ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Voice」最新記事一覧

関連キーワード

「Google Home」に無料の通話機能 まずは米国とカナダで
GoogleのAIアシスタント搭載スマートスピーカー「Google Home」から一般電話に発信できるようになる。まずは米国とカナダで開始する。Wi-Fi経由なので無料だ。(2017/8/17)

「Google Talk」終了へ──Googleが「ハングアウト」などコミュニケーションまわりを整理
Googleが“春の大掃除”でコミュニケーションツール関連を整理する。2005年スタートの「Google Talk」がついに終了する他、Android版ハングアウトのSMS機能削除、Gmail Labsの8つのサービス終了などだ。(2017/3/25)

機能統合の流れから一変
「ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービス「Allo」と「Duo」とは
新しいコミュニケーションアプリケーションとして「Allo」と「Duo」を発表したGoogle。これをきっかけに、コミュニケーションサービスを消費者向けと企業向けに分ける可能性がある。(2016/7/21)

Google、固定電話サービス「Fiber Phone」を米国でスタート
Googleが、「Google Voice」の技術を応用した家庭向け固定電話サービス「Fiber Phone」を米国で開始する。月額10ドルで、国内通話は無制限、国際電話はGoogle Voiceと同額で利用できる。留守電や緊急電話などの固定電話の機能はすべてサポートする上、固定電話への着信をスマートフォンで受ける機能などもある。(2016/3/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windowsの決済端末から個人情報をどう守る? 米NYで見た最新動向
WindowsはPCだけでなく、街頭や店舗内に設置されるキオスク端末、会計に使うPOS端末にも導入されている。こうした機器からの情報流出は個人では防ぎようがないが、セキュリティ対策はどうなっているのだろうか。米国の最新動向をお届けする。(2016/2/2)

Apple、Siri利用の留守電テキスト化ツールをテスト中?
iPhoneで電話に出られないとSiriがユーザーに代わって応対し、メッセージをテキストに変換してユーザーに届ける──。こんな機能が来年登場するかもしれない。(2015/8/4)

週間記事ランキング
「Surface Pro 2」の気になるお値段 9万9800円は高いか、安いか?
私物端末を業務に利用するコンシューマーにとって魅力的な機能を備えているMicrosoftの新Surface。だが、その価格が導入の障害に? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/11/1)

Skype、Google Voiceのビジネス活用術も紹介
LINEだけじゃない、スマホで使えるビジネス通話アプリ5選
ビジネスとプライベートの2つの電話回線を1台のスマートフォンで使い分けることで、より業務の生産性が上がる――。Skype、Google Voiceなど、無料または50ドル程度で提供されている人気の通話アプリを紹介する。(2013/10/25)

3分LifeHacking:
iPhoneとWindows 7搭載PCを完全同期させてシームレスに使えるかどうか試してみた【前編】
iPhoneとPCの2つの端末間で差異を可能な限りなくすことに挑戦してみました。個人的にベストな壁紙、メッセージ、カレンダー、メール、メモ、RSSリーダー、そしてブラウザは?(2013/10/16)

各サービスの中心となるか
Googleウォッチャーが目を離さない「ハングアウト」動向
Googleがユニファイドコミュニケーションツールである「ハングアウト」の機能を拡張し、Googleの各サービスを統合しようとしている。同社の動きは他のコミュニケーションツールにどう影響を与えるのか。(2013/8/13)

Google、統合メッセージング機能「ハングアウト」を発表 iOSアプリも提供
「Babble」あるいは「Babel」という名称で発表されるとうわさされていたGoogleの統合メッセージングサービスは「ハングアウト」という名称になり、Android、iOS、Chrome版のアプリも公開された。(2013/5/16)

Google、死後のアカウントを管理できる機能を米国でスタート
Googleのアカウント設定に、アカウントに一定期間アクセスがない場合、データを削除したり、指定した連絡先に連絡するようあらかじめ設定する項目が追加された(日本ではまだ利用できない)。(2013/4/12)

Googleが混沌のチャット機能を「Babble」に統合するとのうわさ
Google Talk、Google Voice、Gmailチャット、Google+ Messenger──など複数のメッセージング機能を統合する計画があるという。(2013/3/21)

Googleの“春の大掃除”で「Google Reader」他8サービスを終了
2回目になる春の大掃除では、Google Readerの他、写真編集ツール「Snapseed」のデスクトップ版やMicrosoft Office向けプラグイン「Cloud Connect」の終了が発表された。(2013/3/14)

CROSS 2013レポート:
エンジニアも避けては通れない「安全な利用規約」の作り方
1月18日、「エンジニアサポートCROSS 2013」が開催された。その中から、NHN Japanのmala氏による「体系的に学ぶ安全な利用規約の作り方」をレポートする。(2013/2/5)

Facebook、Facebook MessengerにVoIPサービスを追加――カナダでスタート
Facebookが最新のメッセンジャーアプリ「Facebook Messenger」でVoIPや音声メッセージの提供を開始した。VoIPサービスは現時点ではカナダに限定されている。(2013/1/7)

Google、Gmailからの米国とカナダでの通話発信無料期間を2013年いっぱいに延長
Gmailの米国とカナダのユーザーは、2013年も国内通話を無料で利用できることになった。(2012/12/27)

GizmodoのTwitter乗っ取られる 原因は元記者のiCloudアカウント窃盗
被害に遭った元Gizmodo記者のマット・ホナン氏によると、ハッカー集団はAppleのテクニカルサポートへの“ソーシャルエンジニアリング”によってiCloudを乗っ取ったという。(2012/8/6)

自動運転カーレースや2ボタンキーボード:
Googleのエイプリルフールは今年も盛りだくさん
Googleの日本チームが公開したファミコン版Googleマップに負けじと、米国本社も多数のエイプリルフールネタを繰り出した。(2012/4/1)

“駅ナカ”アップルストアを現地からリポート:
世界最大級のアップルストア、ニューヨークのグランドセントラル駅にオープン
米アップルは9日、ニューヨークのマンハッタン島で4番目となるアップルストア グランドセントラル駅店をオープンした。店舗面積はアップルストア中最大、オープンの朝10時には約2500人が並んだ。(2011/12/10)

Google、「Google Voice」のデータエクスポートを可能に
Google Voiceの電話番号、履歴、メッセージデータを「Google Takeout」経由でダウンロードできるようになった。(2011/9/7)

「Google+」一般公開で「Blogger」と「Picasa」のブランド変更か
「Blogger」は「Google Blogs」に、「Picasa」は「Google Photos」になると、Mashableが報じた。(2011/7/6)

米ネットユーザーの24%はSkypeなどのIP電話を利用している――Pew Internet調査
2007年には米ネットユーザーの8%だったIP電話利用者が、今回の調査では24%に増加した。(2011/5/31)

GoogleのURLを使う詐欺サイトが見つかる、セキュリティ企業が問題提起
「Google Docs」のサービスがフィッシング詐欺サイトの運営に利用されるケースが多発しているという。(2011/5/31)

Google、米キャリアSprintと「Google Voice」および「Nexus S」で提携
Sprintの約5000万人のユーザーは、手数料なしに自分の電話番号でGoogle Voiceを利用できるようになる。(2011/3/22)

Google、音声プラットフォームのSayNowを買収
Googleが買収したSayNowは、AndroidやiPhone向けの音声ソーシャルツールを手掛ける新興企業。Googleはこの買収でGoogle Voiceの機能強化を狙っているようだ。(2011/1/26)

Google Voice、携帯番号での利用が可能に
Googleの音声通話サービスGoogle Voiceの「Google Voice Number」を自分の携帯電話番号に移行できるようになった。ただし20ドルの手数料が掛かり、キャリアとの契約は解除される。(2011/1/26)

Google、Gmailからの通話発信無料期間を2011年いっぱいに延長
Googleは、8月に米国とカナダで開始したGmailのIP電話機能による国内通話を2011年いっぱい無料で利用できるようにした。(2010/12/21)

「Google Voice」のiPhone版、ようやく米国で公開
“競合アプリ締め出し”問題で注目を集め、Appleが1年以上“審査”していたGoogleの電話サービスアプリ「Google Voice」が米国のApp Storeに登場した。(2010/11/17)

Android 3.0はテレビ電話やYouTube Leanbackをサポートか
近々登場とうわさされているAndroid 3.0は、テレビ電話やSIP、高解像度をサポートし、アイコンやユーザーインタフェースのデザインが刷新されているという。(2010/10/21)

せかにゅ:
東芝やSamsungのタブレット、「触ってみた」動画がWebに
東芝、Samsungなどが続々とAndroidタブレットを発表している。実機に触れてみた様子を収めた動画が、早速Webに投稿されている。(2010/9/3)

Google Gmailの音声通話機能はSkypeにとって脅威か?
両社のサービスにはそれぞれ一長一短があり、今後の競争の行方についてはアナリストの間でも意見が分かれている。(2010/8/31)

Skype対抗:
Google、Gmailから普通電話への通話発信を可能に
Googleが、Gmailに普通電話や携帯電話への通話発信機能を追加した。国内通話は無料で、国際電話はSkypeよりも安い設定にする計画としている。(2010/8/26)

Slide買収、Zynga出資――Googleのソーシャルネットワークはどうなる?
GoogleがSlideにZyngaとソーシャル関連企業の買収、出資を進めているが、それをソーシャルネットワーク戦略にどう生かすのだろうか。(2010/8/10)

Google、マルチアカウントの切り替え利用に対応
Googleのサービスで複数のアカウントを使い分けていたユーザー待望のマルチアカウント機能が正式に発表された。Gmailやカレンダーで、3つまでのアカウントをログインしたまま使い分けられる。米国の一部ユーザーから順次対応している。(2010/8/6)

Androidは秋冬で「春を上回る爆発」――日本Androidの会 丸山会長
日本Androidの会の丸山会長が講演を行い、Androidの動向やクラウドサービスがもたらすメディアの変化を語った。同氏は「Androidは急速にiPhoneの背中をとらえはじめた」とし、秋冬にかけて影響力はさらに高まると予測する。(2010/6/29)

Googleに音楽サービスは必要なのか?
Googleがオンライン音楽ストアとクラウド音楽サービスを開発していると報じられている。だが、Googleは勝ち目のない戦いをするより、Appleが音楽市場を囲い込んでしまったことを受け入れるべきだ。(2010/6/25)

「Google Voice」、米国で一般公開
これまで招待制だったGoogleのIP電話サービス「Google Voice」の一般向け提供が米国でスタートした。(2010/6/23)

iPhone 4にあったらよかったもの
iPhone 4はさまざまな新機能を備えており、大多数の消費者は満足するだろう。だが800万画素カメラや交換可能なバッテリーなど、一部のユーザーが求めていたものは実現しなかった。(2010/6/9)

「Google Goggles」のiPhone版が間もなく登場――Google担当者が明らかに
AppleはGoogleの人気ビジュアル検索アプリのiPhone版を承認したようだ。(2010/6/8)

超ッ速、デカ画面の未発売Android端末:
iPhoneにはもう戻れない! HTC EVO 4Gを使ってみた
Googleの開発者向けイベント、Google I/Oでは、最新のAndroid端末「HTC EVO 4G」が参加者に配布された。Google I/Oを取材した@ITの西村記者が、実機のインプレッションをリポートしている。(2010/5/26)

Google、VoIPサービス「Google Voice」に大学生を優先招待
「.edu」で終わるメールアカウントを持つ米国の学生は、優先的にGoogle Voiceの番号を入手できるようになった。(2010/5/17)

Facebookは「Open Graph」でWebを征服するのか
Facebookの「Like」ボタンがWebサイトの標準機能になれば、同社は膨大なユーザーデータを手に入れることで、Webに対する強大な支配力を持つようになるだろう。(2010/4/27)

Safariの競合:
Opera、iPhone版「Opera Mini」をAppleに申請したと発表
「Safariの6倍速い」Opera MiniをAppleは承認するだろうか? OperaはApp Storeに申請した瞬間からのカウントアップページを公開し、iPhoneが当たる予想キャンペーンを始めた。(2010/3/24)

せかにゅ:
AppleとGoogleの戦いは「第3次世界大戦」――関係者語る
携帯電話事業をめぐってAppleとGoogleの対立が深まっている。特に両社のCEOの間で敵意が強まっているようで、「驚くほどの敵意が業界の有力者2人を動かしている」と関係者は語る。(2010/3/16)

Google、ビジネス版Google AppsにGoogle Voice追加を計画
Googleは今年、Google Appsに200以上の新機能を追加し、有料版向けにはGoogle Voiceを組み込む計画だ。実現すれば強力なUC製品になるだろう。(2010/2/9)

iPhone向けIP電話アプリ「iCall Free VoIP」が3Gネットワーク対応に
Appleが開発者向けSDKのアップデートでキャリアのネットワークを利用したVoIP機能を可能にした。「iCall Free VoIP」は3Gネットワークで通話できる初のiPhoneアプリだ。(2010/1/28)

Google、iPhone向け「Google Voice」をWebアプリとしてリリース
iPhoneアプリ版のAppleによる承認が遅れている中、GoogleがHTML5ベースのWebアプリとしてVoIP電話サービス「Google Voice」をリリースした。(2010/1/27)

Google、Microsoft対抗のメディアプレーヤー開発 Chromeに統合へ
Googleは、Windows Media Player(WMP)と似たフル機能のメディアプレーヤーを開発して、Chrome OSとChromeブラウザに統合する計画だ。(2010/1/26)

Google排除でiPhoneにBing採用の可能性――利するのは誰か
GoogleがAndroid携帯に自社のWebサービスを組み込でiPhoneに対抗しているというのに、AppleがGoogleの検索エンジンを使い続ける理由があるだろうか。(2010/1/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。