ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情報システムから見た海外生産シフト」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「情報システムから見た海外生産シフト」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「いま知っておくべき中国の製造業事情
・連載「変わりゆく中国の日系製造業
・連載「セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論
・連載「グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント
 

製造マネジメントニュース:
日本企業のASEAN、中国への進出が引き続き増加――IDC調査
ASEAN、中国への進出強化と体制構築は今後もさらに増加する見込みだ。IT調査会社のIDCは海外ITサービス支出について調査を発表。日本企業が、ASEAN、中国への進出と体制構築を進める傾向は今後もさらに強まる見込みだ。(2013/9/11)

製造マネジメントニュース 工場投資フラッシュ:
新規工場建設はASEANが中心!? ライン増設など国内投資も回復傾向
株価の乱高下など、景況は不透明な状況が続くが、安倍政権発足以降、企業活動は活発さが増してきた。活性化の動きは新たな設備投資につながっているのだろうか。2013年6月の工場投資に関する発表を振り返ってみた。(2013/6/26)

知っておきたいASEAN事情(7):
国境を越えて通勤するマレーシアの人々
ASEAN域内で最も経済的に発展しているシンガポール。小国土の中で経済成長を遂げるための政策や周辺国との関係を見ていきます。(2012/2/17)

知っておきたいASEAN事情(5):
緊急寄稿:洪水被害のタイ・バンコクのいまとこれから
日系企業が多数進出しているタイで発生した洪水。連載「知っておきたいASEAN事情」の著者・栗田氏が現地の状況をレポート。(2011/11/2)

情報システムから見た海外生産シフト(5):
ケータイだけじゃなかった! 「ガラパゴス」生産管理
会社はグローバルになったけれど、生産管理業務は相変わらず「ガラパゴス」? 海外移転に適さない仕組みを見抜く目を身に付けよう(2011/3/3)

情報システムから見た海外生産シフト(4):
いま、なぜサプライチェーン管理を見直すべきなのか
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業が これから進むべき道を考える。(2010/8/4)

情報システムから見た海外生産シフト(3):
現場管理が生産管理システムを動かすポイント
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業が これから進むべき道を考える。(2010/5/24)

情報システムから見た海外生産シフト(2):
システムが動かないのは彼の年収を3倍にするため?
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業がこれから進むべき道を考える。(2010/4/14)

情報システムから見た海外生産シフト(1):
変わりつつある国内/海外工場のスタンス
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業がこれから進むべき道を考える。(2010/3/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。