ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

組み込み業界今昔モノがたり(6):
技術伝承の現状とモノづくり大国ニッポンの明日
他社に勝る技術は何か? 自信を持ってできることは何か? 強みを再認識し、再びモノづくりの国ニッポンを世界に誇ろうではないか!(2008/3/21)

組み込み業界今昔モノがたり(5):
3つの視点からコミュニケーション不足の原因を探る
「以前はもう少し余裕があった」とベテランエンジニアは組み込み開発現場の現状を嘆く。なぜ余裕がないのか……。その根本原因とは?(2008/2/26)

組み込み業界今昔モノがたり(4):
組み込み業界のいま “至るところにギャップあり”
経営トップと現場、マーケティング部門と現場……。組み込み開発現場にまん延するギャップとは? その問題を意識することから始めよう(2008/2/13)

組み込み業界今昔モノがたり(3):
組み込みは面白い “教育を変えれば状況は変わる”
「モノ作りは人作り」「ソフトは人なり」。ベテランエンジニアが伝えるそのメッセージとは? 組み込み業界の魅力を再認識する(2007/10/3)

組み込み業界今昔モノがたり(2):
モノ作りの意識が薄れつつある現状
モノ作り大国ニッポンの組み込み業界は品質低下という大問題に直面している。その元凶の1つはコミュニケーション力の著しい低下だ(2007/9/3)

組み込み業界今昔モノがたり(1):
あるベテランエンジニアの組み込み業界事始め
かつて日本は“モノ作り大国”と呼ばれていた。もう一度、あの栄光を取り戻すには? あるベテランエンジニアが語る(2007/8/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。