ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FDM/FFF」最新記事一覧

3Dプリンタニュース:
10倍速い――米HPが新しい業務用3Dプリンティングシステムを発表
米HPは独自のサーマル・インクジェット式造形技術「HP Multi Jet Fusion」を採用した3Dプリンティングシステムを発表。高品質なモデルが高速かつ低コストで造形できるという。オープンプラットフォームの採用により、多様な素材やソフトウェアを提供する。(2016/5/20)

HP Jet Fusion 3D Printing Solution:
米HP、10倍速く低コストな造形が行える高品質業務用3Dプリンタを発表
米HPは、3Dプリンタソリューション「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」を発表。長年培ってきたインクジェット技術を応用した「HP Multi Jet Fusion technology」を採用する業務用3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3D 3200/4200 Printer」を発売する。(2016/5/18)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(3):
チタンの3Dプリントも! DMM.makeで「ミニ四駆ボディー」をとことん仕上げてみた
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第3回では「DMM.make 3Dプリント」を利用した高品質/高精度な造形に挑戦。また、造形後の後加工についても紹介する。(2016/5/10)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
3Dプリンタを趣味に使う! 光造形に魅了された話
もっと安くなってほしい。(2016/3/15)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/10
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月10日)(2016/3/11)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(2):
3Dプリンタによる造形と物理的な仕上げ
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第2回ではFDM方式の3Dプリント出力を例に、3Dプリンタによる造形と物理的な仕上げについて解説する。(2016/3/11)

京都工芸繊維大学/NKリサーチ:
FDM方式3Dプリンタで使える医療用フィラメント
京都工芸繊維大学とNKリサーチは、熱溶解積層方式の3Dプリンタで利用可能な医療用フィラメントを開発した。(2016/3/7)

MEDIX関西2016:
FDM方式3Dプリンタに医療用フィラメント、細胞・組織再生などに利用可能
京都工芸繊維大学とNKリサーチは、「第6回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2016)」において、熱溶解積層(FDM)方式の3Dプリンタで利用可能な医療用フィラメントを展示した。(2016/3/3)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(1):
3Dプリンタの種類と3Dデータのファイル形式
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第1回は、3Dプリンタの種類と3Dデータのファイル形式について解説する。(2016/2/24)

XYZprinting ダヴィンチ 1.0 Pro:
10万円以下でワンランク上の造形を実現するFDM方式3Dプリンタ
XYZプリンティングジャパンは、熱溶融積層方式3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズの新製品「ダヴィンチ 1.0 Pro」を発表。従来機種よりも高品質な造形が可能だという。(2016/2/17)

カーデザイン コンテスト特別企画:
CAD経験ゼロのミニ四駆レーサーが、ミニ四駆“3Dモデラー”になるまで
「3Dモデラボ カーデザイン コンテスト 2016」の開催を記念し、「Autodesk Fusion 360」を活用してオリジナル「ミニ四駆」ボディーを製作する圓田歩さんと、Fusion 360のエバンジェリストである藤村祐爾さんの対談をお届けする。(2016/2/8)

XYZprinting 3D JET/3PP0A:
XYZprintingが業務用3Dプリンタをラインアップ
パーソナル3Dプリンタ製品で知られるXYZprintingが「2016 International CES」で、同社初となる業務用3Dプリンタを新たに発表した。(2016/1/7)

CES 2016:
パーソナル3DプリンタのXYZprintingが、ついに業務用3Dプリンタ事業に参入!?
XYZprintingは「2016 International CES」で、パーソナル向け/プロフェッショナル向け3Dプリンタの新製品や、同社初となる業務用3Dプリンタなどを発表した。(2016/1/7)

3Dプリンタニュース:
ハイアール子会社、3Dプリンタ活用で試作時間を69%短縮
ストラタシス・ジャパンは、ハイアール・グループの子会社であるQiandao Haier Moldsにおける導入事例を発表。「Fortus 900mc」の活用により、製品開発サイクルを大幅に改善できたという。(2015/11/13)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
国内企業ブランドの3Dプリンタは2016年以降が勝負!?
インクジェット方式が主戦場に?(2015/11/4)

3Dプリンタニュース:
Wi-Fi機能だけじゃない! 新型プリントヘッド搭載「ダヴィンチ Jr. 1.0w」
XYZプリンティングジャパンは、Wi-Fi機能を搭載したパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr. 1.0w」の販売を2015年10月30日より開始する。販売価格(税込)は5万9800円。(2015/10/27)

CEATEC 2015:
ノズル径の異なる2つのヘッドで従来比3倍の造形速度を実現する3Dプリンタ
CGコミュニケーションズは「CEATEC JAPAN 2015」に出展。同社が販売代理店を務める英CEL Technologyのパーソナル3Dプリンタ「CEL Robox」の展示デモを行った。(2015/10/7)

市場調査/予測:
2019年には560万台へ、年2倍ペースで出荷台数を伸ばす3Dプリンタ
Gartner(ガートナー)は、3Dプリンタの市場予測に関する最新の調査リポートを発表。全世界における3Dプリンタの出荷台数の予測は、2015年が24万4533台。2016年は約2倍の成長を遂げて、49万6475台に達する見込みだという。(2015/10/5)

アナリストが解説する:
「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のここがポイント
米国の調査会社Gartnerが発表した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のポイントをガートナー ジャパンの主席アナリストに聞いた。キーワードは「医療分野での利活用」。(2015/9/10)

3Dプリンタニュース:
C・ロナウド選手が3Dプリンタでサイバークローンになるまで
ストラタシス・ジャパンは、同社の3Dプリンティング技術と米Legacy EffectsのSFX技術を活用して共同製作したクリスティアーノ・ロナウド(C・ロナウド)選手の等身大サイバークローンのプロジェクトサイトを公開した。(2015/8/21)

3Dプリンタニュース:
フィラメントカートリッジの中身だけの交換が可能に
XYZプリンティングジャパンは、熱溶解積層(FDM)方式のパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズ用リフィルフィラメント(ABS樹脂)と、「ダヴィンチ Jr.」シリーズ用フィラメント(PLA樹脂)の新色の販売開始を発表した。(2015/8/20)

3Dプリンタニュース:
さらに性能・品質にこだわった5万9800円の3Dプリンタ
プリンタスは、熱溶解積層(FDM)方式のパーソナル3Dプリンタ「CUBIS」のマイナーバージョンアップ版「CUBIS 1.5」の販売開始を発表した。(2015/8/19)

Maker Faire Tokyo 2015リポート:
超大型やロータリーデルタなど、「Maker Faire Tokyo 2015」で見つけた個性派3Dプリンタ
メイカーたちの祭典「Maker Faire Tokyo 2015」では、超ビッグサイズのFDM方式3Dプリンタから日本初上陸の光造形方式3Dプリンタまで、多くのファブリケーションツールに注目が集まりました。また記事後半では、ちょっとおバカなゲームやロボコンなどもご紹介します!(2015/8/18)

3Dプリンタニュース:
食べ物を好きなカタチで作り出せる「3Dフードプリンタ」
XYZプリンティングジャパンは「三井食品フードショー 2015」(会期:2015年7月22〜23日/場所:東京ビッグサイト)に出展し、開発中の3Dフードプリンタ「XYZ Food Printer」の試作機を参考出品した。(2015/7/23)

3Dプリンタニュース:
自分で組み立てる、4万9800円のデルタ型3Dプリンタ
システックが4万9800円の3Dプリンタ組み立てキット「デルタ型3DプリンターSD-1 パーツセット」を発売した。(2015/7/22)

プロダクトデザイナーが見たDMS2015:
RP、AM、そしてDDMへ。モノからサービス関連へ。モノづくり技術の進化と深化
プロダクトデザイナーの林田浩一氏から見た「設計・製造ソリューション展(DMS)」とは? 3Dプリントや3Dスキャンエリアの展示エリアを中心に、今回の展示の傾向や業界の動向について紹介する。(2015/7/17)

世界最高峰のカラダを再現:
C・ロナウドが3Dプリンティング技術とハリウッドのSFX技術で等身大クローンに!?
ストラタシス・ジャパンは、美容機器メーカーのMTGが展開する「BODY REVOLUTION PROJECT」でイメージキャラクターを務めるクリスティアーノ・ロナウド選手の等身大サイバークローンを、米Legacy Effectsと共同製作したことを発表した。(2015/7/8)

DMS2015リポート【3Dプリンタ編】:
レーザー、電子ビーム、インクジェットなど各方式の金属3Dプリンタが大集結!
「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」では、各方式の金属3Dプリンタが注目を集めていた。「最終製品への活用」をキーワードに各社の金属3Dプリンタおよび関連サービス、位相最適化ツールなどをリポートする。(2015/7/8)

DMS2015:
月面ローバーからスポーツカーまで、樹脂素材で3Dプリントした最終製品
丸紅情報システムズは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、スポーツカーや食品工場向けロボットのパーツなど、樹脂素材で3Dプリントした最終製品の事例を多数紹介した。(2015/7/7)

DMS2015:
衝撃に強い新素材「タフレジン」の登場で期待が高まる「Form 1+」
ブルレーは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、米Formlabsが開発した光造形方式3Dプリンタ「Form 1+」と、Form 1+に対応する新素材「タフレジン」の展示を行った。(2015/6/24)

DMS2015:
2台目需要狙う高速・高精細3Dプリンタ「Creatr HS」を参考出品
リコーは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、オランダのLeapfrogが開発した熱溶解積層方式3Dプリンタ「Creatr HS」を参考出品した。(2015/6/24)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタと伝統工芸が融合して生まれた「デジタルジュエリー×木目込みプロジェクト」始動
ビジュー・サトウは、パーソナル3Dプリンタと木目込み手法を活用した「デジタルジュエリー×木目込みプロジェクト」を開始し、公式Webサイトをオープンさせたことを発表した。第1弾の取り組みとして、ブレスレットの通信販売とワークショップの受付を開始する。(2015/6/22)

人とくるまのテクノロジー展2015:
木材や竹を材料に使える3Dプリンタ、ナイロン樹脂や金属にも対応
日本バイナリーは、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、樹脂や金属だけでなく、木材や竹を材料として使用できる3Dプリンタ「AW3D HD2x」を展示した。(2015/6/3)

3Dプリンティング技術最前線:
PR:コスト削減だけではない! DDMが自動車製造の制約や課題を解決する
デザイン検証や試作開発など、製造現場における3Dプリンティング技術の活用は広がりを見せており、製造業を代表する自動車産業もその例外ではない。製造プロセスの中で3Dプリンタを活用し、設計データから最終製品をダイレクトに製造する「DDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)」を提唱するストラタシスに、自動車産業における3Dプリンティング技術の最新活用事例やその効果について聞いた。(2015/5/28)

3Dプリンタニュース:
FDM方式3Dプリンタで作られたカメラ用交換レンズ
ものづくりベンチャーのYOKOITOは、FDM方式3Dプリンタで製造されたレンズ交換式カメラ用レンズ「FAB-LENS(ファブレンズ)」の販売開始と、3Dモデルデータの公開を発表した。(2015/5/14)

3Dプリンタの可能性を探る(8):
「日本企業の3Dプリンタ参入を支援する体制が既にある」――XYZprinting会長が3Dプリンタ戦略を語る
今、パーソナル3Dプリンタ市場で勢いのある企業の1つが、新金宝グループ(New Kinpo Group)傘下のXYZprintingだろう。今回、新金宝グループのCEOとXYZprintingの会長を兼任する沈軾栄(サイモン・シェン)氏に、今後の製品戦略や3Dプリンタ市場の可能性、そして3Dプリンタ以外での展開について伺った。(2015/5/8)

ママさん設計者がやさしく教える「CNCフライス超入門」(1):
3DプリンタとCNCフライスの違いって何?
ファブレスメーカーのママさん設計者がCNCフライスの特長や魅力、使い方を分かりやすく解説する連載。第1回は3DプリンタとCNCフライスの違いについて説明する。(2015/4/28)

3Dプリンタニュース:
一家に1台を実現する!? 4万円台の3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr. 1.0」登場
XYZプリンティングジャパンは、パーソナル/ファミリー層を狙ったシングルヘッドの3Dプリンタ製品「ダヴィンチ Jr. 1.0」を発表。従来のダヴィンチシリーズよりもコンパクトで、使い勝手も向上しているという。販売価格(税込み)は4万9800円で、2015年4月27日より販売を開始する。(2015/4/16)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ新製品「Objet 1000 Plus」、拡張キャニスター「Xtend500」を販売開始
3Dプリンタメーカー Stratasysの国内代理店2社が3Dプリンタ関連新製品を販売開始する。(2015/4/15)

3Dプリンタの可能性を探る(7):
25年間培ってきた3Dプリンティング技術を個人にも――造形品質と仕上げで差別化
3Dプリンティング技術を軸にビジネスを展開してきたベルギーのMaterialise(マテリアライズ)。創業25周年の節目に、同社 日本法人であるマテリアライズジャパン 代表取締役社長 ヨウ・アンセウ(Jo Anseeuw)氏に、同社の取り組みと3Dプリントサービス事業「i.materialise」の特長、他サービスとの違いについて伺った。(2015/4/7)

未来医XPO:
フードプリンタで介護食を提供、レシピもデータベース化
XYZプリンティングジャパンは、「未来医XPO’15」において、開発中のフードプリンタを参考展示した。パーソナル3Dプリンタの技術を基に開発した製品で、介護食の提供に応用できるという期待がある。(2015/4/3)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタとアートの融合で生まれたファッションロボット
アルテックは、ファッションデザイナーの菱沼良樹氏が手掛けるファッションロボット「MAYUPO」を、Stratasys製のFDM方式3Dプリンタ「Fortus 450mc」で造形し、提供したことを発表した。(2015/4/2)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
3Dプリンタで何を作る?
目的がないとただの箱……。(2015/3/12)

3Dプリンタの可能性を探る(6):
3Dプリンティング技術で生活を豊かに――パーソナル3Dプリンタ市場に攻勢をかけるXYZprinting
パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチシリーズ」などを手掛ける台湾XYZprinting。新製品を立て続けにリリースした2014年に引き続き、2015年も製品ラインアップを拡充していくという。同社日本法人であるXYZプリンティングジャパン マーケティング部 マネージャーの新井原慶一郎氏に、今後の製品戦略やフードプリンタの取り組みなどについて伺った。(2015/3/9)

組み立て動画あり:
これならやれる!? 999円から始める3Dプリンタ入門
「使いこなせるか不安」「データの作り方が分からない」などの理由で、パーソナル3Dプリンタの購入に踏み切れない読者も多いだろう。そんな方に向けた選択肢の1つが、デアゴスティーニの「週刊 マイ3Dプリンター」だ。本稿ではその中身を紹介するとともに、3Dプリンタの組み立ての様子をタイムラプス動画でお届けする。(2015/2/26)

3Dプリンタニュース:
23万円で買える光造形方式3Dプリンタ「ノーベル 1.0」がついに発売
XYZプリンティングジャパンは、同社初となる光造形方式の3Dプリンタ「ノーベル 1.0」を2015年3月上旬より販売すると発表。熱積層方式と比較して高価な光造形方式を採用しながら、22万9800円という価格を実現した。(2015/2/10)

Geeks便り:
「MAKERS」に出てくるTechShopって、会員制トレーニングジムみたい
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回はクリス・アンダーソン氏の著書「MAKERS」にも登場するTechShopを紹介する。(2015/2/9)

3Dプリンタニュース:
CT/MRIデータを立体化する医療向け3Dモデル造形サービス
丸紅情報システムズは、3Dプリンタで医療向け3Dモデルを造形する受託サービス、「メディカル3Dモデル造形サービス」を開始した。(2015/2/4)

3Dプリンタニュース:
FDM/PolyJet方式3Dプリンタ用のマテリアルを拡充
ストラタシス・ジャパンは、FDM方式3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチック材料ASAマテリアルの新カラー8色と、PolyJet方式向け新デジタルマテリアル20種を追加した。(2015/2/3)

3D Printing 2015:
強くて臭くないフィラメント材料と、ぐにゃりと曲げられるフィラメント材料
JSRは、3Dプリンティング技術の展示会「3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition」に出展し、同社独自のポリマー技術を活用して開発した熱溶解積層式3Dプリンタ用フィラメント材料「FABRIAL(ファブリアル)」に関する展示を行った。(2015/1/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。