ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Googleトランジット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Googleトランジット」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

それぞれ機能に個性あり――Androidの乗換案内アプリを比較する
電車やバスなど公共交通機関を日々利用する人にとって、乗換案内アプリは欠かせない。人気のアプリをいくつかピックアップし、有料版の機能も含めて使い比べてみた。(2011/6/1)

外出時の強い味方「モバイルGoogleマップ」を活用しよう
Android端末にプリインストールされているアプリ「モバイルGoogleマップ」。地図を見るだけでなく、乗り換え検索やショップ情報検索も可能な心強いアプリだということをご存知だろうか? ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも活躍するであろう便利ツールだ。(2011/3/17)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第31回 絞っても広げても優秀――「Google モバイル」の検索機能
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第31回では、Googleのケータイ向けサービス「Google モバイル」の中から検索機能を取り上げる。(2009/8/19)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第28回 「ウィジェット」や「ガジェット」を活用して素早くググる
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第28回では、待受画面から簡単な操作で検索サービスを利用できる「ウィジェット」を取り上げる。(2009/7/8)

Android携帯は「Chrome Lite」搭載、モバイルネット利用を重視
「Androidの父」Googleのアンディ・ルービン氏は、「T-Mobile G1」搭載のWebブラウザをオープンソースのWebKitコードをベースにしていると説明し、「Chrome Lite」と呼んだ。(2008/9/24)

Google検索トップページがリニューアル 「おすすめ」などタブからアクセス
Google検索の日本語版トップページがリニューアル。タブから各サービスにアクセスできるようにし、YouTubeやGmailは「おすすめ」に。(2008/3/19)

3分LifeHacking:
目的地の駅名が分からなくても乗り換え情報を調べる方法
「じゃ、14時に東京ミッドタウンに集合ね」なんて言われたものの、最寄り駅ってどこだけっけ? ――そんな経験はないだろうか。(2007/10/24)

企画マネジメント 「行き詰まり」解決法:
iGoogleで旬のネタを企画に活用する
Web2.0の先頭を走るGoogle。単なる検索サイトとしてしか利用していない人も多いかもしれないが、Web2.0の技術を利用した各種サービスがすでに利用できる状態にある。Googleの強力な情報収集能力と、Web2.0の技術を合わせたサービスは、必ずアイデアの創出に役に立つだろう。(2007/6/20)

「Googleトランジット」PC版は移動経路を“見える化”
グーグルは経路探索サービス「Googleトランジット」PC版の提供を開始。従来の携帯版の機能に加えて、地図上に移動経路を表示する。(2007/4/23)

グーグル、携帯向け乗り換え検索サービスに参入
モバイル版Googleニュースに続き、電車経路の検索サービスもスタート。携帯電話から使えるサービスを拡充中だ。(2006/10/18)

Google Earthのデータは「70Tバイト以上」
Google Earth開発責任者が来日し、「Google Earthのデータ量は70Tバイト以上」と明かした。データ量は毎月増えているといい、ユーザーによるコンテンツの追加にも期待をかける。(2006/9/27)

Google、公共交通機関乗換案内のβ版公開
GoogleのTrip Plannerでは、出発地と目的地の住所を入力すると、公共交通機関の時刻と料金、所要時間が表示される。ただし、カバー範囲は今のところ米オレゴン州のみ。(2005/12/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。