ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フリーミアム」最新記事一覧

イベントレポート:
侍だけではデジタルビジネスのセキュリティ対策として不十分である理由
ガートナー ジャパンは2016年10月5日から7日にかけてCIO向けカンファレンス「Gartner Symposium/ITxpo 2016」を開催した。本稿ではその中から、セキュリティ関連のセッションを紹介する。(2016/10/14)

遅すぎた? 「Spotify」ついに日本上陸 そのインパクトは
ついに日本上陸した音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」。9月29日からエントリー制でサービスを開始し、11月から本格的にローンチする。世界大手が日本市場に与えるインパクトは?(2016/9/29)

チャットツールは成熟期に突入した
チャットツール「Slack」の快進撃が止まらない、UC市場も侵食か
チームチャットアプリケーションの機能が豊富になるのに伴い、企業での利用が広がり始めている。同時に、本格的なユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォームとの境界線も曖昧になりつつある。(2016/9/14)

戦略コンサルの論考を変革のヒントに(2):
ハード屋がソフトの世界で成功するための5つのヒント
戦略コンサルティング企業が発信する論考や調査レポートから、モノづくり業界の皆さんに示唆をもたらす記事を紹介する連載の第2回。今回は、ボストン コンサルティングが提言する「ハードウェアメーカーがソフトウェアの世界で成功する方法」をピックアップ。その“5つのキーポイント”を読み解きます。(2016/7/19)

ベーシックプランは2台まで:
値上げされた「Evernote」 ユーザーは他サービスに移行すべき?
人気のクラウドノートサービス「Evernote」が料金改定し、無料プランはアプリの利用が2台まで、有料プランは値上げされた。このままEvernoteを使い続けるべきか、それとも他のサービスに乗換えるべきか……。(2016/7/8)

Samsungのスマート冷蔵庫に見る「データと引き換えに何かを得る」時代とは?
スマート家電はさまざまな分野でスマホの普及とともに進化を遂げてきた。そして今、新しいビジネスの形が生まれようとしている。(2016/4/18)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(49):
2015年度末! 水野的 3Dデータ関連動向まとめ
2015年度も終わりということで、ここ1年の3DプリンタやCAD関連の動きについて、水野的にまとめてみました。(2016/3/31)

半径300メートルのIT:
もし明日、クラウドサービスが使えなくなったら……
フリーミアムのクラウドサービスが転機にさしかかっている。メジャーなサービスが相次いで“本業に専念する”ことを打ち出し、周辺サービスをクローズし始めたのだ。この流れは何を意味しているのか……。(2016/3/23)

セカオワのアジア進出も支援 聴き放題の「KKBOX」がリアルな音楽事業も手掛ける理由
台湾発の音楽聴き放題サービス「KKBOX」。日本を含むアジア6地域で1200万会員を擁する先駆者は相次ぐ新規参入をどう見ているのか? 主催する「KKBOX Music Awards」に合わせて取材した。(2016/2/18)

低予算でも意外と使える
無料版「Skype」でどこまでできるか徹底検証 「Skype for Business」は必要?
実際の業務にフル機能の「Skype for Business」は必要なのか。無料版の「Skype」でどこまで代替可能なのか。本稿で検証する。(2015/11/15)

データを活用する文化を根付かせるために:
これからの企業には誰もが手軽にデータを分析、活用できる環境が必要――マイクロソフトが目指すデータプラットフォームとは
データ分析の結果をビジネスに生かすという発想は以前からある。しかし、専門家が現場を見ずに構築した分析システムを持ち込んだのでは、役に立たないこともしばしば。誰もが使える分析ツールを現場が自ら活用して、ビジネスの意思決定に役立てるべき、というのがマイクロソフトの考えだ。(2015/9/14)

EdTechフロントランナー【番外編:葵編(第2弾)】
生徒からファンレターが殺到、進化する無料ネット学習塾「アオイゼミ」の今
一般の学習塾と同等レベルの講義を安価に提供するインターネット学習塾「アオイゼミ」が、着実に進化を遂げた。派生サービスである「サクラス」も併せて、その今を追う。(2015/8/7)

日本マイクロソフトの平野新社長が語る、変革へのビジョンと経営者の視点
人事発表から4カ月、日本マイクロソフトの新社長に平野拓也氏が就任。具体的なビジョンや経営方針について説明した。社長に就任したことで、物事を判断するための考え方も確立したという。(2015/7/3)

視点:
デジタルヘルスの本質を見極める
2020年にはグローバルデジタルヘルス市場は、1000億ドルの規模に成長するといわれている。しかし、その市場性についてはいまだ不透明な点が多い。あらゆる企業が期待を寄せる「デジタルヘルス」という巨大市場の本質はどこにあるのだろうか。(2015/6/22)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Music」の可能性――世界で、そして日本で支持されるのか?
久々に“One more thing”のフレーズが飛び出した「WWDC 2015」の基調講演。その正体である「Apple Music」を中心に、発表内容が示すAppleの変化を考察する。(2015/6/11)

世界音楽市場、2014年にデジタルが初めて物理メディア超え 定額制ストリーミングの台頭で
2014年の世界音楽市場は、Spotifyなど定額制ストリーミングの加入者増加でデジタルの売上高が初めて物理メディアを超えた。(2015/4/15)

PR:産みの親が語る「Simeji」のこれまでとこれから――純国産アプリが見た“これが世界か!”
AndroidだけでなくiPhoneでも人気のスマホ向け日本語入力アプリ「Simeji」。たった2人で始めたプロジェクトが、世界規模のネット企業に買収され、人気アプリに成長した経緯を産みの親に聞いた。(2015/2/16)

本田雅一の「TV Style」:
「Netflix」の日本上陸がもたらすもの
以前から話のあった「Netflix」の日本上陸が正式に発表された。本稿ではNetflix参入によって、日本におけるコンテンツ視聴にどのような影響があるかについて考察してみたい。(2015/2/5)

積極的な情報公開で信頼を回復したい――バイドゥが事業戦略を説明、「Simeji」新製品も明らかに
スマホ向け日本語入力アプリ「Simeji」を提供しているバイドゥが事業説明会を開催。中国のネットビジネスでシェアナンバーワンを誇る同社が、日本市場を重視する理由を説明した。(2015/2/3)

製造ITニュース:
明日の出荷は“人工知能”との対話で決めろ! クラウド型「ワトソン」提供開始
IBMは新たに自然対話型人工知能「ワトソン」によるデータ分析をクラウドサービスとして利用可能な「IBM Watson Analytics」の提供開始を発表した。(2014/12/18)

スマホから"無料"で読めるマンガアプリ5選
スマートフォンやタブレットから、誰もが知ってる人気マンガや新鋭のアマチュア作品までチェック。(2014/12/11)

「私たち、無料です」──フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」のWebサイト公開
「肖像権にサヨナラをします」(2014/11/21)

eBookマーケットリーダー:
「何年前のマンガ」が無料で読めるのか? 現状を検証する
過去のマンガ作品を、フリーミアムで提供する……というビジネスモデルが注目されている。では一体、何年前の作品が読めるのだろうか。(2014/11/12)

クレカ業界に訪れる変化:
買い物直後にクーポン配信、JCBがクレジットカードで「O2Oビジネス」を始めたワケ
クレジットカード業界に転機が訪れている。カード払いに対応する店舗が一般的になってきた今、カード各社がサービスで差別化を図る方針に切り替えつつあるのだ。国内大手のジェーシービーが今秋、決済システムとビッグデータを連携させたクーポン配信サービスを始めた。その狙いはどこにあるのか。(2014/11/6)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
“できる営業マン”を育成支援するナレッジスイート
SFAやCRMなどのSaaSサービスを提供するナレッジスイートがサービスの拡充を加速している。目指すのは優秀な営業マンの育成だ。(2014/11/5)

Weekly Memo:
WatsonとSiriは“化学反応”を起こすか
IBMが人工知能技術「Watson」を活用した分析サービスを発表した。先頃提携したAppleの音声認識技術「Siri」と組み合わせれば、新たな“化学反応”が起きるかもしれない。(2014/9/22)

オンライン学習の今(後編):
「目先の数億円には興味ない」――スクーが目指す“ナンバーワン”の教育プラットフォームとは?
先が見えない時代に必要とされる“社会人の学び”とはどのようなものなのか――。「学びに『卒業』はない」「これからの採用は学習ログによる人物考査が決め手に」と話すスクーの森社長が目指す、教育プラットフォームの姿に迫る。(2014/8/4)

モバイルPOS「スマレジ」に月額無料プラン登場
「スマレジ2」にバージョンアップ。クレジットカード決済手数料が3.24%になったほか、初期費用と月額費用が無料のフリーミアム化で導入拡大を目指す。(2014/7/1)

「大辞泉」アプリ無料化が終了 “ソシャゲ風課金”に挑戦も収益につながらず
iOS向け辞書アプリ「大辞泉」が再び有料化。「ソーシャルゲーム風課金」機能を実装した無料モデルは「収益に結びつけることができなかった」という。(2014/4/8)

日本では“まだ”使えない「Office for iPad」、利用条件と「Office 365」をおさらい
日本ではまだ(2014年4月現在)使えないiPad向けMicrosoft Office「Office for iPad」だが、いくつかの条件を満たせば使えるケースがあるようだ。今回は参考──ということで、利用事例を紹介しよう。(2014/4/4)

転換期にあるMicrosoftのビジネスモデルを知る:
無償提供の「Office for iPad」、なぜ日本で使えなかったのか
iPadで使えるMicrosoft Office、「Office for iPad」が登場した。Microsoftの戦略と意図とは何か、そして「日本での提供が遅かった」のはなぜだろうか。(2014/4/4)

Javaの常識を変えるPlay framework入門(終):
PlayアプリをPostgreSQL対応してHerokuにデプロイ&自動テスト
サーブレット/JSPを基にする重厚長大なJavaのWeb開発のイメージを変える軽量フレームワーク「Play」について解説し、Webアプリの作り方を紹介する入門連載。最終回は、作成したアプリを簡単にWeb上に公開する方法とPostgreSQL対応、テスト環境の構築と自動テストの実行の仕方を解説します。(2014/1/22)

「お金がかかるのは変」 無料の受験動画サイト「manavee」作った東大生 プログラミング未経験から5万人が使うサイトに
高額な受験予備校に疑問を持ち、完全無料の受験動画サイトを作った東大生がいる。利用者は月5万人。運営費用はほとんど自腹。「教育の地域格差、経済格差を解消したい」という。(2013/11/22)

Oysterの定額制電子書籍サービスがiPadアプリとともに公開
月額約10ドルで電子書籍が読み放題の「Oyster」は定額制のサービスモデルを根付かせることができるだろうか。(2013/11/13)

アンケートツール「SurveyMonkey」、カテゴリ別の設問データベースを提供
Webアンケートツール「SurveyMonkey」に「質問バンク」機能が追加。カテゴリ別に有効な設問/回答例を掲載し、アンケート作成を支援する。(2013/9/18)

レコード会社の代わりに楽曲を宣伝します――ユードー南雲氏に聞く「SPOT MUSIC」の狙い
ユードーが提供している「SPOT MUSIC」は、ミュージシャンが宣伝した楽曲をリスナーが聴いて“応援”をすることで、ポイントがもらえるという新しいタイプの音楽サービス。新しい音楽ビジネスの創出を狙う南雲氏に、開発の背景を聞いた。(2013/8/9)

UXClip(33):
和製GitHubの「gitBREAK」は「儲からなくてもいい」
和製GitHubの「gitBREAK」は「P/L(profit and loss)は追いかけない」らしい。彼らが目指す「遠くても大きな利益」とは?(2013/7/3)

1日1章無料で読める「フリーミアム電子書籍アプリ」、GMOモバイルがリリース
GMOモバイルが、毎日1章ずつを無料で読める「フリーミアム電子書籍アプリ」をリリース。購入版は広告なしで読むことができ、途中まで読み進めてから購入する場合、残りの分量によって価格が変わる。(2013/5/24)

GMOモバイル、無料で読める「フリーミアム電子書籍アプリ」
GMOモバイルが課金なしで最後まで読むことも可能な「フリーミアム電子書籍アプリ」を発表。第1弾書籍は「サラリーマンのサバイバル生存術」。(2013/5/23)

ユードー創立10周年から学ぶiOSアプリ開発:
ユードーのノウハウを提供します――南雲氏が語る、iOSアプリの作り方と次の一手
「ピアノマン」「斉藤さん」などのユニークなスマホアプリを世に送り続けているユードーが、11日に「ユードー創立10周年から学ぶiOSアプリ開発」と題したセミナーを開催。南雲玲生氏が、アプリ開発で心がけていること、失敗事例、大手に対抗するための秘策などを説明した。(2013/4/15)

Dublin Web Summit 2012:
変革期のモバイルゲーム業界、次の「Angry Birds」になるには――新興ゲーム企業が討論
スマートフォンの登場で、参入のハードルが下がったモバイルゲーム業界。この市場で成功を収め、それを維持するためには何が重要なのか。Dublin Web Summit 2012のパネルディスカッションで新興ゲーム企業のトップが討論した。(2012/11/6)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
人はなぜ“だれかの体験”に金を出すのか?――クラウドファンディングが育てるもの
スロバキアの学生が描く原発ドキュメント映画、被災地・石巻での神輿復元プロジェクト。日本発のクラウドファンディング「キャンプファイヤー」が灯すのは、人と人を結ぶかがり火だ。(2012/6/7)

アニメビジネスの今:
制作量は日本の2.5倍でも……中国アニメーション産業の光と影
政府の強力な後押しによって、中国のテレビアニメの制作分数は2008年に日本を越え、現在では約2.5倍にもなっている。筆者は先日行われた中国最大のアニメフェア、杭州アニメーション・フェスティバルを訪れ、一躍アニメーション大国となった中国の内情を探った。(2012/5/15)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
“ゼロ円ビジネス”への挑戦 メインソリューション
世の中の役に立たねば、その会社は不要になる――。強烈な危機意識を持って設立された大阪のIT会社が目指すものとは……。(2012/4/27)

「PlayStation Suite」開発者向けSDKが一般公開 正式版ではゲーム販売が可能に
Android端末などでプレステクオリティのゲームを楽しめる「PlayStation Suite」の開発者向けSDKが一般公開された。(2012/4/19)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その44):
スマホ? コンソール? ソーシャル? ゲーム市場の行方
サンフランシスコGDCに行ってきたくねくねハニィが8カ月ぶりに記事を書いたらしい。最近変貌するゲーム市場を雑多に語ってるみたいなんで読んでみてもよろしこ……(なんか書き方忘れた)。(2012/4/5)

jig.jp、Android向けブラウザアプリ「jigbrowser+」β版を提供
表示しているWebページを友人と共有できる機能を備えたAndroid向けブラウザアプリ「jigbrowser+」β版が提供された。(2012/2/22)

今使っているセキュリティソフト、本当に満足していますか?:
「ずっと無料」──ジャストシステム、自社開発の総合セキュリティソフトを無償提供
ジャストシステムが「無料」のセキュリティソフトを公開。「PC利用者に最適なセキュリティソフトはまだない」とジャストシステムが自社開発した。(2012/2/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ソーシャルゲーム全盛時代に「PS Vita」はどう離陸するのか
12月17日に控えたPlayStation Vitaの発売を前に、ソニー・コンピュータエンタテインメントの社長兼CEO、アンドリュー・ハウス氏に話を聞く機会を得た。SCEはカジュアルゲーム市場がソーシャルゲームに浸食されつつある中で、PS Vitaをどう普及させていくのだろうか。(2011/12/15)

小寺信良「ケータイの力学」:
スマートフォン化で変化するビジネスモデルとキャリアの責任
スマートフォンの普及でケータイ市場そのものが大きく変化している。もちろん、ユーザーが受ける変化も大きい。例えばスマートフォンの場合、3GかWi-Fiかで、フィルタリングの提供義務を果たすべき事業者が別れてしまう。(2011/12/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。