ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情報システムから見た海外生産シフト」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「情報システムから見た海外生産シフト」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「いま知っておくべき中国の製造業事情
・連載「変わりゆく中国の日系製造業
・連載「セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論
・連載「グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント
 

製造マネジメントニュース:
日本企業のASEAN、中国への進出が引き続き増加――IDC調査
ASEAN、中国への進出強化と体制構築は今後もさらに増加する見込みだ。IT調査会社のIDCは海外ITサービス支出について調査を発表。日本企業が、ASEAN、中国への進出と体制構築を進める傾向は今後もさらに強まる見込みだ。(2013/9/11)

製造マネジメントニュース 工場投資フラッシュ:
新規工場建設はASEANが中心!? ライン増設など国内投資も回復傾向
株価の乱高下など、景況は不透明な状況が続くが、安倍政権発足以降、企業活動は活発さが増してきた。活性化の動きは新たな設備投資につながっているのだろうか。2013年6月の工場投資に関する発表を振り返ってみた。(2013/6/26)

知っておきたいASEAN事情(7):
国境を越えて通勤するマレーシアの人々
ASEAN域内で最も経済的に発展しているシンガポール。小国土の中で経済成長を遂げるための政策や周辺国との関係を見ていきます。(2012/2/17)

知っておきたいASEAN事情(5):
緊急寄稿:洪水被害のタイ・バンコクのいまとこれから
日系企業が多数進出しているタイで発生した洪水。連載「知っておきたいASEAN事情」の著者・栗田氏が現地の状況をレポート。(2011/11/2)

情報システムから見た海外生産シフト(5):
ケータイだけじゃなかった! 「ガラパゴス」生産管理
会社はグローバルになったけれど、生産管理業務は相変わらず「ガラパゴス」? 海外移転に適さない仕組みを見抜く目を身に付けよう(2011/3/3)

情報システムから見た海外生産シフト(4):
いま、なぜサプライチェーン管理を見直すべきなのか
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業が これから進むべき道を考える。(2010/8/4)

情報システムから見た海外生産シフト(3):
現場管理が生産管理システムを動かすポイント
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業が これから進むべき道を考える。(2010/5/24)

情報システムから見た海外生産シフト(2):
システムが動かないのは彼の年収を3倍にするため?
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業がこれから進むべき道を考える。(2010/4/14)

情報システムから見た海外生産シフト(1):
変わりつつある国内/海外工場のスタンス
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業がこれから進むべき道を考える。(2010/3/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。