ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「進学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!受験・進学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で受験・進学関連の質問をチェック

関連キーワード

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
レスリング栄氏が溺れた「権力の罠」 根源にある“構図”とは
至学館大学の谷岡郁子学長は、栄和人氏のレスリング部監督解任を発表しました。「権力」を持った人たちの不祥事が続いていますが、権力そのものは悪者ではありません。何が権力を「悪」にしてしまうのでしょうか?(2018/6/22)

AI時代に生き残る人たち 私たちは“AI人材”を目指すべきなのか
最近よく聞く「AI人材」とは何なのか。政府も企業も世界で戦えるAI人材育成に力を入れている。(2018/6/21)

“学生花火師”から独学で飴細工職人へ 伝統の世界に革新をもたらした「アメシン」代表が目指すもの
「アメシン」代表の手塚新理さんにいろいろ聞いてみました!(2018/6/20)

「いつも想ってます」「パパ愛してるよ!」 川口春奈、亡き父に似た写真とともに愛のメッセージを送る
お父さん向こうで見てるかな。(2018/6/17)

「卒業の時が来たようです…」 ジャガー横田、息子の中学受験を機に子育て日記終了を発表
長らく続いた子育て日記でした。(2018/6/13)

東大に入るために「最も重要なもの」を答えなさい――地頭、努力、経済力 受験漫画のブレーンが語る「東大生を作ったもの」
「二月の勝者」(スピリッツ)×「ドラゴン桜2」(モーニング)。東大生ブレーン5人に話を聞いた。(2018/6/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
子どもを持つのは国のため? 「3人以上産んで」発言に潜む“幻想”
加藤寛治衆議院議員の「3人以上子どもを産んで」発言。「何が問題なのか」という声も聞こえますが、こうした発言が繰り返される理由を理解しておく必要があります。そこには、戦時中から変わらない「価値観」がはびこっていて……。(2018/6/8)

萌ちゃんたちの日常がここに 京都市交通局「地下鉄に乗るっ」約12分のショートアニメが無料公開
ファンの愛が詰まった12分(2018/6/2)

3年間で20倍:
沖縄から台湾へ、大学進学者が急増 なぜ?
台湾の大学に進学する沖縄の高校生が急増。学費や生活費の割安感や距離の近さなどが台湾進学を後押しするが、十分な語学力を備えずに入学し、授業についていけず退学する事例も出ている。(2018/5/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ラフプレーと財務職員自殺 “服従の心理”の末路
日大アメフト部のラフプレー問題で、選手が監督やコーチの指示に逆らえなかった心情を語りました。悪いことだと分かっていても、権力者の命令に従ってしまう。その心理は誰にでも働く可能性があり、50年以上前の実験でも明らかになっています。(2018/5/25)

真のキャリア教育:
「夢」の功罪 貧困・奨学金記事を炎上させるもの
貧困に苦しむ家庭や、そうした環境下で育った若者にとって、大学進学やそのための奨学金に関する記事が人気です。一方、そうした記事は自己責任論や「甘い」といった批判も呼びやすく、本質の議論がずれているのではないでしょうか。(2018/5/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
あの大企業も大炎上 「しかるべき手続き」の落とし穴
キリンビバレッジがTwitterで発信し、炎上した「午後ティー女子」。社内で「しかるべき手続き」が行われたはずなのに、なぜ間違ってしまったのか。(2018/5/11)

平成30年史 デジタルが変えた文化(1):
全てはポケベルから デジタル化が生む「SNSムラ社会」
ポケベルが画期的だったのは、家単位で設置されていたそれまでの電話では困難だった、個人同士の即時コミュニケーションが可能になったことだ。個人間コミュニケーションは、携帯電話のメッセージやLINEなどに形を変えて進化していった。(2018/5/9)

経済インサイド:
10年以上放置「休眠預金」が来秋にもNPOに活用……前例のない社会実験
お金の出し入れが10年以上ない「休眠預金」を民間の公益活動に活用するため、各銀行がシステム整備に乗り出した。投資額は大手銀行5グループだけで50億円程度とみられる。(2018/5/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ(前編):
センベロの王者 「晩杯屋」急成長のワケ
わずか10年弱で東京を代表する立ち飲みチェーンに成長した「晩杯屋」。お酒とつまみ3品程度で1000円以下という低価格が支持されているが“センベロの多店舗化”に成功した背景には何があるのだろうか?(2018/5/8)

どんな良い人間でも、きちんとがんばっていれば…… 『猫のお寺の知恩さん』のあるセリフが「含蓄ある」と大反響、収録話を無料公開に
セリフのコマが「なんだこの含蓄ある言葉。天才か」とツイートされたところ、5万回近くRTされる事態に。(2018/5/2)

「MONO」の「M」を押すと音楽が再生 驚きの仕掛け「消しゴムプレーヤー」を作り上げた高校生に話を聞いた
スピーカーはやっぱりMONOラル。(2018/5/2)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編)
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を、イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。今回取り上げるのは「メルカリ」。人気フリマアプリですが、ちょっと独特な文化があるようです。(2018/5/1)

神絵師は「ずるくない」! 神たちの努力量を分かりやすく説明した漫画がハッとさせられる
制作時間は1時間(ただし下積みは2万時間)。(2018/4/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
残業削減のためにまた会議? トップの意味不明な指示を生む“罠”
残業削減を唱えながら会議が増える……。トップの意味不明な指示に困っていませんか? 彼らは自分の考えが正しいと信じ、現場の問題に向き合うつもりはありません。そんなとき、私たちができることは何でしょうか?(2018/4/27)

世界を「数字」で回してみよう(48) 働き方改革(7):
女性の活用と、国家の緩やかな死
今回は、「働き方改革」の中でも最難関の1つと思われる「女性活用」についてです。なぜ、このテーマが難しいのか――。それは、「女性活用」は、運用を間違えれば、国家の維持(つまりは人口)にも関わる事態となってくるからです。(2018/4/25)

スマート家具ベンチャーが仕掛けた月額500円からの「サブスクリプション家具」
カーシェアリングなどの広がりとともに“所有しない”生活スタイルが注目を集める中、新興家具メーカーがサブスクリプション型サービスを開始した。入会金などの初期費用は必要なく、月額500〜2000円程度でデザイナーズ家具が利用できる。(2018/4/16)

新連載・河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
必殺・新人つぶし! ――裸になれない“小ジジイ”の壁
新入社員を待ち受ける“小ジジイ”の壁。小ばかにした態度で指示したり、自慢話を延々と続けたりして、モチベーションを下げる人たちです。“小ジジイ”にならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?(2018/4/13)

図書券・図書カードって今どうなってるの? 進化の歴史をまとめてみた
えっ、「図書カード」も発行終了してたの?(2018/4/11)

「ボトムズ」のスコープドッグを紙で手作りする中学生あらわる 降着ポーズまで再現する神業にむせるしかない
もはやパーフェクトソルジャーの領域。(2018/4/10)

「女は大学に行くな、」―― 神戸女学院大学のメッセージに「泣きそうになった」と反響 胸を打つ広告はいかにして生まれたか
一瞬ドキッとするキャッチコピーですが、続きまで読むと……。(2018/4/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新iPadだけじゃない Appleが教育現場でGoogleと大きく違うこと
Appleはコンピュータシステムを用いたハードウェア製品の企業であり、Googleは検索エンジンをスタート地点にした広告事業の企業といえる。スマートフォンやテレビ向け端末などでも、そうした立ち位置の違いが垣間見えることが少なくないが、教育市場においては、さらに違いが明確になっている。(2018/3/29)

ブラックホールはどうなる? ホーキング博士、革新的理論で常識に挑んだ宇宙論の巨人
「車いすの天才科学者」と呼ばれ、76歳で死去した英理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士。難病と闘いながら革新的な理論で謎に挑み続け、宇宙論の発展に偉大な足跡を残す一方、社会にも広く影響を与えた。(2018/3/28)

PR:「完全かけ放題まではいらない」人に朗報 契約キャリア以外のかけ放題も選べる時代に
春の新生活や歓送迎会シーズンは電話連絡の機会が多く、高い通話料が気になって電話をかけること自体がストレスになることも。でも、完全かけ放題は高いから利用したくない……。そんな人にオススメなのが、「OCNでんわキャリアフリー」だ。(2018/3/28)

眠気とは何か? 眠りのスイッチ遺伝子発見 柳沢正史・筑波大教授
眠気とは何か。人はどうして眠らないといけないのか――この研究に取り組む筑波大の柳沢正史教授(57)は、マウスの特殊な睡眠障害を発見し、世界の睡眠研究に大きな風穴を開けた。(2018/3/27)

日本女性初「レゴブロック職人」奮闘 「不器用でもできる」
レゴ職人「マスター・モデル・ビルダー」のなかやまかんなさん(28)は、日本人女性で初めて「ビルダー」になるほどの実力だ。幼稚園の卒業文集には「レゴ社に入りたい」と書いたほどレゴ好きだったという。(2018/3/26)

オーディエンス分析プラットフォーム「AIXON」を導入:
LIFULLのAI戦略、予測分析はマーケティングをどう変えるのか?
不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULLはAI(人工知能)をどう活用しているのか。同社のデータ戦略責任者に聞いた。(2018/3/14)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(35):
マクロ編:ITエンジニアにおすすめの移住先を探せ!
始まりは徳島?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。マクロ編は、ITエンジニアの移住事情やおすすめのIT先端地域を紹介します。(2018/3/12)

“洗濯家電”続々 ハンガーで脱臭、クローゼットで花粉落とし……
洗濯機の機能を補足する“洗濯家電”が続々と登場している。染み抜き、襟や袖の皮脂汚れを落とすスティック型のハンディ洗濯機、衣類をかけるだけで臭いやしわを取り除くクリーニング機など、品ぞろえは豊富だ。(2018/3/8)

アップルPickUp!:
iPad Proでライフスタイル改革! 仕事とプライベートを効率化する
iPad Pro活用術を紹介。学生・教職員を対象にiPadとBeatsの同時購入でキャッシュバックキャンペーンも実施中。(2018/3/8)

PR:頑張る力は「言葉」から生まれる 前代未聞の眼鏡を作り上げたジンズ・井上氏の熱意の理由【前編】
アイウェアブランド「JINS」を展開するジンズは2015年、それまでになかったコンセプトの眼鏡を発売し、世間を驚かせた。体の状態を知ることができるセンシングアイウェア「JINS MEME(ジンズ ・ミーム)」だ。困難を伴うプロジェクトを育ててきた井上一鷹氏を突き動かしている信念とは何だろうか。その思いに迫った。(2018/3/5)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第51回 企業の中で「Rubyコミッター」の看板を背負う覚悟と喜び
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/3/1)

モノづくり、女性の力:
いまこそ“メカジョ”を経営戦略に、国家GDPを8%引き上げる女性の力
モノづくり現場において女性の力を効果的に生かしていくためには何が必要となるだろうか――。オートメーションと計測の先端技術総合展「SCF2017/計測展2017 TOKYO」では、「モノづくりの最前線で輝く女性たち」をテーマに日本機械学会会長の大島まり氏が講演した。(2018/2/20)

「問題児 三木谷浩史の育ち方」:
起業家、楽天「三木谷浩史」はいかにして生まれたか
楽天を創業し、現在も会長兼社長を務める三木谷浩史氏。綿密な取材をもとに、そのバックグラウンドをまとめたのが山川健一氏の著書「問題児 三木谷浩史の育ち方」だ。かつては不良少年だった三木谷氏はいかにして立ち直り、起業家精神を身に着けたのだろうか。(2018/2/19)

「あの時負けていれば」――人生を賭けた一局、夢が終わった後に続くもの
人生にイフはない。ただ問うことだけが許される。(2018/2/16)

中学受験をする理由は「良い大学に入るため」だけじゃない 漫画『二月の勝者』の東大卒編集者が語る“名門校に入る意味”
スピリッツで連載中の受験漫画『二月の勝者』担当編集とその妹さん(現役東大生)に受験をめぐるあれこれを聞きました。(2018/2/13)

大学中退、ひきこもりを経てアプリ開発の道へ 「どうぶつタワーバトル」作者がヒットの苦労と喜び明かす 新どうぶつ追加も示唆
メガネグマやオリックスなどマニアックな動物も。(2018/2/9)

23区内で10年間「大学定員増」禁止:
大学勢力異変 「MARCH」人気に陰りも
私立大学の入試シーズンが本格化するなか、その勢力図を激変させかねない事態だ。(2018/2/9)

ドラゴン呼び出すのなら神の領域に行くしかないじゃん 漫画『GREAT OLD〜ドラゴンの創り方〜』が熱い
知に限界があると考えるか、乗り超える覚悟があるか、それが問題だ。(2018/2/8)

大人の男になるための3条件とは? 成長期の男子に訪れる“あるある”描く漫画に共感の声
例えば一人称を「ボク」から「オレ」にするなど。どれも個人の好みや環境などによって変わってくる事柄ですが、男子が成長の節目で切り替えたくなるのは確か。(2018/2/1)

地域プロジェクト「Adobe Design Jimoto」:
「気仙沼の課題をデザインで解決する」中学生41人の挑戦
アドビシステムズの地方活性化の取り組み「Adobe Design Jimoto」が宮城県気仙沼市で開催。中学校2年生が「デザイン体験」に挑戦した。取り組みの意味とは?(2018/1/30)

Y!mobileとUQ mobile、学割で安いのはどっち?
月額2000円以下でスマホが持てることをアピールするMVNO。中でも大手携帯キャリアの「サブブランド」といわれるY!mobileとUQ mobileが展開する、学割内容を比較しました。(2018/1/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店の「プライベートブランド家電」は買いなのか
家電量販店が近年注力している「プライベートブランド家電」は、業界で1つのトレンドとなりつつある。家電量販店にとってこうしたプライベートブランド家電はどのような位置付けなのかを意識しつつ、これらメリットとデメリットをチェックしていこう。(2018/1/20)

編集者との関係は? 現地の漫画家に聞くドイツ漫画家事情
ドイツ初の女性漫画家クリスティーナ・プラカさんを訪ねてきました。(2018/1/19)

「東京では“不登校は復帰するな”と指導せざるを得ない」匿名の記事に注目集まる 都に見解を聞いた
東京都に取材しました。(2018/1/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。