ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Eseries」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Eseries」に関する情報が集まったページです。

CES 2017:
ソニー初の4K有機ELテレビを発表、平井社長は“HDRワールド”の広がりを強調
ソニーが「CES 2017」に先駆けて新製品を発表。特に注目したいのが、4K有機ELテレビ「BRAVIA OLED A1E Series」。平井社長は以前から掲げている「ユーザーに感動をもたらし、人々の心を刺激する会社であり続ける」ことの継続を約束した。(2017/1/6)

Mobile World Congress 2009:
Nokia、スマートフォン「Eseries」の新モデル発表
「Nokia E75」「E55」は「Nokia Messaging」サービスや、PCと同等の電子メール体験を実現する新しいUIを搭載する。(2009/2/17)

Nokia Connection 2008:
メール利用に最適なスマートフォンが装いも新たに――Nokia、「E71」「E66」を披露
シンガポールで開催されたNokiaのプライベートイベント「Nokia Connection 2008」で、「Eseries」の最新モデル「E66」と「E71」が披露された。NFCケータイや音楽ケータイなどの最新モデルについても、利用シーンと合わせてデモを展開した。(2008/6/19)

Nokia、厚さ10ミリのQWERTY携帯など「Eseries」2機種を発表
Nokiaが7月に出荷開始予定の「E66」と「E71」は、Microsoft Exchangeに対応。メールや予定表へのアクセスのほか、添付ファイルのダウンロードも可能。(2008/6/17)

「Nokia E90 Communicator」登場に沸くNokiaブース
フィンランドのNokiaは2月12日、「E90 Communicator」を含むビジネス向け端末Eseriesの最新ラインアップや、DVB-H方式のモバイルテレビを搭載した「N77」、GPSと地図ソフトを組み込んだ「6110 Navigator」などの新モデルを発表。ブースは来場者で埋め尽くされている。(2007/2/13)

3GSM World Congress 2007:
Nokia、3GSM World Congressで新製品を一挙に投入
Nokiaは、ビジネス向けNokia Eseries、モバイルテレビ機能付きN77、Nokia 6110 Navigatorなど、新製品をまとめて発表した。(2007/2/13)

SIMロックフリーのEseriesを年内に投入──ノキアのマクギー社長
ノキア・ジャパンのタイラー・マクギー社長が、今年の秋以降をめどに自社ブランドとして提供するとしていたSIMロックフリーのEseriesを、年内に投入するとコメントした。(2006/11/30)

Nseries/Eseriesで日本市場でのシェア拡大を図る──ノキア・ジャパン
ノキア・ジャパンは2006年、コンシューマー向けの高機能端末「Nseries」とエンタープライズ向けの「Eseries」を相次いで投入し、日本市場に攻勢をかける。(2006/6/28)

+D Voice:
「AQUOSケータイ」ダントツ人気──ボーダフォン夏モデルの人気投票
ボーダフォンは今夏、新モデル7機種、うち3G端末を4機種投入する。ITmedia読者が欲しいと感じた機種は「概ねの予想通り」なのか、それとも番狂わせか。今回は発売が秋なので夏モデルとはいえないが、よりハイエンドなユーザーも想定し、ノキアEseriesも項目に含めて聞いてみた。(2006/6/13)

「Eseries」はビジネスニーズに応える携帯──ノキア・ジャパン
ノキア・ジャパンがビジネス向け携帯「Eseries」を日本でも積極展開するという。モバイルウェアなども含む総合的なサービスを提供するというが、勝算はあるのか。(2006/6/8)

Nokia、Eseries最小の企業向け携帯電話「E50」発表
E50はMP3プレーヤーと1.3メガピクセルカメラを備え、ビジネスアプリケーションをプリインストール。1台の電話で2つの電話番号を使い分けることができる。(2006/5/19)

インタビュー:
Nokiaが描く企業向け携帯ソリューションの突破口
ビジネス向け端末「Eseries」やNokia Business Centerなど、企業向け携帯ソリューションに力を注ぐNokiaに、その展望、そしてIntellisyncの買収について聞いた。(2005/11/30)

神尾寿の時事日想:
Nokia Eseriesの上陸は、日本市場にとってもプラスになる
Nokiaが、エンタープライズ向けの新シリーズ「Eseries」の日本導入に熱心だ。Eseriesのようなフルキーボード付きスマートフォンが日本市場に上陸することは、日本市場にとっても大きな意味がある。(2005/11/18)

Destination Nokia:
「Eメールは出発点」──EseriesだけではないNokiaのソリューション
幅広い企業のプッシュEメールに対応するEseriesだが、Nokiaは自社でもNokia Business CenterというプッシュEメールサービスを用意した。無料のクライアントソフトに推進役を期待する。(2005/11/18)

Destination Nokia:
「日本も世界のスタンダードへ」──Eseries日本導入に前向きなNokia
フルキーボードや無線LANを搭載した、Nokiaのエンタープライズ向け「Eseries」。企業内ネットワークとの同期やEメールプッシュサービスなども用意し、VoIPへの対応も進める。日本市場への導入も前向きだ。(2005/11/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。