ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「環境対策」最新記事一覧

DENCHA:
電化していない区間を蓄電池だけで走る電車、JR九州が10月に運行開始
JR九州は環境対策の一環で、蓄電池だけで走行できる電車の営業運転を10月に開始する。蓄電池に充電した電力とブレーキ時の回生エネルギーを使って、約10kmの非電化区間を2両編成で運行する。(2016/8/30)

蓄電・発電機器:
電化していない区間を蓄電池だけで走る電車、JR九州が10月に運行開始
全国各地の電化していない鉄道の路線では、石油を燃料にディーゼル車が走っている。JR九州は環境対策の一環で、蓄電池だけで走行できる電車の営業運転を10月に開始する。蓄電池に充電した電力とブレーキ時の回生エネルギーを使って、約10キロメートルの非電化区間を2両編成で運行する。(2016/8/26)

省エネ機器:
「企業の環境対策」は事業に引き付けて考える時代に、NECが国連SDGsを導入へ
NECは新たに環境への取り組みとして、国際連合(以下、国連)で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を導入し、より事業に引き付けた形で運営を進めていく方針を示した。(2016/7/6)

東京モーターショー2015開幕 VW排ガス不正でEV・FCVに注目集まる 自動運転も
「東京モーターショー2015」が開幕。フォルクスワーゲングループの排気ガス不正を背景に、環境対応車に注目が集まる。(2015/10/28)

和田憲一郎の電動化新時代!(17):
フォルクスワーゲンの排ガス不正から始まる、自動車メーカーのEVサバイバル
排気ガス不正問題で窮地に追い込まれたフォルクスワーゲンが、突然、今後の環境対応車の軸足をディーゼルエンジン車から電気自動車に移すと公表した。それに呼応するかのように、トヨタ自動車、ボルボ、ホンダなども、次々と電気自動車やプラグインハイブリッド車に注力する方針を表明している。これらの動きにはどのような意味があるのだろうか。(2015/10/26)

組み込み開発ニュース:
ポケットに入るスパコン「Parallella board」を展示、アールエスコンポーネンツ
アールエスコンポーネンツは「第11回 ECO-MAnufacture(製造業向けエネルギー・環境対策展)」(会期:2014年11月12〜14日)に出展し、先日販売開始を発表したばかりの米Adapteva製並列処理用ボードコンピュータ「Parallella board(パラレラボード)」を展示した。(2014/11/13)

日産 燃料電池車 インタビュー:
燃料電池車の本格普及にはSiCインバータが必要だ
CO2を排出しない次世代環境対応車としてだけでなく、今後の発展が期待される水素エネルギー社会のけん引役としても期待されている燃料電池車。日産自動車は、その燃料電池車の市場投入を表明している自動車メーカーの1つである。そこで、同社で燃料電池車の研究開発を担当する飯山明裕氏に、燃料電池車の本格普及に向けた課題などについて聞いた。(2014/9/10)

導入事例:
アイシン精機、グループ企業の環境対策を管理するクラウド型システム構築
全グループ企業を対象に環境パフォーマンスデータを収集、管理するクラウド型の環境情報システムを構築している。(2014/9/8)

ドコモ関西、クローバーによる基地局緑化でCO2を削減
ドコモ関西は、基地局の敷地内にクローバーを植える環境対策を発表した。緑化で夏場の表面温度を下げられ、CO2削減になるという。(2014/8/7)

電気自動車:
アジアを大気汚染から救うEV3輪タクシー、電動バイクベンチャーが新市場に挑む
フィリピン政府は、環境対策の一環として2016年までに10万台の3輪タクシーを電動化するプロジェクトに取り組んでいる。電動バイクベンチャーのテラモーターズは、同プロジェクトに応札するため、電動(EV)3輪タクシーを新たに開発した。(2013/4/2)

「アウトランダーPHEV」の次の一手:
ディーゼルHEVと走行距離300kmのEV、三菱自が次世代環境対応車の方向性を示唆
三菱自動車は、「第83回ジュネーブ国際モーターショー」において、FR車向けのディーゼルハイブリッド(HEV)システムを搭載するピックアップトラック「MITSUBISHI Concept GR-HEV」と、満充電からの走行距離が300kmの電気自動車(EV)「MITSUBISHI Concept CA-MiEV」を参考出品する。(2013/2/15)

CEATEC 2012 開催直前情報:
パナソニック デバイス社は、「環境インフラ」「環境対応車」「モバイル」分野の未来を築く
「CEATEC 2012」にグループ再編後では初出展するパナソニック デバイス社のテーマは『〜この地球(ほし)の、未来を築く先進デバイス〜』だ。世界最大級の総合デバイスメーカーとして、重点を置く「環境インフラ」、「環境対応車」、「モバイル」分野で先進デバイスや幅広いソリューションを展示する。(2012/9/26)

LED照明:
西友が290店舗にLED照明を導入、2012年末までに電力消費量20%削減を目指す
米国ウォルマートの傘下で流通業の環境対策に取り組んでいる西友は、全店舗にエネルギー管理システムを導入したのに続き、この4月中旬からLED照明の本格的な導入を開始する。(2012/4/9)

ビジネスニュース 企業動向:
パナソニック デバイス社が成長戦略を発表、注力3市場の売上高を4500億円に拡大
2012年1月から新体制を発足させたパナソニック。半導体や電子部品を扱うデバイス社は、モバイル機器、環境対応車、環境インフラの3市場に注力する。3市場を合計した売上高を、2015年度には2010年度の約4倍となる4500億円まで伸ばす計画だ。(2012/2/24)

Google、Greenpeaceの環境対策優良企業ランキングで首位に
環境保護団体Greenpeaceが毎年発表する「Cool IT Leaderboard」の2012年版では、Googleが1位、昨年1位のCiscoが2位、3位が富士通だった。(2012/2/9)

電気自動車:
総額3000億円のエコカー補助金、4次補正予算案で復活
環境対応車普及の起爆剤として期待されていたエコカー補助金が復活する。EVなどの乗用車の補助金額は1台10万円だ。(2011/12/21)

ついに実用レベルに:
会社の紙は9割減らせる――「消せるトナー」で実現する紙の再利用システム
企業の環境対策を展示する「エコプロダクツ2011」。複合機の展示も多いが、多くのメーカーが節電でエコを訴えるなか、東芝は一味違ったアプローチで環境への対策をアピールしていた。(2011/12/17)

電気自動車 東京モーターショー2011:
燃費の高さで勝負、4方式の環境対応車を見せるトヨタ
トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池車といった環境対応車を全て見せる。他社と比較して、実用的な車を展示する予定であり、特にHVとPHVの燃費の良さが際立つ。(2011/11/15)

電気自動車 東京モーターショー2011:
ダイハツの環境対応車は2シーターEVと液体燃料電池車
東京モーターショー2011では各社が環境対応車に力点をおく。ダイハツ工業は小型ながら50km走行可能なEVと、液体燃料電池を搭載し走行距離を500kmまで延ばした商用車を見せる。(2011/11/10)

電気自動車:
ホンダが中国でEVを攻める、2012年にEVの現地生産開始
ホンダは日本、米国、欧州に次ぎ、中国でもEVの実証実験を開始する。中国市場は低価格なガソリン車に需要の中心があるものの、環境対応車の実験や現地生産には意味があるとして踏み切った。2012年には中国でEVの現地生産を開始する。(2011/11/8)

電気自動車:
EV150万台やプラグイン型、日産自動車が2016年度までに6種類を発売
3種類の新EV、新HEV、PHV、FCV……。日産自動車は環境対応車のラインアップを充実し、ゼロエミッションカーで世界ナンバーワンを狙う。燃費向上や二酸化炭素排出量削減の数値目標も掲げた。(2011/10/25)

Weekly Memo:
日本マイクロソフトが提案したPC節電策のポテンシャル
日本マイクロソフトが先週提案したPCの節電策は、大震災による電力不足に備えた取り組みだが、環境対策にも有効だ。そのポテンシャルに注目してみた。(2011/5/16)

来るべきErP指令の全面公布に向けて:
PR:グローバル大手メーカーが実践する環境配慮設計のいま
循環型社会への転換が語られるようになって久しい。モノづくりの世界でも、近年RoHS指令やREACH規則に代表されるように、新しい仕組みを構築せずには対応できないような環境対策が要求される時代となってきた。本稿では、欧州で施行されつつあるErP指令への対応を中心に製造業における「環境配慮設計」のあり方を紹介する。(2011/3/1)

電気自動車:
トヨタ自動車、EV・PHV・FCVなど環境対応車の投入計画発表
トヨタ自動車はEV、PHVをはじめとした環境対応車の開発と市場投入計画を発表した。次世代二次電池開発の状況についても明らかにした。(2010/12/20)

モノづくり最前線レポート(26):
モノづくりの環境対策と環境配慮、何が違う?
NECがグループ内で実践する「環境配慮設計」とは? グローバル設計・開発時代にObbligatoが提案する手法と仕組みを聞く(2010/12/7)

「ガラパゴスで世界へでていく」――日本企業に必要なものとは
ガラパゴス的な進化をとげた日本製品は海外に広がらず、AppleのiPhoneはグローバルに広がっている。この差は一体何か。ドワンゴの川上量生会長、慶応義塾大学大学院の中村伊知哉教授、チームラボの猪子寿之社長、経済産業省地球環境対策室の村上敬亮室長が議論する。(2010/10/14)

三洋電機の環境対応車用リチウムイオン電池新工場が竣工――月産100万セル体制で生産開始
三洋電機は7月30日、兵庫県加西市の加西事業所内に建設を進めていた環境対応車用リチウムイオン電池の新工場が竣工したと発表した。当初は月産100万セル体制でリチウムイオン電池の生産を開始し、需要に応じて生産規模を拡大する。 (2010/8/6)

SAPがサステナビリティ取り組み公開サポートソリューション:
日本企業は環境対策しているのにアピール下手で損している
(2010/2/3)

日本のCGO:
水田の再生に「人と地球にやさしいICT」を目指す姿を見た――NEC岩波取締役 執行役員常務に聞く
企業の環境対策には、具体的な行動と結果が伴わなければ意味がない――NECの岩波取締役は指摘する。2010年に向けて掲げたCO2削減目標を達成しつつある同社の、環境対策のビジョンと施策を聞く。(2010/1/8)

こちらなにわ電機 総務課(119):
なにわ電機の環境対策
(2009/7/8)

本当に知っていますか? 環境系マークの意味
環境対策に関して、どのような考えを持っている人が多いのだろうか。「環境保護の意識というより節約の意識が強い」という人が半数を超えるなど、節約が環境対策のきっかけになる人が多いようだ。マクロミル調べ。(2009/7/8)

Business Suite 7に統合:
SAP、CO2排出量管理ツール企業を買収
SAPは企業の環境対策をサポートするソリューション提供企業Clear Standardsを買収し、同社のアプリケーションを「Business Suite 7」に統合する。(2009/5/12)

経営のヒントになる1冊:
日本が世界をリードするための施策――「グリーン革命」
人類が永続的に豊かな生活を享受するためには、地球の環境対策は待ったなしの状況である。オバマ米大統領の「グリーン・ニューディール政策」をはじめ、世界各国の首脳が躍起になって取り組んでいる。エコ技術で世界の半歩先を行く日本はこの追い風をものにしたいところだ。(2009/4/18)

特別企画 あらためて学ぶITキーワード:
ITサービスをマネジメントする「ITIL」とは?
ITシステム投資の7割以上を占める”といわれている運用コスト。また、昨今では環境負荷軽減が経営課題の上位に上がってきていることから、グリーンITや次世代データセンターなど、コスト削減と環境対応の2つの観点からシステム運用の改善に取り組む企業も増えている。そのような状況下、ITインフラ運用のベストプラクティスとしてニーズが増えているのがITILだ。(2009/3/12)

逆境をはね返すサプライチェーン改革:
「環境対策こそがコスト削減の近道だ」――ロジスティクスシステム協会・事務局次長
企業は単に利益を生み出すだけではなく、常にマーケットや消費者の要請にも応えなくてはならない。製造業が物流改革を進めるにあたり、双方を実現させるためのキーワードが「エコ」だ。(2009/2/26)

SaaSや環境対策をターゲット:
総務省、情報通信に関する2009年度税制を発表
総務省は、自治体向けのASP/SaaS事業者や環境対策を施した情報通信システムを構築する事業者への優遇税制を創設する。(2008/12/15)

環境経営の二重性:
3R(削減、再利用、リサイクル)のプラスとマイナス
産業分野における環境対応は、持続可能で成長性と矛盾しないものでなくてはならない。(2008/11/18)

NEC、環境対応を強化したビジネス向けPC計11タイプを発表
NECは、ビジネス向けPCのラインアップ強化を発表、デスクトップPC/ノートPC計11タイプ38モデルを投入した。(2008/10/21)

ASUSの「Eco-PC」が環境問題を解決する
ASUSが世界中から関係者を集めて台湾本社ビルを公開。当社が台湾で進めている環境対策活動「Eco-PC Project」の内容も紹介された。(2008/10/7)

Google、データセンターの環境対策を説明
Googleは、同社のデータセンターはほかよりエネルギー効率が高いと主張しているが、懐疑的な意見もある。(2008/10/6)

トヨタ自動車 BR制御ソフトウエア開発室 室長 林 和彦氏:
部門間を横断する制御用ソフト開発、新たな構造設計基準を適用へ
 自動車は、環境対策や安全性、快適性の向上を目的に電子化が進んでいる。電子化に伴い、自動車の制御は高度で複雑になっており、各機能モジュールの連携により動作するシステムも多数存在する。これらの機能を制御する車載ソフトウエアの開発コードの規模は、現行の高級車で800万行に達しており、2015 年には1000万行を超えるという予測もあるなど、その規模は年々増大している。“スパゲッティ”化している車載ソフトウエア開発の現状に対して、トヨタ自動車では、要件分析、構造設計の見直し、ドキュメント化を軸としたプロセス改革を断行している。その旗振り役を務めるBR 制御ソフトウエア開発室 室長の林和彦氏に、今後の取り組みなどを聞いた。(2008/9/1)

+D Style News:
アウディ、環境対応リースパッケージを組み合わせたA8L特別仕様車
後部座席の快適さを高めたアウディA8L特別仕様車に、カーボンオフセットなどが含まれる専用リースパッケージを組み合わせたプログラムが登場。エコが気になるエグゼクティブ向け。(2008/8/28)

GreenIT: User's Case Study 沖電気工業 × ITR 生熊アナリスト:
PR:省エネ化が叫ばれる今、OKIが考えるICTを活用したグリーン化とは?
地球規模で環境やエネルギー資源に関する問題が深刻になっている。7月に開かれた「洞爺湖サミット」は、「地球環境サミット」と銘打ち温暖化防止などが議論された。同サミットでエコ製品を展示した沖電気工業は、国内外の拠点を問わずグループ全体で環境経営を実践するほか、オフィス全体の省エネを実現するシステムの開発や、消費電力を抑えるためのサーバ統合ソリューション提供など、メーカーの立場からも積極的に環境対策に取り組んでいる。調査会社アイ・ティ・アールのシニアアナリスト、生熊清司氏がグリーンに対する一歩先の取り組みを同社に聞いた。(2008/7/22)

全社的な見える化で活動を最適化:
環境対策だけじゃない、SASがサステナビリティ戦略を支援
(2008/7/9)

「カーボンオフセットって何?」――新しい環境対策は認知度不足
環境意識が高まっている昨今だが、「エコポイント」「カーボンオフセット」「カーボン・フットプリント」といった新しい環境対策の認知度はまだ低いことが分かった。C-NEWS調べ。(2008/7/8)

GreenIT: User's Case Study ソフトバンクテレコム × ITR 生熊アナリスト:
PR:データセンターを選ぶ基準として「グリーンIT」が重視される時代に
ISO14001の取得やエコ対策など環境へ配慮した事業を展開する企業が増えている。地球規模のこの課題に取り組むことが、企業を評価する指標の1つになりつつある。ソフトバンクテレコムは、CSRの一環として社内で環境対策に取り組む一方で、省エネを実現する新しいデータセンターの構築やグリーンITを実現するサービスの提供など、日に日に高まる顧客のニーズに応えようとしている。調査会社アイ・ティ・アールのシニアアナリスト、生熊清司氏が“グリーンIT時代”におけるデータセンターの役割を同社に聞いた。(2008/7/7)

消費電力と闘うCIO:
【第2回】新時代の省エネ戦略が始まった
環境対策に向けて企業の電力コストやCO2排出にメスが入る中、ベンダー側も“地球に優しい”ツールやサービスを提供したり、グリーンITを積極的に推進するコンソーシアムを立ち上げたりするなどして、新たな戦略を打ち出している。(2008/6/13)

Interop Tokyo 2008:
NEC、ネットワークで環境対策と業務効率化を推進
Interop Tokyo 2008に出展するNECは、グリーンITを推進するサーバ製品群ネットワーク機器、社員の業務効率を高める新製品を披露している。(2008/6/12)

欧州の法規制に準拠:
SAP、環境対応ソリューションを強化
SAPジャパンは、欧州の環境関連の法規制に対応したソリューションを提供する。(2008/6/10)

PR:NGNの活用から環境対策まで――NECグループの製品、ソリューションが結集する
最先端のネットワークソリューションが数多く展示されるInterop Tokyo 2008。NECはIPTVソリューションとテレワークソリューションを中心に、ネットワークの新しい活用方法を提案する。(2008/5/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。