ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VxWorks」最新記事一覧

イノテック SX-8030:
Xeon E3/第6世代Coreプロセッサ搭載の組み込み向け小型CPUボード
イノテックは、インテルのXeon E3/第6世代Coreプロセッサファミリーを搭載した小型サイズのCPUボード「SX-8030」を開発したことを発表した。(2016/5/18)

ESEC2016 開催直前情報:
イノテック、Skylake搭載の小型組み込み用CPUボード
イノテックが第6世代CoreプロセッサもしくはXeon E3を搭載した小型の組み込み用CPUボード「SX-8030」を発表。145×140mmの小型ボードながら高い拡張性を備える。(2016/5/10)

組み込み/IoT機器開発で使えるWindows(1):
組み込み機器向け「Windows Embedded/IoT」とは?
マイクロソフトの組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」の導入メリットとは? Windows Embedded/IoTの最新情報や活用ポイントを、他の組み込みOSとの違いを交えながら詳しく解説する。(2016/4/26)

頭脳放談:
第188回 IoTが組み込み向けOSの再編を促すか?
組み込み向けOSの老舗、Wind RiverがIoT向けOSを無償で提供するという。IoTによって、組み込みOSの勢力図が変わりつつある。組み込み向けOSの再編も起きるのか?(2016/1/27)

VxWorksをベースに、Helixのラインアップを強化:
ウインドリバーが自動車向け組み込みプラットフォームを発表
ウインドリバーは、「Wind River Helix Chassics」製品群の1つとして、自動車向けのプラットフォーム「Wind River Helix Cockpit」を発表、「Helix Drive」もアップデートした。(2016/1/13)

米ウインドリバー プレジデント ジム・ダグラス氏:
PR:ビジネスとして走り出すIoTをエッジとクラウドでカバーする
IoT OSベンダーによる無償OS提供――ウインドリバーは2015年に根幹となる戦略を大幅に転換した。IoTという時代の波を受け、30余年の社歴を持つ企業がスタートアップの精神で取り組むのは、組み込みOSというコアビジネスを有した上での、クラウドソリューションプロバイダーへの変身だ。(2016/1/12)

電子機器設計/組み込み開発 メルマガ 編集後記:
「IoTを丸投げしたい」が予感させる、主役の交代
「つながる」ことが当たり前になると、求められるモノにも変化が起きます。「企業は技術そのものやビジョンではなく、今使えるソリューションを求めている」というコメントは非常に示唆的です。(2015/12/21)

「組み込みOS無償提供」で変わるウインドリバーの戦略
航空宇宙などミッションクリティカルな分野で高い評価を得る「VxWorks」などで知られるウインドリバーが、クラウド対応組み込みOSの無償提供に踏み切った。その狙いを米Wind Riverのプレジデントが語る。(2015/12/14)

Wind River Rocket/Pulsar Linux:
ウインドリバー、IoTエンドデバイスまでを視野に組み込みOSのラインアップ拡大
ウインドリバーは、クラウド対応のリアルタイムOS「Wind River Rocket」「Wind River Pulsar Linux」と、クラウド対応開発環境などを無償提供する。(2015/11/4)

ウインドリバーがクラウド対応RTOSなど無償提供、クラウド開発環境も無償で
ウインドリバーがクラウド対応OS「Wind River Rocket」「Wind River Pulsar Linux」ならび対応開発環境、テスト環境を無償提供する。32bit MCUまで対象としており、IoTエンドデバイスまでも視野に入れる。(2015/11/4)

日本モレックス SST-CCIE-S-PCU:
CC-Link IE Field対応のインタフェースカード
日本モレックスは、CC-Link IE Fieldに対応する、PCIスレーブ用インタフェースカードを発表した。自動車製造や半導体製造分野のロボット制御、マシン間通信、診断などの用途に向ける。(2015/10/22)

mruby概論(1):
“Rubyの良さを組み込みに”を合言葉に開発された「mruby」とは何か
Rubyを軽量化、組み込み向けとして開発された「mruby(軽量Ruby)」が今、IoTでの開発言語として注目されています。Cに比べてコード量を1/4まで低減するmrubyについて、この連載では“mrubyはIoTでこう使え”までを分かりやすく解説します。(2015/7/13)

組み込み開発ニュース:
「VxWorks」向けアプリストア開設
ウインドリバーがRTS「VxWorks」向けアプリストア「Wind River Marketplace」を開設した。(2015/6/17)

PR:ロボットにもモデルベースデザインのチカラを、新ツールで劇的に進化したMATLAB/Simulinkによるロボット開発
昨今注目されるロボット。モデルベースデザイン環境「MATLAB/Simulink」を提供するMathWorksが発表した、ロボット開発にモデルベースデザインの手法を導入するためのツール「Robotics System Toolbox」について解説する。(2015/3/25)

組み込み開発ニュース:
あらゆる機器をIoTデバイスにするUIエンジン「paneE」
ACCESSは組み込み機器に、ネットワーク対応機能とタッチパネル操作機能を付加できるUIエンジン「paneE(パネイー)」の提供を開始した。(2015/3/24)

組み込み開発ニュース:
世界をIoTでスマートにするための10のポイント
2020年にはエンドデバイスの数が300億個にも達すると言われるIoT(Internet of Things)時代が本格化する中、組み込みエンジニアはどのような考え方で開発にあたるべきか。ウインドリバーのフェローが念頭に置くべき10のポイントを挙げた。(2015/3/2)

組み込み開発ニュース:
航空宇宙向けRTOS「VxWorks 653」に2つの新バージョン
ウインドリバーが、航空宇宙産業向けRTOS「VxWorks 653」の新バージョンとして、「Wind River VxWorks 653 3.0 Multi-core Edition」「Wind River VxWorks 653 2.5」を発表した。(2015/1/29)

FAニュース:
日本モレックス、次世代「Brad PCネットワークインタフェースカード」を発表
NIC・設定ソフトウェア・開発ライブラリ・OPCデータサーバで構成されたパッケージ製品。DCSやPLCからの移行も容易で、フィールドバス技術に精通していないユーザーでも、制御アプリケーションを効果的かつ省コストに運用できる。(2014/9/3)

組み込みニュース:
ウインドリバー、「VxWorks」の次世代版向け仮想化プロファイルを発表
ウインドリバーは、同社の組み込みシステム用リアルタイムOS「VxWorks」の次世代版向け仮想化プロファイル「Virtualization Profile for VxWorks」を発表。VxWorksのユーザーは、異なる複数のOSを1個のプロセッサコア上で動作させるのに必要な組み込み機器の仮想化が可能になる。(2014/8/19)

組み込みイベントリポート【ESEC2014】:
「IoT」の“カタチ”が見えた・分かった!? ――産業や社会を革新する技術たち
組み込み業界のビッグイベント「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」。今回の展示会を象徴するキーワードは、「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」をおいて他にないだろう。各社の展示内容から、これまで以上に踏み込んだIoTの具体的な“カタチ”が見えてきた。(2014/5/29)

モノのインターネットが実現する世界:
PR:複雑化する産業システム――製造現場のIoT化で丸ごと解決!
産業システムの多くは、複数メーカーの機器で構成されている。よって機器ごとに個別のメンテナンスが必要であるなど、運用面や管理コスト、セキュリティ面での課題を抱えている。これに対し、インテルはIoT戦略の1つに掲げている「ワークロード・コンソリデーション・プラットフォーム」を提案する。(2014/5/29)

企業動向/Internet of Things:
IoTはバズワードからビジネストレンドへ――インテルが米国最新事例を報告
インテルは、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)への出展に先立ち、傘下のマカフィー、ウインドリバーとともに、東京都内で事前記者説明会を開催。同社のIoT(Internet of Things)戦略と最新事例の紹介に加え、マカフィーとウインドリバーの製品/ソリューションを活用した新製品について発表した。(2014/5/12)

ESEC2014 開催直前情報:
Armadillo+DeviceSQLでユビキタスとアットマークテクノが協業、産業分野へ
ユビキタスとアットマークテクノは、組み込みプラットフォーム「Armadillo-800」および「Armadillo-400」シリーズに最適化したデータ管理ソリューション「Ubiquitous DeviceSQL SDK for Armadillo」を開発。業務産業系組み込みシステム向けデータ管理ソリューションとして2014年6月下旬に販売を開始する。(2014/5/8)

マイコン入門!! 必携用語集(最終回):
時間、順序を律義に守る――リアルタイムOSとは
マイコンのソフトウェアにはさまざまなものがあり、目的や状況に応じて適切なソフトウェアを選択することが大切であることを学習してきました。今回は、その中からOS(オペレーティング・システム)を取り上げて解説します。本稿を通して、OSの役割や求められる機能について理解を深めていただければと思います。(2014/3/18)

産業用機器 基礎解説:
工場にしなやかさをもたらす、産業用PCの真価とは〔前編〕
産業用コンピュータの歴史の中で、産業用PCにスポットを当てて解説していきます。まず〔前編〕で現在に至る歴史とその背景を、〔後編〕で産業用PCの製品特徴と使われる分野、これからの方向性などについて紹介します。(2014/2/28)

組み込みOS:
IoT時代のリアルタイムOS「VxWorks 7」誕生――モジュール性の高いアーキテクチャで再構築
ウインドリバーは、組み込みシステム向けリアルタイムOS「Wind River VxWorks」の最新版「Wind River VxWorks 7」を発表した。「モノのインターネット(IoT)」時代の到来に向けて、システムを刷新。モジュール性の高いアーキテクチャで再構築したという。(2014/2/27)

製造業エンジニア、転職活動の心得:
システム開発会社からのメーカー転職。「メーカーで働きたい」だけではきっと落とされる
「メーカーで働きたい」とシステム開発会社からの転職を希望する組み込みエンジニアはたくさんいらっしゃいます。そんなシステム開発会社からのメーカーへの転職で問題になるのは、実は「上流工程の経験」といった経験・スキルの応募要件ではなく、まったく別の要因なのです。(2013/12/24)

ET2013ニュース:
インテル、ロボットによるお琴の演奏会を開催!? ワークロード集約のメリットを訴求
インテルは「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」に出展。マルチコアプロセッサーと仮想化技術の強みを生かした「組込み機器向けワークロード集約デモ」と題し、“琴を演奏するロボット制御システム”のデモンストレーションを披露した。(2013/11/21)

頭脳放談:
第161回 Intel様、Quarkが組み込み世界を席巻する方法教えます
Intelから新しいプロセッサ「Quark SoC」が発表された。ARM対抗ともいえるこのプロセッサ。でも、組み込み世界を席巻するには、何かが足りない。組み込み市場でARMに勝つ方法は……。(2013/10/24)

プログラマブルロジック:
全周囲監視や高速伝送――ARMコア搭載プログラマブルSoC「Zynq」がHD映像の高速処理を実現
東京エレクトロン デバイスは、「Zynq-7000 All Programmable SoCセミナ2013」を開催した。会場内ではXilinx製ICチップ「Zynq-7000 All Programmable SoC」に関連した技術講演に加えて、パートナー企業がZynq-7000 All Programmable SoCを応用したハイビジョン映像の画像処理システムや開発支援ツールなどのデモ展示を行った。(2013/10/21)

プロセッサ/マイコン:
Intelが“iPhone 5sのA7”と同じ64ビットSoC「Quark」を発表――マイコン市場を脅かすか?
Intelは、組み込み用SoC「Quark」を発表した。x86ベースの64ビットCPUを有し、従来の組み込み用SoC「Atom」に比べて、サイズは5分1、消費電力は10分の1だという。64ビットのアドレス空間の大きさを武器に、32ビットマイコン市場を脅かす可能性もある。(2013/9/17)

NIWeek 2013現地リポート:
PR:計測/制御機器もプログラム可能な時代へ、“28 nm FPGA+ARMプロセッサ”が後押し
あらゆるモノをネットワークで接続し、それらをソフトウェアで制御する。このような“プログラム可能な世界”への移行は、計測/制御機器の分野でも起こっているという。ナショナルインスツルメンツの“Software-Designed(ソフトウェア設計型)”のコンセプトは、そのトレンドをけん引するものだといえるだろう。この“Software-Designed”の進化の鍵を握っているのが、28 nmプロセスを使用した最先端のFPGAとデュアルコアプロセッサを組み合わせた独自のアーキテクチャだ。(2013/9/4)

徹底解説:
PR:いまさら聞けない GUI開発フレームワーク「Qt」活用 〜組み込み機器開発で選ばれる理由〜
タッチパネルディスプレイの搭載、スマートフォンライクなリッチUIによる高い表現力と直感的な操作への要求は一般化しつつある。この流れは組み込み機器でも例外ではない。こうしたトレンドを受け、いま急速にその存在感を増しているのが、C++ GUI開発フレームワーク「Qt(キュート)」だ。なぜ、組み込み機器開発でQtが選ばれているのか。その理由に迫る!(2013/8/21)

ビジネスニュース 企業動向:
シリコンコンバージェンスを可能とするアルテラSoC、開発環境も整う
FPGAベースの設計手法は、設計の柔軟性を確保しつつ最先端プロセス技術を活用できることから注目を集めている。こうした中で「シリコンコンバージェンス」を提唱しているアルテラは、最先端FPGA技術をベースとしたSoC設計を推進している。(2013/5/17)

Androidデバイス対応は業界初:
日本セーフネット、組み込みソフトウェア収益化ソリューションを発表
米SafeNetの日本法人である日本セーフネットは、ソフトウェアの重要性が増す組み込み市場向けに、ソフトウェア収益化ソリューション「Sentinel RMS Embedded」を新たに発表した。(2013/4/23)

採用事例:
富士通、RAIDディスクストレージシステムにウインドリバーの製品群を採用
ウインドリバーは、富士通が提供するETERNUS RAIDディスクストレージシステム製品の開発に、「Wind River VxWorks」「Wind River Linux」および「Wind River Hypervisor」が採用されたことを発表した。(2012/12/11)

組み込みソフトウェア技術:
つながる時代のセキュリティ、チップと組み込みOSの連携で守る
もはや携帯電話機やPCだけではない。あらゆる組み込み機器がネットワークにつながる時代である。そうした機器をクラッカーの脅威から守り、データ保護を実装するには、半導体チップ上にハードウェアとソフトウェアの両方の形態で搭載された信用基盤を活用する必要がある。ただし、実際のセキュリティ設計には、制約条件や技術的な選択肢が数多く待ち受けている。(2012/11/8)

ウインドリバーに聞く業界動向:
標準化・コンソリデーション化が加速する航空・宇宙/防衛分野
航空・宇宙/防衛分野における組み込みシステム開発の現状とは? 取り巻く環境とは? NASAの火星探査機やボーイングの旅客機、アメリカの軍用機などで多くの採用実績があり、長年、同分野に携わってきたウインドリバーに話を聞いた。(2012/8/16)

赤い惑星のファーストショット Curiosityから初のカラー写真
火星に着陸した探査機「Curiosity」から初めて送られてきたカラー写真を公開された。(2012/8/8)

恐怖の7分間を支えた技術:
火星探査機「キュリオシティ」に採用されたリアルタイムOS
火星に着陸した米航空宇宙局(NASA)のロボット探査機「キュリオシティ(Curiosity)」に、米ウインドリバーのリアルタイムOS「Wind River VxWorks」が採用されている。(2012/8/7)

組み込みソフトウェア開発:
ウインドリバー、クイックスタート機能を備えた「Wind River Simics」の最新版を発表
ウインドリバーは、組み込みソフトウェア開発向けシミュレーション環境「Wind River Simics」の最新版を発表した。新バージョンではクイックスタート機能が搭載された。(2012/6/28)

ESEC2012【特別企画】注目ブースリポート:
PR:パートナー企業とのコラボ展開でさらなる可能性を見せるリネオの組み込みソリューション
組み込みLinuxの専門技術集団であるリネオソリューションズ。「第15回 組込みシステム開発技術展(ESEC2012)」では、Linux搭載機器の開発を後押しする同社のコア・プロダクトやプロフェッショナルサービスの訴求に加え、パートナー企業とのコラボレーション展開を強くアピールしていた。本稿ではその模様を特別リポートとしてお届けする。(2012/6/1)

短納期とコスト削減ならAtomとAndroidの組み合わせだ
インテルは、2月2日にAtom E600番台をはじめとする組み込み向けプラットフォームの製品展開に関する説明会を行い、納期短縮とコスト削減の可能性を訴求した。(2012/2/2)

開発ワークフローにセキュリティを統合:
コベリティとウインドリバーが協業、組み込みソフト開発にセキュリティ向けデベロップメントテストを導入
コベリティとウインドリバーは、コベリティのセキュリティ向けデベロップメントテスト・プラットフォームを、ウインドリバーの組み込みソフトウェアに統合すると発表。開発の早期段階でセキュリティの脆弱性をより簡単に素早く修正することを目指す。(2012/1/25)

FPGA Insights:
PR:第46回 最先端の28nmFPGAと最新のエンベデッド・ソリューション 〜ET2011リポート(後編)〜
FPGAの主要ベンダーは、回路設計の大規模化に向けて、新しいチップの開発と同時に、システム統合を高い生産性で行うことができる次世代開発ツールの開発にも力を入れている。さらに、組み込みシステム用途ではハードウェア設計に加えて、内蔵するプロセッサ用のプログラム開発を効率よく行うためのツール提供が必須となる。(2011/12/22)

FPGA Insights:
PR:第44回 組み込みシステム設計者のニーズに応える最新SoC FPGA(後編)
システム・レベルの機能をワンチップに集積する手法として、FPGAの活用が注目されている。とくに、高性能プロセッサを内蔵したSoC FPGAが登場したこともあり、その動きに弾みを付ける。こうしたSoC FPGAを有効活用するには、ハードウェアの開発環境と並んで、ソフトウェア開発を容易にするツールのサポートが重要となる。本稿ではソフトウェアの開発効率を高めることができる「仮想プロトタイピング環境」など、最新のソフトウェア開発環境について紹介する。(2011/11/25)

プログラマブルロジック FPGA:
アルテラがARMコア搭載FPGAを発表、仮想プロトタイプ環境も用意
28nm世代の最先端FPGAにアームのプロセッサコア「Cortex-A9 MPCore」をハードIPとして集積する。最大の競合であるザイリンクスも同様のFPGA派生製品を発表済みだ。アルテラは差異化点として、ハードウェア性能の高さや仮想プロトタイピング環境などを挙げる。(2011/10/12)

時代のニーズに先んじて進化:
ウインドリバー、64ビット対応リアルタイムOS「VxWorks 6.9」説明会を開催
ウインドリバーは、3月に発表(現在出荷済み)した組み込み機器向けリアルタイムOSの最新版「Wind River VxWorks Platforms 6.9」に関する記者説明会を開催した。(2011/5/25)

FPGA Insights:
PR:第31回 「ARM搭載 FPGA によって格段に広がる SoC 開発の選択肢」(後編)
 SoCに対するシステム設計者のニーズはさまざまである。また、最先端プロセスを用いたSoC設計では、前編で述べてきたように、いくつかの課題を抱えている。FPGAベースのSoC設計を提案するFPGAベンダーでは、こうしたシステム設計者のニーズに対応する製品や開発ツールを用意している。本稿(後編)では、その一例としてアルテラが提供しているSoC FPGAソリューションについて解説する。(2011/4/28)

FPGA Watch(5):
FPGAにCPUを内蔵するいくつかのアプローチ
FPGAの動向をお届けする本連載。今回は、FPGAにおける“プロセッサ利用”について、特に「ソフトコアプロセッサ」のメリットを詳しく紹介する!(2010/12/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。