ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ガントチャート」最新記事一覧

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(11):
何のために3D CADを導入するのか――あらためて、その目的を明確に
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第11回では前回に引き続き、3D CADの選び方について掘り下げる。(2017/8/9)

頼むから走らせてやれ! 「もしメロスが定期的な進捗報告を求められたら」が非効率的すぎるしいろいろおかしい
このオチは読めない。(2017/4/5)

使うほどに精度が向上し、プロジェクト進行を改善させる:
AIでチームを成長 プロジェクト管理ツール「Commu」β版が公開
Curious Edgeがプロジェクト管理ツール「Commu」のβ版をリリース。機械学習によって、使えば使うほどより最適なアドバイスや改善を行うよう促すサジェスト機能を備える。(2017/2/14)

DevOps時代のテスト自動化カンファレンス(中編):
セキュリティは、DevOpsやアジャイル開発にブレーキをかけるのか――マネーフォワード流DevOps実践のポイント
2016年12月6日に開催されたセミナー「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス〜はやく、いいものを届けよう〜」のレポート第2弾では、マネーフォワードの担当者を招いてのランチセッションの模様をはじめ、DevOpsとセキュリティ、テスト自動化の関係を解説していく。(2016/12/26)

IT導入完全ガイド:
“走りながら考える”プロジェクト管理に必要な機能とは
アイデアが市場競争力の源泉となる場合が少なくない現代では、「走りながら考える」開発スタイルに追従できるプロジェクト管理手法が必要とされている。本稿では、こうした環境下でのプロジェクト管理の在り方について考えてみたい。(2016/11/28)

IT導入完全ガイド:
あの自動車部品も! 大規模製品開発プロジェクトの脱Excel管理術とは
プロジェクト管理に「Excel」を活用しているケースは多い。しかし、複雑化・多様化するニーズに迅速に対応し、厳しいグローバル競争を勝ち抜くためには、Excelシートによるプロジェクト管理では限界がある。では、プロジェクト管理ツールを導入してみてはどうだろうか?(2016/11/11)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(12):
PR:そのしぐさが心変わりのサインだなんて、ボク知らなかったよ……
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド駆動開発プロジェクトのマネジャーに従事しています。流行に乗り遅れまいと夏風邪をひいて会社を休んでいたら、何やら異変が……。(2016/8/1)

現場でJIRAやBitbucketはどう活用されているのか?:
PR:gloopsやgumiのソーシャルゲーム開発を支えるアトラシアンのツール群
アトラシアンがコミュニティーカンファレンス「Atlassian For Teams − Team-1 ゲーム開発現場でのチーム開発」を開催。現場でアトラシアンのツールを活用しているゲーム開発企業gloopsやgumiの担当者が登壇し、ツールの利用事例や、利用している中で見えてきた課題、ツールへの要望などをセッション形式で発表した。(2016/6/30)

PR:新年度の準備、いろいろとツラすぎるのですが――頼られ情シスがズバッと解決!
新年度の準備がこんなに大変だとは――。そんなため息をついている情シスはいませんか?「組織変更や異動に加え、新卒の対応や中途入社も多いから作業フローがどんどん複雑化する」「人事や総務と連携して作業を進めることが多いから確認事項が増える」などなど。そんな新年度の悩みを“頼られ情シス”はどうやって解決するのでしょうか?(2016/5/31)

ビジネス部門の“事業計画”に貢献できてますか?:
PR:開発の進捗状況をビジネス部門にうまく理解してもらえない理由
“エンタープライズアジャイル”における、アジャイル型開発の真の価値は、開発された成果物が顧客満足度の向上やビジネス拡大など事業計画に貢献することであり、「プロジェクト全体がその目的のために進んでいるかどうか」が重要になる。そこで、“エンタープライズアジャイル”の次のステップでは、複数の開発チームが動くプロジェクト全体の進捗を管理するツールが求められてくるのだ。(2016/5/23)

IT用語解説系マンガ:食べ超(91):
長いガントチャートには巻かれろ
帯に短しタスクに長し、と言いますし。(2016/4/27)

IT用語解説系マンガ:食べ超(90):
戻り値たちの帰還〜戻り損ねて半世紀〜
もう戻らないかと思われた戻り値たちが返ってきた! 姿かたちは違えど、戻り値であることに変わりはない。取材班は真実を求めてアリゾナへ向かった。(2016/4/12)

もう“ごまかし”は通用しないのでは?:
PR:“感覚”ベースのExcelプロジェクト管理だと失敗する理由
現在、多くの企業がプロジェクト管理にExcelを利用しており、手作業で進捗状況を管理している。日々の進捗状況をExcelに手動で入力することで、開発担当者には手間が掛かることに加え、入力された情報はあくまで開発担当者の“感覚”であり、“ごまかし”もできてしまう。“実績”をベースにしたプロジェクト管理を行うためには何が必要なのだろうか。(2016/3/1)

製造ITニュース:
造船生産支援システムで配管取り付け作業の技能伝承と工程管理を支援
海上技術安全研究所は、富士通および富士通システムズ・ウエストと共同で、複雑な配管取り付け作業を支援し生産性を向上させる、造船生産支援システムのプロトタイプを開発した。(2015/12/1)

PR:プロジェクト管理は“脱表計算ソフト、脱メール”へ これからの管理業務のあり方とは
ビジネスを取り巻く環境がめまぐるしく変化し、企業はIoTやビッグデータ、人工知能といった新たなトレンドへの対応を迫られている。プロジェクトにスピードと品質が求められる中、プロジェクト管理は今までの方法では通用しなくなっている。(2015/11/16)

レスポンス待ちの時間をカイゼン:
Redmineのガントチャートプラグインがメジャーバージョンアップ
OSSプロジェクト管理ツールの定番「Redmine」の人気プラグインがメジャーバージョンアップ。より使いやすいWebアプリケーションになった。(2015/10/26)

Computer Weekly製品導入ガイド
プロジェクト管理のツールの選び方
アジャイルとDevOpsのアプローチは、終着点の定まった大型プロジェクトの消滅を意味する。プロジェクト管理はどう変化するのか。(2015/8/28)

初めてのガントチャート(3):
Excelガントチャート作成の基本&関数とグラフで負荷状況を「見える化」する
プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いる表「ガントチャート(Gantt chart)」の作成を通じて、プロジェクトマネジメントのABCを学ぶ本連載。今回は、Excelを使ってガントチャートを作り、工数を積算したり、プロジェクトの負荷を分散させたりします。※サンプルデータ付き(2015/8/5)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
じかんのほうそくがみだれる!? プロジェクト管理はSFのセカイ?
やっとのことで在宅ヘルプデスク業務開設プロジェクトの「プロジェクト・スコープ記述書」が完成したと思ったら、早くも次なる難関が……。4種類の論理的順序関係って何だ? 先行の作業の開始によって後続の作業が終わる「開始−終了(SF)」関係ってどういうこと?(2015/6/26)

初めてのガントチャート(2):
いまさら聞けない8つのガントチャート基礎用語&タスクを洗い出すときの注意点
プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いる表「ガントチャート(Gantt chart)」の作成を通じてプロジェクトマネジメントのABCを学ぶ本連載。第2回目のテーマは「タスクの洗い出し」と「クリティカルパス」「マイルストーン」などの用語解説です。(2015/6/22)

初めてのガントチャート(1):
ガントチャートって何ですか?
ガントチャート(Gantt chart)とは、プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いられる表のことです。本連載で、ガントチャート作成を通じてプロジェクトマネジメントのABCを学びましょう。(2015/4/24)

経営を左右するデータ分析入門(2):
事例で分かるデータ分析プロジェクトの進め方の基本
ビジネスのデータ分析業務に12年ほど関わる筆者の経験に基づきデータ分析のプロジェクトがどのようなものかをお話しします。(2015/2/9)

製造ITニュース:
グローバル言語環境に対応できる生産スケジューラに新機能
アスプローバは、生産スケジューラとサプライチェーンプランナーの新バージョンをリリースした。9つの表示言語がダウンロードサーバからいつでも取得でき、グローバルな言語環境が構築できる。(2015/1/7)

ナレッジワーキング!!:
100個のダンボール箱を前にひねりだしたフレームワーク
最近、引っ越しをした筆者。家財道具と100箱のダンボールを前に、効率よく荷ほどきするためのフレームワークを考え出したといいます。(2014/11/5)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ケーススタディ:イベントの段取りを決める
プロダクトリーダーとしてイベント出展に関するタスクの割り振りをします。あなたは、どのようにホワイトボードにまとめていきますか?(2014/10/1)

製造マネジメントニュース:
日立ソリューションズ東日本、計画管理機能を強化したプロジェクト管理ツールの新版を発表
日立ソリューションズ東日本は、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2(シンビズエスツー)」の新バージョンを発表した。計画の変更管理機能などが強化され、スケジュールの変更や確定を把握するのための作業負荷が削減できるという。(2014/6/20)

ガントチャート、進捗、連絡、リソース、Todo管理までできる――プロジェクト管理ツール「Brabio!」がスゴイ!
複雑で大規模で期限が厳しい重要なプロジェクトを遂行するために、外せないWebサービスがあります。ガントチャート・進捗・連絡・リソース・タスク管理までできる「Brabio!」、さっそく見ていきましょう。(2014/4/24)

今必要? すぐ使える! 注目Webサービス:
プロジェクト管理が上手くいかない、Excelでガントチャートを作るのが面倒――こんな課題を解決する「ブラビオ」
「作業の工程表をExcelで作成するのは面倒」「チーム内の“誰がどのくらい忙しいか”が分からない」「締め切りを守れない」――。職場のこんな課題を解決してくれる上、5人までなら無料で使えるWebサービスが「ブラビオ」だ。(2013/10/22)

製造ITニュース:
製造現場をiPadで効率化――B-EN-G、iPhone/iPad活用ソリューションを強化
東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、製造現場でiPhone/iPadを活用し、現場での情報の閲覧や入力を促進する「RAKU-Pad」の提供を開始する。また同社の統合アプリケーション「MCFrame」をiPhone/iPadで扱える機能なども提供する。(2013/8/9)

5人まで無料:
プロジェクト管理ツール「ブラビオ」にゲストモード――外部スタッフとのコラボが容易に
工程管理用のガントチャートをサクサク作れる「ブラビオ」がバージョンアップ。アクセス範囲の異なる2種の外部スタッフ向けモードを用意し、外部スタッフとのコラボをセキュアに行えるようにした。(2013/7/29)

タイから見た製造業の今(4):
人口ボーナスなどで期待膨らむインドネシア、生産効率の敵は“3毛作思考”?
早くから製造拠点として日系企業が進出してきたインドネシアだが、現在は人口増加や中産層の成長などで、再び各社が生産能力を拡大する動きが目立ってきた。タイ駐在の藤井氏による本連載だが、今回はインドネシアに出向き現地の状況を紹介する。(2013/7/3)

ガチで5分で分かるITS/BTS&使えるツール6選
課題管理/バグ管理とは、チケット駆動開発とは、概要やチケットの処理フロー、重要性、導入と運用の仕方、バージョン管理や継続的インテグレーションとの連携も含めて5分で解説します。おまけで使えるITS/BTSも6つ紹介。(2013/6/27)

製造ITニュース :
日立ソリューションズ東日本、プロジェクト管理統合ツールをクラウドサービスで提供
せっかく導入しても使われなくなってしまったら、意味がない――。日立ソリューションズ東日本は、Webブラウザベースの使いやすいプロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」を提供開始する。DMS2013でも展示する。(2013/6/14)

PLMニュース:
建築の工業化を推進、ダッソーが建築・建設業界向けソリューションを発売
ダッソーは、建築・建設業界の生産性向上に向け、一元的にプロジェクトやプロセスの可視化や管理を実現する建築・建設業界向けのソリューションを発売した。(2013/5/21)

3分LifeHacking:
アイデアを可視化しよう! マインドマップ作成ツール5選
ブレインストーミング、計画立案、アイデアの具現化などに効果を発揮するマインドマップ。どれを使ったらいいか悩んでいる人に向けて、米Lifehackerが読者投票で選んだマインドマップ作成ツールのベスト5を紹介します。(2013/5/17)

3分LifeHacking:
PDFで無料ダウンロードできてすぐ使える、ノートやグラフ用紙の配布サイト
ノートやグラフ用紙をPDF形式で無料ダウンロードできるサイトをいくつか紹介しよう。カスタマイズできたり、たくさんのテンプレートを用意したりしているので、あらゆる用途に対応すること間違いなしだ。(2012/9/24)

21世紀版「ボスが来た」? エスプレッソーダ in Officeを試す
珈琲+炭酸という新商品「エスプレッソーダ」の発売記念で公開された特設サイト。実はコレ、仕事中に息抜きしたい、こっそりTwitterやFacebookを見たいというビジネスパーソンにオススメなのだ。(2012/8/1)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
オレンジ革命
1つの優れたチームはいかにして組織全体を変えることができるか。(2012/7/18)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
会社の壁の至るところがホワイトボードになっている理由
図解思考は1人よりもチームで使う方がより生産性が増します。チームで、あるいは顧客との打ち合わせ時にさっと図を書いてお互い理解を確認し合えるスペースを作ってみてはいかがでしょう?(2012/5/24)

テンパり具合も一目瞭然:
プロジェクト&タスク管理ツール「ブラビオ・プロジェクト」に新機能追加
担当者や部署全体の空き状況が分かる「プロジェクト横断ビュー」など、20を超える新機能を搭載した。(2012/3/28)

連結決算ソリューション製品紹介【第4回】
真の制管一致を追求する「Oracle Hyperion」の本当の価値
長い歴史を持つ「Oracle Hyperion」が目指すのは単なる制度連結ではない。高度な分析や予測機能、データ基盤を使ったグローバルで利用できる経営管理ソリューションの提供だ。(2012/3/28)

システムインテグレータ「SI Object Browser PM」の最新版発表 :
プロジェクトの見える化、利益向上のノウハウをツールで提供
(2011/10/11)

日英中言語混在環境にも対応:
グローバル開発プロジェクト管理もクラウドツールで
複数拠点・社内/外をまたぐ開発プロジェクトの管理をクラウドで実現するサービスが登場。海外企業との情報共有などをスムーズに実現する。(2011/6/14)

日英中言語混在環境にも対応:
グローバル開発プロジェクト管理もクラウドツールで
複数拠点・社内/外をまたぐ開発プロジェクトの管理をクラウドで実現するサービスが登場。海外企業との情報共有などをスムーズに実現する。(2011/6/14)

新任PMがついやってしまうNG集(2):
「大丈夫」という部下の報告を信じてはいけない理由
1人で仕事をしているプログラマ時代は、ばりばり仕事がこなせたのに、PMになった途端に仕事がうまく進まない! そんな新任PMの悩みを解決するTipsを紹介します。 (2011/4/18)

変わりゆく中国の日系製造業(1):
中国企業に部品提供を始めた日本のサプライヤ
生産拠点から「市場」に変化しつつある中国の中で、日系製造業はどのような活動をしているのでしょうか? 現地から最新動向を紹介します。(2011/3/9)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
失敗しない永田式プレゼンの「ラフ」ギャラリー(後編)
スライドのラフを描かずに、いきなりPowerPointやWordで提案書を作っていませんか? 何事も、アウトラインを固めてから作業に移ったほうが、最終的な効率はよくなるものなのです。後編は「スケジュール」「予算」「体制」のラフを紹介します。(2011/3/1)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(18):
Team Foundation ServerでJava開発は大丈夫か?
(2010/11/24)

3分LifeHacking:
相手の負担を減らす3つのメール短縮テク
1通のメールに、3パラグラフ以上の文章があるとメールを読む気がしない……という人もいます。ですが、常にメールは簡潔にしなければならないというわけでもありません。メールを読む相手の負担を減らす工夫を3つ紹介します。(2010/11/18)

中小規模プロジェクトに最適:
ブラビオ、無料のプロジェクト管理ツール「ブラビオ・プロジェクト」サービス開始
スケジュールやタスク管理、コミュニケーション機能に特化しており、30人以下の中小規模プロジェクトに最適だ。(2010/10/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。