ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Gaikai」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Gaikai」に関する情報が集まったページです。

2014 International CES:
ブラビアだけでもPS3のゲームをプレイ、SCEがクラウドゲームサービス「PlayStation Now」を発表
ソニー・コンピュータエンタテインメントがクラウド技術を活用したストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)を発表した。米国で夏にサービスを開始する。(2014/1/8)

2014 International CES:
ソニー、クラウドゲーム配信サービス「PlayStation Now」を発表
ソニーが、2012年に買収したGaikaiの技術を使ったクラウドゲーミングサービスを発表した。今夏にまずは米国でスタートする。(2014/1/8)

製造マネジメントニュース:
ソニー、復活へ道半ば――鍵を握る“感性価値”商品
ソニーは2015年3月期に売上高8兆5000億円、営業利益率5%以上、ROE10%の中期目標を発表した。しかし、中核と位置付けるエレクトロニクス主力3事業では積極投資を進めるものの、前回発表した目標数値を下方修正し、復活への道が容易ではないことをうかがわせた。(2013/5/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「プレイステーション 4」の成功に必要なもの
PS4の発表で強調されたのはハードウェア性能ではなく、ゲーム開発の容易さ、楽しく簡単にゲームが遊べる環境を作る仕組みだった。それらはPS4を成功に導くだろうか。数々の名作ゲームを生み出した稲船敬二氏にヒットするゲーム機の条件を聞く。(2013/2/28)

ゲームは4Kに対応せず:
本体の見えない「PS4」発表、でも中身はすごい
ソニー・コンピュータエンタテインメントが「プレイステーション 4」を発表した。特長は「高い処理能力とソーシャルとの融合、思い立ったらすぐに遊べるアクセス」。しかし価格などは未公表だ。(2013/2/21)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

PS4は4万円程度? 発表会直前うわさまとめ
SCEは日本時間の2月21日午前8時から「PlayStation Meeting」を開き、「PS4」を披露するとみられる。直前に出てきた情報も含め、PS4のうわさをまとめた。(2013/2/20)

PS4はストリーミングでPS3互換を実現か
PS4はストリーミングによるゲーム配信に対応し、PS3タイトルの互換にも活用されると報じられている。(2013/2/18)

PS4は年内発売? コントローラにタッチパッド搭載説
「PS4」は年内に発売される可能性がありそうだ。CPUとGPUはAMD製、コントローラにはVitaのようなタッチパッドを搭載するといううわさもある。(2013/2/7)

SCE、クラウドゲーミングのGaikaiを買収 サムスンとの提携については「現時点で案内できることはありません」
クラウドゲーミング進出か? GaikaiがSCEの傘下に。(2012/7/2)

SCE、クラウドゲーム配信のGaikaiを買収 新サービス開始へ
ソニー・コンピュータエンタテインメントが、ネット経由でゲームを配信するクラウドゲーミングを展開する米Gaikaiを3億8000万ドルで買収。(2012/7/2)

E3 2012総括(後編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。後編ではソニー、任天堂のカンファレンスと、E3 2012全体のまとめをしてみた。(2012/6/27)

E3 2012総括(前編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。前編ではE3前日午前中に行われたマイクロソフトのカンファレンスまでをまとめてみた。(2012/6/27)

GPU Technology Conference 2012:
「KeplerがGPUの新しい時代を切り開く」──GTC 2012基調講演
NVIDIAが開発を進めている「GPUによる仮想化」「GeForce Cloud」、そして、「Kepler II」の姿が、米国の技術会議で明らかに。その概要をまとめてチェック。(2012/5/17)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その44):
スマホ? コンソール? ソーシャル? ゲーム市場の行方
サンフランシスコGDCに行ってきたくねくねハニィが8カ月ぶりに記事を書いたらしい。最近変貌するゲーム市場を雑多に語ってるみたいなんで読んでみてもよろしこ……(なんか書き方忘れた)。(2012/4/5)

日々是遊戯:
クラウドゲーミングとSNSが融合――驚異の次世代ゲームサービス「GFACE」は有力株か
FacebookのようなSNS機能を持ち、なおかつOnliveのようにブラウザでそのままハイエンドゲームがプレイ可能……。これが普及すれば、据え置き機はいらなくなるかもしれません。(2012/2/7)

ビジネスニュース:
Intel、ソフトウェア開発企業7社へ総額2400万米ドルを投資
Intelが、総額2400万米ドルを7つの企業に投資することを明らかにした。これらの企業はいずれもソフトウェア関連の事業を手掛けており、Intelがハードウェア同様、ソフトウェアも重要視していることを表している。(2011/9/13)

ひっそりtwitterやってます
つぶやいています。(2009/7/15)

日々是遊戯:
ゲーム機はいずれ不要に? ゲームストリーミングの新たな可能性「Gaikai」とは
ノートPCなどの低スペック環境でも、最先端のゲームをプレイすることができる画期的ストリーミングサービス「Gaikai」。その最新デモ映像がYouTubeに公開されて話題となっている模様。(2009/7/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。