ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「製造原価」最新記事一覧

クオリカ/菱洋タイ ATOMS QUBE:
タイを起点に東南アジアでの拡販を狙うクラウド型生産管理システム
クオリカと菱洋エレクトロのタイ現地法人であるRyoyo Electro(Thailand)は、クオリカの生産管理システム「ATOMS QUBE」の販売パートナーとして、タイでの協業開始を発表した。(2017/3/22)

日本システムウエア Toami:
IoTクラウド基盤、パナソニックのプロジェクター遠隔監視システムに採用
日本システムウエア(NSW)は、同社のIoTクラウドプラットフォーム「Toami」が、パナソニックの高輝度プロジェクターの遠隔監視システムに採用されたと発表した。(2017/3/17)

Aras Innovator/Schaefflerグループ:
自動車および産業機械の総合サプライヤーがPLMソフトウェアを採用
米Arasは、PLMソフトウェア「Aras Innovator」を、独Schaefflerグループが採用したと発表した。(2017/3/15)

PTC Service Parts Management SaaS:
米国空軍がサービスライフサイクル管理ソリューションを導入
米PTCは、同社のサービスライフサイクル管理ソリューション「PTC Service Parts Management SaaS(PTC SPM SaaS)」を、米国空軍が導入したことを発表した。(2017/3/7)

PTCジャパン PLMビジネス最新アップデート:
PLMの存在なくしてIoTによる製造業のデジタル変革は成し得ない
今、PLM市場が業種を問わず伸びている。その背景には、製品設計・開発におけるIoT利活用に向けた準備の一環として、PLMを導入しようという動きが活発化していることが考えられるという。こうした中、PLMソフトウェア「Windchill」を展開するPTCはどのように市場を捉えているのか? 米PTCのPLM/ALM製品責任者がPLM市場のトレンドと製品戦略について語った。(2017/3/1)

SCSK Panzuraクラウドストレージゲートウェイ:
全拠点からアクセス可能なグローバルファイルシステムの構築が可能に
SCSKは、「Panzuraクラウドストレージゲートウェイ」最新版6.3から、IBMのクラウドストレージ「IBM Cloud Object Storage」との接続に対応したと発表した。(2017/2/23)

東芝ソリューション販売/小田急バス 部品管理システム:
バス車両部品の一元管理を行うシステムが本格稼働、過剰在庫の削減などに貢献
東芝ソリューション販売は、同社が小田急バス向けに構築したバス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」が、本格稼働を開始したことを発表した。(2017/2/22)

ダイキン工業 Smart Innovator:
自社に適した業務用アプリケーションを“ノンプログラミング”で開発
ダイキン工業は、製造業における開発予算管理、部品構成管理、顧客管理といった業務用アプリケーションを、自社で容易に開発できるシステム「Smart Innovator」を販売する。(2017/2/13)

日立ソリューションズ東日本 SynViz S2:
計画変更を検知し必要な情報を即座に取得できるプロジェクト管理ツール
日立ソリューションズ東日本は、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」に新機能を追加した、最新バージョン「SynViz S2 2.4」の提供開始を発表した。(2017/2/7)

PTC Windchill/Integrity:
自動車関連部品製造のグローバル企業がPLM/ALMソリューションを全部門で導入
米PTCは、独ZF Friedrichshafenが同社のPLMソリューション「Windchill」とALMソリューション「Integrity」を導入したことを発表した。(2017/2/6)

インフォア Infor SCE:
米Fordが欧州7カ国にサプライチェーン実行管理ソリューションを導入
インフォアは、自動車メーカーFordがサプライチェーン実行管理ソリューション「Infor SCE」を、子会社のFord-Werkeを通じて欧州7カ国に導入したことを発表した。(2017/2/1)

ウイングアーク1st/小松工業 MotionBoard Cloud:
アルミ冷間鍛造専門メーカーがクラウドBIダッシュボードを導入
ウイングアーク1stは、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が、同社のクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。(2017/1/18)

富士通エンジニアリングテクノロジーズ PLANTIA:
さらなる機能強化と操作性向上を図った設備保全管理システムの新版
富士通エンジニアリングテクノロジーズは、設備保全管理システム「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA」の最新バージョンである「V04L30」の販売開始を発表した。(2017/1/17)

CAD読み物:
設計業務における“ムダ”の見える化をしよう
設計業務の改善に取り組みたいけど、取り組みの具体的な手段が思い付かない……。そんな時はどうしたらいいか。(2017/1/12)

東芝ソリューション販売/グラフテック:
重複業務を排除し、業務効率化を実現できる「販売管理・貿易管理システム」
東芝ソリューション販売は、同社が納入構築したグラフテックの「販売管理・貿易管理システム」が本稼働を開始したことを発表した。(2017/1/12)

Aras/IBM Aras Innovator PLMスイート:
IoTを実現するためのPLMの戦略的リセラー契約を締結
米Arasは、米IBMのWatson IoT事業部門と戦略的リセラー契約を締結し、IBMがArasのPLMソフトウェア「Aras Innovator PLMスイート」の再販を開始することを発表した。(2017/1/12)

図研プリサイト/東洋ビジネスエンジニアリング EM-Bridge:
「設計」と「製造」の連携強化を実現し、製品力・収益力の向上を可能にするコミュニケーション基盤
図研プリサイトと東洋ビジネスエンジニアリングは、製造業のバリューチェーンにおける設計と製造をつなぐモノづくりコミュニケーション基盤「EM-Bridge」の販売を、2017年2月1日から開始すると発表した。(2017/1/11)

インベンシス プロセス システムス Avantis PRiSM:
人の判断よりも早期に機器の故障を検知できる予知分析ソリューション
シュナイダーエレクトリックのグループ会社インベンシス プロセス システムスは、ソフトウェアベースの予知分析ソリューション「Avantis PRiSM」の国内販売を開始した。(2016/12/27)

日立ソリューションズ:
日系企業特有の配賦や棚卸資産評価に対応する、グローバル製造業向け原価管理テンプレート
日立ソリューションズは、「Microsoft Dynamics 365 for Operations」上で動作する「グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365」の販売を2017年4月1日から開始する。(2016/12/21)

ガートナー デジタル・ビジネスへの取り組み調査:
国内企業のデジタルビジネスへの取り組みが拡大、約70%が「実施」と回答
ガートナージャパンは、同社が実施した「日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査」の結果を発表した。(2016/12/21)

アペルザ Aperza:
間接材に特化した価格検索サイトが正式リリース、調達購買の探す手間を大幅軽減
アペルザは、工業用資材の価格検索サイト「Aperza」をβ版サービスから正式サービスへと移行したことを発表した。収録製品数が既に数百万点にまで達しており、今後1年以内に1億点を目指すという。(2016/12/19)

日立システムズ FutureStage:
製造業/流通業向け基幹業務ソリューションに「在庫可視化オプション」を追加
日立システムズは、日立グループが提供する製造業/流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」に、「在庫可視化オプション」を追加した。(2016/12/16)

インフォアジャパン Infor EAM Cloud:
設備資産管理クラウドアプリケーションの国内提供を開始
インフォアジャパンは、設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」の国内提供を開始した。(2016/12/13)

IFS エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス:
企業業績分析ツールの最新版――任意の方法で業務を可視化できる機能などを追加
IFSは、企業業績分析ツール「IFS エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス(EOI)」の最新版を発表した。2017年初頭に販売を開始する予定。(2016/12/12)

SAS Institute Japan SAS Viyaシリーズ:
AI技術を搭載した分析プラットフォームの第1弾
SAS Institute Japanは、同社が新たに提供する分析プラットフォーム「SAS Viya」シリーズの第1弾として、人工知能技術を搭載した「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の提供開始を発表した。(2016/11/29)

キヤノンITソリューションズ FOREMAST:
出荷期限を考慮した補充計画の立案が可能な需要予測・需給計画システム
キヤノンITソリューションズは、出荷期限を考慮した補充計画を立案できる、需要予測・需給計画システムの新バージョン「FOREMAST Ver.3.0」の販売を2016年11月下旬から開始する。(2016/11/25)

Makuake 木内氏、プロトラブズ新社屋を訪問:
PR:2つのインターネットモノづくりで、メーカーの商品企画段階から介入し開発プロセスを革新する
商品企画段階からの介入、資金調達後の販売や事業拡大に関するサポートも手掛けるクラウドファンディングサービス「Makuake」と、インターネット上の試作・小ロット専門メーカー「プロトラブズ」、2つのインターネットモノづくりが、商品開発プロセスの革新を力強く後押しする。Makuakeを取り仕切る木内文昭氏は、その革新において大事なことは「意思決定の迅速化」だと語る。(2016/11/24)

ラティス・テクノロジー XVL Studio/Lattice3D Reporter:
指示書作成の工数削減や納期短縮に貢献する製造指示書ソリューション
ラティス・テクノロジーは、製造現場で利用される指示書内の詳細図を手軽に作成できる製造指示書ソリューションを開発、デジタルモックアップツール「XVL Studioシリーズ」のVer.15.0および指示書作成ツール「Lattice3D Reporter Ver.10.1」の販売開始を発表した。(2016/11/10)

松来未祐“愛悼”イベント「サンキュー! 未祐ちゃん」レポート公開 会場全員で「はっきゅん! どっきゅん!」
当日は1000人以上のファンが訪れたとのこと。(2016/9/23)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(6):
物流へのIoT適用を考える
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第6回は、グローバル化の進展によって重要度を増している物流でIoTを活用する考え方について説明します。(2016/8/30)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(12):
“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下げられる!【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。今回からは、原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”について、前編、中編、後編の3回に分けて解説します。(2016/8/2)

松来未祐愛悼イベント「39!未祐ちゃん」9月に開催 蒼樹うめによるイラストも
哀悼ではなく“愛悼”。(2016/7/9)

DMS2016開催直前! ブース出展情報:
ビジネスアナリティクス関連ソリューションを出展、新製品もお披露目――日立ソリューションズ東日本
日立ソリューションズ東日本は「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、SCMソリューション」「情報活用・分析におけるBA分野の取り組み」「製造原価管理」「IoT/M2M」などを連携させた、各種ソリューションを提案する。また顧客事例を交え、各ソリューションの効果についても紹介する。(2016/6/17)

なぜ携帯ショップがスマートフォンを作ったのか ピーアップ社長が「Mode1」に込めた思いを語る
携帯ショップ テルルを運営するピーアップが開発したスマートフォン「Mode1」 なぜこれを作ろうとしたのかなど、さまざまな疑問をピーアップに聞いた。(2016/6/13)

「そっくり」な2モデルを比較:
ヘリウム充てんの8テラ「WD Red」は“本家”と何が違うのか
WD Redの8TBモデル「WD80EFZX」は、HGSTの「Ultrastar He8」よりも実売で3万円近く安い。見た目は一緒なんだけどなぁ……。(2016/6/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマは本当に高くなったのか?
最近のクルマは高いという声をよく耳にする。確かに価格だけを見るとその通りだと思う一方で、その背景には複雑な事情があることもぜひ主張しておきたい。(2016/4/25)

製造ITニュース:
設計から製造までのコスト算出が可能な原価シミュレーションシステム
SCSKは、米APRIORI TECHNOLOGIESと国内販売代理店契約を締結し、製造原価シミュレーションシステム「aPriori」の販売を開始した。材料や製造場所、製造プロセスなどを考慮したコストを自動計算し、より早い段階で可視化する。(2016/4/19)

SCSK aPriori:
製造原価をリアルタイム算出して、全社共有できるシミュレーションシステム
SCSKは、製造業の設計開発・調達・製造など各部署で使用できる製造原価シミュレーションシステム「aPriori」の販売を開始する。(2016/4/8)

日本のモノづくりを“世界デビュー”させたい――スタートアップ製品の流通、世界展開を支援 「DMM.make SELECTION」始動
DMM.comは、ハードウェアスタートアップ製品の販売・流通面のコンサルティングサービス「DMM.make SELECTION」を始めた。拡販ノウハウを提供し、世界展開も含め支援する。(2015/8/27)

“ウェアラブル”の今:
第35回 Apple Watch発売から2カ月 使い続けて分かったこと
Apple Watchが発売された4月24日から2カ月が経過した。今、Apple Watchをどう使っているか、ユーザーはどの色を選んでいるか、何台くらい販売されているか、など分かってきたことを紹介したい。(2015/7/4)

ITでビジネスを変革。デジタル時代のテクノロジリーダーたち(3):
プライベートクラウドで共通プラットフォーム化を推進。収益・ブランドを加速する日産自動車のIS/IT戦略「VITESSE」の内幕
中期経営計画「日産パワー88」とIT戦略の中期計画「VITESSE(ビテッセ)」に平行して取り組み、収益・ブランドを堅調に伸ばし続けている日産自動車。これを支える同社グローバルIT本部の取り組みを、グローバルIT本部 ITインフラサービス部 部長の木附敏氏に詳しく伺った。(2015/6/22)

燃料電池車:
燃料電池の性能と生産性を10倍に、5カ年研究プロジェクトが始動
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、燃料電池車の本格的な普及に向けた5カ年の研究開発プロジェクトを新たに始める。燃料電池スタックの性能と生産性を現在の10倍にするための技術確立が目標となっている。(2015/6/8)

カルビー、15年3月期は過去最高益も「10勝5敗」と松本会長
カルビーの2015年3月期決算は、売り上げ、利益ともに従来予想を上回り過去最高を更新した。(2015/5/12)

349ドルの「Apple Watch Sport」の製造原価は83.7ドル──IHS iSuppli調べ
新製品の原価コスト分析で定評のあるIHS iSuppliが発表した「Apple Watch Sport」(38ミリ)の製造原価は83.7ドルで、定価の約24%だった。(2015/5/1)

再生請負人が見る製造業(7):
構造不況に陥る日系造船業は未来をどう切り開くべきか
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回は中国や韓国を中心としたグローバル競争が激化していることで構造的な不況にさらされている造船業を取り上げる。(2015/5/1)

スマートファクトリ:
再生紙メーカーが工場に木質バイオマス発電所、70億円かけて化石燃料を減らす
鳥取県にある創業54年の再生紙メーカーが木質バイオマス発電所を自社工場の中に新設することを決めた。発電能力が16.7MWに達する大規模な設備を70億円かけて建設する計画だ。再生可能エネルギーを活用して化石燃料を減らし、再生紙の利用拡大と合わせて環境負荷の軽減を図る。(2015/2/16)

損益を加えた$CMに進化するSCM(2):
経営と現場の連携を模索するプロセス系製造業、目指す“小回り”を実現できるか
「製造現場において損益の“見える化”を実現する価値」について紹介する本連載。前回は組み立て加工業の事例を紹介しましたが、2回目となる今回はプロセス産業の事例を紹介します。(2014/11/20)

やはりWindowsはキーボード操作が便利:
「dynabook Tab S50/36M」徹底検証――専用キーボードで“はかどる”10.1型Windowsタブレット
東芝の「dynabook Tab S50/36M」は、専用設計のBluetoothキーボードカバーを標準添付し、ノートPC並の操作感にこだわった10.1型Windowsタブレット。その実力をじっくりチェックしよう。(2014/10/28)

いまさら聞けない「工場立地」入門(4):
海外展開でもうかる企業は一部だけ!? 日系企業が国内生産にこだわるべき理由
長年生産管理を追求してきた筆者が、海外展開における「工場立地」の基準について解説する本連載。4回目となる今回は、あらためて日本国内での生産の価値とその可能性について解説する。(2014/10/16)

いまさら聞けない原価管理入門(4):
モノづくりの怪人ファントム!? 「見えないQコスト」とは?
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。4回目は「Qコスト(品質コスト)」についてどう捉えるべきか、解説します。(2014/9/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。