ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経費」最新記事一覧

超速射・レールガン(電磁加速砲)を日本独自で開発へ 防衛省が概算要求
政府がレールガン(電磁加速砲)の研究開発に本格着手する方針を固めた。防衛省の概算要求に関連経費を盛り込む。(2016/8/23)

業務知識:
通信費や出張費、印刷費を削減して、浮いた分を製品開発へ投資する
諸経費を削減してモノづくりへ投資しよう。モノづくりコスト削減は、製品開発力強化、競争力強化にもつながる。(2016/7/28)

株主総会の「お土産」廃止企業が続出 なぜ?
株主総会に出席した株主に配布される「お土産」を廃止する企業が大手を中心に急増している。その理由は「経費削減」だけではなく……。(2016/7/6)

電子帳簿保存法の規制緩和で領収書のスキャナー保存が可能に
「会計業務のペーパーレス」、何から準備を始めればいい?
「電子帳簿保存法」が改正され、契約書や領収書のスキャナー保存の規制が緩和された。経理現場のペーパーレス化で保管コストなど経費削減が期待できる。運用開始前に必要な準備とは?(2016/6/22)

ワンダーフェスティバルの一般参加料金が値上げ 2016年夏から2500円に
増税や諸経費の増加に運営努力のみで対応することが困難になったとしている。(2016/5/11)

クラウドはあくまでも手段
クラウド信奉者も思い込んでいる“クラウドの目的はコスト削減”というウソ
「クラウドに移行すれば経費の削減につながる」と考えている企業は少なくない。しかし、その考えは危険だ。本稿では、その理由を紹介する。(2016/5/10)

半径300メートルのIT:
もっと身近な“FinTech”のお話
日本のFinTechといえば欠かせないのが確定申告と経費精算。便利なサービスが次々と登場して、かなり作業が楽になったのですが、あとちょっと、改善を期待したいところがありまして……。(2016/3/29)

ホワイトペーパー:
資料の管理・運用のペーパーレス化で年間2000万円の経費削減を目指した方法とは?
ペーパーレス化の徹底策として「PDF変換ツールの全作業者への導入」を選んだ富士電機システムズ。大量な設計・工事図面の電子化で年間2000万円の経費削減を目指した。それを実現するために選んだPDFツールの選定基準とは何だったのか?(2016/2/17)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
副業で旅行コラムを執筆 ガソリン代や交通費は経費にできる?
副業で執筆した旅行コラム。確定申告の際にガソリン代や交通費を経費として申告したら控除されるの? ――「どこまで」「どうやって」をアドバイスします。(2016/1/28)

仕事用スーツは“経費”にできる? まだまだこんなにあった事業費で落とせる支出
取引先のご祝儀やお香典、急に必要になったスーツ代、飲み会帰りのタクシー代――これって“経費”にできますか?(2016/1/26)

コスト削減最前線 第2回:
PR:オフィスの経費には“穴場”がある? 気づきにくいコスト削減ポイント
多くの企業が一度はコスト削減を行ったことがある思うが、意外と知られていない項目がある。BtoBのマッチングサービス「imitsu(アイミツ)」の担当者に“穴場”的なポイントを教えてもらったところ……。(2016/1/15)

面倒な経費精算がスマホで完結 交通費も自動取り込み「MFクラウド経費」
マネーフォワードが経費精算・申請アプリ「MFクラウド経費」をリリース。クレジットカードの明細やSuicaの利用履歴を自動で取り込む。(2016/1/15)

コスト削減最前線 第1回:
PR:あなたの会社は、いま以上にコスト削減ができる会社? できない会社?
多くの企業が、「1円でも多く売り上げを伸ばす」ことを目標に設定しているだろうが、大きく伸ばすことは難しい。起業の利益は“売上高−原価+経費”である以上、原価と経費を削減することは、利益アップにつながる重要なファクターだ。(2015/12/11)

R25スマホ情報局:
スマホ撮影で領収書OK「データ発行希望」も
2016年の税制改正により、スマホで撮影した領収書データが経費支出の証拠として認められる見込み。経費をたくさん使う営業マンなどには朗報となりそうです。(2015/11/26)

NEWS
コンカーが中堅・中小企業向けの出張・経費精算クラウドサービスを発売
大企業向けの経費・交通費管理のクラウドサービスで多くの実績を持つコンカーが、中堅・中小企業向けのサービスを開始した。基本機能は大企業向けと同じで、導入費用は無償だ。(2015/11/20)

面倒な経費精算、“全自動化”に大きく前進 コンカーが連携アプリ提供
電車代からタクシー代、ホテルの宿泊料金までを自動で登録、精算へ――。面倒な経費精算作業の全自動化を支援するクラウドサービス、コンカーが、連携アプリの提供を開始する。(2015/9/16)

3台に1台はコンピュータ処理をしていない“ゾンビ”
会社を食いつくす“ゾンビサーバ”の恐怖、AOLは1万5000台を撤去
米AOLが1万4805台のゾンビサーバをデータセンターから撤去することによって、約1000万ドルの経費を削減することに成功した。(2015/7/9)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
500万ドルの経費を削減できた理由(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/6/28)

新しい働き方、新しいオフィス:
「働きがいのある会社」に選ばれたコンカー、オフィス作りのポイントは?
経費精算のクラウドサービスとして急成長中のコンカー。東京・有楽町に構えた新オフィスを訪ねた。(2015/6/26)

スマホで交通系ICカードを読み取る「Stapleリーダー」
クラウド型経費精算サービス「Staple」がバージョンアップ。交通系ICカードの読み取り機能や連携する会計ソフト数を増やした。(2015/5/18)

経費管理クラウド×フルアウトソーシングで間接費削減は可能か?
SaaS型の経費管理サービスを提供するコンカーとNTTデータスマートソーシングが業務提携。今後3年間で従業員数1000人以上の大企業100社にBPOサービスの提供を目指す。(2015/4/17)

頼られる人になる「経理アタマ」の鍛えかた:
借金すると税金が安くなる?
売上や経費が変わればその影響が税金にも現われます。会社の損益を検討するときは、支払わなければならない税金がいくらになるかにも着目しましょう。(2015/3/24)

教えて、木村先生! 確定申告あるある:
勘定科目って勝手に追加してもいいの?
作成した青色申告決算書を見ていると、「その他経費」の額がふくれ上がっているのを見て心配になりました。何か項目を作って分けるべきなのでしょうか?(2015/3/6)

ユニクロ、クラウド型経費精算サービスのコンカーを全面導入へ
ユニクロをはじめとするブランドで全世界に約2800店舗を展開するファーストリテイリング。グローバル経営を支える経費管理基盤としてコンカーを採用する。(2015/3/3)

現場も納得、経営に生かせる経費精算システム
マンガで解説:小口の経費精算を効率化して経理業務の負荷を下げるには?
手間が掛かるだけでなく、内部統制上のリスクもある現金による経費精算。システム化を検討しても現場の反対で頓挫することが多いこの業務を効率化するには? 現場も納得する最適なシステムを、漫画を交えて紹介する。(2015/1/26)

脱「現金主義」の経費精算:
PR:クラウド時代だからこそ、現場も経理もラクになるアメリカン・エキスプレスの法人カード
現場の社員にとっても経理にとっても、やらなくてはいけないことは分かっていても面倒な「経費精算処理」。そのどちらにも負担をしわ寄せすることなく処理を効率化し、経費の透明化までも実現する手段がある。(2014/12/24)

知識ゼロでもひとりでできる! はじめての青色申告:
青色申告者の特典――30万円まで一括で経費にできる
青色申告者にとって便利なのが経費の一括化です。白色申告は10万円以上のものを購入すると資産に計上しなければなりませんが、青色申告では、30万円未満のものは減価償却をせずに一度に経費として落とせます。(2014/12/10)

ユーザー企業導入事例:
東海市役所が共通仮想基盤を構築、5年1億4千万円の経費削減効果
東海市役所が、汎用機を廃止し、税・福祉業務関連のシステムを含めた仮想環境型基幹系システムに移行した。5年間で1億4千万円の経費削減効果を見込む。システム構築はNTTデータ東海とネットワンシステムズが担った。(2014/10/20)

期間限定ライセンスでモノづくりをスマートに:
PR:CADソフトは「必要な時」に「必要な期間」、「必要な本数」だけ購入するのがいまどきの賢い買い方
設計開発の進め方はますます多様になっている。そんな中、今までのような買取り式のCADをそのまま使っていないだろうか。柔軟なライセンス運用が可能な「Autodesk Desktop Subscription(オートデスク デスクトップ サブスクリプション)」によって、経費を抑えたスマートなプロジェクト進行が実現可能になる。(2014/9/29)

IT導入・活用事例:
島根県、コスト削減に向けて給与システムを刷新
6年間で約8億5000万円の経費削減を達成した島根県は、手作業によるコストの削減に向けて給与システムも更改した。(2014/9/25)

お茶でも飲みながら会計入門(94):
泣いたって許されない 経費や政務活動費の不正利用
専門書購入費やセミナー参加費、どこまで必要経費として認められるのだろう?(2014/8/21)

DeNAが相次いでクラウドサービスを導入、その狙いとは?
人事や会計、経費精算などのシステムを次々とクラウドに移行しているDeNA。その背景には何があるのか。IT戦略部の村上淳部長に聞いた。(2014/8/6)

Computer Weekly製品導入ガイド
データセンターの電力コストを削減する8つの主要技術
どのような理由であれ、エネルギー効率の高いデータセンターは環境のためになると同時に、会社の経費削減にもつながると専門家は指摘する。本稿ではデータセンターのグリーン化の一助となる主な技術を紹介する。(2014/7/11)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第420話 経費精算
まったくどいつもこいつも、何度も何度も何度も同じこと聞きやがって! 何回教えたら覚えるんだよ! こっちにも考えがあるんだからね!(2014/7/8)

マネーフォワード、中小企業向けサービスを「MFクラウド」ブランドに
既存の「会計」「確定申告」「請求書」に加えて、今後「給与計算」「経費計算」の追加を予告した。(2014/7/1)

実物大98式イングラムがやってくる!? 「出張イングラム」応募受け付け開始
経費と場所があればイングラムを呼べる。(2014/7/1)

仕事で使えるWebサービス:
「経費精算」はスマホで解決できるか? bizNoteを試してみた
経理担当者から「経費の申請は早めに」と怒られることはないだろうか? 経費精算が面倒くさくなければ領収書の処理を月末に先伸ばしてしまうこともない。(2014/5/16)

スマートショップ:
LED照明を初期投資なしで導入、5年リースで経費を回収するプラン
神奈川県が事業者の省エネ対策を支援するために、LED照明を初期投資なしで導入するプランを県内5カ所で実証試験した。その結果3カ所では5年リースの期間中に電気料金を削減して経費を回収可能なことが確認できた。残る2カ所はLED照明による消費電力の削減量が想定よりも少なかった。(2014/4/11)

Weekly Memo:
出張・経費管理システムの理想形
SAPジャパンが先週、出張・経費管理のクラウドサービスを発表した。これを機に、企業システムにおける出張・経費管理の理想形について考えてみたい。(2014/3/24)

月1冊無料のフォトブック「ノハナ」送料値上げ 「ビジネスに課題」 ユーザーに協力呼びかけ
「ノハナ」のフォトブック送料が90円から150円に値上げ。ユーザー急増で経費がふくらむなど「ビジネス面で課題を抱えている」という。(2014/2/27)

個人事業主必見 経費で「落ちる」「落ちない」クイズ
個人事業主として働く人には死活問題ともなる節税。今回は、そんな節税に必要な経費問題について、書籍『経費で落ちるレシート・落ちないレシート』から紹介します。(2014/2/27)

「会社員がスーツを経費にできる」「スーツで節税」が実質的には使えない6つの理由
2013年(平成25年)から、会社員が節税できる制度ができました。一見、「スーツが経費に!」「スーツで節税」と思えますが、実質的に使えるのはよほど特殊なケースではないでしょうか。(2014/2/19)

消費税8%時代の確定申告:
個人事業主の賢い節税対策――経費と控除を積み上げろ
サラリーマンにとって「経費を減らせ」はよく聞く言葉。だが、個人事業主は「経費を増やせ」が大きな節税につながることもある。今回は個人事業主ならではの節税対策を考えてみたい。(2014/2/7)

知っておきたい領収書の常識:
自宅兼事務所の家賃や光熱費は経費になるの?
個人事業主やフリーランスの中には、自宅兼事務所にしている人も多いはず。その場合、自宅で掛かる費用のうちどれだけを必要経費にできるか知っていますか?(2014/1/21)

知っておきたい領収書の常識:
マンガやキャバクラ代は経費になりますか?
個人事業主が自分の仕事に直接関係のあるモノやサービスに投資をすることは、将来の収益にとって貢献すると考えるのが自然です。節度を守り、きちんと説明、証明ができれば出版物などの購入代は、必要経費として考えてOKでしょう。(2014/1/16)

会社のパソコンの危機を、新しいパソコンで乗り切る!:
PR:サヨナラ、Windows XP。
2014年4月に迫ったWindows XPのサポート終了。サポートが終わったOSで動いているパソコンは、ウイルスをはじめとするマルウェアへの感染リスクが高まり、情報漏えいの危険度が増すなど、ビジネスにさまざまな影響を及ぼします。そうした問題を一掃できるのが、新しいOSで動く最新のパソコンへの入れ替えです。しかも、業務の効率化による生産性の向上や、さまざまなコスト削減による経費節減などの効果も。パソコンの入れ替えは、まさに“一挙両得の対処法”なのです。(2014/1/16)

知っておきたい領収書の常識:
CDやゴルフ代も経費で落とせる?
個人事業主の場合、購入品が経費で落ちるかどうかの基準は非常にあいまいです。どのような基準で決めればよいのでしょう?(2014/1/9)

知っておきたい領収書の常識:
領収書のない経費は認められるんですか?
業務にかかわるもので支払ったものはできれば経費で落としたいところ。でももし領収書がなかったら? 領収書の代用になるものってあるの?(2014/1/8)

知っておきたい領収書の常識:
そもそも「経費と領収書の関係」って何なの?
今回のテーマは「領収書を上手に活用して、経費で落とす」こと。まず、「経費で落とす」ってどういうことか、分かりますか?(2013/12/24)

知っておきたい領収書の常識:
「あらゆる領収書を経費で落とす」ためには、重要な「条件」がある!
知っているようで知らない、フリーランスのための「節税」のカギ。領収書、レシートを経費で落とすコツを具体的に教えます。(2013/12/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。