ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Developer Day」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Developer Day」に関する情報が集まったページです。

IT資格Watch!(2):
エンジニアを熱狂させたグーグル「DevQuiz」は、日本生まれ世界育ち
(2012/2/14)

D89クリップ(38):
【HTML5とか勉強会 Webと家電】 家電のUIになるブラウザ
未来の家電はインターネットに接続でき、ブラウザが内蔵されてくる。家電にブラウザが載ったらどうなるか? 未来のホームネットワークを想像しよう (2012/2/3)

D89クリップ(36):
【第24回 HTML5とか勉強会レポート】 108もあるぞ! HTML5の要素数
現在、HTML5の要素数は108ある。その中から、注目のAPI、FileSystem API、Web Audio API、Geolocation APIができることをチェックしよう!(2012/1/18)

D89クリップ(29):
【Google Developer Day 2011 Japanレポート】 HTML5で今までにないサイトを作る
今年のGoogle Developer Dayの「HTML5」関連セッションは4つに増えた。ブラウザの実装も進み、ネイティブアプリのようになってきた(2011/11/17)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(26):
開発者が知らないと損するAndroid 4.0の新機能44選
(2011/11/2)

Google Developer Day:
Googleが期待する“日本の熱意”/開発者が注目すべきAndroid 4.0の新機能
いよいよその全貌が明らかになった「Android 4.0」。ユーザー、そして開発者にとってどんな魅力があるのだろうか。「Google Developer Day」でAndroidプラットフォームの開発を担当するティム・ブレイ氏らが説明した。(2011/11/2)

ねとらぼ:
Google開発者イベント、参加クイズ受け付け中 難易度を緩和した枠も
9月に開かれるGoogle開発者イベントに参加するための「DevQuiz」では、初級開発者でも参加しやすい「Next Generation」枠を設けている。(2010/8/18)

安藤幸央のランダウン(52):
グーグルは、○○おもいッきり、テレビ
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2010/6/16)

EvAndroidに聞くAndroidのキモ 第1回:
そもそも、「Android」って何?
2010年中に国内3キャリアから端末が出そろい、iPhoneの独走に“待った”をかけるのか注目が高まっているAndroid。本連載ではTwitter上で集めた意見を参考にしながら、Androidの可能性を探っていく。第1回では、Androidの基本的な“キモ”をおさらいしよう。(2010/3/19)

一撃デザインの種明かし(8):
一攫千金! デザイナのためのmixiアプリ制作のコツ
ケータイ版の提供もスタートして、ますます注目を集める「mixiアプリ」。mixiの特徴を生かした制作事例とデザイナが制作する際のポイントを紹介します。カヤックのオリジナルデザインテンプレートも大公開!(2009/12/4)

Android開発者向け“GDD Phone”専用の通信パッケージ、日本通信が提供
日本通信は、Googleが開発者向けイベントで配布したSIMロックフリーのAndroid端末向けに、通信パッケージを提供する。(2009/7/28)

インタビュー特集:Google直伝!(7):
Google Waveでニコ動っぽいサービスは作れますか?
リアルタイム性を追究したチャットやコラボレーション機能が話題のGoogle Wave。Waveの仕組みを解き明かすインタビュー。Waveでニコ動は作れるのか?(2009/6/23)

インタビュー特集:Google直伝!(6):
Webの3Dグラフィックスが変わる?!GoogleのO3Dとは?
Web上に3DグラフィックスをJavaScriptで簡単に制作できるオープンソースのWeb API「O3D」。O3Dが画期的である理由を聞いた(2009/6/22)

Google Developer Day 2009 Japan Report:
Googleが描く「よりパワフルなWeb」の世界
Google Developer Day 2009では、先月開催されたGoogle I/O 2009でも紹介された「HTML5」「Android」「ソーシャルウェブ」が、Googleの内外で化学反応を起こしている様子が関係者の口から語られた。(2009/6/10)

インタビュー特集:Google直伝!(4):
Google App Engineの3つの「簡単」コンセプトとは
発表から一年。バージョンアップされたGoogle App Engineでは、どんなアプリケーションが作れるのか?GAEの新たな可能性を聞いた(2009/6/4)

インタビュー特集:Google直伝!(3):
本当はすごい、知られざるGoogle Maps APIたち!!
数多く存在するGoogle MapsのAPIや機能のうち、あまり知られていないものや新しいもの、とっておきをGoogle担当者に聞いた(2009/5/21)

インタビュー特集:Google直伝!(1):
Androidアプリで高速描画チューニングをするコツ
Googleのさまざまなサービスを使いこなすコツをグーグル担当者に聞くインタビュー。初回はいま注目のAndroidについて(2009/4/21)

Google開発者イベントが6月に ミクシィ笠原社長も登場
開発者イベント「Google Developer Day」にミクシィの笠原社長が登場する。(2009/4/13)

Google、開発者向けイベントを6月に開催
グーグルが、開発者向けイベント「Google Developer Day 2009」を6月9日に日本で開催。基調講演にはミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏が登場する。(2009/4/13)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(4):
Aptanaなら開発環境とクラウドの連携が超お手軽!
(2009/3/26)

コードを書きまくる:
グーグル エンジニアのまじめな日常
(2008/6/11)

Googleがフォーカスする3つの「C」
GoogleのI/Oデベロッパーカンファレンスは、cloud(クラウド)、client(クライアント)、connectivity(接続性)に重点を置く。(2008/5/29)

Google Gearsは「世界を変える」か「降伏宣言」か
「Gearsは世界を変える」「そんなにすごいとは思わない」「Microsoftは正しいと認めるGoogleの降伏宣言」――専門家のGoogle Gearsに対する見方はさまざまだ。(2007/6/13)

Web2.0開発者調査でトップランクは“eBay”
米国発、開発者対象の最近の調査では、いわゆるWeb2.0企業の間で優れた開発者向けプログラムを提供している企業としてトップにランクされたのはeBayだった。(2007/6/7)

Google Developer Day 2007:
GoogleのAPI公開は「情けは人のためならず」方式
GoogleがAPIを公開すれば、インターネットユーザーが増える――。APIの公開とユーザーの増加にどんな関連があるのだろうか。都内で開催した開発者向けイベント「Google Developer Day 2007」で、ネット版「情けは人のためならず」を考える。(2007/5/31)

Google Gears対応版「Google Reader」は、ブラウザの限界を“突破”できるか
オフラインでもWebアプリが利用できるという「Google Gears」が、Webブラウザの限界を“突破”する技術として注目を集めている。このGoogle Gearsに対応した「Google Reader」を試してみた。(2007/5/31)

Webブラウザの限界に挑戦――オフラインでもGoogleが利用可能に
どんな多機能なブラウザであっても、どんなに便利なWebアプリであってもインターネットに接続できなければ満足に利用できない。この“限界”に挑戦するGoogleが発表したのが「Google Gears」だ。(2007/5/31)

Google幹部ディボナ氏が語る「Googleとオープンソース」
米Googleでオープンソースマネジャーのクリス・ディボナ氏は、eWEEKの取材に対し、GPLv3登場のインパクト、Microsoftへの強硬姿勢などを含め多くの見解を語った。(2007/5/21)

Google、開発者向けイベントを5月に開催――東京オフィスでも
Googleが5月31日に開催する「Google Developer Day」では、GoogleのAPIや開発者向けツールに関するスピーチやディスカッション、ワークショップなどが予定されている。(2007/4/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。