ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GDH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GDH」に関する情報が集まったページです。

高温地域に住む糖尿病患者に朗報:
耐熱性に優れた酵素発見、血糖値センサー向け
東京工科大学の研究グループは、好熱性糸状菌からグルコース脱水素酵素(GDH)を発見した。この酵素は耐熱性と長期安定性に優れており、高温地域で使用される血糖値センサーチップなどへの応用が期待される。(2017/1/12)

ゴンゾ、マザーズ上場廃止の見通し 債務超過解消できず
GDHから社名変更したゴンゾが債務超過を解消できず、東証マザーズの上場廃止基準に抵触。6月提出予定の有報で確認後、上場廃止が決まる見通し。(2009/4/1)

GDH、タブリエとの資本提携を解消
GDHは、ネットラジオ「音泉」の運営などを手がけるタブリエ・コミュニケーションズとの資本提携を解消する。(2009/3/30)

GDHがゴンゾを吸収、社名を「ゴンゾ」に 増資は中止、債務超過続く
GDHがゴンゾを吸収合併し、社名も「ゴンゾ」に変更。アニメ業界で世界的に浸透しているというブランドと社名を統一する。(2009/2/18)

GDH、希望退職者の募集を開始
アニメ事業のスリム化を図っているGDHが希望退職者の募集を始めた。(2008/11/28)

GDH、経営再建へアニメ作品絞り込み 制作ラインのリストラも
GDHがアニメ事業の大幅スリム化を発表。現在は年間8作品程度を制作しているが、今後は制作ラインを一部売却するなどし、社内制作は年間4作品程度に絞り込む。(2008/11/10)

GDHを投資ファンドがTOB
GDHは、投資会社・いわかぜキャピタル傘下の投資ファンドが行う同社株式の公開買い付け(TOB)に賛同したと発表した。(2008/9/11)

GDH、地上波とGyaOで新作アニメ同時配信 「ドルアーガの塔」で
(2008/3/10)

GDH、YouTubeでオリジナルPR番組配信
(2008/2/29)

GDH、P2Pでアニメを有料配信 「SkeedCast」活用
P2P技術を活用したアニメ作品の有料配信実験をGDHが始めた。「Winny」開発者の金子勇氏が開発に参加しているコンテンツ配信システム「SkeedCast」を活用する。(2007/12/26)

DVDが売れない時代のアニメビジネス GDHに聞く
アニメDVDの販売不振が、日本のアニメビジネスに変革を迫っている。YouTube活用や次世代DVD対応、携帯電話へのコンテンツ配信――次に“来る”ビジネスは何か、模索が続く。(2007/8/27)

GDH、独自開発MMORPGを海外展開
(2007/8/7)

YouTube日本語版にGONZOチャンネル アニメ制作会社初
GDHがYouTube日本語版に公式チャンネル「GONZO DOGA」を開設した。国内アニメ制作会社がYouTubeに公式チャンネルを開設するのは初。(2007/8/1)

「ポスペ」アニメ化も検討 So-netがGDHに資本参加 
(2007/1/19)

「アニメDVD市場が悪化」、GDHが最終赤字予想
(2006/10/27)

GDH、「コスパ」「音泉」のタブリエと資本・業務提携
(2006/3/30)

GDH、「ドルアーガの塔」のアニメ化およびオンラインゲーム化を発表――遠藤雅伸氏がスーパーバイザーに
(2006/3/22)

GDHが50億円コンテンツファンド
(2006/3/10)

相次ぐオンラインゲーム個人情報流出、GDHが役員処分
ゴンゾロッソオンラインからユーザー情報が相次いで流出した問題で、親会社のGDHは会長と社長を減給とするなどの社内処分と再発防止策を発表した。(2006/3/7)

GDHがコンテンツ投資の新会社
(2005/11/18)

ワープゲートオンラインがゴンゾロッソオンラインに社名変更。GDHのキャピタル設立も
(2005/11/18)

GDH、アニメ著作権に知財保険
(2005/6/7)

GDH、米国向けアニメ制作にSPC活用
(2005/5/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。