ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Expression」最新記事一覧

2カ月で160本作った還暦開発者が送る10のアプリ開発ノウハウ(10):
ストーリーボードを使い画像をY軸を中心に立体的に回転させるには
古(いにしえ)からのVBでWindows 8.1向けのさまざまな機能のアプリを開発する手順やコツを解説していく。今回は、Expression Blendを使い、表示された画像をY軸を中心に立体的に回転させる方法をサンプルを交えて解説する。(2013/12/16)

Microsoft、Webアプリデザインスイート「Microsoft Expression Studio 4」を発表
「Microsoft Expression Studio 4」では、Windows Phone 7向けのWebアプリも作成できる。(2010/6/9)

RIA開発ツールの本命となれるか?
WPF/Silverlight向けUI設計ツール「Expression Blend 3」の新機能とは
マイクロソフトが2009年10月に発表したUI設計ツール「Microsoft Expression Blend 3 日本語版」。SilverlightによってRIA市場に攻勢をかける同社が発表した新製品の主要機能を紹介する。(2009/11/5)

D89クリップ(11):
Web標準に準拠し独自技術Silverlightで補完する
Webテクノロジーの分野でマイクロソフトが注力するSilverlightの最新バージョンSilverlight 3が公開され、デザインツールExpression 3の日本版も9月に提供が開始される。製品担当のスコット・ガスリー氏に、最新版の注目点や今後の展望を聞いた(2009/8/4)

MS、非IEブラウザにも対応のプレビューツール「Expression Web SuperPreview」発表
現行版はIEにのみ対応。IE 8をインストールしておけば、デスクトップ上でIE 6/7/8でのレンダリングをプレビューできる。(2009/3/19)

Microsoft、H.264に対応した「Silverlight 3」のβ版をリリース
Microsoftが「Silverlight 3」のβ版をリリース。このほかにも「Expression Blend 3 Preview」などを発表した。(2009/3/19)

マイクロソフト、学生に無償で製品を提供する「DreamSpark」を国内で開始
「Visual Studio」「Expression Studio」などの開発ソフトやデザインツールを無償でダウンロード提供するDreamSparkが日本でも正式に開始された。(2008/5/13)

MS、Webデザインスイート「Expression Studio」の新版リリース
最新版の「Expression Studio」にはSilverlightサポートが加わっている。フォトグラファー向けデジタル写真管理ツールもリリースされた。(2008/5/2)

Microsoft、「Expression Studio 2」のβ版をリリース
Microsoftはデザインツール分野では新参者だが、先行するAdobe Systemsに追いつこうとがんばっている。(2008/3/6)

Microsoft、学生に開発ツールを無償提供
「Visual Studio」「Expression Studio」などの開発ソフトやデザインツールを無償でダウンロード提供する。日本は6カ月以内にスタート。(2008/2/20)

Weekly Access Top10:
マイクロソフトはデザイナーに受け入れられたのか
マイクロソフトが「Microsoft Expression Studio」を発売して約2カ月が経つ。Adobeの寡占状態だったデザインアプリケーション市場に一石投じたわけだが、今後マイクロソフトが進むべき道とは……。(2007/9/15)

MSがMac&Safariでデモする「Silverlight」
「Expression Studio」の発売日・価格発表に合わせ、Flash対抗「Silverlight」の日本語サイトをマイクロソフトが公開した。(2007/6/14)

「デザインをしない」はすなわち「悪いデザイン」
「アプリケーションのデザインに時間やお金をかけられない。だからデザインはナシです」。これはすでに「悪いデザイン」のアプリケーションを作っているのと同じことだ。マイクロソフトの「Expression」は、良いデザインのアプリケーション作りを目指したツールである。(2007/3/5)

Expression Webをリリース、新たな分野へ挑むMS
MicrosoftからWebサイト作成ツール「Expression Web」がリリースされた。デザイナーと開発者のコラボレーションをテーマとした「Expression」ブランドとして発売される、初めての製品となる。(2007/2/28)

Microsoftの「Expression」を支える男、元ILMのフォレスト・キー氏
Microsoftの新しいデザインツールの製品管理ディレクターを務める元ILMのキー氏は、「将来的に、エンタープライズ開発システムでもデザイナーが重要な役割を果たすようになる」とみている。(2007/1/22)

MSがプロフェッショナルクリエーター市場へ本格参入
マイクロソフトは、プロの向けのコンテンツ制作ツール「Expression Studio」を2007年第3四半期にリリースする。2009年に国内でシェアトップを狙うという。(2007/1/17)

MSのExpression Blendに“Flashキラー”のウワサ
米eWEEKラボで「Expression Blend」を試したところ、デザイン志向のスタッフにとって興味深い選択肢であるとの印象を得た。(2006/12/5)

MS、Flashキラー「Expression Studio」の詳細発表
「Expression Studio」のリリースは2007年後半となるが、その中のWebサイト作成ツール「Expression Web」はいち早く提供開始された。(2006/12/5)

国内初イベント、REMIX開催:
Googleの戦略とは異なるソフトウェア+サービスとしてのWindows Live
10月26日に国際フォーラムで開催されたREMIX Tokyoでは、次世代のUI定義を行うExpressionに関するセッションも数多く行われた。また、オンラインサービスであるWindows Liveの戦略もより明確になってきた。(2006/10/30)

Expression Review:
次世代アプリケーション開発に必要なのはユーザーエクスペリエンスを意識したデザイン
マイクロソフトのExpressionは、プロフェッショナル向けのデザインツールだ。XAMLという斬新なコンセプトを持ちながらも、その操作性は既存のデザインツールを踏襲したものになっている。ここではその使い心地を見ていこう。(2006/9/21)

マイクロソフト、Webサイト作成ツールの日本語β版をダウンロード提供
マイクロソフトは9月12日、Webサイトを制作するデザイナー向け支援ツール「Microsoft Expression Web」日本語β版のダウンロード提供を開始した。(2006/9/13)

XAMLとグラフィックツールの関係:
UIデザインのトータルソリューションを目指すExpression
マイクロソフトの「Expression」は、高度なグラフィック描画とWebサイト作成の機能を備え、さらにアプリケーションのUIデザインもこなすプロフェッショナル向けデザインツールで、現在用途ごとに3つのエディションが用意されている。同社がなぜこのツールをリリースしたのか、その理由を聞く。(2006/8/30)

オンライン・セミナー:
Vistaで何が変わる? Expressionでデザイン分野に参入
リッチなWebアプリケーションではアドビシステムズの後塵を拝するマイクロソフトだが、デザイナーと開発者が効率良く連携しながらアプリケーションを構築できるツールが提供できれば、ゲームは変わるはずだ。(2006/7/25)

オンライン・セミナー:
5年ぶりのVistaで何が変わるのか?
マイクロソフトがExpression投入でデザイン分野への参入する背景には、新しいユーザー体験をもたらすアプリケーションの開発を促進したいという狙いがある。(2006/7/24)

MS、Expressionデザインツールのパートナー企業を募集
MicrosoftはExpressionでのデザイン分野への本格参入に当たり、ツール作成などでの協力を企業に呼び掛けた。Expression Web Designerは「今年の年末に」提供される見込み。(2006/7/20)

対Adobeへの最初の一歩、CSS正式サポートで迫るMSの新デザインツール
Microsoftが現在開発中のExpression Web Designerは、ASP.NETのほか、CSSやXHTMLなどの重要なWeb標準をサポートする。従来の同社のWebオーサリングツール群の致命的な欠陥を補い、Adobeに対する競争力を高めそうだ。(2006/5/29)

Microsoft、Expression Web DesignerのCTP初公開
FrontPageの後継となるWebサイト作成ツール「Expression Web Designer」の初のコミュニティー技術プレビュー(CTP)が公開された。(2006/5/16)

FrontPageの終焉――非Windows対応のWeb開発サポートの行方は?
SharePoint DesignerとExpression Web Designerの登場はMicrosoftのWebコンテンツオーサリングツールFrontPageの終焉を意味しており、またMicrosoftはいずれ非Windowsプラットフォーム向けのWeb開発のサポートを打ち切ることになるのかもしれない。(2006/3/13)

Microsoft、グラフィックソフト「Expression」のCTP公開
「Expression Interactive Designer」と「Expression Graphic Designer」の1月のコミュニティー技術プレビューが公開された。(2006/1/25)

Microsoft PDC 2005 Report:
MS、デザインツールの新シリーズ「Expression」発表
新シリーズ製品として、グラフィックデザインツール、ユーザーインタフェースデザインツール、Webサイト作成ツールが投入される。(2005/9/15)

Microsoft、グラフィックツール「Acrylic」のβ公開
MicrosoftはExpression 3をベースにしたグラフィックツールAcrylic(コードネーム)のβ版を公開した。Windows版のみで、正式版の予定は未定。(2005/6/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。