ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GDH」最新記事一覧

高温地域に住む糖尿病患者に朗報:
耐熱性に優れた酵素発見、血糖値センサー向け
東京工科大学の研究グループは、好熱性糸状菌からグルコース脱水素酵素(GDH)を発見した。この酵素は耐熱性と長期安定性に優れており、高温地域で使用される血糖値センサーチップなどへの応用が期待される。(2017/1/12)

ゴンゾ、マザーズ上場廃止の見通し 債務超過解消できず
GDHから社名変更したゴンゾが債務超過を解消できず、東証マザーズの上場廃止基準に抵触。6月提出予定の有報で確認後、上場廃止が決まる見通し。(2009/4/1)

GDH、タブリエとの資本提携を解消
GDHは、ネットラジオ「音泉」の運営などを手がけるタブリエ・コミュニケーションズとの資本提携を解消する。(2009/3/30)

GDHがゴンゾを吸収、社名を「ゴンゾ」に 増資は中止、債務超過続く
GDHがゴンゾを吸収合併し、社名も「ゴンゾ」に変更。アニメ業界で世界的に浸透しているというブランドと社名を統一する。(2009/2/18)

GDH、希望退職者の募集を開始
アニメ事業のスリム化を図っているGDHが希望退職者の募集を始めた。(2008/11/28)

GDH、経営再建へアニメ作品絞り込み 制作ラインのリストラも
GDHがアニメ事業の大幅スリム化を発表。現在は年間8作品程度を制作しているが、今後は制作ラインを一部売却するなどし、社内制作は年間4作品程度に絞り込む。(2008/11/10)

GDHを投資ファンドがTOB
GDHは、投資会社・いわかぜキャピタル傘下の投資ファンドが行う同社株式の公開買い付け(TOB)に賛同したと発表した。(2008/9/11)

GDH、地上波とGyaOで新作アニメ同時配信 「ドルアーガの塔」で
(2008/3/10)

GDH、YouTubeでオリジナルPR番組配信
(2008/2/29)

GDH、P2Pでアニメを有料配信 「SkeedCast」活用
P2P技術を活用したアニメ作品の有料配信実験をGDHが始めた。「Winny」開発者の金子勇氏が開発に参加しているコンテンツ配信システム「SkeedCast」を活用する。(2007/12/26)

DVDが売れない時代のアニメビジネス GDHに聞く
アニメDVDの販売不振が、日本のアニメビジネスに変革を迫っている。YouTube活用や次世代DVD対応、携帯電話へのコンテンツ配信――次に“来る”ビジネスは何か、模索が続く。(2007/8/27)

GDH、独自開発MMORPGを海外展開
(2007/8/7)

YouTube日本語版にGONZOチャンネル アニメ制作会社初
GDHがYouTube日本語版に公式チャンネル「GONZO DOGA」を開設した。国内アニメ制作会社がYouTubeに公式チャンネルを開設するのは初。(2007/8/1)

「ポスペ」アニメ化も検討 So-netがGDHに資本参加 
(2007/1/19)

「アニメDVD市場が悪化」、GDHが最終赤字予想
(2006/10/27)

GDH、「コスパ」「音泉」のタブリエと資本・業務提携
(2006/3/30)

GDH、「ドルアーガの塔」のアニメ化およびオンラインゲーム化を発表――遠藤雅伸氏がスーパーバイザーに
(2006/3/22)

GDHが50億円コンテンツファンド
(2006/3/10)

相次ぐオンラインゲーム個人情報流出、GDHが役員処分
ゴンゾロッソオンラインからユーザー情報が相次いで流出した問題で、親会社のGDHは会長と社長を減給とするなどの社内処分と再発防止策を発表した。(2006/3/7)

GDHがコンテンツ投資の新会社
(2005/11/18)

ワープゲートオンラインがゴンゾロッソオンラインに社名変更。GDHのキャピタル設立も
(2005/11/18)

GDH、アニメ著作権に知財保険
(2005/6/7)

GDH、米国向けアニメ制作にSPC活用
(2005/5/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。