ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Eloqua」最新記事一覧

「HULFT」普及拡大へセゾン情報システムズがやったこと:
B2BマーケティングにおけるMA導入、「脱Excel」のために留意すべき4つのポイントとは
マーケティングオートメーション導入でB2B企業は何に留意すべきか。セゾン情報システムズの事例からヒントを探る(2017/8/10)

ABMによる営業スタイル改革:
NECはいかにして “ワールドクラス”のB2Bマーケティングを実現するに至ったのか
日本企業として初めて「Markie Award」のファイナリストとなったNEC。アカウントベースドマーケティングを活用した営業スタイル変革への歩みを振り返る。(2017/8/4)

クラウド導入で電話営業をやめた不動産ベンチャーの話
トラブルにも発展しがちな不動産投資の営業電話。読者の皆さんも受けたことがあるのでは。約9割が断られる状況の中、ならばと新規顧客向けの電話営業を全廃した不動産会社がある。(2017/7/27)

タグマネジメントから「ユニバーサルデータハブ」へ:
データの「サイロ化」に挑むTealiumの戦略とは?
デジタルマーケティングの取り組みが進み、施策が増える一方で、各システムに散在し断片化したデータの一元管理が求められるようになっている。解決の鍵になると期待される「ユニバーサルデータハブ」とは何か。(2017/6/13)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
「世界よ、これが日本のB2Bマーケティングだ!」――感動と興奮の米国遠征を振り返る
ノヤン先生と庭山特派員の二人旅も一段落。締めくくりはポートランドの静かな森のコテージから、日本のB2Bマーケティングの来し方行く末を考えます。(2017/5/2)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
NECが世界最高峰のB2Bマーケティング賞「Markie Awards」のファイナリストに
ラスベガスに渡ったノヤン先生と庭山特派員。「Oracle Modern Customer Experience 2017」からフレッシュな情報をお届けします。(2017/4/27)

マーケティングオートメーション活用が鍵:
「B2Bこそ動画マーケティングを」 庭山一郎氏らが語る
本稿ではシンフォニーマーケティングがブライトコーブと共催したセミナーB2Bマーケティングセミナーの内容をダイジェストで紹介する。(2017/4/7)

【連載】春の短期集中講座「初めてのマーケティングオートメーション」 第1回:
B2Bマーケターの皆さん、お客さまへの接触機会を逃していませんか?
B2B企業におけるマーケティングオートメーション活用はますます加速しています。ここであらためて、MA活用の基礎を学んでみませんか。(2017/3/30)

連携アダプターは月額2万円から:
「Oracle Eloqua」「Marketo」との連携アダプターを追加、「ASTERIA WARP」の新バージョンが発売
インフォテリアはデータ連携ミドルウェア製品「ASTERIA WARP」の新バーションを販売開始した。(2017/3/29)

アクセンチュアなど11社と協業:
「Marketo ABM」が本格展開、日本でABMを成功させるための条件とは?
マルケトはB2Bマーケティング支援事業を営むパートナー11社と協業し、日本市場に向けて「Marketo Account-Based Marketing」を本格提供すると発表した。サービスの背景と今後について聞いた。(2017/3/9)

データマネジメントでMAの効果を最大化:
シンフォニーマーケティング、「Oracle Eloqua」のAPI連携ソリューションを提供開始
シンフォニーマーケティングは、同社が提供する顧客データ管理ツールと日本オラクルが提供するマーケティングオートメーション「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」をAPI連携させるソリューションの提供を開始した。(2016/11/10)

近畿日本ツーリスト、法人営業にマーケティングオートメーションを採用
約1000人の法人営業担当者向けにクラウド型マーケティングオートメーションを導入。業務の効率化と収益性の向上を目指す。(2016/8/17)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第4回:
実はこんなにある無料のマーケティングオートメーション、それぞれの実力は?
続々と新製品が投入されて活況を呈するマーケティングオートメーション市場。世界に目を向ければ、無料で使える製品もたくさん存在します。今回は、その中から代表的な製品を紹介します。(2016/8/12)

【連載】企業戦略としてのマーケティングオートメーション 第2回:
「顧客ターゲット」を捨て去る勇気――神田昌典、MAで変わるマーケティングの“新常識”を語る
「日本一のマーケター」と呼ばれる神田昌典氏の目に映るマーケティングオートメーションの「真の革新性」とは何か。短期集中連載第2弾。(2016/7/22)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第1回:
オープンソースのマーケティングオートメーションを知っていますか?
マーケティングオートメーションを使いたいけれどコストも掛かるし難しそうだしなかなか導入に踏み切れない……。そんな悩みを抱える企業に「新しい選択肢」を提案します。(2016/4/15)

動画ポータルを簡単に作成:
ブライトコーブ、「Brightcove Gallery」日本語版の提供を開始
ブライトコーブは、「Brightcove Gallery(ブライトコーブ ギャラリー)」日本語版の提供を開始したことを発表した。(2016/4/12)

ターゲティング精度を向上:
「Oracle Eloqua」、Webサイト訪問者の企業情報を分析する機能を提供
日本オラクルは「Oracle Eloqua」のパートナーシップを拡充。Webサイトのアクセス分析によって判別した企業情報を「Oracle Eloqua」に取り込むための仕組みを実装したと発表した。(2016/3/25)

ショーケース・ティービーが日本オラクルとパートナー契約を締結:
Web最適化サービス「ナビキャストシリーズ」が「Oracle Cross-Channel Marketing」と連係
Webマーケティング支援の各種サービスを提供するショーケース・ティービーが「Oracle Cross-Channel Marketing」を採用。同時に日本オラクルとパートナー契約を締結したことを発表した。(2015/7/16)

保有データの名寄せや競合排除、属性情報の付与など:
MA活用の大前提となる「使えるデータ」生成をサポート――シンフォニーマーケティング
シンフォニーマーケティングは2015年6月8日、マーケティングオートメーションを有効活用するためのデータマネジメントサービスの提供を開始した。(2015/6/9)

人を使わない営業活動:
リコー“3Dプリンタ事業”の快進撃を支えた「クラウド×Webマーケ」
複合機やデジタルカメラといった事業を展開するリコーが、3Dプリンタ事業に参入して注目を集めている。新たなビジネスチャンスを追う同社だが、新領域の製品を取り扱うにあたって、営業活動がうまくいかないという問題も起きた。(2015/4/15)

より効果の高いマーケティングプログラム構築:
日本オラクル、Oracle Data Management PlatformとOracle Eloqua Marketing CloudServiceを統合
日本オラクルは10月23日、同社の「Oracle Marketing Cloud」における統合拡張について発表した。(2014/10/23)

行動そのものを評価ができる:
TDSM、MA市場で国内初「TDSM Predictive-LeadScoring」の提供を開始
テクノスデータサイエンス・マーケティングは10月16日、マーケティングオートメーション(MA)市場に対し、統計モデルを活用したアルゴリズム製品「TDSM Predictive Lead Scoring」を国内初で提供することを発表した。(2014/10/16)

松岡功の時事日想:
日本企業の弱点は何だ? 生き残るには「デジタルマーケティング」を知り、生かすべし
日本の製造業は長らく「いいモノはつくるが、マーケティングが弱い」と言われ続けてきた。それを打開する絶好のチャンスが訪れている。デジタルマーケティングとは何か。それをどう考えるべきか。これからビジネスパーソンが考えるべきヒントを与えよう。(2014/8/27)

「Oracle Marketing Cloud」発表:
「シンプルなマーケティング業務」「顧客視点」「企業全体で活用できるソリューション」――3つのコンセプトで「Oracle Marketing Cloud」を展開、日本オラクル
日本オラクルは8月19日、クラウド型マーケティングプラットフォーム「Oracle Marketing Cloud」を発表した。同プラットフォームは4つの小プラットフォーム(製品群)で構成される。今回の発表により、同社が買収してきたデジタルマーケティング関連製品の統合作業が完了したことになる。(2014/8/19)

杉原社長が2015年度戦略説明会を実施:
ビジネスモデルを変える覚悟で「No.1 Cloud Company」を目指すオラクル
オラクル杉原社長が2015年度戦略説明会を実施。改めて「No.1 Cloud Company」への覚悟を表明し、確固たる意志を持ってビジネスモデルを変革していくとした。(2014/7/1)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第4回 企業サイトの運用を激変させるマーケティングオートメーションツールの衝撃体験
学生と実務家という立場で書かせていただいているこの連載も4回目を迎えることができました。今回は特に、実務家の立場からこれまで続けてきた仕事の事や、最近話題にのぼることが多い「マーケティングオートメーションツール」について触れてみたいと思います。(2014/6/13)

「統合的なマーケティングプラットフォーム」普及の意味:
マーケティング業務“精緻化”の流れを決定付ける――Marketo 取締役 若松幸太郎氏らインタビュー
先日、Marketo 取締役 若松幸太郎氏と電通イーマーケティングワン 第二営業本部 アカウントディレクター 池上ジョナサン氏にインタビューをする機会があった。日本における統合型マーケティングプラットフォーム普及の意味を考える上で、いくつかの貴重なヒントをもらったインタビューだったと思う。(2014/4/16)

米国で面白い動き:
オラクルによるBlueKai買収のインパクト――動き出すマーケティングオートメーション市場
マーケティングオートメーション市場の動きが活発だ。米Marketoが日本法人を設立、米オラクルがBlueKaiを買収した。現状と今後について、市場の状況をまとめた。(2014/3/31)

病院やクリニック、薬局などへリーチ:
米Oracle、ライフサイエンス業界向けマーケティングオートメーション「Oracle Eloqua for Life Sciences」を発表
米Oracleは現地時間2月12日、医療機器や製薬、バイオテクノロジ企業向けのマーケティングオートメーション・ソリューション「Oracle Eloqua for Life Sciences」を発表した。(2014/2/14)

【連載】モダン・マーケティングの時代:
マーケティングオートメーションについてディスカッションを始める方法
Oracle|Eloqua のブログ「IT'S ALL ABOUT REVENUE」のエントリー群などから、BtoBマーケティングに関するトピックを翻訳してお届けします。今回は、企業内でマーケティングオートメーションの会話を開始するきっかけをいくつか紹介する。(2013/12/27)

BtoB/BtoC両方支援:
米オラクル、Responsys買収でマーケティングソリューションを強化
米オラクルは現地時間12月20日、クラウドベースのBtoC向けマーケティングソフトウェアを提供するResponsys, Incを約15億ドルで買収することを発表した。(2013/12/24)

【連載】モダン・マーケティングの時代:
「終了条件」(Exit Criteria)の設定とセールスリードの健全性
マーケティング部門は、リードをセールス部門がフォローしないことに不満を抱く。セールス部門は、「良い」リードがないと愚痴をこぼす。なぜ、こんなことになるのか? 問題は両部門に共通の“言語”が存在しないことにある。ポイントは「終了条件」(Exit Criteria)の設定だ。(2013/12/13)

【連載】モダン・マーケティングの時代:
ナーチャリング(見込み客の育成)で営業チームを武装する
Oracle|Eloqua のブログ「IT'S ALL ABOUT REVENUE」のエントリー群などから、BtoBマーケティングに関するトピックを翻訳してお届けします。今回はリードナーチャリングとコンテンツ戦略のポイントを紹介します。(2013/11/29)

マーケティング・オートメーション:
マーケティング活動の自動化を実現するクラウド型アプリケーション「Oracle Eloqua」を発表、日本オラクル
日本オラクルは11月25日、マーケティング活動の自動化(マーケティング・オートメーション)を実現するクラウド型アプリケーション「Oracle Eloqua(オラクル・エロクア)」を発表した。(2013/11/25)

デジタル営業マン? 日本オラクルが「Eloqua」クラウドサービス開始
「Oracle Eloqua」が日本市場でも本格デビューした。salesforce.comと同様、クラウドサービスとして短期間で導入できるため、Eloquaも営業部門主導で火がつくか。(2013/11/25)

リードナーチャリング勉強会 レポート:
庭山一郎氏、小柴豊氏が語る――マーケティング新時代:リードマネジメントからデマンドジェネレーションへ
Nexalが主催する「リードナーチャリング勉強会(ver2013秋)」が11月15日、東京・千代田区で開催された。Nexal 代表取締役 上島千鶴氏をモデレーターに、シンフォニーマーケティング 代表取締役 庭山一郎氏とアイティメディア リード研究所 所長 小柴豊氏がリードマネジメントに関わる課題と解決策を論じた。(2013/11/21)

【連載】モダン・マーケティングの時代:
マーケティングオートメーションの簡素化――大きなアイデアを実現する小さなガイド
Oracle|Eloqua のブログ「IT'S ALL ABOUT REVENUE」のエントリー群などから、BtoBマーケティングに関するトピックを翻訳してお届けします。今回は、一見複雑に見える「マーケティングオートメーション」のシンプル化を提案します。(2013/11/15)

【連載】モダン・マーケティングの時代:
もはや誰にも聞けない「BtoBマーケティング」の基本
Oracle|Eloqua のブログ「IT'S ALL ABOUT REVENUE」のエントリー群などから、BtoBマーケティングに関するトピックを翻訳してお届けします。第1回は、もはや誰にも聞けない「BtoBマーケティング」の基本。インターネットが変えたBtoBマーケティング戦術の革命とは?(2013/10/31)

ソーシャルおよびモバイル対応機能を強化:
米オラクル、「Oracle Customer Experience」機能拡張を発表
米オラクル・コーポレーションは9月25日、同社のクラウド型マーケティング・プラットフォーム「Oracle Customer Experience」(Oracle CX)の機能拡張を発表した。(2013/9/27)

1万1000人以上のマーケターが登録:
米Oracle、Eloqua AppCloudとコミュニティサイト「Eloqua Topliners」を統合
米Oarcleは9月12日(現地時間)、クラウドベースのCRM「Oracle Eloqua」用アプリを提供する「Eloqua AppCloud」と、Eloquaユーザーのマーケターが集うコミュニティサイト「Eloqua Topliners Community」(Topliners)を統合したと発表した。(2013/9/17)

ソーシャルメディアマーケティング:
米オラクル、業界初となるソーシャルリレーションシップ管理プラットフォーム「Oracle SRM」を提供
米オラクルは3月7日、Oracle Cloudで利用できるソーシャルリレーションシップ管理システム「Oracle Social Relationship Management」(Oracle SRM)を発表した。(2013/3/11)

マーケティングソリューションを強化:
米Oracleが米Eloquaを8億7100万ドルで買収
米Oracleはマーケテングツールベンダーの米Eloquaを買収することで、マーケティングソリューション群の拡充を担う。(2012/12/21)

オンラインリードジェネレーション実践講座:
第2回 先輩も知らない、オンラインリードジェネレーションって何?
景気低迷を背景に、日本の総広告費は2年連続減少が続いている。広告の費用対効果(ROI)が厳しく問われる中で注目を集めている手法が、"OLG"だ。OLGはなぜ効果が出せるのか? 本連載ではそこを解き明かしていく。(2010/9/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。