ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google +1」最新記事一覧

また昭和な転職で失敗してるの? きのこる先生の「かろやかな転職」(3):
Wantedly、CodeIQ、カンファレンス 本当に有効なのはどの手段?――転職2.0現状確認会
プログラマーにしてWeb系企業の採用担当の「きのこる先生」が指南する、転職サービスに依存せずソーシャルなつながりなどを利用する「転職2.0」の活用法。今回は、カンファレンス転職や、コーディング型転職支援サイトなど、最近のエンジニア転職“界隈”のトレンドを紹介する。(2015/9/4)

VBA/マクロ便利Tips:
配列を使うのに役立つ4つの関数――Array、LBound、UBound、Splitの使い方
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、配列を返すArray、配列のインデックス番号の最小値/最大値を返すLBound/UBound、要素ごとに区切られた文字列から配列を作るSplitなどの使い方について解説。(2015/4/1)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(4):
OpenStackはどのようにテストしているのか?
特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく@IT特集「OpenStack超入門」。コラム第4回は「Tempest」コアデベロッパーの井川征幸氏がOpenStackの品質を担保する「テストの仕組み」を紹介する。(2015/1/14)

海外IKEAの新作ランプが「STAR WARS」のデス・スターっぽいと話題に
なにこれお部屋に1つ欲しい!(2014/5/20)

Web業界で働くためのPHP入門(6):
PHPの算術演算子、インクリメント/デクリメント&whileを使ったループ処理/繰り返し文
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。今回は、PHPの「算術演算子」、インクリメント/デクリメント演算子と、その前置/後置の違い、while文を使ったループ処理と、そのネストなどについて解説します【PHP 7.1含め2017年の情報に合うように更新】。(2017/6/12)

Google+利用のソーシャルディスプレイ広告「+Post」、Toyota USAなどのβ参加でスタート
Google+ページを持つ企業は、Google+の投稿を数クリックするだけで「Googleディスプレイ広告」としてAdWordsネットワーク上のWebサイトに表示できるようになる。(2013/12/10)

目指せ! Cプログラマ(16):
プリプロセッサでプログラムの質を向上させよう
プログラミング言語Cの強力な機能の1つに、「プリプロセッサ」があります。正しく使えば、間違いが少なくて、意味も伝わりやすいプログラムを、より簡単に書くことができます。プリプロセッサを使いこなして、プログラムの質をぐっと向上させましょう。(2013/9/17)

Google+が2歳に──フォローボタン改善や写真機能強化
Googleが、Webサイトに貼れる新しいGoogle+フォローボタンやコミュニティー向けバッジを公開し、アルバムの写真のアップロード/ダウンロード機能を改善した。(2013/7/1)

GmailのモバイルWebアプリがアップデート iOS版のUIを踏襲
モバイル端末で開くGmail.comのユーザーインタフェースが変更され、iOSアプリ版と同じようにGoogleカレンダーやGoogle+とタブで切り替えられるようになった。(2013/3/12)

いつの間にか世界2位のソーシャルメディアに:
Google+は単なるソーシャルメディアじゃない?! 今知っておきたい3つのトピックス
英国の調査会社によると、米グーグルのソーシャルメディア「Google+」が、2012年10〜12月のアクティブユーザー数で、Facebookに次いで世界第2位のソーシャルメディアとなりました。なぜGoogle+が伸びているのでしょうか。3つのトピックスを紹介します。(2013/2/20)

GitHub創設者が語る“軌跡”:
GitHubが実践するオープンソース式マネジメント法
1月30日、Open Network Labは「GitHub創設者が語る“立ち上げから利用者300万人までの軌跡”」をテーマにイベントを開催した。そこで語られたGitHubの歴史や社員の採用方法、マーケティング術などをレポートする。(2013/2/12)

iOS版Gmail、マルチアカウント対応など大規模アップデート
GmailのiPhoneおよびiPad版がバージョン2.0にアップデートされ、待望のマルチアカウント対応の他、プロフィール画像の表示など、デザインも大きく変わった。(2012/12/5)

Google、サービス終了予告第8弾――「フィード向けAdSense」など8件
今回の“大掃除”では、「フィード向けAdSense」や検索トップページの背景画像追加機能の終了、Picasa用ストレージのGoogle Driveとのマージなどが発表された。(2012/10/1)

Google+の登録ユーザーが4億人を突破 アクティブユーザーは1カ月当たり1億人に
Googleが、plus.google.comとモバイルアプリでGoogle+を利用する月間アクティブユーザー数が1億人を突破したと発表した。(2012/9/18)

Google Chromeが4周年 誕生日ギフトが隠れた特別サイトを公開
GoogleのWebブラウザが2008年のリリースから4周年を迎え、Chromeの機能で楽しめる「Chrome Time Machine」サイトが公開された。(2012/9/5)

Chrome Web Store、Google+の友達レコメンドコーナー新設
Chromeブラウザの拡張機能ストアに、Google+のサークル内の友達が「+1」を付けた拡張機能の紹介コーナーが追加された。(2012/7/4)

「Google+ iOS SDK」のプレビュー版公開 Android向けも間もなく
iOSアプリにGoogle+の機能を統合するためのSDKが公開された。Google+のモバイルからの利用はデスクトップからを上回るという。(2012/7/2)

Google、「+1」ボタンに関連コンテンツ推奨機能を追加
「+1」ボタンにマウスを置くと、Webサイト内の関連性のあるコンテンツをレコメンドする吹き出しが表示されるようになる。(2012/6/27)

FlipboardのAndroid版リリース Google+とYouTubeに対応
ソーシャルマガジンアプリFlipboardのAndroid版が正式に公開された。米国ではSamsungの「GALAXY S III」にプリインストールされる。(2012/6/22)

Google、Gmailの受信ボックスからGoogle+へのコメント投稿を可能に
Google+のアクティビティ通知メールをGmailで受信したら、そのメールから直接コメント投稿や「+1」の追加ができるようになった。(2012/5/9)

Google+のアップデートで何が変わったか
Googleが突然発表したGoogle+の刷新では、ストリーム画面がシンプルになり、ナビゲーションがカスタマイズできるようになったほか、プロフィールにFacebookのタイムラインに似た「カバー写真」を追加できるようになった。(2012/4/12)

Google、「+1」ボタンをリニューアル
Googleが、Google+バッジに続けて+1ボタンのデザインも変更した。(2012/3/8)

Google+にフィードフィルタや企業ページでの複数管理人設定など4つの新機能
Googleのソーシャルサービス「Google+」のストリームや、プッシュ通知、企業ページ、写真表示に新機能が追加された。(2011/12/20)

「いいね!」ボタンならぬ「バルス!」ボタン ラピュタ放送に備えて貼り付けよう!
ブログに貼れる「バルス!」ボタンが公開された。さぁみんなで「バルス!!!」(2011/12/9)

クラックできたらスパイとして採用――英諜報機関
「_Can you crack it?」と書かれたWebページの暗号を解くと、英政府通信本部(GCHQ)の採用ページにたどりつく。(2011/12/2)

Google、画像検索にも「+1」を追加
検索結果の画像をGoogle+のサークル内などの友達が+1している場合は、画像にその友達の名前が表示される。(2011/11/10)

Google、Google+バッジの提供開始 Webサイトからページへの誘導を促進
自社のGoogle+ページを「ダイレクトコネクト」の対象にするためにはWebサイトへのバッジの設置が必須といえる。(2011/11/10)

Google+にYouTubeプレーヤーとプッシュ通知のChrome拡張
Googleは、ソーシャルメディアサービスのGoogle+内でYouTubeの動画を検索・再生・共有できる機能と、Google+の新着情報をプッシュ通知するChrome拡張機能を発表した。(2011/11/4)

Google、「Google+ API」に検索、+1、コメントを追加
9月に発表された「Google+ API」に、ソーシャルサービス内の公開データを検索したり、投稿へのコメントを読めるようにする機能が追加された。(2011/10/5)

安藤幸央のランダウン(58):
ぼくらの七ボタン戦争 - Social Buttons War -
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/9/8)

Google、「Google Voice」のデータエクスポートを可能に
Google Voiceの電話番号、履歴、メッセージデータを「Google Takeout」経由でダウンロードできるようになった。(2011/9/7)

Google、AndroidとiOSでも「+1」ボタン共有を可能に
Facebookの「いいね!」に似たGoogleの「+1」ボタンが、スマートフォンからも利用できるようになった。(2011/9/6)

Google、「+1」ボタンと「Google+」を連係 サークルでの共有を簡易化
Google版「いいね!」ボタンにソーシャルサービス「Google+」のサークルでコンテンツを共有するためのオプションが追加される。(2011/8/25)

【お知らせ】ITmediaのトップページが新しくなりました!
ITmediaのトップページがリニューアルしました。デザインを一新し、ソーシャル要素を取り入れています。(2011/8/16)

Google、「Social Search」に「Google+」の投稿を反映
Google検索の結果に友達のコメントが反映される「Social Search」のソースとして、「Google+」でサークル内のメンバーが一般公開設定で投稿したコメントが追加された。(2011/8/15)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
FacebookとGoogle+に見る友達関係150人限界説
世界一のユーザー数を誇るFacebookに、Googleが挑戦……なぜ今、SNSの世界で熱い戦いが始まっているのか。筆者の考えは「人間が友達友達になれる上限は150人。150人のつながりが積み上がることで、情報インフラが変容するからでは?」というものだ。(2011/7/28)

Google+のユーザー数は1000万人突破――ペイジCEOがGoogle+で会見原稿を公開
Googleのラリー・ペイジCEOは業績発表の記者会見中、自身のGoogle+で会見原稿を公開した。(2011/7/15)

Google決算、2桁台の増収増益 Google+の加入者数は1000万人突破
Googleの4〜6月期の売上高は前年同期比32%増の90億2600万ドルで過去最高となった。ラリー・ペイジCEOは会見で「Google+への素晴らしい反応に非常に興奮している」と語った。(2011/7/15)

Googleの「+1」ボタン、Webページへの設置率で3位に――BrightEdge調べ
調査によると、世界のトップ1万のWebサイトで、何らかのソーシャルプラグインを設定しているのは約50%で、そのうち最も多いのはFacebookの「いいね!」ボタンだった。(2011/7/11)

Google、「Googleプロフィール」の限定公開機能を削除へ
ソーシャルサービス「Google+」の一般公開に向けて、Googleがユーザーに対し、すべての「プロフィール」を公開設定にするよう告知した。7月31日以降「限定公開」になっているプロフィールは自動的に削除される。(2011/7/6)

ねっと知ったかぶりβ版(6/27〜7/1) 「Google+」にわくわく 「かわいい検索」にドキドキ
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はGoogleの新たなSNS「Google+」にネットが盛り上がりました。女子大生が作った「かわいい検索」も話題に。(2011/7/1)

「Google+」日本語版をチラ見する 特徴的な「サークル」、話題共有が容易な「Sparks」
Googleがテストを始めた本格的なソーシャルサービス「Google+」。Facebook対抗サービスとしてFacebookと同様の機能を持つ一方、つながりの起点となる「サークル」や、ニュースなどの共有が容易な「Sparks」など特徴的な機能も備える。(2011/6/29)

Google、Facebook対抗のソーシャルプロジェクト「Google+」を発表
「Google+」(グーグルプラスと読む)は、Facebookのような友達のグループ分け機能やグループビデオチャット、フィードリーダー、位置情報付きの投稿が可能なモバイルアプリなどで構成される総合的なソーシャルサービスだ。(2011/6/29)

“Google版いいね!”の「+1」が日本版対応に 東急ハンズなどが採用
Google.co.jpの検索結果にも「+1」ボタンが表示されるようになる。Webページにボタンを設置するためのツールも日本語対応になり、東急ハンズなどのページには既にボタンが表示されている。(2011/6/28)

Google、ソーシャル分析のPostRankを買収
Googleが買収したPostRankは、コンテンツに関するTwitterやFacebookでの反応をリアルタイムで収集・分析するツールやGoogle Reader向けのランキング拡張機能を提供する新興企業だ。(2011/6/6)

“Google版いいね!”の「+1」、Webサイトへの設置が可能に
Facebookの「いいね!」対抗「+1」ボタンの普及をめざすGoogleが、Webパブリッシャー向けにボタンをWebサイトに設置するためのコードを公開した。(2011/6/2)

Googleの「Social Search」が日本語対応に
Google検索の結果をパーソナライズする機能「Social Search」が日本語に対応した。日本語の検索結果でもURLの下にそのURLを共有する友達のアイコンが表示される。(2011/5/20)

Microsoft、「いいね!」を投稿できるBingバーほかFacebook関連のBing新機能を発表
MicrosoftがBingでのFacebookデータの利用をさらに強化した。個人名を検索するとFacebookプロフィールのデータが表示されたり、1クリックで「いいね!」を投稿できるボタンが追加された。(2011/5/17)

Facebookが大手代理店を通じてGoogle批判記事をメディアに依頼? 米報道
Facebookが米大手代理店のBurson-Marstellerを通じて、Googleのソーシャル機能がプライバシーを侵害しているという記事を書くようメディアやブロガーに依頼していたと複数のメディアが報道している。(2011/5/13)

Google、「Google Buzz」のプライバシー問題でFTCと和解
和解案は、Googleに包括的なプライバシープログラムの実施と向こう20年にわたる第三者機関による定期的な査察を義務付けている。(2011/3/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。