ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Focus on People」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Focus on People」に関する情報が集まったページです。

Focus on People:
次世代のFirefoxがもたらす「Webの民主化」と「Super Power」
Mozilla Labsのエイザ・ラスキンと、Mozilla Corporationのクリス・ブリザード。Mozillaの至宝ともいえるこの2人が、Jetpackの紹介にはじまり、未来のブラウザ像を想起させるアイデアまでつまびらかに語った。(2009/11/25)

Focus on People:
Mozilla Labの至宝が語る未来のFirefox
Mozilla LabでユーザーエクスペリエンスのリードとしてUbiquityを初めとするさまざまなプロジェクトを担当するエイザ・ラスキン。ユーザーインタフェース研究の第一人者として知られる彼が未来のFirefoxについてjune29に語った。(2008/12/2)

日曜日の歴史探検:
“キー坊”にならなかったHappy Hacking Keyboard
キーボードにある「Scr Lock」キー。何のために使うか知ってます? 必要最小限のキーとキーバインドで最大の効果を得ようとした男が15年ほど前のキーボード業界を大きく揺るがしました。今回は、キーボードの未来を切り開いた男、和田英一の物語です。(2008/11/23)

Focus on People:
リチャード・ストールマン氏、GNUプロジェクトの25年を振り返る
GNUプロジェクトの発足から25年が経過した。四半世紀という年月ではあるが、この間、フリーソフトウェア運動は哲学的・政治的な意見や戦略を大きくは変えず、むしろ研ぎ澄ました。ストールマン氏の瞳には何が映し出されているのだろうか。本人のインタビューを交えてお届けしよう。(2008/10/2)

Focus on People:
ブラッド・ノイベルクとGoogle Gearsが描くWebの未来
「思いも寄らないようなことをブラウザにさせたい」――Google Gearsの開発推進役であるブラッド・ノイベルク氏は今、Webの未来を見据えてそこに更新メカニズムを与えようとしている。(2008/5/15)

Focus on People:
Mozilla Labsのトップが語る次世代ブラウザの姿
「ユーザー体験」「Webプラットフォームの拡張」――この2つのテーマに注力するMozilla Labs。Mozilla Labsのクリストファー・ビアード氏とamachangがMozilla Labsが見据える新時代のブラウザについて言葉を交わした。(2008/3/5)

Focus on People:
もっと参加しやすいコミュニティーに――Fedoraの新議長が語る
「コミュニティーにとって障壁となるものを取り除きたい」。新任のFedora議長であるポール・フリールド氏はこう話す。在任中に実現したいFedoraプロジェクトの目標について聞いた。(2008/2/29)

Focus on People:
エバンジェリストの語るMozillaに秘められたユーザー擁護の“歴史的な好機”
Mozillaエバンジェリストであるクリス・ブリザード氏に、Mozillaの過去と現在と未来に関して同氏の抱く考えおよび、FirefoxとThunderbirdを成功に導いた原動力について話を聞いた。(2008/2/29)

Focus on People:
Sunによるソースコードの公開から1年――Javaコミュニティーの動向
SunからJavaのソースコードが公開されて1年が過ぎたが、その後の経過はどのようなものだろうか? フリーJavaコミュニティーの中枢部で活動している開発者に、その現状を聞いた。(2007/12/17)

オープンソース化に満足?――Javaの父ゴスリング氏に聞く(後編)
Java言語の優位性、JVMへの課題、次世代の言語には何が必要なのか? ゴスリング氏は、プログラム言語に関するさまざまな見解を、インタビューで語った。 (2007/5/22)

Google幹部ディボナ氏が語る「Googleとオープンソース」
米Googleでオープンソースマネジャーのクリス・ディボナ氏は、eWEEKの取材に対し、GPLv3登場のインパクト、Microsoftへの強硬姿勢などを含め多くの見解を語った。(2007/5/21)

オープンソース化に満足?――Javaの父ゴスリング氏に聞く
なぜSunはJavaFX Scriptを作ったのか? Sunのゴスリング氏はJavaにまつわる質問に答え、「防壁を築き、石を投げ合って」いるオープンソースコミュニティーの状況についても語った。(2007/5/16)

Focus on People:
Red Hatのマーク・コックス氏、セキュリティについて語る
Red Hatのセキュリティ対応チームのディレクターであるマーク・コックスが、普段あまり表に出ることのないLinuxのセキュリティ動向や、誰が脆弱性を発見するのか、重要度はどのように判定されるのか、セキュリティの問題を最小限に抑えるために何が行われているのかを赤裸々に語った。(2007/5/14)

Focus on People:
Debianプロジェクトの新リーダーSam Hocevar氏に対する初インタビュー
7名の対立候補を下して新たなDebian Project Leader(DPL)に選出されたSam Hocevar氏。同氏がこれから直面するであろう各種の課題についてどう取り組むつもりであるのかを質問してみた。(2007/5/6)

Focus on People:
まつもとゆきひろ――第2回:Rubyを開発するということ
周囲がまつもと氏のまれたぐいまれなプログラミング言語アーキテクトとしての才能に気づき、まつもとがそれに専念できるような体制が自然に形作られつつある――Rubyはいま、そういう状況にあるように見える。今回は、Rubyの開発におけるまつもと氏の考えに迫る。(2006/12/28)

Focus on People:
まつもとゆきひろ――第1回:オープンソースという「お仕事」
オープンソースソフトウェアの開発にかかわっている人のインタビューをシリーズでお届けする「Open Source People」。記念すべき第1回はMatzのニックネームでも知られるまつもとゆきひろ氏の「人となり」に迫る。(2006/12/22)

Focus on People:
2人の「お婆さんハッカー」にインタビュー(後編)
自他ともに認める実績を持ち、16年間、国家安全保障局に務めたベッキー・ベースさんは、自らを生まれながらのギークと語る。しかし、やはりその人生の節々で彼女をギークたらしめる出来事が起こっていた。(2006/9/8)

Focus on People:
2人の「お婆さんハッカー」にインタビュー(前編)
わたしが出会った中でも最も注目すべき2人――たぶん「お婆さんハッカー」と呼んでも差し支えないだろう――からは、その素養もさることながら、環境が彼女らのハッカー人生に大きな影響を与えたことがうかがえる。前編では、カリフォルニア州出身の奇才、テリー・ギルバートさんに話を聞く。(2006/9/8)

Focus on People:
Fedora Projectの理事会議長は未来志向
Fedora Projectの理事会Fedora Boardの議長であるマックス・スペバック氏に、Fedora Projectの現状と、向かおうとしている方向性について聞いた。(2006/5/22)

Focus on People:
Sun CEO、Javaオープンソース化について語る
「Javaオープンソース化の影響については心配していない。マイナス面よりもメリットと機会の方が多い」とSunのシュワルツCEOは前向きな意見を述べた。(2006/5/17)

Focus on People:
次期Debianプロジェクトリーダー、アンソニー・タウンズ氏に聞く
Debianプラットフォームを「バイタリティ、リクルーティング、ディレクション」という3つの言葉でまとめたのは、今回新たにDebian Projectのリーダーに就任したアンソニー・タウンズ氏。同氏に向こう1年間の抱負を聞いた。(2006/4/13)

Focus on People:
OpenBSDのシャオ・デ・ラード氏に聞く
OpenBSDの最新バージョン3.9が間もなくリリースされる。新バージョンではどのような改良が加えられたのか。また、フリーソフトウェアを利用して利益を上げるばかりで何ら貢献しようとしない企業について、同プロジェクトのリーダーに聞いた。(2006/3/31)

Focus on People:
Gartnerのマーク・ドライバー氏に聞く
Gartnerの副社長兼リサーチ・ディレクターのマーク・ドライバー氏にIT部門におけるオープンソースソフトウェアについて聞いた。(2006/1/17)

Focus on People:
Javaプロジェクトを立ち上げたルーベル氏、Restletの優位性について語る
JavaプラットフォームでRESTアーキテクチャスタイルをサポートする、「Restlet Project」を立ち上げたジェローム・ルーベル氏に、その特徴や優れている点、現在の開発状況などを聞く。(2006/1/10)

Focus on People:
OpenOffice.org 2.0について、2人のマネージャーに聞く
全面的に改良された新バージョンOpenOffice.org 2.0がいよいよリリースされる。コミュニティー・マネージャーLouis Suarez-Pottsとリリース・マネージャーMartin Hollmichelに前版との違いについて聞いた。(2005/5/11)

Focus on People:
EJBスペックリード、デミケル氏が語るJava
SunでEJBの権威、スペックリードを担うJ2EEエンジニアのリンダ・デミケル氏。EJB 3.0で目標とされたEoD、メタデータ利用の背景、技術革新のスピード見解についてをインタビューした。(2005/3/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。