ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「組み込み開発スキル」最新記事一覧

Computer Weekly製品ガイド
サービスマネジメントの背景となるビジネスプロセス
ITサービスのマルチソーシングや社内導入のために組織が取るべき手順について解説する。(2016/8/15)

ISO26262 アドヴィックス 事例:
ISO26262のアセスメント担当者はスーパーマンでなければならない!?
アドヴィックス 機能安全監査室 室長の河野文昭氏が「第3回自動車機能安全カンファレンス」に登壇し、自動車向け機能安全規格であるISO 26262と向き合うための組織づくりについて講演。2009年からアドヴィックスで同氏が取り組んできた事例を基に、機能安全規格と向き合う組織戦略の立て方を紹介した。(2016/2/4)

「DevOps」が誤解されてきたこれだけの理由:
なぜDevOpsは正しく理解されてこなかったのか?〜ベンダーキーパーソンが徹底討論〜(前編)
IoTやFinTechトレンドの本格化に伴い、DevOpsが今あらためて企業からの注目を集めている。だがDevOpsは、いまだ正しい理解が浸透しているとは言いがたい状況だ。そこで@IT編集部では、国内のDevOpsの取り組みをリードしてきた五人のベンダーキーパーソンによる座談会を実施した。前後編に分けてその模様をお伝えする。(2016/1/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(79):
統計の食わず嫌いを直そう(その7)、「鎌倉時代の平均ワイン消費量」と「平均値の検定」
「効果がある」と言うためには比較が必要です。新旧開発プロセスの生産性や品質の平均値を比べるためには、「平均値の差の検定」が必要となります。(2015/10/29)

山浦恒央の“くみこみ”な話(73):
食わず嫌いを直そう、統計分析は意外に簡単(1)
ソフトウェア開発においてデータの重要性は言うまでもありませんが、「統計的に分析せよ」と言われると腰の引ける人も多いはずです。ですが、ツールの充実した今、そう難しいものではありません。まずは統計分析の「御利益」を知って、食わず嫌いを克服しましょう。(2015/5/8)

モデルベース開発奮戦ちう(11):
モデルベース開発って、どう教えればいいの?
全社のモデルベース開発におけるライセンス管理やデータマネジメント、そして教育を目的とした基盤強化チームに選ばれた京子。まずは、最大の課題と感じていた、モデルベース開発を知ってもらうための教育カリキュラム作りに取り組むことになった。(2015/4/9)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(12):
ボクだけの「エア彼女」をMP3プレーヤーシールドで自作しよう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。今回は、MP3プレーヤーシールドを使って、疲れて帰宅したあなたを優しく迎えてくれる「エア彼女」を作るぞ!!(2014/7/7)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(11):
サーボモータを活用してオリジナル「自動給餌器」を作ろう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。連載第11回では、サーボモータを用いた「自動給餌器」を作る。これさえあれば、お留守番しているペットの食事を心配せずに思う存分残業できるぞ!!(2014/6/2)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(10):
感圧センサーで、「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」を作ってみた
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。連載第10回では「感圧センサー」を使って、もぐらたたき風のゲームを作る!(2014/5/15)

組み込み開発ニュース:
ベトナムでAndroidエンジニアを育成、OESFとAITI Educationが共同で
組み込み分野におけるAndroidの普及・促進を目指すOpen Embedded Software Foundation(OESF)は、ベトナム・ハノイ市に拠点を置くAITI Education(AITI)と提携し、ベトナムにおけるAndroid技術者教育を共同で進める方針を明らかにした。(2014/4/28)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(9):
スイッチを使ってタイマーを制御――「運動しなさい! 電光掲示板」がついに完成!!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。連載第9回は、前回作った電光掲示板にスイッチとブザーを追加する。仕様通りに完成させるぞ!(2014/3/6)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(8):
Arduinoがあなたのトレーナーに――「運動しなさい! 電光掲示板」を作る
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。今回は、Arduinoから送ったメッセージをディスプレイ上に表示させる。ディスプレイを扱えるようになれば、ガジェット作りの幅が広がるぞ!(2014/2/5)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
CMMIレベル5を取得 受託開発の信念を愚直に貫くシステム情報
業界平均を大きく上回る営業利益率約8%を上げる受託ソフト開発会社、システム情報。その強みの裏側に迫る。(2014/1/28)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(7):
白黒なのにカラーに見える!? モーターを制御して「ベンハムのコマ」を作ろう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。今回は、ArduinoでDCモーターを制御して「ベンハムのコマ」を作るぞ!! モーターの扱い方をマスターすれば、動きのあるガジェットも作れるようになる!(2014/1/7)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(6):
暗い夜道でも安心な「歩くと光る!? キラキラLEDバッグ」を作ろう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。今回は、電子工作と手芸のコラボレーション作品として、クリスマスプレゼントにぴったりな“キラキラLEDバッグ”にチャレンジ! 手芸用のArduino基板「LilyPad」を使い、導電糸でLEDを配線するぞ。(2013/12/12)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(5):
秋の夜長をロマンチックに―― 「フルカラーLED調光ランプ」を作ろう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。第5回のテーマは“女子ウケを狙った、キレイ・カワイイ・実用的な電子工作”だ。ArduinoのPWM機能でフルカラーLEDの色を変える。併せて、シリアルモニターでマイコンと対話する方法も解説するぞ!(2013/11/6)

ITエンジニアのチームリーダーシップ実践講座(4):
リーダーは、目的ではなく目標を示せ
業務で目的を達成するためには、活力あるチームを作り、運営していくことが重要だ。本連載では、ITエンジニアのリーダーシップスキルの向上に役立つツールや考え方を詳しく紹介する。(2013/10/28)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(4):
ハラハラドキドキ「うさぎさん危機一髪ゲーム」を作ろう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。第4回のテーマは“子どもと一緒に作って遊べるゲーム”だ。スイッチとブザーを組み合わせて、「うさぎさん危機一髪ゲーム」を作る! 後半には、電磁石を使ってうさぎさんを落下させるオプション機能についても解説する。(2013/10/3)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(3):
厳しい残暑を「熱中症対策センサー」で乗り切ろう!
頭の中のアイデアを「Arduino(アルドゥイーノ)」で実現!! 筆者と一緒にモノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう。第3回のテーマは“厳しい残暑を健康的に乗り切ろう”だ。温度センサーと複数のLEDを組み合わせて、「熱中症対策センサー」を作るぞ!(2013/9/4)

製造業エンジニア、転職活動の心得:
10〜20年先のキャリアを思い描いていますか? 年収が高い=必ずしもハッピーとは限らない
20代のエンジニアの中には、プロジェクトマネージャなどの上流職を志望する人が多いようです。ですが、10〜20年先のことを考えず、憧れだけでキャリアを積んでいくのは禁物。職業人生のゴールを意識してください。(2013/8/21)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(1):
お手軽モノづくり体験――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう!
「こんなモノがあったらいいのに……」をArduino(アルドゥイーノ)で実現。電子工作初心者や回路の知識のない人だって大丈夫。筆者と一緒に、頭の中のアイデアをカタチにし、モノづくりの喜びや難しさを体験・体感してみよう! 第1回では、開発環境の準備と電子工作の“Hello World”こと、「エルチカ」に挑戦するぞ!!(2013/7/22)

中小サプライヤのための実践的ISO26262導入(2):
推進組織立ち上げの着実な「準備」がISO26262対応活動の形骸化を防ぐ
中小サプライヤを対象に、ISO 26262に取り組む上での実践的な施策について紹介する本連載。第2回は、機能安全対応の推進役が決まった後の「準備」について解説する。(2013/3/8)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第1回 TFS Expressで始めるソース・コード管理
ソース・コード管理のオンライン・サービス「Team Foundation Service」とTFS/Gitなどのオンプレミス・ツールを解説する連載スタート。(2013/3/1)

DevOps時代の開発者のための構成管理入門(2):
ITS/BTSによるプロジェクト運営7つの勘所と手軽に使える5ツール
「DevOps」という言葉にもあるように、ソフトウェア構成管理は、インフラ運用に取り入れられるなど、変わりつつある時代だ。本連載では、そのトレンドにフォーカスして、現在のソフトウェア開発に有効な構成管理のノウハウをお伝えする(2013/1/30)

今日からできる“CMMI流”開発効率改善術(4):
開発チームの改善効果を定量データでアピール!
ソフトウェアの測定は一般的に難しく、活用度も低いと言われる。どのように難しいのだろうか。それを明らかにするとともに、CMMIの考え方を適用した定量的なプロセス改善について解説する。(2012/12/18)

NEWS:
電子制御系の領域を強化したダッソーの自動車業界向けPLMパッケージとは
自動車業界向けのパッケージ製品「スマート、セーフ&コネクテッド」を発表した。ISO 26262、AUTOSARへの対応を考慮した構成となっている。(2012/9/18)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
プロセス改善あっての機能安全、ISO 26262はツールにすぎないことを理解すべし
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「まだ間に合う! ISO26262に準拠せよ 〜プロセス改善から始める機能安全対応〜」の基調講演に、ISO 26262や機能安全規格について詳しい知見を有する、日本自動車研究所の小谷田一詞氏と、東京海洋大学大学院教授の佐藤吉信氏が登壇した。本稿では、小谷田氏と佐藤氏の講演を中心に、同セミナーのリポートをお送りする。(2012/9/14)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(14):
Android技術者スキルを総点検! ――【全13問】ACE合格への道
Androidアプリケーション開発の“ベーシックなスキル”を習得し、ACE(OESF Authorized Certification Engineer for Android)合格を目指す本連載。最終回では、これまでお届けした演習の総復習を行う。全13問、あなたは何問解けるかな?(2012/7/13)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(13):
Androidのデバッグ機能
今回は、最後の単元であるAndroidの「デバッグ機能」に関する問題に挑戦する。演習問題に取り組むだけでなく、実際にツールを使いながら知識を身に付けるといいだろう。(2012/6/20)

ISO26262 Polarion インタビュー:
中小企業でも導入できるALMツールが機能安全対応の鍵
自動車業界を中心に、ISO 26262などの機能安全規格に準拠できるようなソフトウェア品質の確保を目的に導入が進んでいるのがALM(Application Lifecycle Management)ツールである。Polarion Softwareは、低コストで導入できるWebブラウザベースのALMツールで海外市場を席巻している新興ベンダーだ。2012年6月から国内市場に参入する同社社長兼CEOのMichael Carey氏に、ツールの特徴などについて聞いた。(2012/6/7)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(12):
Androidの開発機能
今回は「開発機能」に関する演習問題に取り組む。Androidアプリケーションの開発に用いられる“ツール”についてきちんと押さえておこう。(2012/5/24)

【IFRS】プロジェクト成功の切り札「PMO」活用法【第1回】
実は知られていない「PMO」の基本的な役割
IFRS適用をはじめとして企業では多数のプロジェクトが走っている。だが業務の複雑化やグローバル化によってプロジェクトの難易度が上がっている。その中でプロジェクトをどう成功させるか。「PMO」活用法をお届けする。(2012/4/27)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(11):
Androidアプリケーションの管理と配布
開発したアプリケーションを「Google Play」に登録し、全世界に向けてリリースできるのがAndroidの大きな魅力の1つだ。今回は、Androidアプリケーションの管理と配布の知識について問う。(2012/4/3)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(10):
Androidアプリ開発で役立つマルチメディアとテストの知識
今回の演習は、リッチコンテンツを取り扱うようなアプリの開発に必須の「マルチメディア」と、単体テストを自動化でき品質向上の助けとなるJUnitに関する「テスト」の知識についてだ。(2012/3/1)

今日からできる“CMMI流”開発効率改善術(1):
CMMIなら、どんなチームも開発効率を改善できる
ソフトウェア開発のスピードと品質は、プロジェクトチームの開発能力に大きく依存している。しかし、ただでさえ日々の業務に忙殺されている中、チームの開発能力と作業効率を着実に改善していくためにはどうすれば良いのだろう? V1.3がリリースされ、さらに使いやすくなったCMMIにヒントを探る。(2012/2/29)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(9):
Androidアプリ開発に欠かせない、外部機器とセンサー
今回は「外部機器」と「センサー」についての演習問題に取り組む。これらと連携することで、GPSと連動した地図表示、加速度センサーを用いたゲームなどを容易に実現できる。(2012/2/6)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(8):
アプリの幅が無限に広がる、Androidの通信
今回の演習テーマは、Androidの「通信」について。通信機能により外部連携ができるようになれば、アプリケーションの幅は無限に広がるはずだ。(2012/1/5)

組み込みイベントレポート:
【ET2011】組み込みAndroid機器の普及に向けて大きく動き出したOESF
ET2011レポート、Android編。本稿では、大規模な展示・デモが行われていた一般社団法人「Open Embedded Software Foundation」ブースに注目し、組み込み分野におけるAndroidの最新動向を紹介する。(2011/12/8)

NEWS:
ソフトウェア領域を手に入れたPTC、Integrityで車載ソフトウェア開発プロセスをカバー
2011年5月、PTCはソフトウェア開発プロジェクト管理ツールベンダーMKSを買収した。ソフトウェア領域の統合管理ツールを自社ポートフォリオに組み込んだPTCは、自動車業界を始めとする組み込みソフトウェア業界にどのようなアプローチをしていくのだろうか。(2011/11/25)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(7):
アプリ開発に必須、Androidのストレージ
今回は、各種データを保存するときに必ず利用する「ストレージ」についての演習と解説をお届けする。Androidアプリケーションを開発する上では“必須知識”といえる!(2011/11/25)

自動車分野の機能安全規格「ISO26262」とは何か?(4):
ISO26262 Part.8 支援(検定プロセスなど)
自動車分野向けの機能安全規格「ISO26262」。今回は、システム、ハードウェア/ソフトウェアに関係する「ISO26262 Part.8 支援」の続きとして、主に“検定プロセス”について取り上げる。(2011/11/21)

情報システム用語事典:
TMMi (てぃえむえむあい)
testing maturity model integration / テスト成熟度モデル統合(2011/11/7)

情報システム用語事典:
ピアレビュー(ぴあれびゅー)
peer review(2011/11/7)

情報システム用語事典:
ソフトウェアレビュー(そふとうぇあれびゅー)
software review / レビュー(2011/11/7)

情報システム用語辞典:
検証(けんしょう)
verification / 独立検証 / 正当性検証(2011/11/7)

情報システム用語辞典:
妥当性確認(だとうせいかくにん)
validation / バリデーション(2011/11/7)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(6):
Androidのアプリケーションコンポーネンツ
今回は、Androidのアプリケーション・フレームワークが持つコンポーネント群「アプリケーションコンポーネンツ」について。ACE対策としてだけでなく、Androidアプリ開発をする上でも必須知識となるのでしっかりと理解しておこう。(2011/10/11)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(5):
Androidのリソースファイル
今回は、Androidの“リソースファイル”について。「画像」と「XMLファイル」に大別されるリソースファイルのうち、XMLファイルに関する演習と解説をお届けする。(2011/9/22)

情報システム用語事典:
ソフトウェアプロセス(そふとうぇあぷろせす)
software process(2011/9/9)

情報マネジメント用語辞典:
ソフトウェア開発プロセス(そふとうぇあかいはつぷろせす)
development process / 開発プロセス / 開発工程(2011/9/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。