ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「製造ITニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の「製造ITニュース」最新記事一覧です。

製造ITニュース:
AIで文書要約などを自動化、Webで要素技術の体験も
図研プリサイトは、同社のAI実装フルオート型ナレッジ活用ソリューション「Knowledge Explorer」に実装された技術や開発中の技術の一部を、2019年1月15日から特設Webページ「ナレッジラボ」で公開する。(2019/1/22)

製造ITニュース:
量子コンピュータって実際のところ何? NECもアニーリングに注力
NECは2019年1月16日、報道陣を対象として量子コンピュータに関する勉強会を開催し、同社が注力する超伝導パラメトロン素子を活用した量子アニーリングマシンの特徴と優位性を訴求した。同社は同マシンについて2023年の実用化を目指す方針だ。(2019/1/21)

製造ITニュース:
経産省など、プラットフォーマーに対応したルール整備の方針を発表
経済産業省、公正取引委員会および総務省は「デジタル・プラットフォーマー型ビジネスの台頭に対応したルール整備の基本原則」を策定したと発表した。(2019/1/18)

製造ITニュース:
BOMと3Dデータを融合させた技術コンテンツサービスを提供開始
図研プリサイトとダイテックは、BOMと3Dデータを融合させた技術コンテンツ作成サービスの提供を開始した。分かりやすい動画マニュアルや発注機能を備えるWebのパーツカタログなどを作成し、製造業業務のさらなる効率化、高度化に貢献する。(2019/1/17)

製造ITニュース:
PCa部材の生産管理システムを開発、第1弾として出荷工程管理システムを導入
三井住友建設は、IoTを活用した、プレキャスト(PCa)部材の生産管理システム「PATRAC」の開発を開始した。第1弾として、出荷工程管理システム「PATRAC-DL」をPCa製造工場に導入した。(2019/1/15)

製造ITニュース:
建設機械2台の遠隔連携作業に成功、5G活用で
NEC、KDDI、大林組は、次世代移動通信システム「5G」を活用し、2台の建設機械を遠隔操作によって連携させ、土砂を運搬することに成功した。(2019/1/10)

製造ITニュース:
製造ERP会社を買収、中小製造業に「3DEXPERIENCE」を展開へ
Dassault Systemesは、アメリカのIQMSの買収に向けて取引を開始した。買収により、ダッソーの「3DEXPERIENCE Platform」を中小製造業向けに展開する。(2019/1/9)

製造ITニュース:
太陽センサー付きビーコンでピッキング作業の効率化を実現
富士通フロンテックと富士通アドバンストエンジニアリングは、太陽電池センサー付きビーコンやセンサープラットフォームを活用して、工場内ピッキング作業者の動線を分析するソリューションの実証実験を実施した。(2019/1/4)

製造ITニュース:
2019年のITで注目集まる技術や市場トレンドが発表
IDC Japanは、2019年の国内IT市場において鍵となる、技術や市場トレンドなど主要10項目を発表した。ITサプライヤーに焦点を当て、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代にどのような自己変革を行うべきかをまとめている。(2018/12/27)

製造ITニュース:
日立、調達システムを自社ノウハウと組み合わせて発売
日立製作所は、JAGGAERのS2C(Source to Contract)アプリケーションについて、販売代理店契約を締結した。同アプリケーションと日立の導入支援サービスを組み合わせ、「TWX-21 Source to Contractサービス」として販売を開始した。(2018/12/26)

製造ITニュース:
不良品判定を90%自動化、半導体工場向け画像検査AIで協業
アドダイスは、AJSと半導体工場向けのHORUS AI専用バージョン「HORUS AI for SemiCon-EX」クラウドサービスの国内展開に関する協業を開始する。新規顧客獲得のためのプロモーションおよび営業活動を共同で行う。(2018/12/25)

製造ITニュース:
画像認識で機器メーターを読み取る機能を追加、設備保守業務を効率化
コネクシオは、IoTシステムの構築を支援する「Smart Ready IoTソリューションテンプレート」のメニューに、メーター読み取り機能を追加した。既設の設備や機器メーター類からデータを取得し、可視化する。(2018/12/18)

製造ITニュース:
産業接続プラットフォーム最新版を発表、接続機能やセキュリティを改良
PTCは、産業接続プラットフォームの最新版「KEPServerEX バージョン6.6」を発表した。新たに「EUROMAP 63ドライバー」を追加し、射出成形機(IMM)への接続機能を改良した。(2018/12/17)

製造ITニュース:
AIを活用したOCRを発売、準定型帳票にも対応
PFUは、AIを活用した次世代OCRソフトウェア「DynaEye 10」を発売した。準定型帳票のOCRに対応する他、OCRノイズ除去機能やAIによるレイアウト学習機能を備え、データエントリー業務を効率化する。(2018/12/10)

製造ITニュース:
部品在庫の適正化や行動推定など、AI分析サービスを提供開始
東芝デジタルソリューションズは、同社のAI技術を活用し、目的ごとに特化させたAI分析サービス「SATLYSKATA 保守部品在庫最適化」および「SATLYSKATA 作業行動推定」の提供を開始した。(2018/12/5)

製造ITニュース:
生産現場を「見える化」し、稼働率向上を支援する工場向けIoTサービス
NTT東日本は、生産現場を「見える化」する「工場向けIoTパッケージ」を発表した。機械の稼働データを蓄積するデバイスやIoTセキュリティ機能、運用サポートなどがセットになっており、IT専任者の確保が困難な中小工場でも利用可能だ。(2018/12/4)

製造ITニュース:
AIプロジェクトの大半は専門家の“魔法”であり続ける――ガートナーの展望
ガートナー ジャパンは、IT部門とユーザーに大きな影響を与える、2019年以降に向けた重要な展望を発表した。(2018/12/3)

製造ITニュース:
オープンAPIを活用、産業横断イノベーションの研究会が発足
NECは、企業間で安全にデータ連携するオープンAPIを活用した産業横断イノベーションの研究会「API Economy Initiative」を発足した。第1弾として、「One Stop Serviceワーキンググループ」と「Digital KYCワーキンググループ」を設置する。(2018/11/28)

製造ITニュース:
HTML5ベースで描画速度が向上、BIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、BI(ビシネスインテリジェンス)ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.6.0」を、2018年12月6日に発売する。HTML5ベースで開発し、従来のFlashと比較して、描画パフォーマンスが向上した。(2018/11/27)

製造ITニュース:
セキュリティ研究機関と連携したOTセキュリティサービス
NECは、制御システムセキュリティセンターと連携した産業制御システム向けのセキュリティリスクアセスメントサービスの提供を開始した。国内外のセキュリティ標準を用いて網羅的なセキュリティ評価を実施する。(2018/11/26)

製造ITニュース:
設備の点検保全をモバイルで、現場支援ソリューション
東芝デジタルソリューションズは、設備点検や保全業務など、設備に関する現場業務をモバイル端末に集約する現場業務支援ソリューション「Meister Digital Field Work」の提供を開始した。(2018/11/22)

製造ITニュース:
プライベート環境でよりセキュアに、デジタル図面クラウドサービスに新商品
OKIは、自社内で機密性の高い図面の保管・運用環境を求めるユーザー向けに、プライベート環境で利用可能なソフトウェア「TerioCloud Private」を発売した。(2018/11/22)

製造ITニュース:
食品製造業向け原価管理システムに生産、発注計画機能を追加
富士通九州システムズは、同社の食品製造業向け原価管理ソリューション「QsConnect原価」に生産計画および発注計画機能を追加した。生産計画から所要量計算、発注業務、実際原価計算までをシステム化し、生産業務全般をサポートする。(2018/11/19)

製造ITニュース:
事業戦略策定とサプライチェーン変革を支援、AIで需要変動予測も
SAPジャパンは、「SAP Integrated Business Planning」の機能拡張を発表した。「SAP Ariba」ソリューションによるサプライヤーネットワークでのコラボレーション、機械学習による自動化、在庫補充を自動で調整する新機能の提供を開始する。(2018/11/15)

製造ITニュース:
現場に与える目と脳、東芝が訴えるデジタル化の価値
東芝デジタルソリューションズは、ユーザーイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2018」において、画像やAI(人工知能)などを活用したさまざまな産業向けソリューションを紹介した。(2018/11/14)

製造ITニュース:
AI活用で作業時間を大幅短縮、生産計画立案システムを開発
サントリー食品インターナショナルと日立製作所は、AIを活用して最適な生産計画を自動立案するシステムを協働で開発した。同システムでは、これまで平均毎週約40時間かかっていた立案作業時間を約1時間に短縮できる。(2018/11/14)

製造ITニュース:
協業を加速する図研、狙いは協調設計とデータ管理の一元化
図研は、プライベートイベント「Zuken Innovation World 2018」(2018年10月18〜19日、横浜ベイホテル東急)を開催し、同社製ツールの最新機能や採用事例などを多数披露。同イベント2日目となる10月19日、同社常務取締役 EDA事業部長の仮屋和浩氏が「図研EDA/PLMのビジョンとロードマップ」をテーマに講演を行った。(2018/11/13)

製造ITニュース:
スマート工場の実現へ、IoT活用工場ソリューションを提供開始
OKIは、スマート工場の実現に向けたIoT活用工場ソリューション「Manufacturing DX」の提供を開始する。「現場変革」「IT・オペレーション変革」「マネジメント変革」と、それらを支える4つの技術基盤の推進で構成される。(2018/11/13)

製造ITニュース:
機械学習で20倍高速に、波形解析ライブラリが登場
OKIは、機械学習アルゴリズムを用いた波形解析ソフトウェアライブラリ「ForeWave」を発売した。製造業の工場設備や鉄道旅客業の鉄道設備などの振動解析シーンで、設備保全をはじめとする課題解決に利用できる。(2018/11/9)

製造ITニュース:
製造業としてのNECを最大活用、自社実践により“使える”ソリューションを訴求
NECはユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2018」において、NEC内の工場での自社実践拡大を紹介。これらで磨いた技術により、スマートファクトリーコンセプト「NEC DX Factory」の進化を訴えた。(2018/11/8)

製造ITニュース:
図研とFAプロダクツ、スマートファクトリー推進で協業
図研は、FAプロダクツとの協業を発表した。両社の顧客に対して、より効果的なスマートファクトリー関連のソリューションを提供する。(2018/11/8)

製造ITニュース:
過去の対応事例を活用して業務支援するAIサービス
東芝デジタルソリューションズは、トラブルなど過去の対応事例を知識として蓄積し、業務支援に活用できるソフトウェア「RECAIUS(リカイアス)ナレッジプラットフォーム」の提供を開始した。(2018/11/6)

製造ITニュース:
小売・流通向け、AI活用データ分析サービスを提供開始
日立製作所は、小売流通企業を対象に、ユーザー企業から各種データを預かり、AIによる分析結果に基づいてデータサイエンティストが施策提案するサービス「Hitachi Digital Solution for Retail」を2018年11月1日から提供開始する。(2018/11/1)

製造ITニュース:
製造業の情報を連携し、活用するシステムの最新版
富士通は、製造業におけるさまざまな情報を連携する「COLMINA」の最新版「COLMINA V2」を発表した。生産性や品質を向上するためのモデルとなる6種のシナリオを搭載し、エッジとクラウドを組み合わせたハイブリッド型のデータ処理ができる。(2018/10/29)

製造ITニュース:
自動判別モデルを使ったAI画像判定クラウドサービス
安川情報システムは、クラウドベースのAI画像判定サービス「MMEye」を2018年11月から提供開始する。これにより、製造現場での異常の検知、レベル判定、分類などにおける目視検査の自動化を支援する。(2018/10/23)

製造ITニュース:
AIでプラント運転状態を自動解析、予兆診断サービスを開始
日立製作所は、石油化学プラント向けの予兆診断サービス「ARTiMo」の提供を開始した。AI(人工知能)によって石油化学プラントの運転状態を自動的に分類・解析し、故障の前兆である状態変化や異常発生をリアルタイムに検知する。(2018/10/18)

製造ITニュース:
デジタルツインの最初の一歩、日立が生産工程のデータ連携を最適化を支援
日立製作所は、生産設備の稼働状況や環境情報などのOTデータと、生産計画や在庫管理などのITデータをデジタル空間で簡単にひも付けられ、生産工程全体の最適化を支援するソリューション「IoTコンパス」を発売する。(2018/10/17)

製造ITニュース:
AIモデル技術を活用、プラント反応器状態予測に成功
NTTコミュニケーションズは、プラント内の反応器の状態を予測するモデルを構築した。横河電機のプラント制御シミュレーターと組み合わせ、仮想的なプラント再現に必要なシミュレーターを作成し、連続的なシミュレートに成功した。(2018/10/16)

製造ITニュース:
AIによる分析結果は見せてこそ、図研プリサイトのAI搭載知見共有サービス
図研プリサイトはAI実装フルオート型ナレッジ活用ソリューション「Knowledge Explorer」の販売を、2018年10月1日に開始した。同年6月に発表した△△※)△△ものだが、重要語句のAI分析機能を新たに追加した。(2018/10/15)

製造ITニュース:
Microsoftなど3社がデータモデルを共通化、データの縦割り解消へ
Microsoftは、Adobe、SAPと共同でOpen Data Initiativeを発表した。データの縦割り状態を解消し、顧客の単一視点を獲得することを目指すもので、企業は自社データに対する統制力を強め、プライバシーやセキュリティなどへの対応力を向上できる。(2018/10/15)

製造ITニュース:
9種の業界向け、学習済みのWatsonソリューションを発表
IBMは、農業や人事、マーケティングなど、9種の業界と業種に合わせた、事前学習済みの新しいWatsonソリューションを発表した。(2018/10/12)

製造ITニュース:
制御システム向け脅威分析サービス提供へ、3社が業務提携
NTTデータは、プラント制御や製造ラインの制御系システム向け脅威分析サービスを共同で提供することを目的に、イエラエセキュリティおよび神戸デジタル・ラボとの業務提携に合意した。(2018/10/11)

製造ITニュース:
AIとの会話で業務報告、タイムリーで確実な記録に貢献
東芝デジタルソリューションズは、東芝コミュニケーションAI(人工知能)「RECAIUS」の新サービスとして、スマートフォンでAIと会話することで業務報告ができる「RECAIUS 報告エージェント」の提供を開始した。(2018/10/5)

製造ITニュース:
「組み合わせ最適化」が高速に、計算サービスを無償提供
日立製作所は、「組み合わせ最適化問題」に特化したアニーリングマシンを活用し、クラウド型計算サービス「Annealing Cloud Web」の無償提供を開始した。サービスの利用者は、組み合わせ最適化問題の計算処理を効率的に実行可能になる。(2018/10/3)

製造ITニュース:
AIで設計データから高精度シミュレーション、開発期間の短縮に
富士通と富士通研究所は、設計データから高精度のシミュレーション結果を得られるAI技術を開発した。電磁波強度推定実験では、推定誤差が従来のディープラーニングの±16.0%から±2.9%に改善した。(2018/10/2)

製造ITニュース:
荷物の形状や色をAIで分析し、自動で仕分けする搬送システムを構築
アクロクエストテクノロジーは、第一工業、東洋電機と共同で、自動仕分けによる搬送システムを開発した。画像、動画解析AIソリューション「Torrentio Video」を活用し、荷物の形状や色をAIでリアルタイムに分析、判別する。(2018/10/1)

製造ITニュース:
プラント情報解析ソフトウェアの最新版、他社PIMSの取り込み機能を追加
横河電機は、プラント情報解析ソフトウェアの最新版「Process Data Analytics R1.02」を2018年11月に発売する。他社プラント情報管理システム(PIMS)のデータ取り込み機能などを追加し、機能を強化した。(2018/9/27)

製造ITニュース:
マルハニチロが国内7工場のスマート化へ、キヤノンITSがシステム構築を支援
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、マルハニチロが国内の直営7工場に導入した、食品製造に用いる新たなデータ統合管理基盤「新生産管理システム」を共同で構築したと発表した。(2018/9/25)

製造ITニュース:
トレンドマイクロとMoxa、産業用IoT保護ソリューションの共同開発で提携
トレンドマイクロは、Technology Alliance Partner Programにおいて、産業コミュニケーションやネットワーキング分野の先進的企業であるMoxaと新たに提携すると発表した。産業用IoT(IIoT)の保護ソリューションの共同開発を目指す。(2018/9/25)

製造ITニュース:
製造分析プラットフォームを提供開始、製造現場でのIoT活用が容易に
マクニカネットワークスは、Sight Machineと日本における代理店契約を締結した。同社の製造分析プラットフォーム「EMV License」「EMA License」を年間サブスクリプションライセンスで提供する。(2018/9/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。