ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クイズ王のすごい考え方」最新記事一覧

関連キーワード

クイズ王のすごい考え方:
人気ゴルフ場の朝食が無料のワケ
平日でも大盛況のとあるゴルフ場が、ビュッフェ形式の朝食を無料で提供しています。コースの設計も一流でサービスのレベルも高い人気のゴルフ場が、なぜ朝食の無料サービスまで行うのでしょうか?(2013/1/4)

クイズ王のすごい考え方:
帝国ホテルに学ぶ「2杯目のグラスを置く場所」
帝国ホテルのおもてなしの姿勢は群を抜いています。あるドアマンは常連客約1000人の顔と名前、乗っている車の車種や運転手までも覚えているそうです。そんな究極のサービスを提供する帝国ホテルの、なぜか相手の心をわしづかみにする人の習慣をご紹介しましょう。(2013/1/3)

クイズ王のすごい考え方:
原稿を編集者になくされた赤塚不二夫のひとこと
赤塚不二夫の原稿をなくしてしまった編集者。しかし、翌日には原稿を印刷所に渡さなければなりません。大変な状況にもかかわらず、赤塚不二夫はまったく怒ることなく「ネームがあるからまた描ける」と言い、さらに何と言ったのでしょうか?(2012/12/31)

クイズ王のすごい考え方:
最期の説教の前に、お釈迦さまは何と言ったのか
お釈迦さまの最期の説教を聞こうと、多くの弟子たちが集まってきました。あまりにも多くて、お釈迦さまは話をすることができません。そのとき、お釈迦さまは何と言ったのでしょうか?(2012/12/30)

クイズ王のすごい考え方:
今年のお米のできはどう? とある農家はこう言った
新潟で50年間もお米を作り続けている農家の人に「今年のお米のできはどうですか?」と聞いたときのこと。きっとこの農家の人は感じるままに答えたのでしょうが、それは人生の教訓になるような一言だったのです。(2012/12/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。