ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「製造ITニュース」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の「製造ITニュース」最新記事一覧です。

製造ITニュース:
AI搭載のIoTプラットフォームでシステム全体を自動的に最適化
インフォコーパスは、新サービス「SensorCorpus AI」を提供すると発表した。同社のIoTプラットフォームに深層学習エンジンを搭載し、そこで学習した結果を利用できるようにするサービスで、自動でシステムの最適化や機器の制御が可能になる。(2017/3/21)

製造ITニュース:
「日本の製造業は重要顧客」、日本IBMが気象予測サービスを開始
日本IBMは、企業向けに気象予報や気象データをとともにそれらを活用したソリューションを提供する「The Weather Company(TWC)サービス」を開始する。さまざまな業界への適用を見込むが、重要顧客として「世界トップクラスの競争力を持つ日本の製造業」(同社)を挙げた。(2017/3/13)

製造ITニュース:
工場や物流現場を映像で支援、FedExも導入する新サービスが日本上陸
リモートデスクトップサービスを展開するスプラッシュトップは新たに、遠隔での端末管理サービスを開始する。作業員のAndroidデバイスを管理し映像や写真などのやりとりを行うことで作業支援を実現する。(2017/3/2)

製造ITニュース:
センサーがプレス音を聞き分けてプレス金型の異常を検知するサービス
フリックケアは、日進精機と共同で開発した「フリックケア金型みまもりサービス」の販売を開始する。センサーがプレス音を聞き分け、現場担当者に異常予兆を通知するため、トラブルが回避できる。(2017/3/2)

製造ITニュース:
シトリックスが仮想化ソリューションをクラウド化、オンプレミスからの移行も促進
シトリックス・システムズ・ジャパンは、仮想デスクトップ「XenDesktop」や仮想アプリケーション「XenApp」などのワークスペースサービスの配信をクラウドで一元管理できる「Citrix Cloud」を国内市場で提供開始する。(2017/2/23)

製造ITニュース:
「PTC Navigate」は1年で10万ユーザーを達成、2017年末は「Windchill 12」投入
PTCは、2017年12月をめどに、PLMツール「Windchill」の最新バージョン「Windchill 12」の開発を進める。その一方で、IoTプラットフォーム「ThingWorx」を基にWindchillなどで集約したさまざまな情報をより多くの技術者が活用できるようにするアプリプラットフォーム「PTC Navigate」の開発を加速する方針だ。(2017/2/22)

製造ITニュース:
製造業向け業務アプリケーションを容易に自社開発できるシステムを発売
ダイキン工業は、開発予算管理や部品構成管理などの製造業向けの業務アプリケーションを企業が自社で容易に開発できるシステム「Smart Innovator」を、2017年4月1日に発売する。(2017/2/17)

製造ITニュース:
IoTデバイスの稼働管理・運用の自動化が可能な管理ツールを発表
日本ユニシスとユニアデックスは、IoTデバイスの稼働管理や運用の自動化が可能な「IoTビジネスプラットフォーム IoTデバイス管理機能」の提供を開始する。(2017/2/16)

製造ITニュース:
パブリッククラウドを活用したIoTプラットフォームサービスを提供
NECネッツエスアイとFIXERは、Microsoft Azureを活用した「IoTプラットフォームサービス on Azure」を共同開発し、Azureにインターネットを介さず閉域接続できるサービスとパッケージ化して提供すると発表した。(2017/2/15)

製造ITニュース:
管理者向け機能を強化したプロジェクト管理ツールの最新版
日立ソリューションズ東日本は「プロジェクト管理ツールSynViz S2」の最新版「SynViz S2 2.4」の提供を開始した。大規模プロジェクトに対応し、組織的な作業割り当てを計画/表示できるよう、管理者向けの機能を強化した。(2017/2/14)

製造ITニュース:
IoT導入を支援するコンサルティングサービスを発表
SAP SEは、同社のIoTポートフォリオ「SAP Leonardo」による「ジャンプスタートイネーブルメントプログラム」を発表した。SAPのエキスパートが、IoT導入のパイロット設計や使用ケースの特定/検証を支援するコンサルティングサービスだ。(2017/2/8)

製造ITニュース:
chemSHERPAに対応する製品含有化学物質管理システムの最新版
日本ユニシス・エクセリューションズは、製品含有化学物質管理システム「グリーン調達マイスター」の最新版V7.0を2017年2月下旬から発売する。環境負荷物質情報調査のための新スキーム「chemSHERPA」に対応する。(2017/2/3)

製造ITニュース:
製造業・流通業向けの需要計画ソリューションの改良版を国内で提供開始
インフォアジャパンは、サプライチェーンの予測プロセスを簡素・迅速化する需要計画ソリューション「Infor Demand+」の提供を日本国内で開始した。製造業・流通業向けで、予測・分析機能が向上した。(2017/1/31)

製造ITニュース:
ビッグデータ可視化ソリューションの最新版を発売
サイバネットシステムは、同社のビッグデータ可視化リューション「BIGDAT@Viewer」の最新バージョン「V1.2」を発売した。最新版ではレポーティング機能が強化され、データの差分や特徴が見分けやすいよう、表示精度が向上している。(2017/1/26)

製造ITニュース:
製造業などの現場安全管理ソリューションの機能を強化、SaaSで提供
富士通は、建設業や製造業などの現場の安全労務管理を支援する「安全管理支援ソリューション」の機能を強化し、2016年2月上旬にSaaSで提供すると発表した。作業者への休憩指示や事故発生時の対処など適切な管理ができる。(2017/1/25)

製造ITニュース:
製造業の生産現場と製品のIoT化を支援するソリューションの提供を開始
アビームコンサルティングは、製造業の生産現場と製品のIoT化を支援する「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」の提供を開始した。活用シナリオとデータ分析モデル、IoTプラットフォームなどで構成され、短期間でIoTを導入できる。(2017/1/20)

製造ITニュース:
タイヤ生産システムにAI技術搭載の分析プラットフォームを提供
SAS Institute Japanは、AI技術を搭載した分析プラットフォーム「SAS Analytics for IoT」をブリヂストンに提供した。取得したデータや熟練技能員のノウハウを機械学習でモデリングし、生産工程を適切に自動制御する。(2017/1/12)

製造ITニュース:
日本の商習慣に合わせた会計/製造業務が可能なテンプレートを提供
コベルコシステムは、日本マイクロソフトが提供するERP/CRM統合クラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」向けのテンプレート「HI-KORT 365 for Operations」の提供を開始した。日本特有の商習慣に対応した会計/製造業務が可能になる。(2017/1/11)

製造ITニュース:
日系企業の会計処理に対応したグローバル製造業向けの原価管理テンプレート
日立ソリューションズは、マイクロソフトのERPソリューション「Microsoft Dynamics 365 for Operations」用の「グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365」を開発した。(2016/12/27)

製造ITニュース:
作業動態分析システムがスマートグラス端末に対応
シーイーシーは、メガネ型ウェアラブル端末のスマートグラスに対応した作業動態分析システム「スマートロガー」の提供を開始した。作業管理者などのIE分析を支援し、データ収集・分析時間の低減に貢献する。(2016/12/21)

製造ITニュース:
広域ネットワークなどへの大規模なIoTデバイス導入を支援する製品を発表
米Hewlett Packard Enterpriseは、大規模な組織、工業・生産・流通施設および広域ネットワークへの大規模なIoTデバイス導入を支援する製品を発表した。これらにより、IoT導入の経済性とIoTデバイスのセキュリティの向上が期待できる。(2016/12/20)

製造ITニュース:
20周年を迎えた製造業向け業務システム、対応範囲拡大でデジタル化の基盤に
B-EN-Gは、自社開発の生産管理パッケージである「MCFrame」の新製品を発売する。MCFrameは20周年を迎え、従来の生産管理から対応範囲を拡大し、製造業のデジタル化支援に向けた取り組みを進めていく。(2016/12/15)

製造ITニュース:
現場のプロを助けるICTへ、JALとIBMが航空機整備士向け業務支援ソフトを開発
JALと日本IBMは、航空業界における整備士の業務負担を軽減するモバイルアプリを共同開発した。開発の基盤となったのはIBMとアップルの提携による「IBM MobileFirst for iOS」である。(2016/12/15)

製造ITニュース:
日本企業の約7割がデジタルビジネスに取り組んでいるとの調査結果
ガートナージャパンは、同社が実施した「日本企業のデジタルビジネスへの取り組みに関する調査」の結果を発表した。企業の69.7%が「デジタルビジネスへの取り組みを行っている」と回答した。(2016/12/7)

製造ITニュース:
製造業/流通業向け基幹業務ソリューションに在庫可視化機能を追加
日立システムズは、日立グループが提供する製造業/流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」に「在庫可視化オプション」を追加した。日立ソリューションズ東日本の在庫可視化ツール「SynCAS PSI Visualizer」を活用している。(2016/12/5)

製造ITニュース:
設備資産管理アプリケーションのクラウド版、国内提供を開始
インフォアジャパンは、設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」の、国内での提供を開始した。オンプレミス型の「Infor EAM」と同様の設備資産管理機能を、クラウド上からSaaS形式で提供する。(2016/12/2)

製造ITニュース:
IoT活用が可能な企業業績分析ツールの最新版を発表
IFSは、企業業績分析ツール「IFS EOI」の最新版を発表した。設計図や写真などを組み合わせて業務を可視化する機能などが追加されている。同社の既存ソフトやソリューションと連携することで、IoTの活用やスケジューリング機能向上も期待できる。(2016/12/1)

製造ITニュース:
生産管理システムの帳票作成・改変を容易にするオプションを販売
東芝情報システムは、同社の「中堅製造業様向け生産管理システム導入ソリューション」で、帳票の作成や改変を容易にする「帳票オプション」の販売を開始した。(2016/11/30)

製造ITニュース:
国内市場におけるIoTとコグニティブの活用動向調査
IDC Japanは、「2016年 国内IoT市場 コグニティブ/AI活用動向分析」の結果を発表した。IoTとコグニティブ技術を活用した主要な用途をまとめた上で、将来的に双方を組み合わせて生み出される価値について調査した。(2016/11/29)

製造ITニュース:
IoTプラットフォームサービスに新たなデータ収集/分析ソフトウェアを追加
NTTコミュニケーションズは、IoT導入に必要となる機能を一括で提供する「IoT Platform Factoryパッケージ」に、ゼネラル・エレクトリックのIoTデータ収集/分析アプリケーションに対応したプランを追加した。(2016/11/25)

製造ITニュース:
産業機械の故障予測を可能にする故障予測パッケージを発売
東芝情報システムは、ユーザーの持つさまざまなデータを機械学習を活用して分析する「分析・予測支援サービス」の機能を拡充した。異常検知機能を備えた「故障予測パッケージ」を2016年12月より提供開始する。(2016/11/23)

製造ITニュース:
IoTソリューションの提案に向けた協業を発表、産業用途での導入を推進
PTCとHPEは、PTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」とHPEのネットワークエッジデバイス群「Edgeline Systems」を組み合わせた統合型IoTソリューション「Converged IoT Solutions」の提案に向け、協業する。(2016/11/22)

製造ITニュース:
最短3カ月で会計システムを運用できるクラウドソリューションを発売
NTTデータグローバルソリューションズは、ERPパッケージ「SAP S/4HANA」を活用したクラウドソリューション「Global BMT StartPack for SAP S/4HANA」を発売した。(2016/11/18)

製造ITニュース:
IoTを活用した中堅企業向けのサプライチェーン最適化ソリューション
NECは、IoTを活用して収集した情報を企業間で共有し、サプライチェーン全体を見える化/最適化する「サプライチェーンマネジメントIoTソリューション」を発売した。(2016/11/15)

製造ITニュース:
AI技術を搭載した分析ツールを発売
SAS Institute Japanは、同社が新たに提供する分析プラットフォーム「SAS Viya」シリーズの第1弾として、「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の提供を開始した。(2016/11/14)

製造ITニュース:
手ごろさ目指した需要予測システム、「機械学習はまだ現場レベルではない」
キヤノンITSは新たに需要予測システムの新バージョンを投入。出荷期限などを考慮した補充計画機能などを追加した。需要予測システムでは昨今、機械学習や深層学習などの機能が注目を集めているが同社では「研究はしているが、まだ現場レベルではない」としている。(2016/11/14)

製造ITニュース:
秘匿計算技術によるデータベースの常時暗号化、実用レベルの処理速度へ
NECは、ユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」において、秘匿計算技術によるデータベースの常時暗号化について紹介した。現在研究開発中だが、2017年度に実証実験を行い、早ければ2018年度にも商用化したい考え。(2016/11/11)

製造ITニュース:
IoTとサイバーフィジカルシステムを活用したソリューション
東芝 インダストリアルICTソリューション社は、装置遠隔監視・モニタリングクラウドソリューション「Meister Visualizer Suite for O&M」を販売した。IoTとサイバーフィジカルシステムを活用した新サービスだ。(2016/11/11)

製造ITニュース:
高度なIoTアナリティクス機能をさらに強化するコンポーネント
PTCジャパンは、米PTCが同社のIoTプラットフォームであるThingWorxの新たなコンポーネントとして「ThingWorx Analytics Builder」をリリースしたと発表した。(2016/11/9)

製造ITニュース:
製造現場の業務支援ツールをバージョンアップ
東洋ビジネスエンジニアリングは、製造現場の業務支援ツール「RAKU-Pad」最新版の提供を開始した。バージョンアップによりデータの入力/連携/分析機能が強化され、セキュリティも向上している。(2016/11/1)

製造ITニュース:
IoT、基幹システムなどのデータを融合・活用するクラウド基盤を提供
JBアドバンスト・テクノロジーは、IoTデバイス、基幹システム、ネットワークの遠隔監視などのさまざまなデータを融合・活用するクラウド基盤「Qanat Universe」の提供を開始した。(2016/10/28)

製造ITニュース:
製造業向けの品質検査ビッグデータ・プラットフォームを共同開発
光コムと米FlyDataは、製造業向けのクラウド型品質検査ビッグデータ・プラットフォームを共同開発することに合意した。まずは自動車・自動車部品メーカー向けに開発を進め、2017年度中にサービス提供を開始する予定だ。(2016/10/27)

製造ITニュース:
アジャイル開発でIoT導入の早期立ち上げへ、KDDIが新サービスを開始
KDDIは、IoTを活用した取り組みの早期立ち上げを支援するクラウドサービス「KDDI IoTクラウド Creator」を発表。顧客のIoTビジネスにおけるシステムやアプリケーションの開発、構築、運用開始、改善作業を、アジャイル開発のフレームワークでサポートするサービスとなる。(2016/10/27)

製造ITニュース:
生産性の低下を早期に発見できる解析ソフトウェアを開発
横河電機は、解析ソフトウェア「Process Data Analytics」を発表した。プロセスデータや設備状況、操作履歴などのデータを解析することで、品質や生産性の低下を早期に発見できるソフトだ。(2016/10/24)

製造ITニュース:
ディープラーニング・AI用の高速Linuxサーバ新製品を発売
GDEPソリューションズは、菱洋エレクトロとともに、日立製作所のディープラーニング・AI用サーバ「SR24000/DL1」を発表した。ディープラーニングや高度なデータ分析など、負荷の高いワークロード用に設計された高速Linuxサーバの新製品だ。(2016/10/21)

製造ITニュース:
「波形特徴量抽出エンジン」で予防保全を可能に、アクセンチュアが分析事業に注力
アクセンチュアは、「波形特徴量抽出エンジン」「アクセンチュア インサイト プラットフォーム(AIP)」「分析BPOサービス」をはじめとする分析サービスに注力している。波形特徴量抽出エンジンを使えば、これまで人手で数カ月かかっていた時系列データの特徴量抽出を数時間で完了させられるという。(2016/10/18)

製造ITニュース:
製造業がIoTでもうける仕組みをZuoraが早期立ち上げ、「オラクルやSAPでは無理」
Zuoraが、顧客からサービス提供企業へ月次などで料金を支払うサブスクリプションビジネスの立ち上げや移行を支援する同社のソフトウェアプラットフォーム「RBM」の事業展開について説明した。同社 創業者兼CEOのティエン・ツォ氏は「オラクルやSAPのERPでは、サブスクリプションビジネスを成功に導くのは難しい」と主張した。(2016/10/14)

製造ITニュース:
実機や自社アプリを用いたIoTシステムの検証環境を無償で公開
富士通は、実機や自社アプリケーションを用いてIoTシステムを無償で検証できる環境を公開した。また、IoTシステムの企画から試作での検証、実際の設計・構築・運用までを一貫して支援する「IoTビジネスサポートサービス」も開始した。(2016/10/10)

製造ITニュース:
業務の課題解決支援アプリケーションを国内初導入、最短約90日間で開発
日立ハイテクソリューションズは、米Flutura Business Solutionsと同社の課題解決支援業務アプリケーションに関する代理店契約を締結した。同アプリケーションを活用することで、最短約90日間で業務アプリケーションを開発できる。(2016/10/6)

製造ITニュース:
国内通信大手と独ERPソフト企業が安全運転管理支援のIoTソリューションを開発
NTTと独SAPは協業を強化し、今後、「共同イノベーション」「共同ソリューション販売」「グローバルリファレンス」という3つの柱でビジネスの強化を図る。その第1弾として、安全運転管理を支援するIoTソリューションを開発した。(2016/10/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。