ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AdWords Express」最新記事一覧

「Google Boost」から改称

関連キーワード

Tech Basics/Catalog:
Googleモバイルアプリ
Googleは、検索エンジン「Google」や「Gmail」といったメールサービスの他にもさまざまなインターネットサービスを提供している。それらのインターネットサービスをスマートフォンからも活用できるようにモバイルアプリの提供も行っている。そのアプリから主だったものを紹介しよう。(2016/7/15)

ローカル広告競争:
Google Mapアプリにローカル広告機能を登載 ――Foursquareと競争激化?
米Googleは現地時間8月8日、Android/iPhone/iPad用のGoogle Mapアプリに新しくローカル広告表示機能を追加した。(2013/8/13)

Google helping small business think report:
Google AP地区プレジデントのテムサマニ氏 「Facebookの参入は歓迎だ」
ネットを活用した中小企業のビジネス支援に注力すると表明したGoogle アジア太平洋地域担当プレジデントのカリム・テムサマニ氏は、「エコシステムの確立にライバルの参入が不可欠」と語った。(2013/4/19)

Google、プレイスの更新プロセスを“勝手に更新、事後連絡”に変更
「Google Places」のお店情報を最新に保つ目的で、オーナー以外の第三者によるプレイスページの編集結果が自動的に反映されるようになった。オーナーにはメールで更新を通知する。(2011/10/17)

Google、AdWordsのローカルビジネス向け簡易版「AdWords Express」を発表
これまで「Google Boost」と呼んでいたローカルビジネス向け広告サービスを「AdWords Express」と改称し、加入時にGoogle Placesのアカウントを同時に作成できるようにした。(2011/7/26)

Google News、iPhoneとAndroidで位置情報利用の地元ニュースコーナーが登場
「News near you」は、iPhoneまたはAndroid端末でGoogle Newsによる位置情報利用を許可すると表示されるローカルニュースセクション。まずは米国でスタートした。(2011/5/16)

Google、Groupon対抗クーポンサービス「Google Offers」を米国でスタート
「Google Offers」で地域を選んで登録すると、お得な割引情報がGmailに送られてくる。割引率は50%以上になるようだ。(2011/4/22)

Google、プレイスの「Tags」を終了 リスティングサービスを整備
Googleが、地域事業主向けサービス「Google Places」の機能強化・整備の一環としてTagsを終了。ユーザーにはBoostなどへの移行を勧めている。(2011/4/18)

GoogleがGmailのディスプレイ広告のテストとモバイル向け「Boost」を立ち上げ
Googleが、Gmail向けディスプレイ広告のテストを開始し、地域密着型広告サービス「Google Boost」をAndroidとiPhoneに対応させた。(2011/1/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。