ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クイズ王のすごい考え方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クイズ王のすごい考え方」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

クイズ王のすごい考え方:
人気ゴルフ場の朝食が無料のワケ
平日でも大盛況のとあるゴルフ場が、ビュッフェ形式の朝食を無料で提供しています。コースの設計も一流でサービスのレベルも高い人気のゴルフ場が、なぜ朝食の無料サービスまで行うのでしょうか?(2013/1/4)

クイズ王のすごい考え方:
帝国ホテルに学ぶ「2杯目のグラスを置く場所」
帝国ホテルのおもてなしの姿勢は群を抜いています。あるドアマンは常連客約1000人の顔と名前、乗っている車の車種や運転手までも覚えているそうです。そんな究極のサービスを提供する帝国ホテルの、なぜか相手の心をわしづかみにする人の習慣をご紹介しましょう。(2013/1/3)

クイズ王のすごい考え方:
原稿を編集者になくされた赤塚不二夫のひとこと
赤塚不二夫の原稿をなくしてしまった編集者。しかし、翌日には原稿を印刷所に渡さなければなりません。大変な状況にもかかわらず、赤塚不二夫はまったく怒ることなく「ネームがあるからまた描ける」と言い、さらに何と言ったのでしょうか?(2012/12/31)

クイズ王のすごい考え方:
最期の説教の前に、お釈迦さまは何と言ったのか
お釈迦さまの最期の説教を聞こうと、多くの弟子たちが集まってきました。あまりにも多くて、お釈迦さまは話をすることができません。そのとき、お釈迦さまは何と言ったのでしょうか?(2012/12/30)

クイズ王のすごい考え方:
今年のお米のできはどう? とある農家はこう言った
新潟で50年間もお米を作り続けている農家の人に「今年のお米のできはどうですか?」と聞いたときのこと。きっとこの農家の人は感じるままに答えたのでしょうが、それは人生の教訓になるような一言だったのです。(2012/12/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。