ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「富士キメラ総研」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富士キメラ総研」に関する情報が集まったページです。

インドや中東、中南米などで拡大:
2022年のスマホ市場は約16億台、うち2割が5G対応に
5G(第5世代移動通信)のサービス開始に向けて準備が進む次世代スマートフォン市場。2022年にスマートフォンの世界市場は約16億台となり、このうち約2割を5G対応機が占める見通しだ。(2018/4/26)

富士キメラ総研:
車載電装システム市場、2025年に35兆円規模へ
車載電装システムの世界市場は、2017年見込みの21兆円超に対し、2025年には35兆円規模となる見通しだ。電動化や自動運転など、地球環境あるいは安全にかかわるシステムの需要が拡大する。(2018/4/4)

組み込み開発ニュース:
フレキシブル有機プリンテッドエレクトロニクスの市場規模は2030年に2.6倍へ
富士キメラ総研は、次世代エレクトロニクスとして注目されるフレキシブル、有機、プリンテッドエレクトロニクス関連の世界市場を調査した結果を発表した。2030年の市場規模は2017年比で2.6倍になると予測する。(2018/2/22)

市場予測:
先端材料市場、車載向けや5Gが需要を押し上げ
エレクトロニクス製品向け先端材料は、電動化や自動運転に向けた取り組みが本格化する車載システムや、5G(第5世代移動通信)、IoT(モノのインターネット)などによって、今後も市場拡大が続く見通しだ。(2018/2/21)

富士キメラ総研:
自動運転対応で車載カメラモジュール伸長、2020年に市場は1.7倍へ
車載カメラモジュール市場は2016年の約2100億円から、2020年には約1.7倍の約3600億円に拡大する――。富士キメラ総研が光学機器や光学デバイスの世界的な市場動向を調査した資料「2018 イメージング&センシング関連市場総調査」にて予測した。(2018/2/21)

J.フロント、年間業務量4300時間削減 18年2月期達成
単純作業の効率化によって、人員を販売や企画といった、より生産的な業務にシフトし収益向上につなげる。(2018/2/19)

光学機器・デバイス市場予測:
車載向けカメラやイメージセンサーが需要けん引
光学機器・光学デバイス分野では、一般車両用ドライブレコーダーの世界市場が2022年に約5900億円へ、車載カメラモジュールが約4300億円規模に達する見通しだ。重大事故の増加や自動運転への対応などによって需要が拡大する。(2018/2/6)

製造ITニュース:
サブスクリプションへの移行が順調なPTC、日本市場ではIoTとARにさらに注力
PTCジャパンはユーザーイベント「PTC Forum Japan 2017」に合わせて記者会見を開催。PTC アジア太平洋地域 統括責任者の桑原宏昭氏が、日本市場における同社の事業戦略について説明した。(2017/12/15)

FPGAの4大メリットを理解すると見える「この先」:
PR:FPGAが、なぜ「サービスを変え、ビジネスを変え、社会も変える」と期待されるのか
ITの力を駆使して企業競争力を高める「デジタルエコノミー時代」の波に乗れなければ、「この先、生き残れない」と叫ばれる。この時代にビジネスの大きな躍進を図る企業が注目しているテクノロジーの1つが「FPGA」だ。なぜFPGAなのか。FPGAは私たちに「どんなメリット」をもたらすのか。そして、なぜ「今後必須のテクノロジー」と叫ばれるのか。本稿では、私たち技術者への理解とともに、私たちが「経営層へ正しく説く」ために必要となる、FPGAがもたらす本当の「鍵」を探った。(2017/11/1)

主力用途はLCDからOLEDに:
ディスプレイ関連市場、2022年に15兆8368億円へ
ディスプレイ関連市場は、高精細TVやスマートフォンなどにおいて、今後は有機ELディスプレイ(OLED)の採用が増え、市場が本格的に拡大する見通しである。(2017/9/22)

富士キメラ総研 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧:
スマホが引っ張る実装市場、新技術普及は新iPhoneが後押し
一段落したといわれるスマホ需要だが、実装関連市場にとって重要な製品であることに変わりはない。MSAP混載AnyLayerやFOWLPなどの最新技術の普及を後押しするのもスマホである。富士キメラ総研調べ。(2017/8/22)

iPhoneなどがけん引役:
PCB市場は堅調に成長、スマホ向けに新技術も
富士キメラ総研は、2017年4〜7月にかけてプリント配線板(PCB)やパッケージ、実装関連装置の市場を調査し、その結果をまとめた報告書を発表した。これらの市場のけん引役はスマートフォンで、特に高密度実装が求められるハイエンドスマートフォン向けに、新しいPCBやパッケージング技術が登場していて、今後、成長すると期待されている。(2017/8/18)

組み込み開発ニュース:
世界センサー市場規模は2020年度に約6兆円へ、2015年度比で18%増加
富士キメラ総研が、センサーの世界市場に関する報告書を公開した。生体センサーや熱的/時間空間雰囲気センサー、光/電磁波センサーが市場拡大をけん引し、2020年度のセンサー世界市場は5兆9755億円に達すると予測している。(2017/4/26)

未知のマルウェア検知率、99%:
PR:“変化する脅威”はAIでブロック マルウェア対策ツール「プロテクトキャット」の実力は
IT資産管理と情報セキュリティ対策で定評あるエムオーテックスの「LanScope Cat」に、未知のマルウェアなどによる外部攻撃の検知・駆除・追跡を可能にした「プロテクトキャット」が登場した。10億個以上のファイルを学習した人工知能(AI)が守る新発想の対策とは、どのようなものか。(2016/8/29)

企業は「IoTのセキュリティ」にどう取り組めばよいのか?:
PR:グローバルサイン証明書×HULFTのタッグで実現──IoTセキュリティ対策の“具体的”なヒントとは
既に、車やドローン、組み込み機器などへの脅威も──。IoTに対する企業の取り組みが活発化する中、今、「IoTセキュリティ」の必要性と需要が急速に高まっている。そんな中で注目されるのが、GMOグローバルサインとセゾン情報システムズによる協業だ。2016年6月に開催されたIoTセキュリティフォーラムの講演から今後企業が考えるべき、IoTセキュリティ対策のヒントを探ろう。(2016/7/12)

富士キメラ総研 4K・8Kビジネス/市場の全貌:
4K・8K対応機器の世界市場予測――放送や医療が市場をけん引
富士キメラ総研は、4K・8K対応関連機器/システム、主要デバイス、有望分野/用途に関する調査を実施。その結果を報告書「4K・8Kビジネス/市場の全貌 2016」にまとめた。(2016/4/7)

「雪害」から「利雪」へ:
次世代データセンターは新潟に経済効果をもたらすか?
いま新潟県で官民一体のデータセンターが相次いで新設されようとしている。なぜ新潟なのか? そこには他の地方ではなかなか実現が難しい理由があった。(2016/4/4)

モルフォ PhotoSolid:
累計搭載本数15億! 主力スマホに選ばれる画像処理ソフトウェア
モルフォは、同社の画像処理ソフトウェアの搭載本数の累計が2016年1月末時点で15億ライセンスを突破したことを発表。今後もさらなる事業拡大を計画しているという。(2016/3/16)

ESET最新版が発表、未知の脅威を早期検知する新たな仕組みも
キヤノンITソリューションズがESETの統合セキュリティ製品最新版を発表した。未知の攻撃を早期検知するクラウドサービスの強化などを図った。(2015/12/8)

意外に知らないIT機器選定のコツ:
PR:ビジネスプロジェクター選びの落とし穴 それは「カラーの明るさ」
プロジェクターの性能を比較するうえで重要な「明るさ」のスペック。そこには意外な落とし穴が潜んでいる。(2015/11/25)

クルマの光で「路面ライティング」 図形を投影、動きを周囲に伝える 三菱電機
三菱電機は、暗い所でも車の動きを周囲に分かりやすく伝える「路面ライティング」のコンセプトを提案した。(2015/10/26)

東京モーターショー2015:
クルマの動きを路面上の光アニメーションでお知らせ、「自動運転車に最適」
三菱電機は、車両の動きを道路上に光で描いた図形のアニメーションで伝える「路面ライティング」を開発した。動作音の静かな電気自動車の存在や、ドライバーが必ずしも運転操作していない自動運転車がどのような動きをするのかを、周囲に分かりやすく知らせることができる。(2015/10/26)

富士キメラ総研が『デジタルサイネージ市場総調査 2015』を発行:
デジタルサイネージ広告の国内市場、2020年には4.7倍に
富士キメラ総研は『デジタルサイネージ市場総調査 2015』を発行。デジタルサイネージのシステム販売/構築、コンテンツ制作/配信サービス、広告などについて現状分析と将来予測を発表した。(2015/10/20)

10万円で“非日常”へ――エプソンが3D対応プロジェクター「EH-TW5350S」を発売
エプソンが“dreamio”(ドリーミオ)の新製品として手軽なフルHDプロジェクターを投入する。スマートフォンやタブレットとの連携も強化。「若い人にも大画面を手軽に体験してほしい」という。(2015/8/20)

3000ルーメン超モデルが3万円台後半から:
3LCD方式で明るさと色域に自信――エプソンがビジネス向けプロジェクター新モデル7機種を発表
エプソンは、ビジネス向けプロジェクターの新製品7機種を発表。3Dプリンターで製作した模型で、エプソンの採用する液晶技術「3LCD方式」による"色域の広さ"をアピールした(2015/7/28)

省エネ機器:
データセンターに省エネが求められる理由
シュナイダーエレクトリックは2015年5月15日、2015年の事業戦略について説明するとともに、データセンターに求められる技術動向について紹介した。(2015/5/18)

医療IT最新トピック
画面を見るだけで心が落ち着くスマホアプリが登場
KDDIが発表したセルフ健康チェックサービス、心の緊張を緩和するスマートフォン用アプリ、カメラを使わない高齢者見守りサービスなど、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/3/25)

ホワイトペーパー:
製造業の成長戦略を加速する「5つのIT戦略テーマ」
本ホワイトペーパーでは、製造業の成長戦略の視点から最新のテクノロジトレンドを捉え、戦略の実現を加速する五つのIT戦略テーマを、次世代ITの中核となるクラウドと具体的な事例を交えながら提言する。(2014/11/19)

PR:グローバル市場を狙うパイオニアVCが選んだIBM SoftLayerの魅力とは?
製造・文教市場を中心に多数の顧客を抱えるパイオニアVCは、10月にビジュアルコラボレーションの新サービス「xSync(バイシンク) Prime」をスタートさせた。同社はサービスの提供基盤にIBMのクラウド・サービス「IBM SoftLayer」を選定、ビジュアルコラボレーションという新分野でのグローバル市場でナンバーワンを目指すという。幾多のIaaSサービスの中で、IBM SoftLayerがなぜ選ばれたのだろうか。(2014/10/8)

“Steel”を冠する「Riverbed Application Performance Platform」発表の意図:
PR:リバーベッドが志向する「ロケーション・インディペンデント・コンピューティング」とは?
WANだけでなく、アプリケーションやデータがどこにあっても最適な状態を維持するためのテクノロジとしてラインアップを刷新、Steelを冠にいただく製品群のねらいを取材した。(2014/8/18)

QRコードで簡単接続:
「より明るく、高精細に、タブレット対応の強化も」――エプソンがビジネスプロジェクター3機種を投入
ビジネスプロジェクター市場でトップシェアを走り続けるエプソン。まだ伸ばす余地があるという「多機能パワーモデル」に、明るさ、解像度、タブレット連携を強化した2機種を投入する。10万円を切るスタンダードモデルの新機種も同時発表した。(2014/8/5)

高光束モデルも大量投入:
「インタラクティブ機能で会議や授業を効率化」――エプソン、投写映像に“指でタッチできる”プロジェクター
オフィスや教育現場のIT化が進む中、エプソンは会議や授業の効率アップを目指した「インタラクティブ機能」付きプロジェクター3モデルを発売する。(2014/5/19)

【連載】デジタルサイネージが変える広告の未来:
第1回 届けたい時、届けたい人に、届けたい情報を。ネットワーク化で街中の広告が変わる
注目されるデジタルサイネージ市場。これからの10年、果たしてデジタルサイネージ広告はインターネット広告が辿った成長曲線を描けるのだろうか?(2014/2/28)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第3回】
ワークスアプリケーションズが太鼓判を押す高機能OS、その最新事例とは
大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」シリーズを開発・販売するワークスアプリケーションズがCOMPANYシリーズをアウトソーシング社にわずか1週間で導入。短期導入を実現したのはある高機能OSだった。(2014/3/10)

初めから分かる一括受電(2):
「マンション」を開拓した一括受電サービス、電力の完全自由化を待つ
電気料金以外の負担がなく、マンションの共用部や各家庭の電気料金が削減できる一括受電サービス。第1回で紹介したビジネスモデルや導入フローに続き、今回は一括受電サービスの誕生の歴史から現在、そして今後の展望について解説する。(2013/12/16)

ESETが最新版ソフトを発表、高度なマルウェアや脆弱性攻撃に新対策
Windows版では脆弱性やメモリを悪用する高度なマルウェアに対処する3つの新機能を搭載した。(2013/12/10)

初めから分かる一括受電(1):
まとめ買いで電力を安く手に入れる、一括受電の秘密とは
大量にまとめて買えば値段が安くなるのは経済の常識だ。これは電力にも当てはまる。一般のオフィスビルではビルのオーナーもしくは管理会社が電力会社と契約して、まとめて電力を購入するのが普通である。しかし、同じ建物でもマンションの場合、各住戸が個別に電力会社と契約して割高な電力を購入している。この問題を解決する方法として注目を集めるのが「一括受電」だ。(2013/9/9)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第20回 部品の内層実装
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第20回は、日本が伝統的に世界で優位に立っている実装技術「部品内装基板」について解説する。(2013/3/19)

バラクーダ、1テラバイトまで無料の遠隔バックアップサービスを投入
バラクーダネットワークスジャパンが新戦略を発表。「バックアップとセキュリティの統合ベンダー」というブランディングを強化していくという。(2013/3/15)

業界トップが狙う“常設”市場:
目指すは2013年度にシェア2倍超――エプソン、常設向けプロジェクター9モデルを一挙投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに常設型の9モデルを追加した。プロジェクター製品でトップシェアを持つ同社だが、常設型は比較的弱いカテゴリーとのことで、今後は常設型製品の売り上げ増加を目指す考えだ。(2013/3/12)

電子書籍市場は2017年度に2343億円規模へ――富士キメラ総研調査
富士キメラ総研が国内の電子書籍サービス市場を調査。同市場は2012年度で654億円、2017年度には2343億円規模になると予測している。(2013/2/19)

モバイル広告の業界マップ:
広告テクノロジー業界マップ2012日本版 (モバイル広告)
日本のアドテクノロジー企業の相関関係が分かる「広告テクノロジー業界マップ」のモバイル広告版を紹介します。(2012/12/19)

モバイル活用の基盤づくり:
PR:スマートデバイスからのリモートアクセス、最適な認証方式を選べているか?
企業ネットワークへの接続を希望するスマートフォンやタブレット端末とどう向き合うべきか。導入して安全に利用できるだろうか、安全に利用するためにはどうすればよいか。これらの端末を利用したいという要望が日々強まる中で、導入に際してできるだけ既存のポリシーを変えることなく、コストも抑えたいというのがIT管理者の本音ではないだろうか。ソリトンシステムズのネットワーク認証アプライアンス「NetAttest EPS」でこれを実現していく方法を探ってみたい。(2012/12/13)

2017年に9兆5300億円規模、富士キメラ総研がスマート家電の市場を展望
富士キメラ総研は、スマート家電とそのポテンシャル市場に関する調査「スマート家電/関連サービス市場の将来展望 2012」を発表した。(2012/8/21)

2012年は国内シェア60%へ:
エプソンがプロジェクター10機種を投入――画面補正機能が進化したモバイルモデルなど
エプソンは、3LCD方式のビジネス向けプロジェクター10機種を発表した。台形補正機能の進化や、2画面表示への対応といったソフトウェア面の更新が主な見どころだ。(2012/6/29)

PR:IBM PureSystemsへの対応を加速するISV
4月にIBMが世界で同時に発表した「IBM PureSystems」は、エキスパートの知見を活用することで、ITライフサイクル全体のさまざまな作業負荷を軽減、TCOの削減を可能にする。システムに最適化されたソリューションとして、IBM製品に加え、グローバルで100社以上のISV製品が利用可能だ。日本でいち早く対応した4社のISVからの声をそのソリューションとともに紹介する。(2012/6/29)

超解像技術にも対応:
明るさ1万ルーメンのモデルが登場――エプソン、常設型のビジネスプロジェクター4モデルを投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに常設型の4モデルを追加した。従来製品よりも明るさや高画質処理機能を向上させ、明るさ1万ルーメンのモデルも登場した。(2012/2/8)

節電が影響、2011年デジタルサイネージ市場は伸び率が縮小
(2012/2/1)

調査リポート:
法人向けスマートデバイス関連市場、2016年度に1兆円突破――富士キメラ総研
スマートデバイスの大量一括導入時に、初期設定やセキュリティ設定などを代行するサービスの需要が高まっており、運用・保守、アプリケーションサービス市場が大きな伸びを見せると予想される。(2012/1/13)

2015年、ミラーレスは1800万台規模に 富士キメラ総研予測
富士キメラ総研はデジタルカメラをはじめとした光学機器に関する調査をまとめた。ミラーレスカメラの市場規模は増大し続け、2015年にはデジタル一眼レフを抜く見込みだ。(2011/10/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。