敗』から日本が学べること」など、幅広い話題を掲載しました。(2012/6/11)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
世界を包む電子の神経網“モノのインターネット”が秘める可能性――統合電子版2012年5月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年5月号を発行しました。Cover Storyの「世界を包む電子の神経網、“モノのインターネット”が秘める可能性」や、「Intelの新型CPU「Ivy Bridge」を早速解剖、3DトランジスタのTEM画像公開」、「シリコンパワーMOSFETの性能改善、素子構造よりもパッケージが効く時代」など、幅広い話題を掲載しました。(2012/5/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
「若手育成」に「回路設計」…今日から使える2つの新連載スタート!――統合電子版2012年4月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年4月号を発行しました。4月号では、エンジニアの皆さまの日々の業務に役立つ、2つの新連載を掲載しました。1つは「いまどきエンジニアの育て方」、もう1つは「オペアンプ+トランジスタ “ちょい足し”回路集」と題した連載です。CoverStoryは「もはやSFではない、“サイボーグ”技術」と、盛りだくさんの話題を詰め込みました。(2012/4/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
「超」高速無線LANがいよいよ実用間近に!――統合電子版2012年3月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」2012年3月号を発行しました。3月号では、「超高速無線LANがやってくる、2013年に変わるモバイルの世界」と題したCover Storyを掲載しました。「ESD/イミュニティ試験の基礎をつかむ」や「理論から実践まで!デジタル制御電源を学ぶ」など、盛りたくさんの話題を掲載しました。(2012/3/12)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
「なるほど!」とうなずく2012年期待の4大トレンド――統合電子版2012年2月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」2012年2月号を発行しました。2月号では、「EDN/EE Times編集部が展望! 2012年期待のエレクトロニクス技術」と題したCover Storyを掲載しました。「なるほど!」とうなずく4つの技術トレンドについて、その最新動向がまとめられています。ぜひ、ご覧ください。(2012/2/13)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
2012年に注目すべき20の新技術はこれだ!――統合電子版2012年1月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」2012年1月号を発行しました。2012年に注目すべき一般消費者向け機器(ガジェット)や新技術をはじめ、世界5地域で実施した「エレクトロニクス・エンジニア給与/意識調査」や、「理論から実践まで!デジタル制御電源を学ぶ」など、盛りたくさんの内容でお届けします。(2012/1/10)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
エンジニアの“今”が明らかに、給与/意識調査を公開――統合電子版2011年12月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」2011年12月号を発行しました。EE Times Japanが10月に実施した「エレクトロニクス・エンジニア給与/意識調査」の結果や、パワエレエンジニアの3年にわたる電気自動車の手作りプロジェクトの成果、初めてのLED照明製作の手引きなど、盛りたくさんの内容でお届けします。(2011/12/12)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
スマート革命に備えよ、データが新たな“通貨”に――統合電子版2011年11月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」2011年11月号を発行しました。Cover Storyでは、センサーが収集するデータをリアルタイムに解析し、価値のある情報を自動的に抽出する機能を備えた「スマートシステム」を解説。IBMの「Watson(ワトソン)」、Appleの「Siri(シリー)」の登場が意味するものとは?(2011/11/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
「ARM vs.Intel」プロセッサ覇権はどちらの手に?――統合電子版2011年10月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」2011年10月号を発行しました。Cover Storyでは、電子機器に用いられるアプリケーションプロセッサのアーキテクチャ争いが激化している様子を紹介しています。ARMとIntel、覇権はどちらの手に?(2011/10/11)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
液体電池がガソリン置き換えを狙う――統合電子版2011年9月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」2011年9月号を発行しました。Cover Storyでは電気自動車の普及を促す新たな電池技術を紹介しています。この新技術を開発した企業とは? 技術の詳細は……?(2011/9/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。