ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フラットベッドスキャナ」最新記事一覧

質問!プリンター&スキャナー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプリンター&スキャナー関連の質問をチェック

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第4回):
即戦力の「ドキュメントスキャナ」を利用シーンごとに選んでみた(A3モデル/モバイルモデル編)
紙の書類のデジタルデータ化に欠かせないのが、大量の書類をまとめてセットでき、両面を同時に読み取れる「ドキュメントスキャナ」だ。連載第4回目は、A3対応モデルと、持ち歩きが可能なモバイル対応の製品のおすすめを紹介する。(2015/11/20)

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第3回):
即戦力の「ドキュメントスキャナ」を利用シーンごとに選んでみた(A4据え置きモデル編)
紙の書類を効率よくデジタルデータ化するのに欠かせない「ドキュメントスキャナ」。その選び方を紹介する本連載の第3回目は、A4据え置きタイプのおすすめモデルを紹介する。(2015/11/10)

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第1回):
意外に知らない「ドキュメントスキャナ」の効率アップ機能
紙の書類を効率よくデジタルデータ化するのに欠かせない「ドキュメントスキャナ」。その選び方を紹介する本連載の第1回は、製品の特徴と、法人モデルならではの機能についてチェックする。(2015/7/14)

職場で役立つデジタル化レシピ:
A3、B4の大判書類、スキャナを使ってデータ化するには
A3、B4など、大判サイズの書類がスキャンできずに困ったことはないだろうか。今回は、大判書類を効率よくスキャンする方法をまとめた。スマホアプリを使った方法もある。(2015/7/8)

職場で役立つデジタル化レシピ:
機器ごとに特徴もさまざま 書類をPDFに変換できるデバイスまとめ
「紙の書類をPDFデータに変換する」とひとくちに言っても、実際にはさまざな方法が存在している。今回は、書類をPDFデータに変換するスキャナなどのデバイスについて、それぞれの特徴をまとめてみた。(2015/4/9)

SOHO/中小企業に効く「レーザー/LED複合機」の選び方(第1回):
「レーザー/LED複合機」選びの基本的なポイントとは?
SOHO/中小企業にとって、プリンタに加えてスキャナ、コピー、FAXといった機能をオールインワンで利用できる複合機は頼もしいパートナーだ。そんなレーザー/LED複合機の選び方を紹介する本連載の第1回は、製品選定の基本ポイントをチェックする。(2015/4/1)

インフラ検査・維持管理展:
その源流は光ディスクにあり! パイオニアがテラヘルツ波を使う検査装置を開発
パイオニアは「インフラ検査・維持管理展」に出展し、テラヘルツ波を用いて外壁や金属材料などの検査が行える非破壊検査装置の展示を行った。既に顧客のニーズがあれば製品として出荷することが可能だという。(2014/11/14)

キヤノン、クラウド連携機能を強化したA4フラットベッドスキャナ「CanoScan LiDE 220」
キヤノンは、フラットベッド型スキャナ「CanoScan」シリーズの新モデル「CanoScan LiDE 220」を発表した。(2014/8/28)

NEXX、ドキュメントスキャナのラインアップを一新――計13機種を投入
NEXXは、同社取り扱いのドキュメントスキャナ製品のラインアップのラインアップ改定を発表、新モデル計13機種を発表した。(2014/5/23)

コダックアラリス、フラットベッドも搭載した業務用A3ドキュメントスキャナ「KODAK i3250/i3450」
コダックアラリスジャパンは、オフィス用A3ドキュメントスキャナ「KODAK i3000」シリーズのラインアップにフラットベッド対応モデル「KODAK i3250」「同 i3450」を追加した。(2014/3/13)

3大注目ポイント+αで仕事がはかどる:
PR:“プリンタの達人”はなぜA3インクジェット複合機「MFC-J6970CDW」を選んだか?
低コスト、省スペース、省電力でA3やB4の大きなサイズに対応できるため、昨今はビジネス向けのA3インクジェット複合機がSOHO/中小企業に受けている。各社のプリンタ/複合機を長年評価し続けているテクニカルライター(いわばプリンタの達人)の小川夏樹氏は、その中でもブラザーの最新モデルに注目しているというが、一体なぜだろうか?(2013/11/11)

PFU、窓口業務向きのA6フラットベッドスキャナ「fi-65F」
PFUは、店頭や窓口での本人確認業務に適したA6フラットベッドスキャナ「fi-65F」を発売する。(2013/11/7)

スタパ齋藤突撃インタビュー:
PFU SV600開発秘話・ここだけの話・そしてこれから
7月12日発売されたPFU SV600は、「非破壊型・非接触型スキャナー」として大いに注目を集めた。その開発にまつわる話をスタパ齋藤がズギャッと聞いた。(2013/9/11)

日本HP、A3スキャンにも対応するビジネス向けインクジェット複合機「Officejet 7610」
日本ヒューレット・パッカードは、ビジネス向けとなるA3スキャン対応のインクジェット複合機「HP Officejet 7610」を発売する。(2013/7/19)

それゆけガジェット調査隊:
シリーズ待望! PFUの非破壊ドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」を試す
PFUから登場した“裁断せずに”スキャンできるドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」。注目を集めるこの製品を試した。(2013/7/17)

ScanSnap SV600レビュー:
非破壊型「切らずにスキャン」ScanSnap SV600は本当に「自炊」に使えるか?【後編】
今回はScanSnap SV600の弱点をカバーし、よりパワフルに使いこなすための筆者なりの工夫と、ささやかながら得られた成果を紹介する。(2013/7/17)

ScanSnap SV600レビュー:
非破壊型「切らずにスキャン」ScanSnap SV600は本当に「自炊」に使えるか?【前編】
PFUから書籍や雑誌を裁断しなくても読み取れる、新しいタイプのスキャナScanSnap SV600が7月12日に発売する。発売前からお借りして使ってみた。(2013/7/12)

“非破壊自炊”は脅威となるのか:
裁断せずに自炊したい!! 「ScanSnap SV600」を試してみた
自炊で裁断する必要がなくなったら、図書館やコミックレンタルで借りてきた書籍も自炊できてしまう……? はたして「非破壊自炊」は自炊の常識を覆すのか。iX500との画質比較も。(2013/7/11)

カラー300dpiで毎分60枚/120面読み取り:
コダック、250枚の両面ADFとフラットベッドを搭載したA4ドキュメントスキャナ「Kodak i2900」
コダックは両面ADFとフラットベッドを搭載したA4ドキュメントスキャナ「Kodak i2900」、両面ADFを備えたA3ドキュメントスキャナ「Kodak i3200」を5月1日に発売する。250枚の大容量給紙に対応し、300dpiで毎分50〜60枚(100〜120面)のスキャンが可能な高性能モデルだ。(2013/4/17)

バッテリー駆動で外出先でもプリント、コピー、スキャンが可能に:
PR:ビジネスを加速させるモバイル複合機――「HP Officejet 150 Mobile AiO」実力診断
モバイルIT機器、ワイヤレスブロードバンド通信、クラウドサービスが普及し、時間と場所を選ばないワークスタイルが注目される中、物足りないのはプリント、コピー、スキャンの環境ではないだろうか? 「HP Officejet 150 Mobile AiO」は従来の不可能を可能にする、バッテリー標準搭載のモバイル対応A4インクジェット複合機だ。(2013/2/18)

こんなプリンタが欲しかった!?:
もはやA4複合機だってモバイルの時代――「HP Officejet 150 Mobile AiO」を攻略する
ありそうでなかったモバイル仕様のA4複合機が日本HPから登場。業務の効率改善はもちろん、個人で導入してもこれまでの据え置き型A4複合機にないメリットを生かせそうだ。今回はバッテリーでの利用も含め、その実力をガッツリ検証する。(2013/2/6)

エプソン、A3+対応の高画質フラットベッドスキャナ「ES-G11000」
エプソンは、A3+対応フラットベッドスキャナの新モデル「ES-G11000」を発表した。(2013/1/23)

エプソン、クラウド連携機能も備えたA4フラットベッドスキャナ「GT-F740」など2モデル
エプソンは、A4判対応のフラットベッド型スキャナ2製品「GT-S640」「GT-F740」を発表。スキャン画像をクラウドサーバにアップできるユーティリティを付属した。(2012/10/4)

仕事耕具:
コストとダウンタイムの削減に効果あり、「事務機のセルフメンテ」って知ってる?
多くの人は業者にまかせっきりなオフィス機器のメンテナンス。そんな中、デスク上に設置するような小型のプリンタやドキュメントスキャナの中には、ユーザー自身が保守、点検できるセルフメンテナンス対応の機種が最近増えつつある。(2012/9/24)

仕事耕具:
ブラザーのモバイルスキャナを試す、見た目はシンプルだが実力は?
プリンタや複合機を販売するブラザーが、ドキュメントスキャナ市場に参入した。その参入第1弾モデルとなるシートフィード型モバイルスキャナ「MDS-600」と「MDS-700W」のレビューをお届けする。(2012/8/8)

Ultrabookのお供にも:
“ペーパーレス化”を加速させるモバイルスキャナ――エプソン「DS-30」実力診断
卓上スキャナでせっせと紙文書の電子化を進めても、外出して帰ってくるとカタログやらフライヤーやら、手元に紙が増えていたりする。いっそ、モバイル環境でもペーパーレス化を進めてみては?(2012/7/19)

モノクロ300dpiで25枚/分、75枚給紙の卓上型も:
エプソン、約325グラムのクラス最軽量モバイルスキャナ「DS-30」
エプソンはA4ドキュメントスキャナの新機種として、モバイルタイプの「DS-30」と卓上タイプの「ES-D350」を5月25日から順次発売する。(2012/5/15)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
カリフォルニア州ナパバレーで“ワイントレイン”に乗った
成田からデルタ航空でアメリカ西海岸のサンフランシスコへ。そこからはフェリーを利用し、ワインの産地ナパバレーを目指す。今回の旅の目的はただ1つ──世界中の旅行者を魅了してやまない観光列車、ワイントレインに乗ることだった。(2012/5/8)

仕事耕具:
iPad専用スキャナ「iスキャミル」にみる最新ポータブルスキャナ事情
iPadを接続して使うドッキングスキャナ「iスキャミル」。このiスキャミルを使いながら、最新のポータブルスキャナのトレンドや、製品選びのポイントについて見ていこう。(2012/2/2)

PFU、スキャン速度を1.5倍に高めた業務用ドキュメントスキャナ「fi-6140Z」など4モデル
PFUは、業務用イメージスキャナ「fi」シリーズの新モデル計4製品を発表。いずれも従来モデルをベースにスキャン速度を高速化した。(2011/12/5)

脱ガンジガラメの働き方:
ビジネスホテルでの短期滞在という「準ノマドワーク」(紙の入出力+自炊編)
1週間単位でビジネスホテルに短期滞在し、仕事をこなすことの多い筆者。準ノマドワークとでも呼ぶべきこの作業環境を構築するためのTipsを、何回かに分けて紹介する。今回は「紙の入出力編」。(2011/9/7)

カラー毎分25枚+ダブらんスキャン+新デザイン:
PR:これはドキュメントスキャナの“省スペース革命”だ!――キヤノン「imageFORMULA DR-C125」徹底検証
机上でコンパクトに設置できる小型のドキュメントスキャナが受けているが、実際に使う場合は、周囲を片付けて、排紙トレイをグイッと手前に伸ばして……と、意外に手間がかかり、文書の電子化がそのうち面倒になってしまうことも少なくない。すべてのドキュメントスキャナが持つこの課題に対して、キヤノンが1つの回答を出してきた。その驚くべき内容とは?(2011/6/8)

ローランドDG、厚さ10センチまでの立体物に“直接印刷”可能な業務用UVプリンタ「LEF-12」
ローランド ディー. ジー.は、立体物への直接印刷が可能なUV-LEDインクジェットプリンタ「VersaUV LEF-12」を発表した。(2011/5/24)

オーグ、約2.5秒でA3スキャンが可能な高速A3スキャナー「OpticPro A360」
オーグは、台湾Plustek製となるA3対応フラットベッドスキャナー「OpticPro A360」の取り扱いを開始する。(2011/3/30)

コダック、オフィス向けA4ドキュメントスキャナ「i2000」シリーズ3製品
コダックは、高速スキャンに対応したオフィス向けA4ドキュメントスキャナ「i2000」シリーズ計3製品を発表した。(2011/3/2)

青山祐介のデザインなしでは語れない『特別編』:
PR:ボディが美しすぎる「HP ENVY100」か、多彩な機能を誇る「HP Photosmart Premium C310c」か――“ネットにつながる”複合機の魅力
日本ヒューレット・パッカードが投入した家庭向けインクジェットプリンタの2010年秋冬モデルは、“ネットとつながる”新しいタイプの複合機として話題を呼んでいる。その中でもとりわけ目立つ存在が、スリムなボディデザインを徹底して追求したモデル「HP ENVY100」と、大画面のタッチスクリーン液晶モニタを備えた多機能なモデル「HP Photosmart Premium C310c」だ。早速、それぞれの魅力を見ていこう。(2010/12/22)

キヤノン、実売約1万円の薄型フラットベッドスキャナ「CanoScan LiDE 210」
キヤノンは、薄型筐体採用のフラットベッドスキャナ「CanoScan LiDE」シリーズ新モデル「CanoScan LiDE 210」を発売する。(2010/8/30)

電子書籍「自炊」完全マニュアル:
動画と写真で確認する――裁断&スキャンのコツ(裁断編)
書籍を「裁断→スキャン」してデジタルデータ化する行為を、俗に「自炊」と呼ぶ。この「自炊」のノウハウや細かいTipsを紹介する短期連載。第2回となる今回は、実際に裁断のステップを動画と写真を交えて説明しよう。(2010/6/9)

エプソン、実売4万円台半ばのA4シートフィードスキャナ 高速25ppmの「ES-D200」
エプソンが実売4万円台半ばのA4シートフィードスキャナ「ES-D200」を投入。PFU「ScanSnap」の独壇場になっている成長市場に本格参入する。(2010/6/4)

仕事耕具:
エプソンがドキュメントスキャナのエントリーモデル、毎分25枚で4万円台中盤
エプソンは、A4ドキュメントスキャナ「ES-D200」を発売する。2009年12月に発売した「ES-D400」のエントリーモデル。A4用紙の読み取り速度は毎分25枚。(2010/6/3)

仕事耕具:
HP、“1枚2.24円”でコスト削減のA4カラーレーザー複合機
日本HPのビジネス向けA4カラーレーザー複合機「HP Color LaserJet CM3530 MFPシリーズ」は、モノクロ印刷時のランニングコストを抑えたモデル。カラー出力制限機能を備えた管理ソフトと組み合わせて、プリンティングコストを削減できるという。(2009/2/19)

格安A3対応インクジェット複合機の衝撃――JUSTIO「MFC-6490CN」(前編)
2008年にリリースされた複合機で最も筆者の記憶に残っているのは、ブラザー工業のJUSTIO「MFC-6490CN」だ。A3対応で実売5万円を切るというその強烈な個性は「2008年度のベストインパクト複合機」と呼ぶにふさわしい。(2009/2/5)

仕事耕具:
ADFにFAXも デル、1万円台のカラーインクジェット複合機
デルは、カラープリント、コピー、スキャン、ファックス機能が付いたインクジェット複合機「オールインワンプリンタ V505/V505w」を発売する。ADF(自動原稿送り装置)を搭載しており、連続コピーやファックスが可能だ。(2008/12/1)

仕事耕具:
エプソンがビジネス向けドキュメントスキャナ参入、毎分40枚読み取り
セイコーエプソンは、ADF搭載のドキュメントスキャナ「ES-D400」を発表した。読み取り速度は、A4用紙(200dpi)で毎分40枚。「45万回のスキャンができる耐久性が売りだ」という。(2008/11/5)

ドキュメントスキャンの新機軸:
ADF搭載フラットベッドスキャナ「GT-D1000」を使い倒す
エプソンの「GT-D1000」は、A4フラットベッドスキャナながらADFを標準装備した製品だ。LED光源の採用も相まって、ドキュメントを高速に読み込める。(2008/10/8)

PR:文具王のScanSnap&iPhone活用術
文具ハックの達人――高畑正幸氏は、デジタルデータ&デジタルガジェットの達人でもある。ScanSnapとMacを使い、あらゆるデータをデジタル化。それをiPhoneに入れ、ユビキタスに使いこなす文具王のデジタルデータ活用術とは。(2008/9/17)

仕事耕具:
8000円台でカラープリント、コピー、スキャン デルのインクジェット複合機
デルはスモールオフィスやSOHO向けのインクジェット複合機「V305」「V105」を発売した。それぞれ1万2800円、8980円の低価格で、カラープリント、コピー、スキャンができる。(2008/7/3)

仕事耕具:
前後に2台のPCを接続 9000円台のインクジェット複合機
レックスマーク インターナショナルは、低価格インクジェット複合機2機種を発売する。「X4650」は無線LAN接続に対応し、「X3650」は本体の前後にUSBポートを備えており2台のPCを接続できる。(2008/6/18)

エプソン、ビジネス向けのA3フラットベッドスキャナ「ES-H7200」
セイコーエプソンは、A3対応のフラットベッド型スキャナ「ES-H7200」を発表した。(2008/6/3)

仕事耕具:
セイコーエプソンからADF搭載の個人向けドキュメントスキャナ
セイコーエプソンは、ADF搭載のドキュメントスキャナ「GT-D1000」を発表した。「文字くっきり機能」などを搭載し、オフィス文書の視認性が向上するという。(2008/5/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。