ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ものづくり白書を読み解く」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「ものづくり白書を読み解く」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「いま知っておくべき中国の製造業事情
・連載「変わりゆく中国の日系製造業
・連載「情報システムから見た海外生産シフト

ものづくり白書2014を読み解く(後編):
デジタル技術は日本の製造業に何をもたらしたか?
日本の製造業が置かれた状況について、経済産業省「ものづくり白書」の最新版(2014年版)を基に論じる本稿。今回は、その後編として、日本の製造業が国際競争力を維持・強化するための施策について、ものづくり白書を基に考えていく。ポイントは、デジタルテクノロジーの革新が、日本の製造業に利するかどうかだ。(2014/11/25)

ものづくり白書2014を読み解く(前編):
国力低下が製造業の土台を揺るがす!? ――日の丸製造業の現在地
人口のおよそ4人に1人が65歳以上の高齢者。国民1人当たりの生産性は世界20位以下。円安なのに貿易赤字は膨らみ、国の経常収支は縮小続き……。アベノミクスで経済情勢は上向きとされるのが、モノづくり大国・日本の先行きはどうも心もとない。果たして、日本の製造業はどこに向かうのか。経済産業省「ものづくり白書」の最新版(2014年版)から、現状と動向を探る。(2014/9/30)

ものづくり白書を読み解く(後編):
研究開発費は“コスト”なのか、データで見る技術立国の危機
「2013年版ものづくり白書」から、日本の製造業が抱える課題を明らかにする本連載。前編では海外展開の現状と問題を取り上げたが、後編では「研究開発」に焦点を当てる。(2013/10/30)

ものづくり白書を読み解く(前編):
海外流出は是か非か、進む日本のモノづくり空洞化
製造業の復活は日本経済の復活に不可欠な要素である。経済成長をもたらしGDPを押し上げる効果が高い他、雇用の増加も期待できるからだ。アベノミクスの勢いに乗り、製造業が真の復活を遂げるには、どのような課題をクリアしていくべきか。「2013年版ものづくり白書」から、日本の製造業が抱える課題を明らかにする。(2013/9/27)

ものづくり白書2008を読み解く(後):
技術伝承をうやむやにしたツケは誰が払うのか
2002年から始まった緩やかな景気拡大は、米国サブプライム住宅ローン問題や原油価格高騰によって息切れを起こしている。こうした中、日本のモノづくり企業はどこへ向かえばよいのか。経済産業省から発表された「2008年版ものづくり白書」を基に考察してみる。(2008/9/12)

ものづくり白書2008を読み解く(前):
“世界の工場”中国なんて、ちっとも怖くない?
2002年から始まった緩やかな景気拡大は、米国サブプライム住宅ローン問題や原油価格高騰によって息切れを起こしている。こうした中、日本のモノづくり企業はどこへ向かえばよいのか。経済産業省から発表された「2008年版ものづくり白書」を基に考察してみる。(2008/9/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。