ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「古川享」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「古川享」に関する情報が集まったページです。

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年12月版:
ビジネスメール詐欺が現実に、取引先を偽装
2017年12月のセキュリティクラスタはメールに始まり、メールで終わりました。「Mailsploit」というメールクライアントの脆弱(ぜいじゃく)性が見つかり、検証サイトが公開されて実際の攻撃があったからです。既に海外では流行している「ビジネスメール詐欺(BEC)」では、とうとう国内でも大きな被害に遭った企業が現れました。セキュリティ人材では斎藤ウィリアム浩幸氏が経歴詐称のために注目を集めました。(2018/1/15)

「iTeachersカンファレンス 2017」レポート【第4回】
「VR」(仮想現実)や「MR」(複合現実)は、教育をどう変えるのか?
次々と登場する最新技術を教育にどう活用するか。今後の教育で教員が意識していくべきこととは。教育者チーム「iTeachers」の声を基に考える。(2017/6/30)

太田智美がなんかやる:
80歳を超えたオババが「Swift」でiOSアプリを開発 その裏で起こっていたミラクルストーリー
「今のゲームは若い人が作っている。だから、若い人が勝ってしまう。デイサービスなんかでも、真面目にやったら介護士さんが勝っちゃうんですよ。年寄りにはつまらない。だから年寄りが勝てるゲームを作るんです。そうですね〜このあとは、このゲームに音を付けたいですね」(マーちゃん)。(2017/2/24)

太田智美がなんかやる:
脳梗塞で倒れた古川享さんの頭の中はどうなっていたのか MRI画像をもとにVR映像を作成 脳内散歩してきた
脳みその中に……入る?(2016/12/9)

立ちどまるよふりむくよ:
DTMの夜明けを告げた「ミュージくん」とPC-9801がいたあの頃
カセットテープとビデオテープからなつかしい音と映像が出てきた。DTMという言葉を定義付けた「ミュージくん」という製品を使ったものだ。(2016/7/4)

「本番データを消したことあるエンジニア」募集 求人元のBASEに理由を聞いてみた
ネットベンチャーのBASEが「本番データを消したことのあるシニアエンジニア」を募集して話題になっている。その狙いを同社CTOに聞いてみた。(2016/4/14)

Scratchで始めるプログラミング教育(1):
プログラミングを学習する意義、Scratchの基本的な使い方超入門
ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」を使って、プログラミングで何ができるのかを体験してもらう本連載。初回はプログラミングを学ぶ意義、Scratchの基礎知識や使い方、簡単なプログラムの作り方、作った作品をWebに公開する方法について。(2016/3/21)

シアトルで学んだ2つのこと――「プロの謝り方」「魂」
米マイクロソフトで働く喜多昭人氏への、古川享氏によるインタビューです。(2014/11/4)

「頑張ればいつか認めてくれる」とは違う文化で生きるということ
カルチャーがもたらした性格の変化。(2014/9/1)

ビル・ゲイツが起こした4つの事件とこの上なく誠実で熱い物語
「あなたが何かを任されたら、あなたが一番偉いということ」。(2014/8/13)

カッコ良すぎる! シアトルの青い空にブルーエンジェルスが舞う
キターーーーーー!!!!!(2014/8/4)

「見ているだけの人生はつまらないよ!」――古川享氏がシニアに伝える最新技術
講演で語られた数々の最新技術をまとめてレポートする。(2014/7/28)

変化するリーダーの資質:
あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由
社会を率いているリーダーは、いつの時代にも存在する。しかし、そのリーダーたちの顔ぶれは、毎年異なる。ここ数年、世界で注目されているリーダーの顔ぶれはどのように変化してきたのか。(2014/1/8)

追悼:富田倫生さん――書籍の「青空」を夢見て走り続けた人
8月に亡くなった「青空文庫」呼びかけ人・富田倫生さんの追悼イベントが行われた。「青空文庫」という名称に込められた富田さんの思いとは何だったのか。この追悼イベントでは富田さんを間近に見てきた人たちによって、その思いが振り返られた。(2013/10/11)

プロジェクションマッピングの先駆者が予想する未来:
100年後、会社という概念はない
6月18日、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科で行われている古川享教授の授業「THEORY OF BUSINESS MEDIA」に潜入してきた。(2013/6/26)

古川享氏×外村仁氏 対談:
じじくさいこと言うなよ! 学生たち
5月26日、教育とテクノロジーの祭典「Edu×Tech Fes 2013」が開催された。その中から、古川享氏と外村仁氏による対談をレポートする。(2013/5/29)

Evernoteを使ったアプリコンテスト、慶應大の古川教授らが若手開発者を支援
米Evernoteと慶應大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)は、若手開発者などの支援を目的とした共同プロジェクトを開始。第1弾は「Evernote」を活用したアプリケーションのコンテストだ。早ければ5月にも募集を始める。(2011/4/21)

「途中で落ちたら、ごめんなさいね」 坂本龍一さん、自らのライブツアーを“ひとりUstream”
坂本龍一さんが自らのライブツアーで“ひとりUstream”。「GALAXY S」を使い、演奏の合間に再起動しながらアンコールまで配信し切った。(2010/11/19)

坂本龍一さんコンサート 古川享さんらが配信
坂本龍一さんのピアノソロコンサートを、元マイクロソフトの古川享さんやデジタルステージの平野友康社長ら有志で集まったメンバーがライブ配信する。本番前のリハーサル風景も配信する予定のため、配信ページに「お早めにお集りください」とのこと。スケジュールは、サンフランシスコ公演が11月4日12時〜、最終日のロサンゼルス公演が11月6日13時〜。(2010/11/1)

坂本龍一氏のピアノソロコンサート、古川享氏がUstライブ配信へ
坂本龍一さんが米シアトルで行うピアノソロコンサートを、元マイクロソフトの古川享さんがUstreamで配信すべく準備を進めているようだ。(2010/10/29)

CEATEC JAPAN 2010:
「今なら失敗許される」 どうなるデバイスの未来 古川享さんや林信行さん議論
CEATECのパネルディスカッションに林信行さんや古川享さんが登場。お気に入りのガジェットや、未来のデバイス像について語った。(2010/10/6)

CEATEC JAPAN 2010:
CEATEC会場の様子、Ustでチェック シャープや東芝、ヤフーが現地からライブ配信
10月5日に開幕した「CEATEC JAPAN 2010」では、ヤフーやシャープ、東芝などが、セミナーやブースの様子をライブ配信しており、オフィスや自宅で、気軽にCEATECの雰囲気を楽しめそうだ。(2010/10/5)

CEATECで「Yahoo! JAPAN DAY」 スマートフォンや電子書籍への取り組みは
「CEATEC JAPAN 2010」で開催される「Yahoo!JAPAN DAY」のパネルディスカッションをライブ配信。4セッションあり、ヤフーのテレビ向けサービスや電子書籍、スマートフォンへの取り組みなどについて議論。元マイクロソフトの古川享さんやジャーナリストの林信行さんなどが登壇する。(2010/10/1)

Live動画ピックアップ:
茂木健一郎や古川享が語る「デジタル社会」 勝間和代「デキビジ」にひろゆき氏&ホリエモン出演
週末は「東京ゲームショウ」のUstが盛りだくさん。茂木健一郎さんや古川享さんなどが「デジタル社会」について議論するイベントのニコ生も。収録風景をUstしている勝間和代さんの「デキビジ」にはひろゆき氏とホリエモンが登場。(2010/9/17)

就活学生のための注目イベントレポート:
マイクロソフト技術者の誇り「日本一詳しい技術者へ」
就ラボ登録者限定イベント「マイクロソフトで働くということ ITエンジニアとしてトップを目指す最短ルート」レポート。マイクロソフトのエンジニアが、キャリアパスや仕事内容について語った。(2009/12/4)

「IME 2007」が“やればできる子”になる? 変換・学習を改善する修正プログラム公開
変換精度や学習機能に問題があると指摘されてきた「IME 2007」の修正プログラムをMSが公開した。(2008/10/20)

「P2P技術は不可欠、安心して開発できる環境を」――「P2P基本提言」発表
「ネガティブなイメージでとらえられることが多いが、P2P技術はネット社会に不可欠」――P2P関連問題研究会が、P2P技術を安心して開発するための環境構築を訴える提言を発表した。(2008/9/22)

なぜか変換できない vs. なぜか変換できる:
最近の「MS-IME」は目に余る――よろしい、ならば「ATOK」だ
最近、Windows標準のかな漢字変換がおかしいと感じたことはないだろうか。それはおそらく、気のせいではない。某MS社員の中にも「ATOK」への乗り換えを考えている人がいるようだ。(2008/5/22)

P2Pの研究会も「青少年ネット規制法案」に反対
P2P技術の健全な活用を目指す研究会が、青少年ネット規制法案に反対する意見書を、自民党の谷垣禎一政調会長宛てに提出した。(2008/5/12)

ITは、いま:
鎌倉の自宅ではたらく、父子2人のIT企業
26歳の息子が社長。社員は父1人。鎌倉山のすそ野にある自宅から、「スケベ」で便利なネットサービスと、人の役に立つ企業システムを発信する。(2008/5/2)

「青少年ネット規制法、断固反対」――古川享氏、中村伊知哉氏など共同声明
「法案は表現の自由を侵し、デジタル文化の萎縮をもたらす」――元MS副社長の古川享氏や、慶応大の中村伊知哉教授などが呼びかけ人となり、「青少年ネット規制法」に反対する声明を発表した。(2008/4/23)

桃屋「のり平アニメ」CM、ネットで世界に発信 「大衆文化伝えたい」
桃屋のテレビCMを年代ごとに紹介するサイトがオープンした。1958〜93年に放送されたもので、日本語・英語の解説付き。「子どもや海外の人が日本の大衆文化を知るきっかけにしたい」という。(2008/1/24)

Google「OpenSocial」で「もっと、もっと、もっと」
Googleが提唱するSNS共通API「OpenSocial」で、開発者は複数SNS向けの共通アプリを開発できるようになる。明確な収益プランはまだないが、広告モデルを視野に入れる。(2007/12/3)

「組み込み型の問題は機能の積み上げ」――元MSの古川氏
元米Microsoft副社長の古川氏が「Embedded Technology 2007」で登壇し、“一個人”としてデジタル技術や組み込み技術に対する見解を示した。(2007/11/17)

Movie&Photo Report:
古川享もワクワクした日本SGIの「スグレモノ」
古川享氏もブログで絶賛していた「日本SGIソリューション・キュービック・フォーラム2008」。そのブースでは何が展示されていたのか。動画も交えて紹介しよう。(2007/6/26)

Interop Tokyo 2007:
“閉じた技術”は死に絶えるしかない──元MS・古川氏
元マイクロソフトCTOの古川享氏が「初のノーネクタイ」でInteropの基調講演に登場。「IP技術は進化しているが、それを活用して開かれたサービスを提供できないなら死に絶えるしかない」などと語った。(2007/6/13)

温故知新コラム:
Windowsが日本で“離陸”した日
「うわぁ懐かしい〜 !」IT 業界に長年おられる人なら、思わずこう叫んでしまいそうなこの写真。パネルに大きく掲げられているように「Windowsコンソシアム設立発表会」と銘打った記者会見のひとコマである。(2006/7/6)

技術者ゲイツ氏が語る、「ソフトウェアの魔法」
来日中のビル・ゲイツ氏は今度は、ソフトウエア環境開発環境展の基調講演に登場。技術者としての横顔をのぞかせながら次期SQL Serverなどについて語った。(2005/6/29)

MS古川CTOが退職
「定年までの残り10年で夢をかなえたい」と昨年語っていたマイクロソフトの古川CTOが、6月末で同社を退職する。(2005/6/10)

2005 International CES:
日本市場に合ったWindowsプラットフォームを〜MS古川氏が改善を明言〜
デジタル家電やホームネットワークへの取り組みを着実に進めるマイクロソフト。しかし、日本ではコアとなる「Media Center Edition」があまり使われず、Windows体験レベルの日米格差は広がるばかり。同社、古川享CTOに今後の取り組みを聞いた。(2005/1/9)

MS古川氏、WPC EXPOでWMP10を発表
東京ビッグサイトで行われている「WPC EXPO 2004」では、マイクロソフトの古川享氏が基調講演に登場、同社のメディアプレーヤーの最新版を発表した。(2004/10/20)

CEATEC JAPAN 2004:
古川CTO「MSにもデジタル家電のみこしを担がせて」
TVを見ていたら電話がかかってきて、一番いいシーンを見逃してしまった――そんな悲しい事故をなくしてくれるシステムをマイクロソフトが提案する。(2004/10/6)

IT業界の“いま”を知る――IT著名人Blog
一般誌にまで「ブログ」についてが登場する昨今、著名人によるBlogが人気だ。このコラムでは、今後幾つかのパートに分けてIT業界で知られている著名人のBlogを紹介していく。(2004/9/14)

マイクロソフト、携帯との連携を重視したBlog「MSN Spaces」を提供開始
マイクロソフトは無料Blogサービス「MSN Spaces」の提供を開始する。「PCと携帯の連動」をキーに、開始1年で100万人のユーザー獲得を目指す。(2004/8/4)

「これを見なければ仕事にならない」――CEATEC JAPAN 2004が10月5日から開催
「CEATEC JAPAN 2004」が幕張メッセにて10月5日より開幕する。今年のテーマは「デジタルが広げるユビキタス社会、次へ加速。」。昨年より出展者数も増加する見込みで、主催者側は20万人超の動員を見込む。(2004/7/21)

公取委、米MS本社に排除勧告
Windowsの使用許諾契約時に不当な条項を盛り込んだとして、公取委は米MS本社を排除勧告した。MSは応諾しない方針。(2004/7/13)

News Weekly Access Top10(2004年6月13日−6月19日)
Macintosh初の日本人ユーザーは古川NTOだった?
Macintoshへの熱い思い入れが独特の“古川節”で語られた記事が上位にランクインした。(2004/6/21)

「Macが好きだからお前が嫌い」と言われたMS古川氏、「その考えは間違っている」
Office 2004 for Macの発売記念イベントにMSの古川NTOが登場した。「Apple I」「Apple II」に出会ったことがきっかけでこの業界に入った古川NTO、アップル社長就任のオファーを受けたこともあるという。(2004/6/18)

マイクロソフト、3つの「theSpoke」施策
6月17日に発表されたマイクロソフトの学生向け支援施策は、統合開発環境Visual Studio .NET 2003を4,830円で販売するなど意欲的なプログラムになっている。(2004/6/18)

Visual Studioを学生向けに4830円で――コミュニティサイト「theSpoke」日本版も開設
マイクロソフトは、ソフト開発ツール「Visual Studio .NET」の学生向けパッケージを6月25日から4830円で店頭販売。価格を大幅に引き下げる代わり、パッケージにプロダクトキーを入れず、学生証を確認した後に送付する形式を採る。(2004/6/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。