ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「懐中電灯」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「懐中電灯」に関する情報が集まったページです。

GWは「みずがめ座イータ流星群」を見てみよう! 特徴と観察のコツ
「5月7日の午前3時頃」が狙い目。(2018/5/3)

「○○光年先の星」ってなんで分かるの? 天体までの距離を測定する「宇宙の距離はしご」
定規では測りようがない宇宙の調べ方。(2018/3/12)

メルマガ購読キャンペーン:
春の新生活応援「ITmedia NEWSアンカーデスクマガジン」購読キャンペーン! 抽選で13名様に「Google Home Mini」や「ブルーエア」の空気清浄機などをプレゼント
メールマガジン「ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン」の購読キャンペーンを実施します。新規登録の方を対象に、抽選で13名様にスマートスピーカー「Google Home Mini」や、Blueair(ブルーエア)の空気清浄機「Blue Pure 411」、モバイルバッテリーなどをプレゼント!(2018/3/2)

「懐中電灯には蓄光テープを」 警視庁警備部災害対策課の今すぐできる防災の知識が好評
ドアノブなどにも。(2018/3/1)

最後に重大発表も飛び出したMA2017決勝戦まとめ――年末恒例「テクノロジーの異種格闘技イベント」2017年の覇者は?
街に年末の喧噪が見え始めた2017年12月16日。東京・日の出桟橋に近い倉庫のようなたたずまいの会場で、開発者が互いにアイデアと技術力で覇を競う開発コンテスト「Mashup Awards 2017」ファイナルステージ(決勝戦)が開催された。全447作品の中から激戦を勝ち抜いた15作品が、賞金と誇りを懸けて挑んだ決勝戦の模様をお伝えする。(2018/2/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
クルマ用バッテリーや懐中電灯も 「Motorola」ブランドの意外な製品
CES 2018の取材後、写真を整理していたところ、とあるメーカーの周辺機器の写真が数多く見つかりました。Motorolaの「M」のロゴの入った製品です。モバイルとは関係ない製品なのに、なぜ?(2018/2/8)

また記録的大寒波 今季一の大雪や寒さ
4日以降、真冬でもそうそうない寒さに。(2018/2/3)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」で家電を音声操作して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はLINEが販売しているスマートスピーカー「Clova WAVE」で、家電を操作するメリットとデメリットについて紹介する。(2018/2/3)

操作性やカメラの実力は? OPPOの日本初スマホ「R11s」レビュー
中国メーカーのOPPOが日本に参入し、第1弾スマホとして「R11s」を投入する。この端末を一足早く試せる機会を得られたので、ファーストインプレッションをお届けする。(2018/1/31)

リュックなどに取り付けできるカラビナ型モバイルバッテリー
フォースメディアは、カラビナ型デザイン筐体を採用した容量6000mAhのモバイルバッテリー「世界登山」を発売する。(2017/12/14)

ロサンゼルスオートショー 2017:
トヨタがアウトドア向け小型SUVを披露、悪路を走った映像をSNSにアップできる
トヨタ自動車は、「ロサンゼルスオートショー」において、小型SUVのコンセプトカー「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」を発表した。(2017/12/4)

これは“ちょいミニ”ランクル? トヨタ、ITと自然に連携できる「遊べる小型SUV」を発表
車載カメラ動画を「その場ですぐアップロード」できる機能などを搭載。新しい休日の過ごし方を提案するコンセプトカー。(2017/12/1)

ポケGOトレーナーのためのiPhone Xレビュー
iPhone Xでは、操作の大幅な変更に加えて「Pokemon GO Plus」の接続不具合もあり、移行をためらっている人も多いのではないだろうか。実際にどうなのか、iPhone 6から機種変更してみた。(2017/11/7)

あるある〜! 猫ちゃんの飼い主さんによくある10のことに思わずうなずく
それ、やったことある……。(2017/11/6)

タオルとレジ袋だけですぐできる 警視庁の公式Twitterが公開した「非常時のオムツ」の作り方を覚えて備えたい
一つの方法として覚えておきたい。(2017/10/13)

手書きで解説 今さら聞けない「Apple Watchでできること」
手書きイラストですぐ分かる「Apple Watch Series 3」。(2017/10/4)

EMMを補完すべき
IT部門が震えるスマホセキュリティの危険な現状、脅威対策は必要か
エンタープライズモビリティ管理(EMM)は重要なセキュリティテクノロジーだが全てをカバーできるわけではない。そこで役立つのがモバイル脅威対策ソフトウェアだ。IT部門はこれを使って問題に対して先手を打てる。(2017/9/20)

パナソニック100周年記念! 「松下幸之助 歴史館」に行ってきた
パナソニックは、2018年に創業100周年を迎える。いち家電メーカーという枠を超え、グローバル企業にまで大きくなったパナソニックだが、最初は小さな会社だった。その歴史を見に大阪府門真市を訪ねた。(2017/9/17)

真夏の夜のVR ステルスホラー「ChainMan」が怖い
涼しくなりたいならバーチャルリアリティで納涼!(2017/8/17)

「パスコードロックをかけない従業員」が災いを招く
iPhone最大のセキュリティリスクは「ダメなユーザー」 徹底したい安全3カ条とは
iOS端末の安全は高い評価を誇るが、警戒すべき“脆弱性”を抱えている。それは、「どのような行動が危険を招くか」を理解していないユーザーの存在だ。(2017/8/10)

山浦恒央の“くみこみ”な話(MONOist10周年特別寄稿):
組み込みソフトがこの10年で変わったこと、変わらないこと
MONOist開設10周年に合わせて、MONOistで記事を執筆していただいている方々からの特別寄稿を掲載していきます。第1弾は、間もなく連載100回を迎える「“くみこみ”な話」を執筆していただいている山浦恒央氏の寄稿です。(2017/8/9)

いざというときに役立ちそう 警視庁「砂ぼこり対策に使える簡易マスクをキッチンペーパーで作る方法」が話題に
キッチンペーパーは、即席ウエットティッシュも作れる身近な防災アイテム。(2017/8/7)

モルダー、あなたフィギュア化されたのよ 「X-ファイル」のモルダー捜査官が可動可能な1/6スケールで登場
どことなく疲れてそうなお顔です。(2017/6/11)

人とくるまのテクノロジー展 2017:
なんだお前も見えるのか、デザインレビューでVRが浸透
SCSKは、「人とくるまのテクノロジー展 2017」に出展し、自動車のデザインレビューにおけるVRの価値を訴求した。(2017/5/31)

小型家電ごみの妖精(やさぐれ系イケメン)が京都市広報誌に登場 リサイクル前後どちらがタイプ?
こんなん届いたら読んじゃう。(2017/5/30)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「IoTで変わるビジネスの本質」
IoTでモノの価値はサービスにシフトしつつあります。その過程をおさらいしつつ、IoT時代のビジネスチャンスの見つけ方についてまとめます。(2017/5/16)

ASUS、「ZenFone 3 」と「ZenPad 8.0」をAndroid 7.0に
ASUS JAPANは、5月15日にSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 3 (ZE520KL/ZE552KL)」とタブレット「ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)」をAndroid 7.0へアップデートした。(2017/5/12)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
ドリンクの色で夜を楽しむLEDランタンスピーカー「PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLE.」
(2017/4/28)

ライトを付けると恐怖画像が…… カプセルトイ「戦慄!! 恐怖のライト」が怖そう
涼しくなりそう?(2017/5/23)

ASUS「ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)」がAndroid 7.0にバージョンアップ
ASUSの「ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)」に対するOSバージョンアップサービスが始まった。Android 7.0にバージョンアップすることで、マルチウインドウ機能やデータセーバー機能などが利用できるようになる。(2017/4/18)

トヨタ、アウトドア特化SUV「TOYOTA FT-4X」公開 サイドミラーに小型カメラ
ルームライトを取り外すと懐中電灯に、ドアハンドルは飲料用ボトルにもなる。(2017/4/14)

大阪から最短30分で行ける廃線ハイキング 「福知山線廃線敷」が最高だった
ちょっとした冒険気分が味わえます。(2017/4/1)

「電車型のセルリアン?」 叡山電鉄の新観光用車両のデザインが斬新過ぎてネット民ざわつく
吸い込まれそう。(2017/3/30)

ドリンクボトルにもなる“ランタンスピーカー”発売――飲み物の色で明かりが変わる
(2017/3/14)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座(番外編):
カメラの祭典「cp+2017」で見つけたiPhone用撮影グッズ
毎年2月、横浜で開かれるカメラと周辺機器のイベント「cp+」。2017年もパシフィコ横浜で開催されたわけですが、iPhone向け撮影グッズが多数あったので、紹介してみようと思う次第です。(2017/3/11)

内田恭子の「いつもそばに本があった」:
旅先で学ぶ、私たちが食べることの意味
旅はいつだって魅力的だ。どこへ行こうかと考えているだけでも楽しくなってしまう。そんな旅先で出会うおいしい食べ物や素敵な人々。そこから私たちが学ぶことはたくさんある。(2017/3/9)

紙をくるっと丸めると光りだす 防災にも便利なスマート懐中電灯「PAPER TORCH」
小さいけれど、すごい紙!(2017/3/7)

覚えておきたい 警視庁が公式Twitterで公開した「ペットボトルと懐中電灯でランタン作成」がお役立ち
なんと2万5000リツイート超え。(2017/3/2)

土日は「今季最強寒波」がピークに 大雪・猛吹雪への警戒を
関東や近畿の北部でも大雪の可能性。(2017/1/13)

仮想キーボードの入力具合はどう?
徹底レビュー:異彩を放つAndroid搭載「YOGA BOOK」、パネルキーボード2-in-1とは
特徴的なキーボード/描画パッドを持つAndroid搭載の「YOGA BOOK」。2-in-1デバイスの中で人目を引くデザインのこの機種の使い心地はどうなのだろうか。(2017/1/8)

“開かない”リスクを排除したスマートロック「AMADAS」
スマートフォンの操作で施錠や解錠が行えるスマートロック。しかし、外出中にスマホのバッテリーが切れてしまったら? そんな課題をスマートに解決した製品が「AMADAS」です。(2016/12/27)

iPhoneのライトを素早くオンにする方法
(2016/12/17)

鳴って光って水も飲める!? スピーカー兼ランタン兼バッテリー兼ボトルが戸惑うほどに多機能
別売りバッテリーの増設でスマホの充電も可能。(2016/12/14)

Samsung、360度無線スピーカーなどミニマルデザインのアクセサリー6種を世界で発売へ
「Galaxy Note7」の販売停止でブランドイメージを落としたSamsung Electronicsが、ミニマルデザインのスマートフォンアクセサリー6種をグローバル市場で発売する。(2016/11/1)

うおっまぶしっ 炒り玉子すら作れる高出力懐中電灯の過剰照射力と熱量を見よ
夜道の散歩にはオーバースペックながら、アウトドアライフには有用。(2016/10/26)

方向音痴な人に朗報:
GoogleマップのAndroid版、“現在向いている方角”表示を▲からビームに変更して精度も表現
GoogleマップのAndroid版がアップデートされ、現在地を示す青い円の方向表示が矢印から懐中電灯のビームのようなものに変わった。ビームの幅が精度を表現し、精度が下がっている場合は端末を8の字回しすると修正できる。(2016/9/21)

台風16号 九州に接近・上陸の恐れ
今夜遅くからあす(20日)未明には、九州に接近・上陸する恐れがあります。(2016/9/19)

台風12号 今年初めて西日本に上陸か
今年初めて台風が西日本付近を進む予想となっています。(2016/9/2)

台風10号 東北のネコも警戒中
「今まで以上に警戒が必要ニャン」(2016/8/27)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「3D肝試し」
今回は、夏にぴったりな、一部の人は大好きなあのアプリを紹介したいと思います。その名も「3D肝試し」。主人公の目線になり廃墟を歩いて探索し、「取りあえず歩き回る」という、まさに本物の肝試しという感じの内容です。(2016/8/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。