ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キッズケータイ F801i」最新記事一覧

SO905iCS、SO905i、SO906i、キッズケータイ F801iに不具合
ドコモの「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」「キッズケータイ F801i」に不具合があることが判明。同社はソフト更新を開始した。(2009/12/16)

Mobile Weekly Top10:
写真で見る「キッズケータイ F801i」スリッパ
「キッズケータイ F801i」の発表会が行われたのは、新宿にある「芸能花伝舎」という建物。ここは元小学校で、体育館や教室を使ったデモは、なんとも不思議な雰囲気に包まれていた。(2007/12/28)

「キッズケータイ F801i」発売、価格は1610円/月から
防水機能やGPS、緊急通知機能などを備える子ども向け携帯「キッズケータイ F801i」が発売された。価格はバリューコースの分割払い選択で、頭金0円/月額1610円から。(2007/12/21)

写真で解説する「キッズケータイ F801i」(ソフト編)
2代目となったドコモのキッズケータイが、富士通製の「F801i」だ。端末には、佐藤可士和氏がデザインしたコンテンツや、秋元康氏原作のケータイ絵本などがプリセットされている。(2007/12/12)

写真で解説する「キッズケータイ F801i」
ドコモの「F801i」は、“子どもにも人気”というスクエアでシャープなデザインを採用した富士通製のキッズケータイ。新たに防水機能を持ったほか、ケータイの置き忘れや紛失を防ぐ「おまもリモコン」が付属する。(2007/12/10)

2代目キッズケータイは「親バカが集まって作りました」――ドコモの夏野氏
ドコモの夏野剛氏、デザイナーの佐藤可士和氏、プロデューサーの秋元康氏、キッズアドバイザリーボードメンバー、そして初代キッズケータイユーザーの親たち――。子供を持つ親たちの声を聞いて機能を強化したのが2代目キッズケータイ「F801i」だ。夏野氏いわく、「親バカが集まって作りました」(2007/12/10)

防水、GPS、緊急通知機能で“あんしん”を強化──「キッズケータイ F801i」
ドコモは子ども向け携帯の新機種「キッズケータイ F801i」を発表。子どもが「楽しい」と思えるデザインや内蔵コンテンツとともに、防犯ブザーや緊急通知機能、「おまもリモコン」、相手に気づかれずに居場所を保護者に通知できる「ちょこっと通知」、そして雨や水に濡れても安心の防水性能などを搭載する。(2007/12/10)

2008年発売モデルが多数JATE通過──705i&905i企画端末、W61Kなど
ドコモの「705i」シリーズや「905i」シリーズの企画端末、「F801i」、auの「W61K」シリーズなど、2008年発売モデルが大量にJATEを通過。今回は7機種が認定を受けた。(2007/11/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。