ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人とくるまのテクノロジー展名古屋」最新記事一覧

人とくるま展2014名古屋:
金属に刻印した2次元バーコードを簡単に読み取れる携帯型バーコードリーダー
コグネックスは、「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」において、2014年9月に発売した工業用ハンドヘルド型バーコードリーダーの新製品「DataMan 8600」を展示した。(2014/12/19)

人とくるま展2014名古屋:
高機能化するドアミラー、コネクタの端子数も13極に
日本モレックスは、「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」において、ドアミラー向けに開発中の端子数が13極のコネクタを参考展示した。2016年ごろの商品化を目指している。(2014/12/17)

人とくるま展2014名古屋:
水素ステーションが足りない、それなら水素ステーション自身が走ればいい
大陽日酸は、「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」、移動式水素ステーションに対応するパッケージ型水素ステーション「Hydro Shuttle」の技術展示を行った。(2014/12/16)

人とくるま展2014名古屋:
CAN FDを7チャネル搭載したゲートウェイECU、住友電装が2016年にも量産へ
住友電装は、「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」において、車両に搭載される各種ECU(電子制御ユニット)の情報を集約するのに用いるゲートウェイECUを展示。CAN(Controller Area Network)とCAN FD(CAN with Flexible Data Rate)の両方に対応するインタフェースを7チャネル搭載しており、早ければ2016年にも量産する予定だ。(2014/12/15)

人とくるま展2014名古屋:
アイシン版「スマート・ルームミラー」は後方視野角100度を確保
アイシン精機は、「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」において、車両後方の映像をドライバーに分かりやすく映し出す「リアスルーモニター」を展示した。同様の機能には、日産自動車の「スマート・ルームミラー」があるが、リアスルーモニターは後方視野角が100度と広いことを特徴としている。(2014/12/15)

人とくるま展2014名古屋:
燃料電池車「ミライ」に人だかり、搭載部品も多数展示
「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」では、トヨタ自動車が同年12月15日に発売する燃料電池車「MIRAI(ミライ)」と、その搭載部品に注目が集まった。(2014/12/12)

小間数は約1.4倍に:
名古屋初開催の「人とくるまのテクノロジー展」、当初想定上回る規模に
自動車技術会は、初めて愛知県名古屋市で開催する「人とくるまのテクノロジー展」の出展規模を発表した。2014年10月21日時点で、出展社数が194社、出展小間数が416小間となっている。(2014/10/21)

中部地区の自動車技術者に朗報:
「人とくるまのテクノロジー展」が名古屋で初開催、2014年12月に
自動車技術会は、自動車技術の専門展「人とくるまのテクノロジー展」を愛知県名古屋市で初めて開催すると発表した。会期は2014年12月11〜12日の2日間で、会場はポートメッセなごや・名古屋国際展示場。(2014/6/3)

人とくるまのテクノロジー展:
「香り」で安全運転? 次世代のドライビングアシスト
自動車技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展」。インターネットやGPS、さらには「香り」を使った目に見えない情報で、安全なドライビングをサポートする技術が展示された。(2007/5/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。