ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フェアチャイルドセミコンダクター」最新記事一覧

関連キーワード

超優良半導体メーカーまさかの売却:
衝撃の「ADIのリニア買収」背景と今後
日本時間2016年7月27日の朝、国内半導体業界にも衝撃が走った。営業利益率4割を超える超優良半導体メーカーLinear Technology(リニアテクノロジー)が、Analog Devices(ADI、アナログ・デバイセズ)に買収されることで合意したという。業界関係者は「まさかリニアが!」と驚くとともに、「なぜ、リニアが?」と首をひねった――。(2016/7/27)

ムーアの法則がけん引してきた歴史の中で:
半導体業界、“細分化”から“統合”へ
半導体業界の歴史において、2015年ほど大規模な企業統合が繰り返された年はなかっただろう。ムーアの法則を維持すべく新しい技術を生み出してきた半導体業界では、どちらかといえば、企業は“細分化”する傾向にあったからだ。(2016/5/24)

世界最大の半導体企業へと導いた:
元Intel CEOのAndy Grove氏逝去
IntelのCEO(最高経営責任者)や会長などを務めたAndy Grove氏が、2016年3月21日(米国時間)に死去した。79歳だった。Intelの形成期から、世界最大の半導体メーカーとしての地位を確立するまでの時期に、大きな貢献を果たした人物である。ハンガリー生まれの同氏は、ナチスの占領下から逃れ、米国に亡命したという過去を持つ。(2016/3/24)

候補には中国企業も?:
ラティスが身売りを検討か
Reuters(ロイター通信)によると、Lattice Semiconductor(ラティスセミコンダクター)は、投資銀行とともにLatticeの事業売却先を探っているという。その結果、中国企業が名乗りを挙げたようだ。(2016/3/2)

Design Ideas 計測とテスト:
LEDを光センサーとして使い、照明強度を計測
LEDは表示用や照明用といった一般的な用途だけでなく、光起電力型の検知器(光センサー)としても使用可能である。今回は、LEDを光センサーとして使用する回路図を紹介する。(2016/2/19)

EE Times Japan Weekly Top10:
決着がついたAtmel買収
EE Times Japanで2016年1月16〜22日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/1/26)

ON Semiconductorとの合意が一転する可能性:
Fairchildの身売り先「中国優位」との判断へ
Fairchild Semiconductor(フェアチャイルド)は、ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)による買収合意に至っているものの、ON Semiconductorを上回る金額をフェアチャイルドに提示した中国の投資家グループが「優位」になる可能性が出てきた。(2016/1/6)

Design Ideas アナログ機能回路:
入力インピーダンスの高いアンプの静電気保護
オペアンプICはさまざまな半導体メーカーから供給されており、いずれも入力バイアス電流や入力オフセット電流が低く抑えられている。しかし、オペアンプ回路を計測用センサーにケーブル接続する際に発生するESD(静電気放電)の対策が難しい。今回は、その弱点を解決する回路を紹介する。(2015/12/24)

旧Freescale本社に潜入:
新生NXP、誕生の瞬間に密着
年間売上高が100億米ドルを超える巨大企業、新生NXPが誕生して1週間がたった。筆者は、合併完了日に、元Freescale Semiconductorの本社があった米国テキサス州オースチンに飛び、初日の様子を見て回った。(2015/12/14)

ON Semiconductorを上回る金額を提案:
中国企業がFairchildの買収合戦に乗り出す
ON Semiconductorによる24億米ドルの買収提案を受け入れたばかりのFairchild Semiconductor Internationalに、中国政府系企業が買収を持ちかけてきたという。ON Semiconductorを上回る24億6000万米ドルを提示したとされている。(2015/12/11)

車載、通信、産業機器に焦点:
業界トップ10入りするON Semiが事業戦略を説明
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2015年12月8日、グローバルな事業戦略に関する記者説明会を都内で開催し、車載、通信、産業機器の3分野への注力を強め事業成長を図る方針を打ち出した。(2015/12/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
M&Aだけでなく“S&B”もそろそろ見たい、半導体業界
スパイス&ハーブではありません。(2015/12/10)

“世界初のICメーカー”が売却へ:
オンセミ、フェアチャイルドを24億ドルで買収へ
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)が、Fairchild Semiconductor(フェアチャイルドセミコンダクター)を24億米ドルで買収すると発表した。(2015/11/19)

電池容量は「iPad Air 2」比で40%アップ:
「iPad Pro」を分解
2015年11月11日に世界40カ国以上で発売されたばかりの「iPad Pro」。Appleのタブレットでは最大となる12.9型のRetinaディスプレイを備える。モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが分解を行ったので、中身を紹介したい。(2015/11/12)

EE Times Japan Weekly Top10:
半導体業界再編に待ったなし? 相次ぐ買収報道
EE Times Japanで2015年10月17〜23日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/10/24)

フェアチャイルド FAN7688:
同期整流機能を搭載したLLC共振コントローラ
フェアチャイルドセミコンダクタージャパンは、同期整流機能と電流モード制御を搭載したLLC共振コントローラ「FAN7688」を発売した。出力負荷変動に対し、高精度で高速な出力制御を可能にした。(2015/10/21)

インフィニオンやオンセミと交渉中?:
フェアチャイルドも身売り検討か
Fairchild Semiconductor International(フェアチャイルド)が身売りを検討し、独Infineon Technologies(インフィニオン)や米ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)との売却交渉に入ったと米メディアが伝えている。(2015/10/16)

気になる搭載デバイスを中心に:
新型Apple TVを分解
Appleが2015年9月9日(米国時間)に発表した「新型Apple TV」。iFixitが既に分解し、その様子を公開した。搭載部品を中心に見ていこう。(2015/9/24)

フェアチャイルド Dual Cool 88:
ドローンに最適な中耐圧MOSFET
フェアチャイルドセミコンダクタージャパンは、8mm角のDual Coolパッケージを採用した高性能中耐圧MOSFET「Dual Cool 88 MOSFET」を発表した。(2015/9/9)

フェアチャイルド USB Type-C製品:
低消費電力・小型化を両立したUSB Type-C製品群
フェアチャイルドセミコンダクタージャパンは、USB Type-Cの総合的な製品群を発表した。スマートフォンやPCなどのUSBポートを使う製品に、次世代のUSB機能を簡単に追加できる。(2015/8/3)

フェアチャイルド FIS1100:
6軸MEMSセンサーユニット搭載の民生機器向け慣性測定ユニット
フェアチャイルドセミコンダクタージャパンは、MEMS 6軸慣性測定ユニット(IMU)「FIS1100」を発売した。ワンパッケージ内に、6軸MEMSセンサーユニットと独自のコプロセッサーを内蔵している。(2015/6/30)

頭脳放談:
第179回 ムーアの法則が50年、どこまで続く「18カ月で2倍」の法則
ムーアの法則が、2015年で50年を迎えたという。半導体の集積度が時間発展とともに「18カ月で2倍」になるというもの。いまだに続くこの法則だが、そろそろ限界なのか、それともさらに続くのか。(2015/4/28)

製品解剖:
どこまで同じ? iPad mini 2とiPad mini 3
Appleのタブレット端末「iPad mini 3」は発売当初から、前世代の「iPad mini 2」と仕様がほとんど変わらないといわれてきた。中身、つまりメインボードに搭載されている部品なども変わらないのだろうか。iFixitの分解データを基に比較してみる。(2015/1/22)

【連載】グローバリゼーションという長い旅 第3回:
シリコンバレーは、なぜ、シリコンバレーになれたのか?
シリコンバレーには急速なグローバリゼーションを可能にする資金へのアクセス回路があります。なによりもかの地には、ビジネス的な成功を求める貪欲なハングリー精神が浸透しています。今回はシリコンバレーがシリコンバレーになれた理由を考えます。(2014/11/10)

製品解剖 iFixitがWebで公開:
「iPad Air 2」を分解
販売が開始されたAppleの新型タブレット端末「iPad Air 2」。モバイル機器の修理マニュアルなどを提供するiFixitが、iPad Air 2を分解し、その様子を公開した。搭載部品を中心にその中身を見てみよう。(2014/10/24)

ビジネスニュース 企業動向:
フェアチャイルド、製造工場の一部を閉鎖
Fairchild Semiconductor(フェアチャイルドセミコンダクター)は、製造工場の一部を閉鎖すると発表した。5インチウエハーでの製造ラインを廃止し、6インチウエハーでの製造ラインも縮小する。(2014/8/28)

フェアチャイルド FSL306:
フェアチャイルド、高い拡張性を備えた650V降圧パワースイッチを発表
フェアチャイルドセミコンダクタージャパンは、650V耐圧の降圧型パワースイッチ「FSL306」を発表した。0.5〜3Wの広い範囲から出力電力を選択できるなどの拡張性を備える。(2014/1/20)

フェアチャイルド FDMQ86530L 60V quad-MOSFET:
4個の60V MOSFETを1パッケージ化、ヒートシンクが不要に
フェアチャイルドが発表したFDMQ86530L 60V quad-MOSFETは、4個の60V MOSFETを1パッケージに搭載している。導通損失や許容損失、効率を改善していてヒートシンクが不要になるので、システム効率の改善、省スペースを実現するという。(2013/5/7)

知財で学ぶエレクトロニクス(3):
「SiC」と「GaN」のデバイス開発競争の行方は?(地域編)
次世代パワー半導体材料であるSiCとGaN。省エネルギーや小型化の切り札とされており、実用化に期待がかかる。現在、開発競争において、どの地域が進んでおり、どの企業に優位性があるのだろうか。それを解き明かすには特許の出願状況を確認、分析することが役立つ。(2012/12/13)

フェアチャイルド SiCバイポーラトランジスタ:
1200V耐圧のSiCバイポーラトランジスタ、オン抵抗は17mΩ
フェアチャイルドがSiC材料で製造するBJT(バイポーラジャンクショントランジスタ)は、耐圧1200Vでオン抵抗が17mΩと低い。同様にSiCを使うJFETやMOSFETに比べて、スイッチング損失や導通損失が少ないという利点もあるという。スイッチング周波数が高いほど、それらの損失の差は広がり、BJTの優位性が大きくなる。(2012/12/4)

フェアチャイルド FLS0116/FLS3217/FLS3247:
MOSFET内蔵の照明用LEDドライバIC、外付けトランスと電解コンも不要
MOSFETと力率0.9のPFC回路を内蔵していることから、小型のLED照明を開発する際に、基板面積の削減や設計時間の短縮に役立つ。(2012/8/2)

車載半導体:
EVのインバータで重要なのはパワー半導体だけじゃない、ゲートドライバにも注目
電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の性能を左右するインバータ。インバータに用いられる重要部品としてパワーMOSFETやIGBTなどのパワー半導体が知られているが、そのパワー半導体を駆動するゲートドライバICも必須の部品である。(2012/4/19)

パワー半導体:
シリコンパワーMOSFETの性能改善、素子構造よりもパッケージが効く時代に
SiCやGaNを使う次世代パワー半導体の開発が進んでいるものの、当面は旧来のシリコン材料を用いたパワーMOSFETが広く使われるだろう。ただしシリコン品の性能を高めるには、もはや半導体素子構造の改良では間に合わない。ウエハー処理の後工程となる組み立てプロセスとパッケージ技術の進歩が貢献する。(2012/4/18)

EDN/EE Times編集部が展望する:
2012年期待のエレクトロニクス技術(近未来ガジェット編)
米国EDN/EE Timesの編集部が、2012年の発展を期待するエレクトロニクス技術をピックアップ。第2回は、医療、携帯オーディオ、自動車という3つの機器分野について、各担当編集者の展望をお届けする。(2012/1/27)

ビジネスニュース:
GoogleのトップページがICに、“シリコンバレーの主”生誕84周年を祝う
検索サイトGoogleのトップページの「Google」の表記がICパッケージになっている。これは、Fairchild SemiconductorとIntelの共同創業者で“シリコンバレーの主”とも言われたロバート・ノイスの生誕84周年を祝ってのものだ。(2011/12/12)

ビジネスニュース 業界動向:
半導体業界の低迷は底打ち、今後は回復段階に
長く続いた低迷期から、ようやく抜け出せる兆しが出てきたようだ。アナリストは、「半導体業界は、2011年第4四半期から2012年第1四半期にかけて回復のステップをたどる」と予測する。(2011/11/9)

ビジネスニュース 企業動向:
米国商社も偽造チップを駆逐へ、“本物”の自社在庫品を提供するサービスを投入
偽造チップの急増は、半導体メーカーやユーザーだけの問題ではない。サプライチェーンにおいて大きな役割を果たしている半導体商社の対策も急務だ。米国の半導体商社であるRochester Electronicsは、同社の在庫品が本物であることを保証するサービスを開始した。(2011/10/28)

スイッチング方式が抱える課題を整理する:
AC-DC電源の設計ポイント
スイッチング方式のAC-DC電源は、旧来型のリニア方式では得られない高い効率を実現するものとして急速に普及した。しかし、スイッチング方式は、従来は存在しなかった新たな課題ももたらした。結果として、AC-DC電源の設計は、従来よりもはるかに複雑なものとなった。では、その課題とはどのようなもので、それを解決するためには、どのような工夫を盛り込む必要があるのだろうか。(2011/6/1)

データシートでは、ここをチェック!:
電圧リファレンスICを正しく選ぶ
電圧リファレンスICは、安定した固定電圧を必要とする電子回路を設計する上で必須のデバイスである。本稿では、まず、電圧リファレンスICの基本的な構成について概説する。その上で、ネオン放電管から最新のICに至るまで、電圧リファレンスに用いられる電子部品/ICの歴史をまとめる。さらに、電圧リファレンスICを選択するにあたって考慮すべき各種仕様について説明する。(2011/2/1)

フライバック用の電源コントローラIC、100W〜200Wのスイッチング電源の効率を向上
(2011/1/24)

パワー半導体:
用途によって変わるMOSFETの選択基準
MOSFETは成熟した電子デバイスなので、品種の選定は一見簡単なように思える。確かにユーザーは、MOSFETのデータシートに記載されている性能指標(Figure of Merit:FOM)についてはよく理解している。ただし実際の品種選びでは、エンジニアが専門知識を駆使して、どのような機器に適用するかに合わせてMOSFETの特性を精査する必要がある。(2010/9/22)

「集積」と「分割」の正しい見極め:
SoC vs.マルチチップ
1つのシステムを1つのICで実現――SoCのコンセプトは明解で、非常に魅力的なものであることに間違いはない。しかしながら、実際にはSoCのように、1つのICにすべてを集積することが最適であるとは限らない。複数のICに機能を分割し、マルチチップでシステムを構築するほうが、SoCを用いるよりも賢明な場合が少なからず存在するのだ。(2010/5/1)

より安全な機器を設計するために:
「アイソレータ」を活用せよ!
絶縁技術を利用することで、機器の安全性を保証したり、ノイズを低減したりすることが可能になる。絶縁を実現するにはアイソレータを適切に選択しなければならないが、それには各種アイソレータがそれぞれどのような手法で実現されているのか、その特性はどのくらいのものなのかといったことを理解しておく必要がある。(2009/12/28)

LED/発光デバイス:
電球型蛍光灯とLED照明、省エネ対決は一長一短
電球型蛍光灯、LED電球ともに白熱電球と比べて発光効率が高く、大幅な省エネが可能だ。LED電球は放熱技術を向上することでさらに低価格化が可能なように思われる。課題は光の色味だ。(2009/2/23)

オンラインツールでアナログ設計を効率化
アナログ回路の設計技術者にとって、その設計を支援するツールは必須の道具である。最近になって、多くの半導体メーカーから無償かつオンラインで利用できる設計支援ツールが発表されるようになっており、アナログ回路の設計をさらに容易化しようと試みられている。本稿では、設計支援ツールの進化の歴史と、半導体メーカーが提供する最新のオンライン設計ツールについて紹介する。(2009/8/1)

半導体技術解説:
いまさら聞けないアンプ入門
さまざまな電子回路に用いられている「オペアンプ」について、その概念をあらためて解説する。(編集部)(2009/7/24)

Design Ideas:
3端子レギュレータで0V〜3Vの可変電源を構成
(2009/1/1)

製品選びのポイントと活用ノウハウを学ぶ:
アナログスイッチ再入門
アナログスイッチは単純に見えて、意外に奥の深いものである。データシートに記載される各種仕様項目の意味や、利用時に留意すべき事柄を整理/理解することが、設計スキルの向上と開発コストの削減につながる。本稿では、用途に応じて重視すべき事柄や設計上のトレードオフ項目を中心に、アナログスイッチを正しく選んで使いこなすための知識/ノウハウをまとめる。(2008/10/1)

電子部品 絶縁素子:
絶縁素子の選択肢豊富に、特性や使い勝手が向上
電気的に絶縁した回路の間で信号をやりとりする際に欠かせない絶縁素子。フォトカプラの独壇場が何十年にもわたって続いていた絶縁素子市場に、近年になって新型素子が相次いで登場した。これら新型素子では、いずれもフォトカプラが抱えていた課題を解決したという。一方、フォトカプラ・ベンダーも、主な用途である産業機器やOA機器、デジタル家電の市場拡大を商機とみて、新製品の投入を活発化させている。選択肢が広がる絶縁素子それぞれの利害得失を把握すれば、用途に合わせた活用が可能になる。(2008/5/9)

Design Ideas:
大型リチウムイオン電池用の監視回路
(2008/1/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。