ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ぐるなび」最新記事一覧

現役秘書が教える“失敗しない接待の手土産”とは?
ぐるなびは現役秘書たちが選んだ“失敗しない接待の手土産”を紹介するムック本を販売した。(2016/5/16)

特集:FinTech入門(7):
銀行APIの公開で便利で面白い金融サービスは生まれるか――12の多彩なアイデアが完成度を競ったFintech Challenge 2016
三菱東京UFJ銀行は、FinTechをテーマとしたハッカソンイベント「Fintech Challenge 2016 “Bring Your Own Bank!”」を開催した。この記事では、ハッカソン最終日に行われた12チームによるプレゼンテーションの概要と、審査結果をレポートする。(2016/4/6)

“PV至上主義”から“エンゲージメント”へ――LINE、ニュース事業を強化 公式アカウントで媒体のファン作り
メディア運営にPVではなく“エンゲージメント”という新たな指標を――LINE公式アカウントを通じたニュース記事配信「LINE アカウントメディアプラットフォーム」が開始3カ月のユーザー行動分析を公開。4月には全60媒体に拡大する。(2016/3/17)

スパイ体験ができる施設がオープン! エージェントとなって諜報活動をしてきた
こちらスネーク。「in SPY re」の潜入に成功した。(2016/3/4)

田中圭一はもともとパロディを描くつもりはなかった? 手塚るみ子とのトークイベントで明らかに
いつもの熱いかけあいも展開されました。(2016/3/1)

コッペパンに節分豆をそのままぎっしり 変なパンを売るパン屋「翠玉堂」へ「節分パン」を食べに行った
「おせちパン」「お雑煮パン」「七草粥パン」「ひなあられパン」「鯉パン」「うなぎパン」「クリスマスパン」「おはぎパン」「コロッケの中身パン」「ナムルパン」「かに玉パン」「ポトフパン」「カルボナーラパン」「麻婆豆腐パン」「年越しそばパン」もあります。(2016/1/31)

試験管やビーカーでお酒を飲んで、アルコールランプでイカをあぶる理系バー「INCUBATOR」に行ってきた
リトマス紙でお酒のpHも調べられます。(2016/1/18)

アイデア次第で使い方いろいろ:
時計でも眼鏡でもない“鍵ガジェット”の「Hackey」は何ができる?
Cerevoの「Hackey」は、キーを差してひねることで、Webサービスと連携して定型メールを送ったり、Webサービスからの通知をLEDの点滅で知らせてくれるユニークなガジェットだ。と言っても、何ができるかよく分からないと思うので、実際に試してみた。(2016/1/11)

首都圏鉄道各社らの訪日観光客向け情報サービス、小田急など4社が参加
訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」に小田急電鉄、西武鉄道、東武鉄道、ヤマト運輸の4社が新たに参画する。(2015/11/12)

パフォーマンス障害発生時の原因特定も容易に
「ぐるなび」が実現した“わずかな遅延を見逃さない”仕組みとは
レスポンスがわずかに遅れただけで、ユーザーは不満を示す。パフォーマンス管理によって自社サービスの改善を実現している「ぐるなび」の取り組みを紹介しよう。(2015/11/17)

漫画「フェイスブックポリス」が話題のかっぴーさんにインタビュー 「SNSで自分を良く見せたい=ダサ可愛い」
フェイスブックで可愛い子と絡みたがるのも、自分が美人に写っている写真をアップしたがるのも、インテリな話題に言及しちゃうのも、オシャレな料理写真を載せるのも、みんなみんなダサくて可愛い!!!(2015/10/29)

スタッフが無断でAAAメンバーのサインを真似て書いていたと謝罪 「AAA」キャンペーンや企画で直筆のサインではない景品を発送
メンバーから連名で謝罪文も公開。なんという……。(2015/10/19)

再現度が高すぎてファン歓喜! 舞台「こどものおもちゃ」の舞台裏をちょっとだけ覗いてみた
まろちゃんもいる! ちちくりマンボも踊る! 都庁で羽山とキスもする! 羽山の下半身丸出しスッポン写真も舞台で再現されるぞおおおおおお!!!!(2015/8/21)

水曜インタビュー劇場(葬儀公演):
「追加料金」を発生しないようにしたら、葬儀社が大きくなった
「葬儀費用ってよく分からない。騙されているのでは」と不安を感じたことがある人もいるのでは。不明瞭な会計を止めて、追加料金一切不要のプランを打ち出すことで、業績を伸ばしてきた会社がある。大阪府に本社を置く「ユニクエスト・オンライン」だ。(2015/8/5)

話題の「ちゃんりおメーカー」は人の顔以外でも作れるのか? ニンジンや猫の写真で試してみた
それっぽいと言えばそれっぽいキャラクターが出来上がります。(2015/7/15)

自称「一部の人に理解される」という怪しすぎるカレー屋「サリサリカリー」に行ってみたら激ウマだった!
お店のWebサイトには、「一部の人に理解される」「千年前から変わらぬレシピ」「最高の美味は消え味」「ものすごく惚れた人に口の中を撫で回される感じ」「皿の上に母がいる」などと書かれています。うん、よくわからん。(2015/6/16)

ぽえーん! 「ほぼ日手帳2016」に「どせいさん」のカバーが登場することが決定!
ぽえーん! ぷー! ぐんまけん!(2015/6/15)

指紋照合ができる! 盗聴器発見ができる! 現場検証もできる! 「探偵カフェ」で探偵体験をしてきた
探偵カクテルのほかに、ワニ肉やサボテンも食べられるぞ。(2015/6/11)

地域活性化に向けて業務提携:
紙広告とビッグデータ、ぐるなびとマーべリックが新たなエリアマーケティングを展開
マーベリックは2015年5月22日、ぐるなびと業務提携し、両社共同で新たなエリアマーケティングシステムの開発を通じ、地域活性化に向けたソリューションを開発することで合意した。(2015/5/22)

ポイント最大5倍&抽選で最大1万ポイントが当たる「au WALLET 1周年記念キャンペーン」開催
対象のポイントアップ店でWALLET ポイントが通常店舗の最大5倍たまるほか、抽選で最大1万ポイント当たる「au WALLET 1周年記念キャンペーン」が開催。また、ネット予約でおトクにポイントがたまるキャンペーンも行う。(2015/5/14)

ぐるなび、食べログの“次”のサービス:
グルメサイト第3世代「Retty」――ポイントは実名投稿とスマホ重視
ぐるなび、食べログに続くグルメサイト第3世代「Retty」をご存じだろうか。2011年スタート、初期から実名投稿・スマホ重視の方針を貫き、ある施策の後にユーザー数が急増、今は700万人を突破している。なぜこれほど急成長できたのか、同社代表の武田和也氏に秘密を聞いた。(2015/4/2)

「怖すぎ」「完全にホラー」と騒がれていた「ブラック・ジャック」ピノコのリアルすぎるロボットに会ってきた
コワッチョンブリケ!(2015/3/28)

カルビの上でわたあめが溶ける! 「わたあめすき焼きカルビ」が激ウマだった
ふわっふわのわたあめに割り下をかけると、あら不思議。わたあめが一瞬で溶けます。(2015/3/26)

トトロの「とうもころし!」を再現できる! とうもろこしの形の母の日ギフトセットが発売
「メイがとったとうもころし、お母さんにあげるの!」(2015/3/26)

DNP、スマホ特化キュレーションサービス「MEETTY」 本や映画から旅行プランまでまとめて紹介
大日本印刷がスマホ特化型キュレーションサービス「MEETTY」をスタートした。本や映画から雑貨や旅行プランまで紹介できる。(2015/3/20)

kgや円、cmにGB、身近なものの単位を見て触って体験できる「単位展」が面白すぎた!
「しごと」と「かてい」、どっちが重いの?(2015/3/10)

盆栽ティラミスに苔パフェ 「盆栽カフェ」で“わび・さび”を堪能してきた
ティラミスの上でカイワレが芽吹いているぞ。(2015/3/6)

2月14日は「ふんどしの日」! 3日間ふんどしを履いて“ふんどし女子生活”を送ってみた
ふんどし体験記。(2015/2/13)

見渡す限りウニ! どーんとウニで覆われた“最強のウニパスタ”で至福に浸ってきた
「どのイタリアンのお店に行っても、パスタの上にのっているウニが少なくて物足りない」というシェフの不満から生まれたウニパスタは至福の逸品だった。(2015/2/5)

抹茶ビールに抹茶のポテトサラダ! あれもこれもお茶尽くしのレストランでお茶を食べてきた
お茶は食べ物。(2015/1/9)

個人事業主や中小企業オーナーへ注力:
アメリカン・エキスプレス新社長が目指す「より広く、深く」とは?
アメリカン・エキスプレス・インターナショナルの社長に新しく就任した清原正治氏。リッチな個人向け、というイメージが強いAMEXカードだが、もっとさまざまな人に使ってもらえるよう注力すると話す。(2015/1/5)

愛らしい! たばこ店のガラス戸を開けてくれる柴犬に会ってきた
たばこ店の店番をしているとTwitterなどで話題になっていたシバ君に会って来ました。(2014/12/20)

田中圭一×ぐるなび 飲み会に使えるLINEスタンプ”風”画像を公開
「今夜はオレのおごりだ!!」。(2014/12/17)

店名入力や検索が不要:
エキサイト、振るだけで飲食店クーポンを入手できる「振ってクーポン」Android版を配信
エキサイトは12月16日、スマートフォンを振るだけで飲食店のクーポン情報を入手できる「振ってクーポン」Android版をGoogle playにて配信することを発表した。(2014/12/16)

これは泣けるんじゃないか 任天堂ゲーム音楽の演奏会開催 組曲「MOTHER2 ギーグの逆襲」も
MOTHER2のほか、スーパーマリオブラザーズ、ポケットモンスター、星のカービィ、ゼルダの伝説などの楽曲も。(2014/11/27)

CEATEC 2014:
トヨタがオープン開発を推進する「T-Connect」専用アプリ、参加企業は200社に
トヨタ自動車は「CEATEC JAPAN 2014」で、2014年夏から提供を開始した新テレマティクスサービス「T-Connect」を展示。同サービスの専用アプリ「T-Connect Apps」の開発を行う企業の登録数が200社に到達したことを明らかにした。(2014/10/22)

ラーメンが食べたくなったら立ちあげるべきグルメアプリ5選
日本中にあるラーメン屋さんだが、個人で食べ歩くのには限度がある。そこでアプリを使って店舗情報や熱心なファンのレビューを参考にしたい。多くの人の情報が人気店の真価、隠れた名店を教えてくれるはずだ。(2014/7/21)

田中圭一先生のご飯漫画に手塚先生の娘・るみ子さん登場 あれ、またイイ話だった……!
ところで「くぱぁ姫」って?(2014/6/19)

トヨタ、新テレマティクス「T-Connect」 音声エージェントやアプリ機能 SDK配布
トヨタが自動車情報サービスを一新した「T-Connect」発表。音声対話やアプリのカスタマイズができ、SDKを使った対応アプリの開発・配布も可能だ。(2014/6/18)

お下劣……じゃないだと!? 田中圭一先生が普通にいい感じのグルメ漫画を「ぐるなび」で連載
お下劣サイテーパロディー漫画家の田中圭一先生が「ぐるなび」でグルメ漫画連載をスタート。イイ話……だと!!!?(2014/5/21)

2DINナビ5モデル登場:
クラリオン、自然対話型音声認識対応カーナビ「NX714」「NX614」など計4モデル/ハイレゾ対応ライトナビ「NX404」
クラリオンは5月13日、「Intelligent VOICE」(インテリジェントボイス)対応ナビ「NX714W」「NX714」「NX614W」「NX614」など計4モデルおよびハイレゾ(FLAC)対応ナビ「NX404」を発表した。(2014/5/13)

1億2000万ユーザーが使う口コミサイト「Yelp」日本上陸 CEOが語る“勝算”とは
月間1億2000万ユニークビジターを誇る総合口コミサイト「Yelp」が日本上陸。「日本にソーシャルネットワークが与えた以上の変化を起こせるかもしれない」と話すジェレミー・ストップルマンCEOに日本進出の勝算を聞いた。(2014/4/9)

【超速報】ウソでもゴーストでも今日はオッケイ! エイプリルフールまとめ 2014年
今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。(2014/4/1)

ぐるなび新テレビCMのネコがブサかわすぎ! よく見ると鼻水ぴろぴろ
ふてくされたような表情がぐっと来ます。(2014/3/25)

PR:NAVITIMEは“無料”でもこんなに活用できる!
スマホの使いこなしは、アプリの使いこなしから。その入門編としてふさわしいのが、普段から使う機会の多いナビアプリだ。「NAVITIME」なら、ナビアプリの中でも豊富な機能を持ち、活用できるシーンも多い。(2014/1/27)

「日本のIT、完敗の恐れも」 ヤフー、「パーソナルデータ」活用規制に危機感
「日本のITが完敗してしまう恐れもある」――ヤフーは、政府の「パーソナルデータに関する検討会」事務局が示しているデータ保護の方針に異議を唱える。(2014/1/21)

食事をおごって商品リサーチ、お店探しが容易に――ゴチソーとぐるなびが連係
生の声を聞かせてくれたらご馳走します――。こんなモニターリサーチサービスを提供するゴチソーがぐるなびと連係。企業が“ごちそうする場所”を探しやすくなった。(2013/11/14)

広田稔のiPhoneで行こうぜ(22):
初心者必見! iPhone 5s/5cに入れたい定番無料アプリ25(後編)
後編はライフスタイル&ビジネス系の定番アプリをチョイス。(2013/10/22)

ぐるなび、厳選クーポンを紹介する「ぐるなびクーポン for スゴ得」をドコモのiPhone向けに提供
ぐるなびが、「ぐるなびクーポン for スゴ得」をドコモのiPhoneユーザー向けにスタート。通常のぐるなびクーポンではない厳選クーポンを紹介する。(2013/9/24)

ソニー、“気になるお店”を自動でまとめる「スポット便利帳」をリリース
ソニーマーケティングは、電話の発信履歴やブラウザの履歴、Facebookのチェックインから、お店や行楽スポットの情報を自動抽出する、Android向けアプリ「スポット便利帳」を発表した。(2013/9/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。