ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フジノン」最新記事一覧

富士フイルム、フルサイズを超える中判ミラーレス「GFX 50S」来春発売
富士フイルムが中判サイズのミラーレスカメラシステム「GFX」を発表。2017年春から、同システムを備えたミラーレスカメラ「GFX 50S」と対応レンズ計6本を順次発売する。(2016/9/20)

FAニュース:
2.7µmピクセルピッチに対応したマシンビジョンカメラ用レンズ
富士フイルムは、製造ラインの製品検査や計測などで使用する、マシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF-12M」シリーズを2016年6月中旬に発売する。画面全域で2.7µmピクセルピッチに対応している。(2016/3/29)

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 中望遠単焦点レンズ編
「FUJIFILM X-T10」に最適なレンズを考える企画の第3弾は“中望遠単焦点レンズ”。これが1本あるだけで、ポートレート、風景、スナップなどの撮影の幅が広がる。(2016/1/8)

交換レンズ百景:
スナップ、ポートレート、風景と幅広く使える――富士フイルム「XF35mmF2 R WR」
35ミリ判換算で約53ミリの焦点距離を持ち、オールマイティーに使える「XF35mmF2 R WR」は、軽量コンパクトでフットワークよく撮影できるレンズだ。ポートレートレンズとしても優秀である。(2015/11/9)

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 広角単焦点レンズ編
初心者にも扱いやすい軽量コンパクトなミラーレス一眼「FUJIFILM X-T10」。だいぶ使い慣れてきて、一つ上のレンズを求めるようになった人に最適なレンズを考えたい。(2015/10/30)

富士フイルムが「XF35mmF2 R WR」と1.4倍テレコンバーターを発売
富士フイルムが、レンズロードマップで発表していた「XF35mmF2 R WR」と「テレコンバーター XF1.4X TC WR」を発表。11月19日に発売する。(2015/10/21)

「FUJIFILM X LOVERS」3周年記念:
PR:プレミアムコンパクトデジカメ「FUJIFILM XQ2」を2人にプレゼント!
「FUJIFILM X LOVERS」のオープン3周年を記念し、人気の高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM XQ2」が当たるキャンペーンを実施します。ぜひご応募下さい。(2015/9/7)

交換レンズ百景:
15センチまで寄れる、明るい広角単焦点――富士フイルム「XF16mmF1.4 R WR」
防じん防滴かつ耐低温性能を備える単焦点レンズ「XF16mmF1.4 R WR」は、最短撮影距離15センチを実現した、“明るくて寄れる”高性能なワイドレンズだ。(2015/5/29)

ボケ味のある背景を取り込める:
15センチまで接写可能な明るい大口径単焦点レンズ「フジノンレンズXF16mmF1.4 R WR」
富士フイルムが、広角24ミリ(35ミリ判換算)、開放F値1.4で15センチまで接写できる大口径単焦点レンズ「フジノンレンズ XF14mmF1.4 R WR」を発表。5月21日から販売する。(2015/4/16)

高速・静音・明るいズームレンズ「フジノンレンズ XF 16-55mmF2.8 R LM WR」
全域でF値2.8の明るいズームレンズ「フジノンレンズ XF 16-55mmF2.8 R LM WR」を富士フイルムが発表。防じん・防滴・耐低温設計、高速・静音ズームで、さまざまなシーンでの撮影に対応する。オープン価格で、実売予想価格は13万円前後(税別)。2月26日発売。(2015/2/5)

富士フイルム、高速AFが魅力のプレミアムコンデジ「FUJIFILM XQ2」を2月26日発売
富士フイルムが2月5日、「X-TransTM CMOS II」センサーやF1.8の明るいレンズを備えたプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XQ2」を発表した。発売日は2月26日。(2015/2/5)

交換レンズ百景:
立体感が引き立つアポダイゼーションフィルターの魅力――富士フイルム「XF56mmF1.2 R APD」
ポートレート向きの中望遠レンズ「XF56mmF1.2 R」に、世界初のAF対応アポダイゼーションフィルターを内蔵した「XF56mmF1.2 R APD」という姉妹モデルが登場した。立体感がググッと引き立ち、背景は空間に自然に溶け込んでいくような描写が得られる。(2014/12/22)

当日返却なら無料:
「FUJIFILM X-T1」と好きなレンズが借りられる、富士フイルムサービスステーションへ行ってみた
富士フイルムがサービスステーションで実施しているレンタルサービスをご存じだろうか。FUJIFILM X-T1のボディと、主要なXマウントレンズを借りて試すことができる。当日返却なら無料で利用できるこのサービス、気になる製品があるなら利用しない手はない。(2014/12/17)

「EISAアワード2014-2015」発表 国内主要メーカーの多くの製品が受賞
欧州の権威ある賞、「EISAアワード」が発表された。2014-2015年はX-T1やEOS Kiss X70、D4s、OM-D E-M10、LUMIX DMC-GH4、α7R、PENTAX K-3などが受賞した。(2014/8/19)

防塵防滴システムで撮る海と水着と動物――「FUJIFILM X-T1」×「XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」
人であふれる夏の海は、水しぶきや砂ボコリ、したたる汗などカメラやレンズにとっては最悪の条件。そんな場所でも活躍してくれるのは、防塵防滴に対応したカメラとレンズの組み合わせだ。(2014/8/19)

「FUJIFILM X-T1」と「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」がEISAアワードを受賞
富士フイルムの「FUJIFILM X-T1」および「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」が欧州の権威ある賞、EISAアワードの部門賞を受賞した。(2014/8/18)

システムの軽さは最高――X-Photographer、バーン・リッチェル氏が語る「FUJIFILM X」
プロ写真家にとって、「FUJIFILM X」とはどんなカメラなのか。登山家とともに山に登り、過酷な環境で撮影をする機会も多いというドイツの写真家、バーン・リッチェル氏に聞いた。(2014/8/1)

交換レンズ百景:
水しぶきも気にせずオールマイティーに撮る――「フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」
「FUJIFILM X」シリーズ用としては初の防塵防滴仕様を持つこのレンズは、「FUJIFILM X-T1」と組み合わせると、ダストや水しぶきなどを気にせずに撮影できる。ブラリと出かける旅にも向いている。(2014/7/18)

「FUJIFILM X-E2」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!(その3)
個人差はありましょうが“えいっ”と買えるギリギリ価格帯の10万円クラスレンズ。その中でも実用性も加味してプロカメラマンがお勧めをピックアップ。第3弾は個性的な単焦点中望遠や600ミリの超望遠ズームをご紹介します。(2014/3/18)

「X-T1はロマンチック」 海外著名写真家が語るその魅力
「富士フイルム」を日本人ほど身近に感じることが難しい外国人写真家にとって、「FUJIFILM X」シリーズはどのような存在として認識されているか。CP+にあわせて来日した、Jim Marks氏に聞いた。(2014/2/18)

「FUJIFILM X100S」に各種アクセサリ付属の限定ブラックモデル
富士フイルムが「FUJIFILM X100Sブラックリミテッドエディション」を台数限定で販売する。ボディをオールブラックとしたほか、同色のレンズフードやサムレストなどが付属する。(2014/1/23)

FUJINON XFレンズ撮影の作品を集めた「XF LENS GALLERY」
富士フイルムが、FUJINON XFレンズで撮影された作品を集めたスペシャルサイト「XF LENS GALLERY」を公開した。(2013/11/1)

Xマウント向け望遠ズーム「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を5月25日に発売
富士フイルムが、Xマウントを採用した望遠ズームレンズ「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を5月25日から販売すると発表した。合わせてXマウントレンズの最新ロードマップも公開した。(2013/4/17)

画質とスピードを高めたレトロデザインの高級コンパクト――富士フイルム「X100S」
愛好家層に人気の高級コンパクト「FUJIFILM X100」がモデルチェンジを行い、「FUJIFILM X100S」として登場した。新しい撮像素子とエンジンの性能はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。(2013/3/22)

デジタル一眼レンズの楽しみ:
第14回 単焦点ワイドレンズで撮る都会の曲線美――富士フイルム「XF14mmF2.8 R」
富士フイルム「XF14mmF2.8 R」は、同社のミラーレスカメラ「X」シリーズ用の超広角レンズです。ボディと同じく、アナログテイストに満ちたこのレンズを使って、街中の巨大構造物を撮ってみましょう。(2013/2/26)

CP+ 2013:
カメラの命題にデジタル技術で挑む 新FUJIFILM Xが掲げた命題
富士フイルムの新製品「FUJIFILM X100S」「FUJIFILM X20」は、「X100」「X10」の後継モデル。評価の高い機種の後継を企画するにあたって、何を指針としたのか。(2013/2/1)

9タイプすべて本革素材 「FUJIFILM XF1 バーニーズ ニューヨーク モデル」
「FUJIFILM XF1」のバーニーズニューヨークとのコラボレーションモデルが発売される。本革素材にこだわった、9タイプ70台の限定。(2013/1/18)

富士フイルム、お手ごろ価格の5倍ズームタフネスデジカメ「FinePix XP60」
富士フイルムが防水などのタフネス性能を備えたデジタルカメラ「FinePix XP60」を発売する。(2013/1/8)

24〜960ミリ相当光学40倍ズーム搭載、乾電池駆動の「FinePix S8200」
富士フイルムは35ミリ換算24〜960ミリ相当の光学40倍“フジノン”レンズを搭載したネオ一眼タイプの高倍率ズーム機「FinePix S8200」を発売する。(2013/1/8)

2013 Internationa CES:
Xシリーズ第2章へ ローパスレスの「FUJIFILM X100S」「FUJIFILM X20」発表
富士フイルムが2013 CESにて新センサーを搭載した高級コンパクト「FUJIFILM X100S」「FUJIFILM X20」を発表した。レンズ一体型ならではのメリットを生かし、レンズ交換式でもスマホでもない第3極の確立を目指す。(2013/1/8)

進化した光学ファインダー、ローパスフィルターレスの「FUJIFILM X20」
富士フイルムが高級コンパクト「FUJIFILM X20」を発売する。撮影情報を表示する新ファインダーにローパスフィルターレスの「X-Trans CMOS II」、従来比2倍以上の高速化など、デザインは継承しながら大幅な進化を遂げた。(2013/1/8)

ローパスレス&「点像復元」 X-DNAを引き継ぎ高画質化した「FUJIFILM X100S」
富士フイルムが高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM X100S」を発売する。定評あるデザインとレンズはそのままにデジタル処理を大幅に強化。像面位相差AFや回折現象を補正する「点像復元処理」を備えた。(2013/1/8)

オススメモデルピックアップつき:
2012年冬「高付加価値コンパクトデジカメ」の選び方 
スマホカメラに押されがちなコンパクトデジカメだが、画質や利便性、機能など独自の付加価値を持ったモデルが多く登場している。そんな“高付加価値コンパクトデジカメ”をチェックした。(2012/12/11)

「写真すること」――写真家 瀬尾浩司と女優 今宿麻美の場合
各界で活躍する18名のアーティストが「FUJIFILM X」で撮影した作品を展示する写真展「写真すること」が開催される。本展のプロデューサーを務める写真家 瀬尾浩司さんと、作品を展示するモデル・女優の今宿麻美さんにそれぞれの「写真すること」を聞いた。(2012/11/5)

シンプル操作でも楽しめるポケットサイズの「X」――「FUJIFILM XF1」
レンズ一体型のFUJIFILM Xシリーズとしては4モデル目となる「FUJIFILM XF1」を試用した。カメラとしての高い質感を保ちながら、極めてシンプルなデザインとなっており、画質面でもF1.8“フジノン”レンズなどで十分な満足感を得られる。(2012/11/1)

「FUJIFILM X-Pro1」性能向上ファームウェアを試す
富士フイルムのミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro1」が、最新ファームウェアでAFスピードアップやMF操作のブラッシュアップを実現した。その効果をチェックしてみよう。(2012/10/16)

富士フイルム、広角25ミリからスリム8倍ズーム「FinePix JZ250」
富士フイルムが広角25ミリからの8倍ズームレンズを搭載した「FinePix JZ250」を発売する(2012/7/25)

富士フイルム、30倍ズームのネオ一眼「FinePix SL300」
富士フイルムは35ミリ換算24〜720ミリ相当の光学30倍“フジノン”レンズを搭載したネオ一眼タイプの高倍率ズーム機「FinePix SL300」を発売する。(2012/7/25)

富士フイルム、「フジノン XF レンズ」ロードマップを公開
富士フイルムは「FUJIFILM X-Pro1」に対応する交換レンズ「フジノン XF レンズ」のロードマップを公開した。本年秋にズームレンズと広角レンズを投入し、2013年の早い段階でさらに5本を追加、既存3本とあわせて合計10本のラインアップとする。(2012/6/26)

富士フイルム、電子接点付きの「FUJIFILM X-Pro1」 Mマウントアダプター
富士フイルムは「FUJIFILM X-Pro1」にMマウントレンズを装着できる「フジフイルム M マウントアダプター」を発売する。電気接点を備えており、レンズ登録や各種補正が行える。(2012/5/24)

レジャーに最適なタフネスモデル 「FinePix XP50」
富士フイルムが「5メートル防水」「1.5メートル耐衝撃性能」など4つのタフネス性能をコンパクトなボディに搭載したタフネスデジカメ「FinePix XP50」を発売する。(2012/5/23)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ノミネートする部門で明暗が分かれる?――ブルーレイ大賞の舞台裏(後編)
2月15日に発表された「第4回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」。後編では部門別の傾向と受賞作について、審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に詳しく解説してもらおう。(2012/2/29)

レンジファインダー風デザインのミラーレス機――富士フイルム「FUJIFILM X-Pro1」
富士フイルム「FUJIFILM X-Pro1」は、レンジファインダー風の箱型デザインを採用したミラーレスカメラだ。独自の撮像素子が生み出すクリアで精細な描写力と低ノイズの高感度画質に注目したい。(2012/2/24)

写真で見る「FUJIFILM X-Pro1」
富士フイルムが2月18日より販売を開始する、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」(以下、X-Pro1)を写真で紹介する。(2012/1/31)

「FUJIFILM X-Pro1」発売日決定 レンズロードマップも公開
富士フイルムはレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」の発売日を2月18日と決定した。交換レンズのロードマップも公開された。(2012/1/26)

「自分撮りミラー」「自分撮りモード」でキレイに自分撮り 「FinePix Z110」
富士フイルムがボディ前面にミラーを配置、「自分撮りモード」も用意した「FinePix Z110」を発売する。(2012/1/18)

タフネス性能アップ、ダブルロックでトラブル防止 「FinePix XP150」
富士フイルムがタフネス性能を備えたデジタルカメラ「FinePix XP150」を発売する。既存モデルより防水/対衝撃性能を高め、フルHD動画撮影機能も備えた。(2012/1/18)

富士フイルム、選べる2色の乾電池対応30倍ズーム「FinePix S4500」
富士フイルムは三形乾電池対応の30倍ズームレンズ搭載デジタルカメラ「FinePix S4500」を発売する。ボディカラーにはホワイトも用意する。(2012/1/18)

20ミリのスリムボディに5倍ズームレンズ、選べる5色の「FinePix JX700」
厚さ約20ミリのスリムボディに、1600万画素CCDと“フジノン”5倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジカメ「FinePix JX700」を富士フイルムが発売する。カラーは選べる5色を展開。(2012/1/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。