ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「知っておきたいASEAN事情」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「知っておきたいASEAN事情」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「いま知っておくべき中国の製造業事情
・連載「変わりゆく中国の日系製造業
・連載「情報システムから見た海外生産シフト
・連載「グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント

知っておきたいASEAN事情(24):
ASEANで高まる中国の存在感
実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は中国とASEANの密接な関係をいくつかの具体的な事例を含めて紹介する。(2015/3/5)

知っておきたいASEAN事情(23):
失速しない中国で製造業は何をすべきか
実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は周辺国に大きな影響を与えている中国でどのようなことに気を付けて事業計画を進めていくべきかという点について解説します。(2015/1/9)

知っておきたいASEAN事情(22):
変わる中国の現状とASEANとの関係
実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は周辺国に大きな影響を与えている中国の現状について、ASEANへの影響という視点で製造業事情に詳しい筆者が解説する。(2014/11/7)

知っておきたいASEAN事情(21):
8年ぶり19回目――クーデターに慣れるタイ、タイ国軍の正体は政党!?
軍事クーデターによる政変の影響を受けるタイ。製造業が多く進出しASEANのハブ的な役割を担うタイは今後どのような変化を遂げるのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/9/9)

知っておきたいASEAN事情(20):
インドネシアの3つのカントリーリスクを洗い出す
日系企業の進出ラッシュに沸くインドネシア。しかし、インドネシアにも数多くのカントリーリスクが潜む。インドネシア進出企業が気を付けるべき3つのリスクとは? ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/7/22)

知っておきたいASEAN事情(19):
日系企業進出ラッシュに沸くインドネシア、ポイントは「ハラールビジネス」
日系企業の進出ラッシュに沸くインドネシア。製造業をはじめとする多くの国が新たな拠点設立などを進めているが成功のカギはどこにあるのだろうか。キーワードとして浮上するのが「ハラールビジネス」だ。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/5/16)

知っておきたいASEAN事情(18):
タイプラスワン戦略におけるミャンマー、“期待先行”はチャンスかリスクか!?
ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、外資系企業の進出が加速するミャンマーは新たな選択肢となり得るのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/3/11)

知っておきたいASEAN事情(17):
タイプラスワン戦略におけるベトナム、職住近接の豊富な労働力はリスクを覆うか
ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、9000万人の大規模市場を抱えるベトナムに期待が集まる。しかしベトナムにはまだまだリスク要因が多いという。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/1/10)

知っておきたいASEAN事情(16):
タイプラスワン戦略におけるラオス、魅力を生み出す「ラーオ語」の価値とは?
ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、タイからの移転先として親和性が高いのがラオスだ。製造業の生産拠点先として決して恵まれた環境ではないラオスだが、タイからの技術移転を考えた場合には圧倒的に有利な点があるという。ラオスにはどういう価値があり、またどういうリスクがあるのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2013/11/7)

製造マネジメントニュース:
日本企業のASEAN、中国への進出が引き続き増加――IDC調査
ASEAN、中国への進出強化と体制構築は今後もさらに増加する見込みだ。IT調査会社のIDCは海外ITサービス支出について調査を発表。日本企業が、ASEAN、中国への進出と体制構築を進める傾向は今後もさらに強まる見込みだ。(2013/9/11)

知っておきたいASEAN事情(15):
タイプラスワン戦略におけるカンボジア、「残された楽園」に潜む可能性と危険性
ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、注目度が高まっているのがカンボジアだ。製造業の新たな拠点進出先としてのカンボジアはどういう価値を秘め、どういうリスクを抱えているのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2013/9/5)

製造マネジメントニュース:
「タイプラスワン」拠点、進出企業の3分の1が既に設立済み
バンコク日本人商工会議所が発表した2013年上期の「タイ国日系企業景気動向調査」によると、タイから周辺国に生産拠点を分散・補完する「タイプラスワン」拠点を設立する動きが、拡大しているという。(2013/8/6)

知っておきたいASEAN事情(14):
チャイナプラスワンだけじゃない! 「タイプラスワン戦略」をご存じですか?
チャイナプラスワン戦略の中、新たな中核拠点としてASEANが注目を浴び、特にタイへの進出などが目立つが、タイでは既に「タイプラスワン」の動きが出始めているという。なぜ今「タイプラスワン」が進むのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2013/7/16)

最後のフロンティア「アフリカ」(前編):
アフリカは日系製造業にとってはまだ暗黒大陸なのか
豊かな資源に支えられ経済成長を遂げるアフリカ。今後の主力消費地および製造地を担う「最後のフロンティア」として注目が集まる一方で、日系企業の動きは他国に比べて鈍い。アフリカ経済の現状と日系企業の動向について、日本貿易振興機構の高崎早和香氏に聞いた。(2013/7/12)

タイから見た製造業の今(4):
人口ボーナスなどで期待膨らむインドネシア、生産効率の敵は“3毛作思考”?
早くから製造拠点として日系企業が進出してきたインドネシアだが、現在は人口増加や中産層の成長などで、再び各社が生産能力を拡大する動きが目立ってきた。タイ駐在の藤井氏による本連載だが、今回はインドネシアに出向き現地の状況を紹介する。(2013/7/3)

製造マネジメントニュース 工場投資フラッシュ:
新規工場建設はASEANが中心!? ライン増設など国内投資も回復傾向
株価の乱高下など、景況は不透明な状況が続くが、安倍政権発足以降、企業活動は活発さが増してきた。活性化の動きは新たな設備投資につながっているのだろうか。2013年6月の工場投資に関する発表を振り返ってみた。(2013/6/26)

知っておきたいASEAN事情(13):
チャイナプラスワン戦略におけるインドネシアとマレーシアの「チャンスとリスク」
同じ民族ルーツを持つ国、インドネシアとマレーシア。両国間には宗教や言語など多くの共通事項があるが、人口規模や時価総額上位企業など異なる点も見られる。チャイナプラスワン戦略における両国の「チャンスとリスク」とは?(2013/4/30)

知っておきたいASEAN事情(12):
チャイナプラスワン戦略におけるタイ、変化の兆しが
安価な生産力に加えて国内経済の成長も確かなタイ。チャイナ・プラスワン戦略の要として注目を浴びている。しかし、2013年に入って労働集約型製造業からの脱皮が明らかになるなど変化の兆しが見えてきた。(2013/2/7)

知っておきたいASEAN事情(11):
ベトナムは「チャイナプラスワン戦略」の選択肢なのか
巨大な市場や成長性を見込んで中国に進出したものの、中国特有のリスクに悩まされる日本企業。そこで、中国に軸足を残したまま、周辺諸国にも足を伸ばす「チャイナ・プラスワン戦略」が魅力的に見えてくる。では、どの国を選ぶのか。(2012/12/17)

知っておきたいASEAN事情(10):
繊維産業の進出が進む親日国ミャンマー、国内消費の動向は?
ASEAN地域の中でも経済発展で後れを取るミャンマー。日本の資本が進出し始めている一方で、国内市場の構造はまだまだ。親日国ミャンマーの今後を占う。(2012/9/14)

「製造マネジメント」ランキング:
災害後に知った「いざというときに本当に必要だったこと」
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は、2012年6月15〜30日です。(2012/7/9)

知っておきたいASEAN事情(9):
生産拠点としてベトナムのポテンシャルは?
GDP急成長の勢いは本物? ベトナムの生産拠点としての可能性、「賢いベトナム人」の労働者気質やインフラの状況を知ろう。(2012/6/26)

知っておきたいASEAN事情(8):
洪水が明けて――今年の雨季をタイ現地企業はどう乗り越えるか?
2011年の製造業界にとって大きな試練の1つとなったタイの洪水被害。被害は終息したものの、今年も雨季が近付く。現地企業の動向をレポートする。(2012/6/19)

知っておきたいASEAN事情(7):
国境を越えて通勤するマレーシアの人々
ASEAN域内で最も経済的に発展しているシンガポール。小国土の中で経済成長を遂げるための政策や周辺国との関係を見ていきます。(2012/2/17)

知っておきたいASEAN事情(6):
労働力輸出大国フィリピン、豊富な人材を生かせるか
米軍撤退後の国内市場に課題を持つフィリピン。語学力のアドバンテージを生かした労働力輸出大国の可能性を探る。(2012/1/11)

知っておきたいASEAN事情(5):
緊急寄稿:洪水被害のタイ・バンコクのいまとこれから
日系企業が多数進出しているタイで発生した洪水。連載「知っておきたいASEAN事情」の著者・栗田氏が現地の状況をレポート。(2011/11/2)

知っておきたいASEAN事情(4):
“東南アジアの大国”インドネシア国内市場の成長は本物?
リーマンショックの影響も少なく安定して成長を続けるインドネシア。2億超の国内市場は魅力的だが、近年、成長のエンジンが変質しつつある。この国を拠点とする際のカントリーリスクとは?(2011/10/12)

知っておきたいASEAN事情(3):
「東南アジアの中流階級国家」マレーシアの産業と拠点としての価値
マハティール時代から産業育成に注力してきたマレーシア。歴史的・文化的にも特異なポジションのマレーシアは、モノづくりの拠点に適している?(2011/9/13)

知っておきたいASEAN事情(2):
ASEANの自動車産業大国 “ほほえみの国”タイのカントリーリスク
日本企業のアジア拠点として人気のあるタイ。自動車産業を数多く受け入れてきた同国も経済成長とともに変容を遂げている。(2011/7/28)

知っておきたいASEAN事情(1):
再び注目を集める生産拠点としてのASEAN
製造拠点として注目され続けてきた東南アジア地域。地理的に近いとはいえ、それぞれのお国事情、現地スタッフの持つ風土文化は異なります。マレーシアに身を置く筆者が現地事情をレポートします。(2011/5/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。