ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エンコーダー」最新記事一覧

絶縁型モーター制御デバイスのリーダー「Avago」が生まれ変わった:
PR:高効率モーター駆動に向けて革新的製品を生み続ける新生Broadcomに迫る
高効率化に向けて、最新のモーター駆動/制御技術が集結した展示会「TECHNO-FRONTIER 2016 第34回モータ技術展」の中でも、ひときわ大きな注目を集めたのが2016年2月にAvago Technologiesから社名変更したBroadcomのブースだ。ここでは、注目を集めたSiC/GaNパワーデバイスに対応する次世代型アイソレーションデバイスや新コンセプトのエンコーダーなど、新生Broadcomのモーター駆動/制御向けデバイスを詳しく紹介していこう。(2016/5/30)

Design Ideas 信号源とパルス処理:
単方向のカウンターで双方向のパルスを累算する
今回は、標準的な単方向カウンター・タイマーICである「82C54」と簡単なソフトウェアを使い、直角位相差出力のエンコーダーとISA入出力バスのインタフェース回路を紹介する。(2015/9/18)

セイコーNPC SM3471AB/CF3412A:
機能設定方法を簡素化したエンコーダ用逓倍IC
セイコーNPCは、エンコーダ用逓倍IC「SM3471AB」と透過型リニアアブソリュートエンコーダ用IC「CF3412A」を発売した。SM3471ABは、消費電流を従来比40%削減している。(2015/9/15)

Ethernet AVBでもリアルタイム伝送!:
ルネサス、車載カメラ映像を高速圧縮するSoC
ルネサス エレクトロニクスは車載カメラネットワーク用SoC「R-Car T2」を開発したと発表した。Ethernet AVBに準拠し、独自に開発したH.264エンコーダで映像を高速に圧縮することによって、1280×960ピクセルのHD映像を1ms以下の遅延で出力できるという。(2015/9/11)

超高分解能エンコーダ、SiC/GaN対応ゲート駆動フォトカプラ:
PR:モーターを高効率、高精度へ導く“革新的アイソレーション&エンコーダ”
モーター駆動/制御関連技術が一堂に集まる展示会「TECHNO-FRONTIER」が5月に開催された。その中で、アイソレーション/エンコーダの大手ベンダーであるアバゴ・テクノロジー(Avago Technologies)は未発売の製品も含め、革新的な機能/性能を実現したアイソレーション/エンコーダを披露した。(2015/6/25)

ESEC2015:
H.265/HEVC方式準拠の8K映像、4コア並列処理でリアルタイム表示
テクノマセマティカルは、「第18回 組込みシステム開発技術展」(ESEC2015/2015年5月13〜15日、東京ビッグサイト)で、独自アルゴリズム「DMNA(Digital Media New Algorithm)」を応用したエンコーダ/デコーダを用いて、4K/8Kの高精細映像をリアルタイムに表示するデモ展示を行った。(2015/5/20)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
30年分のノウハウを詰め込んだ最新エンコーダで、高精度なモーター制御を
アバゴ・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、幕張メッセ)で、高精度かつ高効率なモーター制御のための技術を紹介する。約30年にわたって蓄積したノウハウを生かした最新のエンコーダや、SiC/GaNデバイス向けのドライバICなどをそろえる。(2015/5/13)

新技術:
プロ向け4K H.264/HEVCリアルタイムエンコーダ、NTTが1チップで実現
NTTは、1チップで4K/4:2:2/60p映像のエンコード処理を行うことができる、プロフェッショナル用途向けH.264/HEVC(High Efficiency Video Coding)リアルタイムエンコーダLSI(開発コード名:NARA)を開発した。(2015/4/7)

システムLSI:
ソシオネクストが4K向けHEVCリアルタイムエンコーダLSIを出荷
ソシオネクストは2015年4月3日、映像圧縮技術「HEVC/H.265」(以下、HEVC)による4K/60p映像リアルタイムビデオエンコーダLSI「MB86M31」のサンプル出荷を開始した。(2015/4/3)

iC-Haus iC-PT Hシリーズ:
ブルーライト用光学式位置エンコーダ向けのセンサーチップ
iC-Hausは、フォトダイオードを利用した、ブルーライト用光学式位置エンコーダ向けのセンサーチップを開発した。1.9×3.1mmのスキャニング面と、直径26mmのコードディスクを使用して1分解能当たり1万パルスを生成できる。(2015/2/24)

FAニュース:
安川電機、ACサーボドライブΣ-7シリーズに指令オプション取り付け形を追加
既存製品のオプションモジュール「INDEXER」「DeviceNet」との組み合わせが可能。モータを従来製品と比べて約80%小型化した他、高分解能24bit(約1677万パルス/回転)エンコーダを搭載した。(2014/11/20)

FAニュース:
日本精工、外径8mmの小型・高分解能のエンコーダを開発
新たに偏光軸検出方式を採用し、MEMS技術を活用することで、これまで外径φ8mm以下では1000分解能レベルだった最高分解能が3万6000分解能となった。(2014/9/26)

FAニュース:
山洋電気、高精度なバッテリーレスアブソリュートエンコーダ「HA035」を開発
バッテリーを使用しないため、メンテナンスが不要で省スペース。使用温度範囲は−20℃〜+105℃と広く、環境振動は最大で15Gに対応するなど、耐環境性も向上している。1回転内の分割数は最大838万8608分割(23bit)で、装置の細かな制御もできる。(2014/9/20)

TECHNO-FRONTIER 2014:
“分解能46ビット”の磁気式エンコーダ
ドイツの半導体メーカーであるiC-Hausは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で分解能46ビットの磁気式エンコーダソリューションを公開した。(2014/7/30)

TECHNO-FRONTIER 2014:
アナログ信号を出力できるエンコーダ、低コストで分解能の向上が可能に
アバゴ・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、3チャンネルエンコーダセンサーの新製品を2種展示した。4倍、8倍、16倍の逓倍(ていばい)が可能なものと、アナログ信号をそのまま出力できるものがある。後者を外付けの逓倍器と組み合わせれば、200倍、800倍など高い逓倍数を実現でき、低コストで分解能を上げることが可能になる。(2014/7/28)

TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:
あんな所にも使われている! アバゴが最新のモーター制御技術を展示
アバゴ・テクノロジーは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、さまざまな所で使われているモーター制御技術を中心に展示する。高いシェアを誇るエンコーダでは、電動アクチュエータや人型ロボットといった新しい分野を狙う。(2014/7/18)

ビジネスニュース オピニオン:
開発が進む4K技術、ワールドカップでもソニーとFIFAが取り組み強化
「2014 FIFA ワールドカップ」では、ソニーがFIFA(国際サッカー連盟)と連携して4K映像への取り組みを積極的に進めている。撮影、編集、放送の全てにおいて課題がある4K技術だが、進展もある。圧縮規格はH.265の策定が完了し、H.265に対応したFPGAベースのエンコーダも登場している。(2014/6/20)

互換性を保ちながらファイルサイズを縮小:
JPEGのサイズを10%圧縮、Mozillaが新エンコーダー「mozjpeg v1.0」発表
Mozillaは2014年3月5日、主要デコーダーとの互換性を保ちながら、平均でファイルサイズを10%縮小させる新しいJPEGエンコーダー「mozjpeg v1.0」をリリースした。(2014/3/6)

Mozilla、JPEGファイルの圧縮率を高めるプロジェクト「mozjpeg」を発表
Webの高速化に取り組むMozillaが、ネットトラフィックを圧迫する画像ファイルの圧縮率を高める目的で新しいJPEGエンコーダーを開発するプロジェクトを立ち上げた。(2014/3/6)

NTTとNEC、HEVCによる4K/60pリアルタイム圧縮装置を開発
NTTおよびNECは4K/60p、各色10bitに対応したHEVC(High Efficiency Video Coding)のリアルタイムエンコーダーを発表した。(2014/2/12)

電子ブックレット(EDN):
新しい光絶縁デバイスにMEMSの新用途、ユニークな個別部品が続々
「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)では、“フォトカプラでも光ファイバーでもない”光絶縁デバイスや、4つのMEMSマイクを搭載したヘッドフォン、中空軸の磁気式エンコーダなど、ユニークな電子部品およびそれらのアプリケーションが登場した。(2013/10/24)

TECHNO-FRONTIER 2013 電子部品:
iC-Hausの中空軸磁気式エンコーダ、光学式からの置き換え可能に
iC-Hausは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013、2013年7月17〜19日)で、18ビットの中空軸磁気式エンコーダICを展示した。(2013/7/23)

iC-Haus iC-MHL200:
iC-Hausが12ビット分解能の磁気式エンコーダを発売
iC-Hausは、12ビット分解能の磁気式インクリメンタル(増分値)エンコーダIC「iC-MHL200」を発売した。4mm波長の磁気信号を4096分割できるため、1μm以下の直線移動を検知できる。(2013/7/5)

フルHD対応:
バッファロー、動画配信に向くWebカメラ2製品
バッファローは、フルHD動画の撮影に対応するWebカメラ2製品を発売する。H.264エンコーダ機能やオートフォーカス機能を備えており、動画配信に向くとしている。(2012/7/25)

TECHNO-FRONTIER 2012 電子部品:
アバゴが光学エンコーダの新品種を紹介、取り付け容易で高分解能
アバゴ・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2012」に、光学式や磁気式などさまざまなタイプのエンコーダを出品した。そのうちの1つのHEDR-5xxxシリーズは、現在開発中の光学式エンコーダである。同社従来品に比べて分解能を高めたことなどが特徴だ。(2012/7/12)

エンコーダの基礎から応用(最終回):
「ステッピングモーター」で学ぶエンコーダの活用法
エンコーダを使えば、送った制御信号の通りにモーターが回転しているかどうかはもちろん、モーターの負荷の状態も確認できます。「ステッピングモーター」を事例に、エンコーダを使った具体的な回路例を解説します。(2012/7/2)

エンコーダの基礎から応用(3):
磁気/電気誘導式エンコーダの動作原理と特徴 〜移動/回転を磁界変化で捉える〜
磁気/電気誘導式エンコーダには、光学式にない特色があり、光学式とともに発展をしてきました。ちりやほこりのある粉じん環境下でも問題なく使用できる他、絶対位置を出力するエンコーダを比較的安価に実現できるという特色があります。(2012/5/28)

エンコーダの基礎から応用(2):
光学式エンコーダの動作原理と特徴 〜「透過型」と「反射型」〜
ひと言でエンコーダと言っても、幾つかの動作原理や出力形態があります。今回は、光学式と磁気/電気誘導式という2つの方式のうち、光学式エンコーダに注目し、基本的な動作原理や構成、使用するときに知っておくべき事柄を解説します。(2012/4/18)

PC不要でライブ配信できる端末、米配信サービスのLivestreamから
CerevoのLiveShellのように、PCなしでカメラと接続してライブ配信ができるハードウェアエンコーダをネット生配信サービスLivestreamが発売する。(2012/4/16)

エンコーダの基礎から応用(1):
モーター制御に不可欠なエンコーダ、その多様な用途
回転/移動体の移動方向や移動量、角度を検出する電子部品である「エンコーダ」。ニッチな部品かもしれませんが、本当にさまざまな機器に活用されています。今回は、エンコーダについて知って頂き関心を持ってもらうことを目的に、エンコーダの概略や多様なアプリケーションを紹介します。(2012/3/16)

TECHNO-FRONTIER 2011:
アバゴ、絶対値と増分値を同時出力するロータリーエンコーダICを発表
絶対位置の制御に向くアブソリュート(絶対値)出力と、速度制御や高速制御に適するインクリメンタル(増分値)出力の両方を同時に出力する。この2つの出力を使い分けることで、高度なモーション制御を実現できるという。(2011/7/25)

センシング技術:
「3軸の磁界を実際に測るホールエンコーダは業界初」、austriamicrosystemsが車載向け製品化
3軸検出によって取り付け位置の機械的な設計自由度を高められることや、競合他社品に比べて高い検出精度が得られることが特長だという。(2011/5/17)

アバゴ AEDR-8500シリーズ:
3chエンコーダ用のセンサーモジュール、多機能化/小型化/薄型化を実現
3.95×3.45×0.95mmという小型/薄型のパッケージに、モーター用エンコーダのセンサーモジュールに必要となる全ての機能を組み込んだ。(2011/3/23)

電子部品 エンコーダ:
アバゴの小型反射型エンコーダ、絶対位置の検出で高精度制御が可能
アバゴ・テクノロジーが発売した反射型エンコーダ「AEDR-8500」は、小型であることに加え、3チャネルのデジタル出力に対応したことと、逓倍(ていばい)回路を搭載したことが特徴だ。(2011/3/17)

ペガシス、ビデオエンコーダ「TMPGEnc」最新版をリリース
ペガシスは、同社製エンコードソフト「TMPGEnc」シリーズの最新版「TMPGEnc Video Mastering Works 5」を発売する。(2010/12/22)

フルモデルチェンジ:
ソニー「BDZ-AX2000」の進化を検証する(後編)
ソニーの新しいハイエンドBlu-ray Discレコーダー「BDZ-AX2000」は、マルチタスク性を向上した注目機だ。今回は、ユーザーインタフェースや新MPEG-4 AVC/H.264エンコーダーによる長時間録画モードの画質を中心に見ていこう。(2010/10/1)

BDXL対応:
パナソニック、12.5倍録画のブルーレイDIGAを6機種発表
パナソニックは、2番組同時の長時間録画に対応したブルーレイDIGAの新モデル6機種を発表した。「新アドバンスドAVCエンコーダー」で12.5倍録画を実現、BDXLにも対応した。(2010/8/24)

Design Ideas:
エンコーダパルスの交互入力チェック回路
(2010/7/1)

ケータイWi-Fiやドコモ2009冬春モデルに対応――「jigムービーVer.5.0.0」
jig.jpは、jigムービーの新バージョン「jigムービーVer.5.0.0」の販売を開始。ソフトバンクの「ケータイWi-Fi」に対応し、ドコモだけでなくソフトバンク端末に向けてもjigムービーを利用した長尺動画コンテンツの配信が可能になる。また、エンコーダーの対応OSに「Windows7」と「Windows Vista」が加えられた。(2009/11/25)

アニメ録画にも強いBDレコーダー新製品、ソニーが発売
ソニーが発売するBlu-ray Discレコーダーの新製品は、長時間録画時の画質を高める新エンコーダーを搭載したほか、「スカパー!HD」のハイビジョン録画にも対応。(2009/8/27)

ソニー、新デザイン&「CREAS 2」搭載のBDレコーダーを発表
ソニーは、BDレコーダーの2009年秋モデルとして5機種を9月から発売する。進化した高画質回路「CREAS 2」や新しいMPEG-4 AVCエンコーダーを全モデルに採用。2番組同時録画時にも「おまかせチャプター」が両方で使える。(2009/8/26)

トムソン・カノープス、「FIRECODER Blu」の最新アップデータを公開
トムソン・カノープスは、SpursEngine搭載エンコーダカード「FIRECODER Blu」の付属ソフト「FIRECODER WRITER」用最新アップデータを公開した。(2009/8/10)

8倍録画にHDD内ダビング、機能充実の「ブルーレイDIGA」
パナソニックが9月に発売する新しいブルーレイDIGAは、新しいAVCエンコーダーによる8倍録画をはじめ、番組の分割・結合をサポートした編集機能など、見どころは多い。ここでは各モデル共通の新機能を紹介しよう。(2009/7/27)

HD解像度に対応したMac用H.264エンコーダ「turbo.264 HD」
フォーカルポイントコンピュータは、Mac用のUSBスティック型ハードウェアエンコーダ「turbo.264 HD」の取り扱いを発表した。(2009/4/9)

リードテック、画像処理カード「WinFast PxVC1100」に「TMPGEnc」をバンドル
リードテック ジャパンは、SpursEngine搭載の画像処理カード「WinFast PxVC1100」にペガシス製エンコーダー「TMPGEnc 4.0 XPress」と専用プラグインをバンドルして出荷すると発表した。(2009/4/1)

jig.jp、ケータイ向け高画質ムービーのライブ配信に対応したエンコーダーを発売
jig.jpは、携帯電話向けにワイド画面の高画質ムービーをライブ配信できる動画プラットフォーム「jigムービー Ver.4.2.0 リアルタイムエンコーダー」を発売した。(2009/3/6)

jigムービーが「Ver.4.0.0」にバージョンアップ――ワイドスクリーンの高画質動画に対応
jig.jpは、ケータイ向けオンデマンド動画配信プラットフォーム「jigムービー Ver.4.0.0」とリアルタイム配信向けの専用エンコーダーを発売した。より高解像の動画を作成できるほか、ケータイの横画面にも対応する。(2008/11/20)

Windows Mediaエンコーダーの脆弱性を突くエクスプロイト出現
Microsoftが9月の月例セキュリティ更新プログラムで対処したばかりの脆弱性を突くエクスプロイトが公開された。(2008/9/16)

本田雅一のTV Style:
H.264エンコードとトランスコードに関する誤解
今回から、勢いよく売り上げが伸びているBlu-ray Discレコーダーについて、いくつかテーマを立てて話をしていきたい。まずはH.264エンコーダーを用いたHD映像の長時間録画についてだ。(2008/9/15)

MSの月例パッチ公開、緊急レベルは4件
Windows Media PlayerとWindows GDI+、Windows Mediaエンコーダー、Officeの脆弱性に対処した。(2008/9/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。