ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GENTシリーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GENTシリーズ」に関する情報が集まったページです。

カラフルなムーブメントが楽しい、スウォッチ2012年の新作「ニュー ジェント ラッカード」
スウォッチは、新作腕時計「SWATCH NEW GENT LACQUERED」を1月3日に発売した。定番モデルのニュー ジェントをカラフルかつスタイリッシュにアレンジ。価格は8400円。(2012/1/5)

ソフトバンク、防水・防塵対応のGENTシリーズ「841SH s」を5月14日に発売
ソフトバンクモバイルが、GENTシリーズの第5弾「841SH s」を発表。5月14日から販売する。(2010/5/7)

GENTシリーズ第4弾「832SH s」、10月16日発売
ワンセグやFeliCaを搭載しない、ソフトバンクモバイルのシンプルケータイ「832SH s」が10月16日に発売される。(2009/10/13)

ソフトバンクモバイル、ワンセグ・FeliCaなしのGENT「832SH s」を発表
ソフトバンクモバイルが、GENTシリーズの第4弾として、ワンセグやFeliCaを搭載しない「832SH s」を発表した。10月中旬以降に販売する。(2009/9/29)

見やすさ、使いやすさにこだわったGENTの新モデル──「GENT 831SH s」
高い年齢層のユーザーが増えるに従って広がるユニバーサル市場向けに、「見やすさ」や「使いやすさ」にこだわって開発されたGENTシリーズの最新モデルが「GENT 831SH s」だ。モバイルウィジェットやワンセグなども、簡単に利用できる。(2009/5/19)

写真で解説する「830SH」「830SH s」
大ヒットとなった“PANTONEケータイ”のコンセプトを引き継ぐ「NEW PANTONE 830SH」と、830SHをベースに見やすさと使いやすさを追求した“GENT”「830SH s」。どのように進化したのか、2台を比較した。(2008/11/4)

ソフトバンク、「830SH s」を10月25日発売――大人向けGENTシリーズの第3弾
ソフトバンクモバイルは、シャープ製の大人向けケータイ“GENT”シリーズの第3弾となる「830SH s」を10月25日に発売する。830SHをベースに、刻印文字を太くしたダイヤルキーや、より分かりやすいメニュー画面を採用した。(2008/10/20)

ソフトバンクモバイル、PANTONE「812SH」の新色と「GENT 812SH sII」を12月20日に発売
ソフトバンクモバイルは12月18日、大きな文字や分かりやすいキー表示を採用した「GENT 812SH sII」とPANTONEケータイ「812SH」の新色4色を12月20日から販売する。(2007/12/18)

5Mカメラの「PHOTOS 920SC」と2代目GENT「812SH s II」、ソフトバンクオンラインショップで予約開始
ソフトバンクオンラインショップは12月13日、5Mピクセルカメラと有機ELディスプレイを搭載したSamsung電子製端末「PHOTOS 920SC」と、でか文字メニューやシンプルメニューを搭載した「812SH sII」の予約受け付けを開始した。(2007/12/13)

“プレビュー”ではなく“確認”──日本語表現を増やした大人向けケータイ「GENT 812SH sII」
20色のカラーバリエーションで話題を呼んだ「812SH」を、大人向けに使いやすく改良した「GENT 812SH s」。その後継機となる「GENT 812SH sII」は、メニューの文字表現の多くを親しみやすい日本語表現へと変更するなど、使いやすさをさらに追求している。(2007/10/22)

“オトナ”ケータイ「GENT 812SH s」、スパボ新規の実質負担額は9000円台から
“PANTONE”ケータイ「812SH」をベースに、大きい文字や見やすい画面に工夫した“オトナ”ケータイ「GENT 812SH s」が発売された。新規契約で新スーパーボーナスを利用した場合の実質負担額は9120円から。(2007/7/23)

ソフトバンク、“大人仕様”の「GENT 812SH s」を7月21日発売
ソフトバンクモバイルは、“PANTONEケータイ”「812SH」を“大人仕様”に改良したシャープ製端末「GENT 812SH s」を7月21日に発売する。(2007/7/19)

「812SH」が使いやすい“大人仕様”に──「GENT 812SH s」
“20色のPANTONEカラー”で注目を集めた「812SH」が、使いやすい“大人仕様”に──。それが「GENT 812SH s」だ。手になじむコンパクトなボディはそのままに、“大人の4色”を追加。キーの表示も日本語表記で分かりやすい。(2007/5/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。