ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「環境問題」最新記事一覧

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
豊洲新市場の土壌汚染はどのくらい深刻なの?
東京都の小池百合子知事が、築地市場の豊洲への移転延期を正式に表明した。延期の理由で特に問題となっているのは環境問題なのだが、実際のところどのくらい深刻なのだろうか。(2016/9/8)

スマートファクトリー:
2025年にCO2排出量を半減、デンソーが目指す環境計画
大手自動車部品メーカーのデンソーは環境問題やエネルギー問題の解決と自然との共生を図り、2050年の持続可能な地域・社会を実現するためのアクションプランとして「デンソー エコビジョン2025」を策定した。(2016/6/27)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーの投資額が過去最高に、2015年に全世界で35兆円
先進国と発展途上国の双方で再生可能エネルギーの投資が拡大している。国連の環境問題を担当する機関が各国の投資状況をまとめたところ、2015年の投資額は全世界で35兆円に達して、過去最高だった2011年を上回った。日本は中国と米国に次いで3番目に多く、投資額は4兆円にのぼった。(2016/4/4)

スマートシティ:
環境問題への取り組みは“動いていない自動車”に価値を与える
2年に1度の自動車産業の展示会「東京モーターショー2015」において「自動車はモビリティではなく既に社会インフラになりつつある」と日本自動車工業会会長の池史彦氏は強調する。(2015/10/30)

FAメルマガ 編集後記:
環境問題もカイゼンするトヨタの新工場
2050年にCO2フリーな製造を実現!――その時、私は60歳。(2015/10/19)

環境問題を考えるきっかけに アディダスが海に捨てられたゴミを使用したスニーカーを発表
海を思わせる美しいブルーグリーンの素材は……。(2015/7/13)

スピン経済の歩き方:
太地町のイルカ漁を追い込むと“得”をするのは誰だ?
和歌山県太地町の「イルカ漁」が、またまた叩かれている。さまざまな団体が「環境問題」や「自然保護」の視点からイルカ漁をやり玉に挙げているが、問題はそれだけなのか。筆者の窪田氏は、「関係各位の『ビジネス』における戦略だ」と指摘している。(2015/5/26)

自然エネルギー:
ヤクを守る太陽光発電、アップルが中国での再生可能エネルギ―利用率を拡大
米アップル(Apple)は中国における新たな環境問題への取り組みを発表した。再生可能エネルギーの利用拡大と森林保護プログラムへの取り組みを強化する。(2015/5/15)

「すき家」運営のゼンショー、最終赤字は111億円 15年3月期
牛丼店やファミレスなどをチェーン展開するゼンショーHDの2015年3月期通期は大幅な減益となった。従業員の労働環境問題などが影響した。(2015/5/12)

自然エネルギー:
アップルの再生可能エネルギー利用率が87%に、太陽光・風力・小水力・地熱を活用
2015年4月22日の「アースデイ」に当たり、アップルは環境問題への取り組みをまとめた。同社は事業運営において再生可能エネルギーの利用率100%を目指して投資を進めているが、現在は87%まで高まっていることを明らかにした。(2015/4/23)

キャリアニュース:
9割以上が現在の職場に「不満あり」。4人に1人がサービス残業に不満
日本法規情報が631名を対象に、就労環境問題に対する意識調査を実施。社員が抱える職場や企業の体質についての不満を伝えている。(2015/4/20)

世界を「数字」で回してみよう(14) 環境問題:
日本の総エネルギー消費量はどれくらい? E=MC^2から計算してみる
環境問題の最終回では、まず、日本の1日当たりの総エネルギー消費量を計算し直しました。その結果、“広島型原爆600発分”ということが分かったのです。その他、「日本に必要な電力を全て原発で発電したら、どれくらいCO2が削減できるのか」、「少子化問題を放置した場合、エネルギー消費量はどれくらいになるのか」について、いつものように、電卓とエクセルを使って検証します。(2015/4/20)

世界を「数字」で回してみよう(13) 環境問題:
京都議定書を「トイレ」と“あれ”で説明しよう
今回は、いよいよ環境問題シリーズの最難関である「京都議定書」を、比喩を使って解説したいと思います。おそらく、こんな比喩を用いて京都議定書を説明した例は、かつてなかったのではないでしょうか。なお、お食事中の方は、本稿を読むのをお控えください。(2015/3/13)

オシャレなだけじゃない 環境問題について考えさせるグローバルウォーミングラグ
シロクマさんが……。(2015/1/22)

世界を「数字」で回してみよう(9):
「環境問題」とは結局何なのか(後編)〜板挟みの実情〜
当事者意識がなかなか湧きにくい環境問題ですが、人類がこれまで何もできなかったわけではありません。実際、オゾンホールの問題は国際協調によってそれなりの効果を出しています。ただし、総じて環境問題というのは、「原因がはっきりしなくても対策しなければならない」「なのに数十年たっても効果はないかもしれない」という、極めて“板挟み”的な要素を含んでいるのです。(2014/12/1)

世界を「数字」で回してみよう(8):
「環境問題」とは結局何なのか(前編)〜勝算不明の戦いに挑む意義〜
地球環境問題というのは、身近な問題のようでいて意外と当事者意識をイメージしにくいものです。それでも、環境問題は何十年も前から提起され、国レベル、世界レベルで規制や対応が検討されてきました。今回は、実際に数字を回す前に、プロローグとして“環境問題とは結局何なのか”、ということを筆者なりに考えてみたいと思います。(2014/11/12)

3次元CADが作る未来の世界:
3次元データを活用したモノづくりで環境問題解決と開発途上国支援
オートデスクのクリーンテックパートナープログラムおよびテクノロジーインパクトの参加企業・団体による、ユニークな小型風車開発、開発途上国の少年への義足提供など、環境問題解決や発展途上国支援の事例を紹介する。(2013/11/29)

ヘルスケア、モンスタートラック、教育、環境問題、海洋調査に進出するJava、そして宇宙へ……JavaOne 2013まとめレポート(後編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013のコミュニティキーノートの模様を中心に、さまざまな話題をお伝えする。Java SEが標準バンドルとなったRaspberry Piディストリビューションや“MTaaS(Monster Truck as a Service)”、Javaで動かすレゴマインドストーム、10歳の驚愕Javaハッカーなどが注目だ。そして今年も、最後にあの人がやって来た!(2013/11/19)

自然エネルギー:
「クールIT」の1位はグーグルとシスコ、日本勢は4位の富士通が健闘
世界規模でIT事業を展開する21社を対象に地球温暖化対策のランキングが発表された。環境問題を追及するグリーンピースが評価したもので、3つの観点から各社に点数を付けた。1位はグーグルとシスコが同点で並び、日本勢では富士通が4位に入ってHPやIBMを上回った。(2013/5/1)

自然エネルギー:
東芝とシャープに低評価、環境に優しい電機メーカー・ランキングで
国際的に環境問題を追及するNGOのグリーンピースが、「環境に優しい電機メーカー・ランキング」の最新版を発表した。携帯電話、パソコン、テレビを世界規模で製造しているメーカー16社が対象で、日本の4社は軒並み低い評価だった。特に東芝とシャープは最下位から2番目と3番目だ。(2012/11/22)

日本列島エネルギー改造計画(13)東京:
「廃棄物発電」で巨大都市をスーパーエコタウンに
人口1300万人を抱える東京都では、膨大な量の廃棄物が毎日排出されている。深刻な環境問題だが、見方を変えれば発電に使えるバイオマス資源が豊富に存在する。実際に東京都で年間に作られる再生可能エネルギーの約半分は「廃棄物発電」によるもので、水力や太陽光を大きく上回る。(2012/11/13)

CEATEC 2012:
成長と環境問題――二律背反の課題を解決するのがCEATECの役割
IT&エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2012」開催まで1カ月を切った。新たに「Smart Innovation――豊かな暮らしと社会の創造」をテーマに掲げ、自動車産業界との連携による特別企画展やIEEEの国際会議も併催されるなど、見どころが増した今回のCEATECのポイントを運営事務局に伺った。(2012/9/11)

海洋観測研究や津波関連研究などで連携:
環境問題や防災対応に貢献――JAXAとJAMSTECが海洋・宇宙連携で協力協定を締結
宇宙航空研究開発機構(JAXA)と海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、海洋・宇宙開発分野の進展を目指し、連携協力協定を締結した。これまで行ってきた連携協力をより一層強化する構えだ。(2012/2/7)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
住みやすい地球を守り続けるためにするべきこと
「環境問題」それは地球上に住む人々にとってもはや他人事ではない重要な問題。このまま何らかの施策を施さねば、近い未来には地球上で人類が生活できない状態にまでなる危機的状態が進行している事を忘れてはならない。(2011/9/7)

設計初期段階で活用する流体解析ソフト PowerFLOW(R):
PR:今こそ求められる燃費効率化&設計効率化
リアルな流体現象の表現が得意な3次元解析ツール「PowerFLOW」を提供するエクサ・ジャパンが提唱するのは、2つの効率化だ。コストダウンと納期短縮のプレッシャー、環境問題のプレッシャー、今日の車両設計を悩ませるさまざまな問題に打ち勝つには、燃費効率化&設計効率化の合わせ技が有効だ。設計初期段階で、PowerFLOWをどんどん活用しよう。(2011/9/16)

「経団連はええかげんにせえ!」「脱依存の社会を」──孫社長と小林武史さん、自然エネルギーを語る
自然エネルギー事業への参入に向けて定款変更をしたソフトバンクの孫社長と、「ap bank」で環境問題にも取り組む音楽プロデューサーの小林武史さんが自然エネルギー問題について語り合った。(2011/6/27)

電子ブックレット(製造マネジメント):
環境問題解決のためにITの果たすべき役割
近年、重要性が高まっている環境問題解決におけるITの果たすべき役割について、「基礎データの収集」「基礎データの加工と内部アクション」「外部への情報提供」の3つの側面から検討する。(2011/2/14)

電子ブックレット(製造マネジメント):
環境問題とグリーンITの可能性
環境配慮を社会全体としてとらえていこうという動きのひとつとして「グリーンIT」(グリーンICT)がある。実際、グリーンITはどのように環境問題にアプローチするのか、京都大学大学院の松山隆司教授にうかがった。(2011/2/14)

東京デザイナーズウィークが生まれ変わる!
25年目を迎えるデザインイベント「東京デザイナーズウィーク」。今年は「環境デザインTENT」が登場し、がらりと様変わり。「環境×デザイン」という大きなテーマを掲げ、デザインやアートが解決できる環境問題の可能性を考える場の創出を目指す。(2010/10/29)

電気自動車:
「21世紀を作っていくための基礎技術は日本が持っている」──宙博講演:電気自動車の未来
先週開催された宙博の2日目、慶應義塾大学環境情報学部教授で長年電気自動車の開発に携わってきた清水浩氏が講演し、電気自動車を中心に環境問題を克服し、さらに世界が豊かになる未来像についても語った。(2009/12/8)

松田雅央の時事日想:
目立つ環境問題は姿を消し……「ライン産のサケ」が食卓に戻ることを願う
ドイツでは多くの環境問題が一段落し、今は水辺の環境保全に関心が集まっている。もちろん地球温暖化などの課題は残っているが、健康被害を及ぼす問題はなくなり、新たなテーマとして水辺再生が浮上している。(2009/8/18)

環境映画『HOME 空から見た地球』にこめた思いとは?――ベルトラン氏、リュック・ベッソン氏、ピノー氏に聞く
“世界環境デー”の6月5日、世界中に環境問題を訴えることを目的とした映画『HOME 空から見た地球』が世界88カ国で一斉に公開された。公開直後、監督のヤン・アルテュス=ベルトラン氏、プロデューサーのリュック・ベッソン氏、PPRグループ会長兼CEOのフランソワ=アンリ・ピノー氏にインタビューを行った。(2009/6/7)

HDD搭載モデルを参考展示:
画質も妥協しない省エネ――東芝“REGZA”「C8000」発表会
東芝がREGZA「C8000」シリーズの発表会を行い、環境問題に対する同社の取り組みを紹介した。あわせて、春先にも投入するというHDD内蔵モデルを参考展示。(2009/3/4)

ホワイトペーパー:
コスト削減とグリーンITを考えたネットワーク構築
コスト削減と環境問題。両者を実現する効果的なIT投資を、「ネットワーク機器」という観点から提案する(提供:日立電線)。(2009/2/5)

地球温暖化が変える企業経営:
世界のマネーもグリーンに左右される
世界を取り巻く政治状況、そしてマネーも環境問題に大きく影響される。(2008/11/12)

eco検定って何だ?――東京商工会議所に聞いてきた
環境問題についての基礎知識を問う「eco検定」。2006年10月にスタートした新しい検定試験だが、毎回1万人以上の受験者がおり、人気を集めている。東京商工会議所検定事業部の川瀬健介部長に人気の理由を聞いた。(2008/10/15)

マイクロソフトが環境問題への取り組みを発表:
環境問題にもムーアの法則を適用させる〜マイクロソフト
(2008/10/7)

ASUSの「Eco-PC」が環境問題を解決する
ASUSが世界中から関係者を集めて台湾本社ビルを公開。当社が台湾で進めている環境対策活動「Eco-PC Project」の内容も紹介された。(2008/10/7)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「矛盾こそがトヨタの強さ」――一橋大・大薗准教授
現在ほど環境問題がクローズアップされていなかった1990年代末に、世界に先駆けてハイブリッドカー「プリウス」を市販するなど、常に企業変革を推進するトヨタ自動車。その強さの源泉は「矛盾する行動」にあるという。(2008/10/2)

環境ビジネス基礎講座:
環境問題と経済成長をつなげる「エコファンド」とは?
地球温暖化など環境問題への関心は、投資の世界にも広がっている。「投資」と聞けば自分の利益だけ、ともとらえがちだが、環境のために投資することもできる「エコファンド」。環境問題に取り組んでいる企業の株式などに投資するという、エコファンドについて考察してみた。(2008/9/30)

環境ビジネス基礎講座:
“環境問題”が変える企業経営
温暖化をはじめとする地球環境問題に企業が反応するようになったのは、1990年頃のこと。失われた10年の間にはかえりみられる機会は少なくなったものの、2000年代に入るとCSR経営の一環として環境問題に対応することが重要なミッションだと位置づける企業が増えてきたのだ。(2008/9/18)

環境ビジネス基礎講座:
地球温暖化が問いかける“環境問題”の意味
環境問題は、これまで主要なトピックが公害問題から廃棄物問題へと時代とともに移り変わってきた。そして今、最も注目のテーマとなっているのが地球温暖化問題。地球温暖化問題は、これまでの環境問題のように一部の企業だけの問題なのではなく、全ての企業に責任がある問題なのだ。(2008/9/5)

誠 Weekly Access Top10(2008年8月2日〜8月8日):
“高級自転車”には乗れなくても
健康や環境問題への関心が高まっているため、自転車メーカーには追い風が吹いている。高級志向の自転車も増えているが、そんな自転車が街を走り回るようになると別の心配事が生まれてくるかもしれない。(2008/8/11)

環境問題を学ぶ“切り札”はカードゲーム
地球環境をテーマとしたカードゲーム「マイアース(My Earth)」が8月8日に発売された。製作したのは現役大学院生の岡崎雄太氏。マイアースの製作過程や目的について話してもらった。(2008/8/11)

「経営者主導でCO2削減に取り組んで!」――東京都の環境局
ディーゼル車規制など率先して環境問題に取り組む東京都が、国内で初めて企業のCO2排出削減を義務付けるという新たな施策を打ち出した。トップのコミットメントを強く求めていくという。(2008/7/25)

建物もグリーン化、日米双方とも法規制がきっかけ
環境問題に対する企業活動が熱を帯びる中、入居するビル施設それ自体の省エネ化、グリーン化が注目を集めている。ただしすべてがメリットを感じて自発的に取り組んでいるわけでもなさそうだ。(2008/7/24)

CO2排出量を管理:
SAS、環境問題を解決する新ソフトウェア群を発表
SAS Institute Japanは環境問題への対応や経営情報の透明化などの取り組みが求められる企業向けにソフトウェアの新製品を提供する。(2008/7/9)

Imagine Cup 2008 Report:
ルーブル美術館で披露された芸術的なコードとアイデア
世界中から集まった優れた学生たちは、環境問題に対してテクノロジーは何ができるのかの一端を示してくれた。芸術の域に達しようかというそのレベルは、ルーブル美術館に集まった多くの観客を沸かせていた。(2008/7/8)

Imagine Cup 2008 Report:
環境問題を解決するのは中進国?
先進国は環境問題に真剣で、中進国や発展途上国はそうではない――もしあなたがそのように考えているのなら、その理解はすぐにでもあらためるべきかもしれない。Imagine Cupで環境問題にフォーカスしたソリューションが数多く提案される中、評価が高いのは、中進国や発展途上国のソリューションだった。(2008/7/6)

環境対策はコスト削減にも効果的
企業は「グリーンIT」で何を手に入れるのか?
環境問題が深刻化する中、企業は積極的な対応を求められている。ここでは、グリーンITをテーマに、各種コンテンツをWebキャストで紹介する。IDC Japanのアナリストによる基調講演も必見だ。(2008/7/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。