ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FEMS」最新記事一覧

Factory Energy Management System:工場用エネルギー管理システム

IT活用:
EMS市場は拡大が続く、家庭・産業分野ともに安定成長
電力システム改革やIoT技術の進展により、本格的に活用が進みつつあるエネルギーマネジメントシステム(EMS)。関連機器やサービスを含むEMSの市場は、家庭/産業・業務分野のどちらも今後順調な拡大を続ける見込みだ。調査会社の富士経済が今後の市場予測を発表した。(2016/8/16)

エネルギー管理:
電力の未来を変える「リソースアグリゲータ」、分散するエネルギーを余らせない
太陽光発電が急速に広がり、季節や時間帯によっては電力が大量に余る状況になりつつある。地域に分散する電力源を情報通信ネットワークで制御しながら、小売電気事業者が必要とする電力をタイムリーに供給する。そうした役割を担う「リソースアグリゲータ」の実証プロジェクトが始まった。(2016/8/5)

エネルギー管理:
電力網を進化させる「仮想発電所」、関西電力など14社が実証開始
関西電力など14社は、関西地域で仮想発電所の構築に向けた実証を開始した。家庭用から産業用まで、さまざまなエネルギー機器を統合管理できるシステムを構築し、検証を行っていく。(2016/8/1)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/14
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月14日)(2016/4/15)

インダストリー4.0による需要増でシェア拡大へ:
600A対応クランプ型電流センサー、BEMSやFEMSに
TDKは、クランプ型交流電流センサー「CCTシリーズ」の新製品として、600A対応品を発表した。フェライト材料の形状を最適化することで、600Aへの対応だけでなく軽量化/小型化も実現。これにより、BEMSやFEMSといった大電流のセンシングニーズへの対応を可能にしている。(2016/4/7)

省エネ機器:
2016年度は国内空調需要が盛り上がる、波に乗りたいメーカー各社の切り札
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた建設需要や、増税前の駆け込み需要の増加により、2016年度の国内空調市場は活性化する見通しだ。これに向け空調機器の展示会「HVAC&R JAPAN2016 冷凍・空調・暖房展」では、国内メーカー各社が注力製品を一堂に披露した。(2016/3/2)

省エネ機器:
低温排熱を利用可能、工場省エネ化を一段と進める蒸気発生ヒートポンプ
富士電機は低温排熱の再利用することで、燃料費や二酸化炭素排出量を低減し、工場の省エネルギー化に貢献する「蒸気発生ヒートポンプ」を2015年12月に発売する。(2015/7/8)

エネルギー管理:
製造業の省エネが進まない、エネルギー消費効率は震災前よりも悪化
国を挙げて省エネに取り組む必要がある中で、製造業の対策が不十分なことが明らかになった。エネルギーの消費効率は震災前よりも悪化していて、2013年度の生産量に対するエネルギー消費量は2009年度よりも7.6%増加している。新たにFEMSやIoTを活用したエネルギー管理が求められる。(2015/6/17)

TDK CCTシリーズ 300A/80A品:
300Aの大電流にも対応可能なクランプ型交流電流センサー
TDKは2015年5月、家庭や工場のエネルギー管理システム用に、クランプ型の交流電流センサー「CCTシリーズ」の新製品を発表した。大電流に対応できる300A対応品と、80A対応品がある。フェライト材料を開発することで、300Aに対応しつつ小型のサイズに抑えることができた。(2015/5/13)

FAニュース:
ICTを活用した次世代型FA関連機器市場、2020年に約5兆円に成長
富士経済は、インダストリー4.0やインダストリアルインターネットなど「ICTを活用した次世代型製造現場」に必要となるFA機器やシステムの市場調査を行い、展望をまとめた。(2015/3/19)

スマートファクトリ:
太陽光+蓄電池+コージェネで「防災未来工場」、250人分の電力を7日間
積水ハウスは宮城県で「防災未来工場化計画」を進めている。工場の周囲に太陽光パネルを設置したほか、大容量の蓄電池とガスコージェネレーションを導入することで災害時にも電力を供給して地域の避難所の役割を果たす。平常時のピークカットで契約電力を700kW引き下げる効果もある。(2015/2/25)

製造業界別に考える転職活動、成功のカギ:
再生可能エネルギー業界への転職――経験者採用だけでは限界。業界未経験者の採用進む
太陽光・風力・地熱などで電力を生み出してビジネスにつなげる再生可能エネルギー業界。今後、市場規模が拡大していきそうな同業界では業界未経験からの転職者も歓迎されると予測するジェイ エイ シー リクルートメントの由里氏に、同業界の転職事情を尋ねた。(2014/10/22)

組み込みとエネルギー技術が一堂に! ETWest × SEJ in Osaka 今年は梅田で開催
西日本唯一の組み込みシステム技術専門展示会「Embedded Technology West 2014/組込み総合技術展 関西」と、新エネルギー、スマートグリッド関連分野の専門展示会「Smart Energy Japan 2014 in Osaka」が2014年7月29、30日の2日間、梅田のグランフロント大阪で開催される。(2014/7/16)

エネルギー管理:
2MWhの蓄電池を省エネと防災に、地域と一体化した東北の工場
積水ハウスは宮城県の東北工場で、「防災未来工場化計画」を開始した。発電機や大容量蓄電池を導入してエネルギーの自立を進め、省エネルギーに役立てる。平常時だけではなく、災害時に役立てることも目標だ。工場に閉じた計画ではなく、地域と連携して計画を進めていく。(2014/6/24)

エネルギー管理:
ビル・工場・店舗のエネルギーを集中管理、最大3万拠点を1つのシステムで
電気やガスの使用量を最適化するエネルギー管理システムの利用範囲が広がってきた。オフィスビルや工場の導入例が増えてきたことを受けて、日立製作所は最大3万拠点まで管理できる新しいサービスを10月から開始する。エレベータや発電機から生産ラインまでを1つのシステムで対応できる。(2014/6/9)

製造技術:
新型「フィット」を作り出す最先端技術の数々――ホンダが寄居工場を公開
ホンダは、新型「フィット」などの生産工場である埼玉製作所寄居工場(埼玉県大里郡寄居町)を公開した。同工場は、「環境負荷の小さい製品を最も環境負荷の小さい工場で作り出す」というコンセプトのもと、最先端の生産技術の導入によって高効率な生産体質を構築している。(2013/11/7)

エネルギー管理:
48戸の住宅が合わさると何ができる、横浜で電力を束ねる実験開始
電力の需要と供給のバランスを保つには、家庭など需要側の取り組みが欠かせない。1つの住宅内で閉じた節電・省エネから、複数の住宅を合わせた形へと広げていくことでより効果的になっていくはずだ。パナソニックはこのような考え方に基づく実証実験を横浜市で開始した。(2013/9/2)

スマートファクトリ:
環境配慮を目的に自社工場をスマート化、大和ハウス工業が茨城県の工場に25億円を投資
大和ハウス工業は顧客のオフィスや店舗、工場の環境負荷をゼロにする「Smart-Eco Project」を2011年から販売している。2013年8月には自社工場への2つ目の適用例となる竜ヶ崎工場の建て替えを発表、省エネ効果などをうたう。(2013/8/1)

エネルギー管理:
トヨタが他社と「最先端工場」を目指すのか、まずは熱と電力の共同管理から
トヨタ自動車は、1工場に閉じたエネルギー最適化から、さらに複数の他社工場と連携したエネルギー最適化へと進む。愛知県豊田市で5つの狙いに沿ったプロジェクトを2014年度から開始する。(2013/7/16)

スマートシティ:
神奈川県全体で夏の最大電力を10.5%削減へ、節電意欲の低下に警鐘
エネルギー改革に先進的に取り組む神奈川県が今夏の電力需給対策を発表した。昨夏の最大電力が前年よりも増えたことを懸念して、今夏の県全体の削減目標を「10.5%以上」に設定した。HEMSやBEMS、太陽光発電やガスコージェネなどの節電・発電システムの普及も促す。(2013/5/31)

スマートエネルギーからロボティクスまで:
組み込みとエネルギー技術の祭典 ETWest × SEJ in Osaka開催へ
西日本唯一の組み込みシステム技術専門展示会「Embedded Technology WEST 2013/組込み総合技術展 関西」と、新エネルギー、スマートグリッド関連分野の専門展示会「Smart Energy Japan 2013 in Osaka」が2013年6月13、14日の2日間、インテックス大阪で開催される。(2013/5/7)

エネルギー管理:
ホンダが目指す理想の工場、寄居で実現か
工場が排出するCO2を正味ゼロにする。これがホンダの目標だ。そのためには、工場内のエネルギー消費量を削減し、工場内の発電と組み合わせる必要がある。2013年7月に完成する寄居工場にはどのような仕組みを盛り込んだのだろうか。(2013/4/17)

キーワード解説:
マンションの電力を集中管理する「MEMS」
システムを使った節電対策は期待ほど進んでいない。ビル向けのBEMSや家庭向けのHEMSも導入が始まったばかりだ。そこに登場したのがマンション向けのMEMSで、各住戸の電気料金をまとめて安くできるメリットがある。4月から補助金制度も始まり、一気に普及する可能性が出てきた。(2013/3/29)

注目製品/エネルギー管理:
生産管理システムとの連携により、工場エネルギーの最適化を支援
日本IBM、2013年2月27日発売(2013/3/4)

スマートグリッド:
工場のエネルギー最適化、生産管理システムとの連携でIBMが実現
IBMが提供を開始した工場向けのエネルギー最適化ソリューション「GIView FEMS」の特徴は、工場の稼働状況に応じた計画、管理が可能なことだ。同社の生産管理システム「GIView」が管理する情報を利用することで実現した。(2013/3/1)

NEWS:
工場のエネルギー最適化、生産管理システムとの連携でIBMが実現
IBMが提供を開始した工場向けのエネルギー最適化ソリューション「GIView FEMS」の特徴は、工場の稼働状況に応じた計画、管理が可能なことだ。同社の生産管理システム「GIView」が管理する情報を利用することで実現した。(2013/3/1)

日本IBM、工場エネルギー管理ソリューションを発表
生産管理ソリューションの機能を拡張した工場エネルギー管理ソリューション「GIView FEMS」を日本IBMが発表した。(2013/2/27)

蓄電・発電機器:
デマンドを最大1MW抑制、集光型太陽光パネルを利用したシステムが稼働開始
夏の電力不足に備えて自家発電装置を増設する工場が増えている。ガスタービンを利用した発電装置を導入する例が多いが、住友電気工業は集光型太陽光パネルを利用した発電システムを導入する。発電した電力は大型蓄電池に充電し、供給量を安定させる。(2012/7/25)

工場の電力管理(FEMS):
電力を監視してCO2を削減しながら生産条件のベストプラクティスを探る――YKK黒部工場
工場の電力管理は、生産性と切り離しては考えられない。YKKは自社国内工場で電力消費量を抑制しながら生産性を高める取り組みを始める。(2012/6/26)

エネルギー管理:
消費電力量を削減しながら生産効率を向上、ファスナー製造工場にエネルギー管理システムを導入
大きな電力を消費する施設と言えば、工場だ。金属を溶解する工程などが入っていると、消費電力量はぐんと上がる。ファスナー製造大手のYKKと富士通は、共同で工場向けのエネルギー管理システムを開発し、本格稼働を始めた。(2012/6/25)

スマートグリッド:
系統・配電・需要、3拍子そろった国内最大級の実証実験を三菱電機が開始
火力発電の模擬装置や4MW以上の太陽光発電システムを置く。変電所や大容量のNaS蓄電池を経由した電力を3棟の模擬ビルや30軒の模擬住宅に送るという大規模な実験だ。スマートメーターの分散ネットワークでつなぐ。(2011/10/19)

スマートグリッド:
複数のビルの消費電力をまとめて管理するには、日本IBMの事例から学ぶ
ビルの消費電力を削減するにはどうすればよいだろうか。どのビルでも消費電力量をモニタリングできる。しかし、昨今の電力事情に対応するのは難しい。日本IBMは、人の動きを低コストで検知するなど、複数のビルにまたがったエネルギー管理システムを作り上げた。(2011/7/11)

Maximoベースの設備監視で電力可視化:
製造業専用の「エネルギーの見える化ソリューション」
製造設備や製造拠点の電力監視を考慮したエネルギーマネジメントソリューションが登場。エクサのノウハウを生かした業界特化のテンプレートが特徴。(2011/7/5)

製造業向けのエネルギー可視化サービス、日本IBMらが提供
日本IBMとエクサは、工場やオフィスのエネルギー関連データを定期的に収集、算出して可視化するサービスを開始した。(2011/7/5)

NEWS:
製造業専用の「エネルギーの見える化ソリューション」
製造設備や製造拠点の電力監視を考慮したエネルギーマネジメントソリューションが登場。エクサのノウハウを生かした業界特化のテンプレートが特徴。(2011/7/5)

製品ディレクトリ/エネルギー管理:
ビルのエネルギーと設備の使用効率を最適化するソフトウエア
日本IBM、2011年6月16日発売(2011/6/16)

スマートグリッド:
計画停電で明らかになった、電力ネットワークの課題と対策
東北関東大震災で原子力発電所をはじめとして多数の発電所が停止したことで、東京電力は大規模な計画停電に踏み切った。電力ピーク需要を抑えるために、スマートグリッド構築を検討すべきだろう。(2011/3/24)

エネルギー技術 スマートグリッド:
スマートグリッド標準化へ、経産省が日本の技術を提案
米国、欧州、中国などがスマートグリッドの標準化に向けた取り組みを進めている。経済産業省の取り組みは、スマートグリッドにおける競争領域と協調領域を見極め、日本が強みを持つ領域を生かしつつ、市場を創設、拡大する狙いがある。(2010/2/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。