ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「freee」最新記事一覧

IBMの「FinTech共通API」、freeeやマネーフォワードら5社と接続検証
IBMは、同社が提供している「FinTech共通API」について、freee、マネーツリー、マネーフォワードらFinTech関連サービスを提供する企業5社と接続検証を実施した。(2016/6/28)

顧客にとって「本質的(マジ)で価値ある」とは、どういうことか?:
PR:今、最も勢いのあるFinTech企業の1つ「freee」が明かすクラウドサービス開発の裏側とエンジニアの価値
中小企業向けクラウド会計・給与ソフトを開発・提供するfreeeにおけるシステム開発の事例や人材採用・育成戦略から、「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方や、手法をITアーキテクトの視点で考察したい。(2016/5/26)

本当に“使える”会計ソフトを探せ:
「え? これだけでいいの?」 サクッとクリックで8割完成 気が重い確定申告を「freee」で楽々突破
年に1度の確定申告、気が重い――クラウド会計ソフト「freee」なら質問に答えるだけで8割完成。憂鬱な気持ちを引きずらず、1日でサクッと終わらせてしまいましょう。(2016/2/19)

開発者支援体制も強化:
freeeがAIを使った経営分析ツールと連携
freeeでAIを使った経営分析ツールも連携可能に。開発者向けAPI提供プログラム「freee Developers Community」も本格始動させる。(2016/1/19)

freee、確定申告書作成機能をリニューアル 質問に答えるガイド式に
クラウド会計ソフト「freee」の確定申告書作成機能が質問に回答していくガイド式にフルリニューアルされた。(2016/1/5)

会計士は10年後には不要に?――freeeが考える、生き残りの鍵は「リアルタイム経営パートナー」
公認会計士、税理士の付加価値を高めていくために――クラウド会計ソフト「freee」が新たなプロダクト開発の構想を発表。データを活用し、コンサルティングや業務効率化につなげる「リアルタイム経営パートナー」を生み出すことを目指す。(2015/12/16)

“5分で会社が作れる”「会社設立 freee」、合同会社にも対応
会社設立に必要な書類を自動作成できる「会社設立 freee」が合同会社の設立にも対応した。(2015/11/27)

IDCフロンティア×freeeトップ対談:
PR:事業成長の陰にあるもの、ビジネスイノベーションを起こす組織の条件とは?
伸び悩む日本経済、少子高齢化などで先細りする日本市場――。将来が不透明なこの時代に企業リーダーは何を指針に経営に取り組むべきか。クラウド/データセンター事業を手掛けるIDCフロンティアの中山社長と、クラウド会計ソフトスタートアップのfreee・佐々木社長が対談した。(2015/10/30)

freeeに新機能、Dropboxに入れた証憑を自動取り込み
Dropboxに保存した領収書や請求書のスキャンデータが自動で会計ソフトと連携――。フリーが同社の会計ソフトFreeeに新機能を追加した。(2015/9/7)

クラウド会計ソフト「freee」が35億円調達 マイナンバー対応機能など開発加速
クラウド会計ソフトのfreeeが総額35億円の第三者割当増資。調達した資金でマイナンバー対応機能の開発を加速させるなど、「スモールビジネスを支えるフォーム化」を目指す。(2015/8/24)

“5分で会社が作れる”「会社設立 freee」 書類作成から口座開設までワンストップ
Q&A形式で必要事項を入力すると会社設立に必要な書類を自動で作成できるオンラインツール「会社設立 freee」がリリースされた。利用は無料。(2015/6/23)

“持たない”という選択肢:
月980円、freeeが中小・税理士向けマイナンバー管理サービス
クラウド会計・クラウド給与計算のfreeeが、マイナンバー対応ためのクラウド型新ソフト「マイナンバー管理 freee」を発表。2015年冬の開始に向け、事前登録の受け付けをはじめた。(2015/6/10)

マイナンバーにも対応:
freeeが目指すクラウド完結型社会――2015年の「3つの変化」とは?
クラウド会計ソフトやクラウド給与計算ソフトを展開するfreeeが2015年度の事業戦略を発表した。同社の狙いはバックオフィスに残るデータを完全にクラウド上に持っていくことだ。(2015/4/21)

クラウド会計ソフト「freee」、日本初「e-Gov API」活用 労働保険更新が可能に
クラウド会計ソフト「freee」の新機能として、労働保険の更新が可能になる。APIを利用し、クラウドサービス上で行政手続きが完結する。(2015/4/21)

税業務のマイナンバー対策にも期待:
FinTech系クラウド会計 A-SaaSとfreeeが提携、データ連携開始
税理士向けクラウド会計「A-SaaS」と個人事業主・小規模法人向けクラウド会計「freee」が提携。freeeの仕訳データをA-SaaSで取り込めるようにし、個人事業主+中小規模法人から委託する税理士の税務・申告まで、一気通貫での税務対応を実現する。(2015/4/15)

お茶でも飲みながら会計入門(98):
【やってみた】クラウド会計ソフトを使って確定申告の計算をしてみた
元ITエンジニアで現会計士の吉田延史さんが会計用語や事象を解説する本連載。今回は話題のクラウド会計ソフト「freee」の体験リポートです。(2015/3/4)

クラウド会計ソフトfreeeレビュー:
親切すぎ? UIが変わった「freee」で確定申告書を作成してみた
クラウド会計ソフトのfreeeが平成26年分の確定申告を前にユーザーインタフェースを変えてきた。果たして「確定申告ナビ」の使い勝手はどうだろうか?(2015/2/3)

溜めてしまった領収書、スキャンマンがデータ化してfreeeにアップロード
訪問型スキャンサービスを展開するスキャンマンが、クラウド会計のfreeeと連携。オフィスや自宅で領収書や請求書をデジタル化し、freeeのファイルボックスのアップロードまでを代行する。(2015/1/19)

確定申告で1番大変なのは「日々の記帳」――freee調査
平成26年分の確定申告が2月16日から始まる。今回は、白色申告の記帳義務化が行われてから最初の確定申告だ。(2015/1/8)

受託型に特化した業務管理システム「board」、クラウド会計のfreeeと連携
board上の請求済データを売上として、請求書受領済データを費用として、自動的にfreeeに計上できる。(2014/12/18)

確定申告2015:
「freee」「MFクラウド」そして「やよい」、どのクラウド会計ソフトで確定申告したらいいのか?
freeeやマネーフォワードが切り開いたクラウド会計サービスという分野。いよいよ圧倒的なシェアを持つ弥生が参入してきた。ところが、思いもよらぬ落とし穴が。果たして2015年の確定申告はどうすべきか?(2014/10/21)

面倒な転記にさよなら:
スマホ決済の売り上げデータ、自動で会計ソフトに――freeeとCoineyが連携
手間のかかる帳簿への入力作業。それを全自動化し作業効率を大幅にアップするのが、クラウド会計ソフト「freee」とクレジットカード決済サービス「Coiney」の連携だ。(2014/10/10)

仕事で使えるWebサービス:
「freee」なら面倒な給与計算業務も1クリックで完了
「クラウド給与計算ソフト freee」の正式版がリリースされた。「給与計算業務の知識がなくても使える」という。(2014/10/7)

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(3):
freee創業者インタビュー――走り出したら「何でもやる」、それまでは「目の前のことを頑張る」
目的は「起業」でも「会計ソフトを作ること」でもなかった。かなえたいことを最適な方法で実現させる、そのためにfreeeを立ち上げた。(2014/10/7)

【新連載】新しい働き方、新しいオフィス:
なんでもハック! クラウド会計「freee」の新オフィスに潜入した
クラウド会計ソフト「freee」が導入10万事業所を突破した。サービスの拡張につれ社員数も増え、新オフィスへと移転した。「なんでもハックしよう」が社是のfreee流オフィスとは?(2014/7/16)

脱「Excel」をクラウドで:
複雑な給与計算を1クリックで終わらせる「クラウド給与計算ソフト freee」
中小企業の経営者が決算作業の次に「負荷が高い」と思っている給与計算作業。freeeは、従業員1人当たり約28分かかる給与計算を1クリックで終わらせる。(2014/5/20)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
クラウド会計で常識を変える freeeが打つ次の一手
今年に入りシリコンバレーのVCから総額8億円の資金調達を行うなど勢いに乗っているのが、中小企業向けのクラウド型会計サービスで事業拡大を図っているfreeeだ。(2014/5/13)

クラウド会計「freee」、Androidアプリに対応
個人事業主や中小企業の会計処理をクラウド化するfreee。iOSに続き、Androidスマホからも取引収支の登録ができるようになった。(2014/4/3)

クラウド会計ソフト「freee」、スマホでカード決済の「Square」と連携
全自動のクラウド型会計ソフト「freee」が、クレジットカード決済サービス「Square」と連携。Squareで決済した売上データが自動でfreeeに反映される。(2014/3/25)

クラウド会計「freee」、無料POSレジアプリ「Airレジ」との連携を発表
小売業や飲食業などの経営者にとって本業とは別の会計・経理業務。無料POSレジアプリ「Airレジ」とクラウド会計ソフト「freee」を使えば、もっと簡単にストレスなく処理できるようになる。(2014/3/19)

クラウド会計ソフト「freee」がリクルート「Airレジ」と連携 売り上げデータを自動で帳簿に
クラウド会計ソフト「freee」とリクルートライフスタイルの無料POSレジアプリ「Airレジ」の連携がスタートした。日々の売り上げデータを自動で帳簿に記録できる。(2014/3/19)

消費税8%時代の確定申告:
クラウド? パッケージ? 青色申告ソフトの選び方
これまで8年間、パッケージソフトで確定申告をしてきた筆者。最近、話題のクラウド会計ソフト「マネーフォワード 確定申告」と「freee」の使用感を検証した。(2014/3/4)

クラウド会計ソフト「freee」、専用iPhoneアプリをリリース
クラウド型会計ソフトを提供するfreeeが、iOS向けアプリをリリースした。入出金取引の登録や、売掛・買掛金の閲覧、当月収支の閲覧が可能。今後Android版もリリースする予定だ。(2014/2/17)

freeeが青色申告サポートを開始、「Dr.Wallet」との連携も
クラウド型会計ソフトを提供するfreeeは、確定申告に備えたサポートサービスを開始した。土日祝を含むメール問い合わせやチャットサポートのほか、期間限定で家計簿サービス「Dr.Wallet」と連携したレシートの取り込みにも対応する。(2014/2/6)

起業時の口座開設に後悔しないために:
「世界一ラクにできる銀行比較」サイト、freeeがオープン
クラウド型会計ソフトを提供するfreeeは、法人や個人事業主が銀行口座を開設する際に役立つサイト「世界一ラクにできる銀行比較」をオープン。都道府県別に手数料や営業時間、freee対応の有無などをチェックできる。(2014/1/31)

確定申告シーズン到来:
Macでも使える会計ソフト「freee」 2014年はさらなる飛躍を
2013年3月にリリースし、2万5000を超える事業所が登録しているクラウド型会計ソフト「freee」。白色申告の記帳義務化や消費増税への対応など、2014年は何かとトピックが多い経理・会計業務。「freeeを使えば、その作業が何倍にも楽にできる」と佐々木CEOは話す。(2014/1/20)

クラウド会計ソフト「freee」、ネット確定申告e-Taxに対応
全自動クラウド型会計ソフトの「freee」が、e-Tax(国税電子申告・納税システム)に対応した。freeeを使って青色申告・白色申告決算書(一般用)をオンライン上で申告できる。(2014/1/17)

freeeでやる青色申告:
全自動クラウド会計ソフト「freee」は簿記の知識ゼロでも使えるか
個人事業主なら誰もが欲しい、青色申告特別控除65万円。そのために必要な複式簿記の記帳が自動でできるという会計ソフト「freee」を試してみました。(2014/1/16)

クラウド会計ソフト「freee」、確定申告時の不動産所得用決算書に対応
freeeは確定申告シーズンに備え、貸家などを営む個人事業主から要望があったという不動産所得用の決算書作成に対応したと発表した。(2014/1/9)

年内には2万5000件を見込む:
クラウド会計ソフト「freee」、リリース8カ月で登録数2万件を突破
2013年3月にリリースした全自動のクラウド会計ソフト「freee」の登録事業所数が2万件を突破した。青色申告シーズンに突入したことから、年内には2万5000件を見込む。(2013/12/12)

クラウド会計ソフト「freee」、スマホ家計簿アプリ「ReceReco」と連携
中小企業や個人事業主向けクラウド型会計ソフト「freee」が、App Storeで人気の会計簿アプリ「ReceReco」と連携した。ReceRecoは11月28日にAndroid版もリリース。レシートをスマートフォンで撮影するだけで、freeeに会計情報を自動反映する。(2013/11/29)

特に個人事業主にはオススメ:
freeeの自社ブログ「経営ハッカー」は業務効率化に役立つヒント集
クラウド型会計ソフト「freee」を提供する同社運営の「経営ハッカー」は単なる自社ブログではない。freee自身が体験した起業から経営に至る際に経験した役立つノウハウが多数掲載されている。運営方針などを佐々木大輔CEOに聞いた。(2013/11/20)

クラウド会計ソフト「freee」、セゾンカードのクレディセゾンと提携
freeeとクレディセゾンは、相互のユーザー向けに各種優待サービスを提供する。カード会員はfreeeの年間プランを2カ月間無料で延長できるほか、freeeのユーザーには、カード入会でギフト券をプレゼントする。(2013/11/12)

Coiney、freee、ユビレジ使う先端カフェ「factory」オーナーが今注目しているモノ
クリエイターらが集まるカフェ「factory」は、クレジットカード決済「Coiney」やクラウド会計「freee」、POSレジアプリ「ユビレジ」などをいち早く導入している。オーナーの西原典夫さんにそれら最新サービスを選んだ理由などを聞いてみた。(2013/10/31)

バックオフィスを効率化して今こそ本業に専念を:
進むクラウド会計の世界、全自動「freee」は中小企業の救世主となるか
IE対応は後回し、Mac対応、どこからでも使える。全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」は中小企業の会計処理を何倍にも効率化してくれる。外部ツールとの連携も強化し、いま最も勢いがある会計ソフトを作り出しているfreeeの佐々木大輔代表取締役に話を聞いた。(2013/10/25)

POSアプリ「ユビレジ」とクラウド会計「freee」が提携:
iPadでレジと決済が安く簡単に――渋谷コワーキングカフェ「factory」の会計はオシャレ
iPadで使えるPOSレジアプリ「ユビレジ」とクラウド会計「freee」が提携。導入した渋谷のコワーキングカフェ「factory」で話を聞いてきた。(2013/10/11)

新製品合同レビュー
会計のプロが見た、クラウド会計ソフト「freee」の評価と課題
クラウドベース、銀行口座の入出金情報を自動取得などこれまでの会計ソフトにはない先進的な機能を盛り込んだクラウド会計ソフト「freee」が注目されている。公認会計士など会計のプロはfreeeをどう評価するのか。(2013/7/10)

クラウドERP製品カタログ【第12回】CFO
Macでも使える「freee」は「会計ソフト難民」を救うか
口座と連動し自動で帳簿作成――会計ソフト「freee」は従来の会計ソフトにない先進的な機能を備える。クラウドベースで提供され、Macでも利用可能。中小企業や個人事業主に多い「会計ソフト難民」を救えるか。(2013/6/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。