ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「組み込みLinux」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
「組み込みOS」記事一覧 − MONOist

組み込みLinux開発の新潮流:
PR:Yoctoのお悩みはリネオの「Yoctoコンシェルジュ」にお任せ!
認知度が高まってきたものの、ユーザー企業が導入する上でさまざまな課題がある「Yocto Project」ベースの開発環境。組み込みLinuxに舵を切って17年の歴史を重ねてきたリネオソリューションズは、Yocto Projectに関する悩みに応えるサービス「Yoctoコンシェルジュ」を始める。(2016/11/1)

組み込みLinuxの黎明期を知るリネオ:
PR:長野から組み込みを支える「これりな」の思い
小さなもの好きを魅了し、多くのエンジニアの心に残る「Linuxザウルス」。このデバイスには、リネオソリューションズが作り出したLineo uLinuxが搭載されていた。29人のエンジニアを擁するリネオは2013年“これりな”という言葉にその理念を込めた。ESEC2013を前に、エンジニアでもある同社代表取締役 小林明氏に話を伺った。(2013/4/19)

組み込みLinux最新動向インタビュー 2007:
AndroidはGoogleとウインドリバーの合作だった
携帯電話向け組み込みLinux「アンドロイド(Android)」は、Googleとウインドリバーが共同で開発を進めているらしい(2007/12/19)

組み込みLinux業界動向2006:
組み込みLinuxの弱点は克服されたのか?
2004年11月に、組み込みLinuxが抱える弱点を指摘した。あれから約2年。果たして弱点は克服されたのか?(2006/9/26)

組み込みLinux開発入門(3):
クロス開発環境の整備とRAMディスクの書き換え
まずクロス開発環境を整備してPC上でARM用バイナリをコンパイルできるようにし、そのプログラムをArmadilloに組み込む手順を解説する(2005/10/18)

組み込みLinux開発入門(2):
シリアル接続による開発ボードの動作確認
アットマークテクノのArmadillo-9を通して、開発ボードの取り扱い方を解説。まずは、シリアル接続でターゲットのOSにアクセスする(2005/9/10)

組み込みLinux開発入門(1):
組み込み開発の基礎知識と開発の流れ
組み込みソフトウェアの開発は、PC用とは異なる要素や手順が必要となる。今回は開発を始める前に、組み込み開発の全体像を説明する(2005/8/9)

組み込みLinux開発の最前線:
CE Linux Forum Plenary Meeting 2005レポート
サンノゼで開催されたCELF Plenary Meetingには、組み込みLinuxの最新動向が集約されていた。組み込みLinuxのいまと未来は?(2005/2/15)

組み込みLinux業界動向:
組み込みLinuxのメリットと弱点は何か?
携帯電話や情報家電市場の活況で、組み込み分野が面白くなっている。その中でLinuxはどのような存在なのだろうか?(2004/11/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。