ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Fusion-io」最新記事一覧

書籍転載:
ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform実践インフラ構築 第2章
あらゆる書籍の中から、Windows Server Insider読者に有用だと考えられる情報をピックアップして転載する本連載。今回は、ゲームインフラエンジニア向けのGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」の中からGoogle Cloud Platformの概要ならびに料金に関する章を転載する。(2016/4/20)

SSD、オールフラッシュ技術の獲得が相次ぐ
ストレージ業界を変えた2015年の大型買収、DellのEMC買収は序章にすぎない
2015年のストレージ業界では企業買収が盛んに行われたが、米Dellによる670億ドルでの米EMC買収を前にしては他のどの案件もかすむ。米SanDiskや米Veritasが買収されたことさえもだ。(2016/1/8)

技術×ポップカルチャーの「東京コミコン」2016年12月に開催:
ウォズ曰く「テクノロジとはポップカルチャーそのものだ!テスラの自動運転は思わず笑みも浮かぶ」
東京コミコンが2016年12月に幕張メッセで開催される。その企画を主導したのは、アップルの創設者の一人、スティーブ・ウォズニアク氏。テクノロジとポップカルチャーの関係をウォズに聞く。(2015/12/4)

レスポンスが2〜3秒まで短縮
事例:DWH高速化をフラッシュストレージで実現した愛媛大学医学部附属病院
2014年5月に新システムの本稼働を開始した愛媛大学医学部附属病院。リアルタイムなデータ分析を実現するため、DWHにフラッシュストレージを採用した。その取り組みを紹介する。(2015/11/10)

データベース高速化のいま(4):
「アプリケーションアクセラレーター」か「NVMe+RDMA」か PCIeフラッシュストレージ技術の最前線
PCIe型フラッシュストレージも大容量化が進み、価格がこなれてきた。標準プロトコルか独自ドライバーか、実績か先進機能かと、選択肢が増えてきた魅力的なデバイスといえるだろう。新「Arrowhead」採用のハイエンドデータベースサーバーでの適用も。(2015/9/29)

データベース高速化のいま(2):
業務支援データベースの高速化のカギは発想の転換 アットホームの実践例
データベースパフォーマンス改善の取り組みでは、システム全体の中でどこに着目するかで、その後のコストや運用工数は大きく変わる。企業におけるデータベースパフォーマンス改善の取り組みから、「発想の転換」の実例を見てみよう。(2015/9/18)

ただのSSDとは違うのだよ:
サンディスク、「Fusion ioMemory SX350」の優位性をアピール
2014年に買収したFusion-ioが独自に開発したソフトウェアによるアクセラレータ技術のアドバンテージを日本の関係者に説明した。(2015/5/11)

サンディスク、エンタープライズ向けのPCIeフラッシュストレージ「Fusion ioMemory SX350」
サンディスクは、PCI Express接続対応の高速フラッシュストレージ「Fusion ioMemory SX350」を発表した。(2015/5/11)

「ビッグデータフラッシュ」市場を開拓:
米サンディスク、GB単価1ドルを切るオールフラッシュストレージを発表
米サンディスクは3月3日(米国時間)、GB単価1ドルを切るオールフラッシュストレージ装置、「InfiniFlash」を発表した。ビッグデータフラッシュという新たなカテゴリを開拓する製品だという。(2015/3/4)

「サイバーエージェントが明かすサービスインフラ拡大の舞台裏」@IT勉強会リポート:
PR:ゲーム、SNS、金融、小売り――ITサービス拡大・発展のキモは「インフラ設計」にあり
ゲーム、SNS、金融など、ITサービスが収益を左右する重要な顧客接点となっている今、どうすればITサービスを安定的に発展、拡大させていくことができるのだろうか? @IT編集部はこうした問題意識を基に、サイバーエージェントとパンドウイットコーポレーションをゲストに招き、サービス開発とインフラ設計にフォーカスした勉強会を開催した。(2016/1/25)

メモリ/ストレージ技術:
次世代ストレージ、10個の注目技術
3次元DRAMの量産が始まり、相変化メモリ(PCM)、スピン注入磁気メモリ(STT-MRAM)など次世代メモリの技術開発がさかんになっている。ここでは、注目のメモリ技術を10個紹介する。(2014/9/29)

トリプルディスプレー、20万円の椅子、IDEが重くならない開発PCは当たり前:
PR:「C#で高みを目指す」技術者集団でありパイオニアである「グラニ」が今、求める人材とは
設立は2012年9月、ソーシャルゲームの大ヒットタイトルを「C#」で開発する技術集団「グラニ」。そのグラニが「社内SE」を欲している。その狙いを、グラニの歴史と思想から、ひも解いてみよう。(2014/8/6)

米Pernix Data CTOに聞く:
「VMFSの父」が語る、フラッシュとストレージの未来
VMFSを開発したサティヤム・ヴァガーニ氏は、今後ストレージに求められるのは、アプリケーション指向のデータサービスを提供できる、新たな抽象化レイヤだと話す。同氏の設立したPernix Dataは、こうしたプラットフォームを提供することで、ストレージの世界のヴイエムウェアになることを目指しているのだという。(2014/8/5)

初めてのサーバ購入【前編】
サーバが高価になるのはそれなりの理由がある
サーバの価格はプロセッサやメモリ、ストレージなどさまざまな構成要素で決まる。用途に合った適切な構成のサーバを適切な価格で購入するには何に気を付ければいいのか。(2014/7/28)

SanDisk、SSDメーカーのFusion-ioを約11億ドルで買収
Appleの共同創業者、スティーブ・ウォズニアック氏が取締役を務める企業向けSSDメーカーのFusion-ioを、SanDiskが11億ドルで買収する。(2014/6/17)

アプリケーション高速化に集中:
米Fusion-io、PCIeフラッシュ新製品発表とともに戦略もシフト
米Fusion-ioは6月5日(米国時間)、最大6.4TBの容量を実現したPCIeフラッシュの新製品シリーズ「ioMemory Atomic Series」を発表、同時に新たな戦略を打ち出した。(2014/6/5)

富士通、垂直統合型DBマシンにニューモデル
大容量データベースに対応した新モデルは従来比で1.5倍のトランザクション性能と、同6倍のデータベース容量を実現している。(2014/2/28)

似て非なるフラッシュハイパーバイザーとキャッシュエンジン
アプリを10倍高速化、フラッシュで仮想環境の性能を高める方法とは
キャッシュエンジンとフラッシュハイパーバイザーは、仮想環境の集約率を高め、アプリケーションを高速化する技術だ。これらのどちらが自社のニーズに合うかを判断する。(2014/2/28)

各社の製品動向を解説
主要ベンダーのPCIe SSD最速対決
PCIeスロットに直接挿入することで大幅な低遅延を実現するPCIe SSDストレージ。主要ベンダーの動向と製品を紹介する。(2014/2/7)

ベンチャーは主導権を守れるか?
ハイブリッドフラッシュアレイ市場で後れを取った大手ベンダーの逆襲
ここ2、3年に起きたフラッシュストレージの大革命は、ベンチャー企業が中心を担っていた。しかし、この流れが変わり始めたかもしれない。(2013/11/19)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第2回 Hyper-Vと最新のストレージ・テクノロジの併用
Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する設計ガイド。今回はHyper-Vの性能を引き出すストレージ技術のトレンドや機器選択ガイド、設計上の注意点などについて解説する。(2013/9/26)

日立、処理性能を高めた「BladeSymphony」「HA8000」新モデルを発売
日立製作所が「BladeSymphony」「HA8000」の新モデルを発表。最新チップの搭載で処理性能を従来比1.3倍に高めたという。(2013/9/19)

ホワイトペーパー:
PCIeフラッシュ、普及への文脈 前編
PCIeフラッシュは、今後どのように普及していくのだろうか。IT INSIDERでは2回に分けて、その文脈を探る。今回は前編として、サービスプロバイダーの世界におけるPCIeフラッシュ普及への文脈を、米Fusion-io CEOへのインタビューを軸に探る。(2013/8/16)

ioDrive2搭載の高速モデルも:
単一ノードでPostgreSQLベースのDWHを運用可能に
Greenplum Databaseを使ったデータ分析をより小規模な環境でも使えるように。東京エレクトロンデバイスが、従来よりも低価格なアプライアンス製品を発表した。(2013/5/1)

IDCフロンティア「マネージドクラウド」導入事例
【事例】クラウドと内製の合わせ技で挑む、「一休」を支えるインフラ
高級ホテル予約サイト「一休.com」を展開する一休は、2012年末から一部サービスで「IDCフロンティア クラウドサービス」を採用している。サービスを選ぶ上ではコスト以上にカスタマイズ性とインフラの先進性を重視した。(2013/4/11)

自ら考え、行動する企業IT担当者のためのアドバイザリ情報『IT INSIDER』
(2013/3/23)

「ストレージ・メインフレームとの闘い」?:
Fusion-ioの狙いとPCIeフラッシュの普及
PCIeフラッシュの主要ベンダである米Fusion-io。その共同創業者でCEO兼プレジデントのデイビッド・フリン氏は、「フラッシュメモリのことだけではない。オープンなアーキテクチャの話だ。独自アーキテクチャからの解放の話だ」と話した(2013/3/22)

「賢い」キャッシュで運用改善:
日本HP、少しの追加コストで既存サーバを速くする製品を発表
日本ヒューレット・パッカードは3月21日、同社サーバに幅広く使えるSSDキャッシュソフトウェア「HP Smartキャッシュ」を国内で販売開始したと発表した。少しの追加コストでアプリケーションを高速化したいというニーズに応える製品だ。(2013/3/21)

スティーブ・ウォズニアック氏も登場:
Fusion-io、大規模データセンター向けフラッシュ「ioScale」を国内発表
Fusion-ioは2月28日、PCIeフラッシュの新製品「Fusion ioScale」を国内で発表した。同社はPCIeフラッシュが、大規模データセンターにおいてパフォーマンスと経済性を両立できるとして、「オールフラッシュデータセンター」を提唱している。(2013/3/1)

【連載】これで分かる! アドテクノロジー入門:
第5回 開発目線からのRTB
RTBの応答を少しでも早めるには、あらゆる面でRTBの処理時間の最小化を目指さなければならない。しかし、RTBの構造上の複雑さが事態を複雑にしている。(2013/2/19)

ホワイトペーパー:
クラウド環境を超える高性能なシステム設計を考える
クラウドは仮想化ソフトウェアなどのオーバーヘッドが大きく、想定通りの性能が確保できないケースがある。最先端の物理環境ではioDriveなどの利活用により、高性能かつシンプルにクラウドを超えるシステムの構築が可能だという。さくらインターネット社長の田中邦裕が解説する。(2013/2/13)

ホワイトペーパーランキング
2012年、データセンター関連で最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
10GbEへの移行やNAS、仮想環境やバックアップ環境の改善――。2012年に多く読まれたデータセンター関連のホワイトペーパー上位10本を紹介する。(2013/1/15)

SQL Server SSD Appliance、まずは6社から一斉に提供開始
SQL Server 2012のSSDアプライアンス提供がスタート。組み合わせは6社製品から選択できる(2012/12/17)

MSと6社、SQL Server SSD Applianceを発売
SQL Server 2012とSSDを利用するデータベースアプライアンスを、SCSK、ソフトバンク・テクノロジー、デル、東芝ソリューション、日本HP、日本ユニシスが販売する。(2012/12/17)

全プランSSD移行も視野:
HDDの7倍速、さくらのVPSでSSDプラン追加へ
さくらインターネットはVPSにSSDプランを追加。HDDの7倍速く、データベースサーバなどの利用にも向くとする(2012/12/5)

新ストレージで本格再開:
さくら、クラウドにSSDを追加して申し込み受け付けを再開
さくらインターネットが3月から停止していた「さくらのクラウド」の新規申し込みを再開。ストレージとしてSSDが利用できる新プランも加わった(2012/11/1)

Database Watch(2012年10月版):
DBチューニングのキモはSQLにあらず!?
The Microsoft Conference 2012のDB関連セッションや、database.comサービスの勘所をウォッチ!(2012/10/11)

ホワイトペーパー:
DBのI/Oが10倍高速に!【Fusion-io社製ioDrive】検証結果とDBサーバ集約の成功事例
Fusion-io社のNAND型フラッシュメモリioDriveは、速度がHDDの10倍、書き換え耐性もSSDの20倍というが、約100万円と一見高額。実際のところどれくらい速いのか他のデバイスとのベンチマーク比較を行った結果とともにioDriveによりDBサーバの集約に成功した事例を紹介。(2012/9/12)

ホワイトペーパーレビュー ベスト10
2012年上半期、クラウドで最も読まれたホワイトペーパーは?
クラウドに関するホワイトペーパーの中から、2012年上半期にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。全体の傾向と上位3コンテンツを紹介する。(2012/7/13)

DWH製品紹介:サイベース
Sybase IQ導入企業がDWH環境を段階的に拡大させていくわけ
カラムインデックス機能でデータ量の圧縮と超高速検索を両立する「Sybase IQ」。ユーザー企業がアプライアンスでなくソフトウェアソリューションのSybase IQを選ぶ理由とは。(2012/4/4)

メモリ/ストレージ技術 NAND型フラッシュメモリ:
TEDが半導体ストレージの新機種を発売、容量とアクセス性能が2倍以上に
TEDはこのほど、2011年1月より販売してきた半導体ストレージ「ioDrive」の後継機種を発売した。従来機種に比べて、読み取り/書き込み速度やデータアクセス性能を2倍以上に高めつつ 、価格は約3割低く設定した。(2012/3/14)

NEWS
最大容量2.4TバイトのNAND型フラッシュメモリを発表 Fusion-ioとTED
米Fusion-ioと東京エレクトロン デバイスが半導体ストレージ「ioDrive」の後継機種を発売した。従来機種に比べて、容量や処理性能が2倍以上向上したという。(2012/3/14)

NEWS
最速10分で納品可能な「専用サーバ」を提供、さくらインターネット
さくらインターネットが専用サーバの新サービス「さくらの専用サーバ」を発表。最速10分納品で複数台構成も可能で、物理サーバの性能とクラウドの使い勝手を兼ね備えたサービスとして提供する。(2012/2/22)

メモリ/ストレージ技術 NAND型フラッシュメモリ:
指先にテラビットが載る、IntelとMicronが20nm世代のNANDフラッシュ量産
IntelとMicron Technologyは、20nm世代の半導体プロセス技術を適用した128GビットのNAND型フラッシュメモリの量産を2012年前半に始める。20nm世代の128Gビット品の量産は、業界初になる見通しだ。マルチチップ品の記録容量は1T(テラ)ビットに達する。(2011/12/8)

相次ぐSSD関連製品のリリース
企業向けSSD市場が活性化してきた本当の理由
新しいSSD関連製品が続々と発表され、さまざまなベンダーが市場に参入してきた。彼らが狙うのは先行するコンシューマ分野ではなく、エンタープライズ市場のハイエンド分野だ。(2011/6/21)

バックアップ関連市場の最新トピックを紹介
SSDに重複排除ソフト──2011年下半期注目のバックアップ/リカバリ技術
2011年上半期のバックアップ/リカバリ分野ベンダーの動向を振り返り、これから特に注目すべき市場のトピックを探ってみよう。(2011/6/13)

ホワイトペーパー:
PCIe ソリッド ステート ストレージで加速する、デル&Oracle 11g R2 データベース ソリューション
Oracle Database環境において、I/Oパフォーマンスを劇的に向上する方法のひとつは、SSDを採用することです(提供:デル)。(2011/4/12)

ブレードサーバシステム紹介:デル
運用負荷を低コストで軽減するブレードサーバ「Dell PowerEdge Mシリーズ」
サーバ統合を目的として導入が進むブレードサーバシステム。主要なベンダー製品を紹介する連載の1回目は、デルの「Dell PowerEdge Mシリーズ」を取り上げる。(2011/3/2)

ホワイトペーパー:
【講演資料】Fusion-ioが変革する次世代データセンター
2010年10月開催の「次世代データセンターソリューションセミナー データベースユーザー必見! 検証結果が証明するI/Oボトルネック解消術とは」で好評を博したFusion-io, Inc.COO ランス スミス 氏の講演資料を公開(提供:デル)。(2011/2/15)

ホワイトペーパー:
【講演資料】国内で実施されたFusion-io検証結果のご紹介
2010年10月開催の「次世代データセンターソリューションセミナー データベースユーザー必見! 検証結果が証明するI/Oボトルネック解消術とは」で好評を博した講演資料を特別に公開(提供:デル)。(2011/2/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。