ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国債」最新記事一覧

関連キーワード

マネーの達人:
三菱東京UFJ銀行が、もう国債を買わないって本当?
三菱東京UFJ銀行が「国債市場特別参加者資格」を国に返上しました。今回はその資格と、それを返上することで国債に与える影響についてお話しします。(2016/6/27)

スピン経済の歩き方:
「石原さとみの眉が細くなったら日本は危ない」は本当か
女優・石原さとみさんの眉がどんどん細くなっている。彼女のファンからは「そんなのどーでもいいことでしょ」といった声が飛んできそうだが、筆者の窪田さんは「日本経済にとって深刻な事態」という。なぜなら……。(2016/5/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「中古車で十分」の先に起こる日本の不幸化
「新車なんて買えない。中古車で十分だ」。これが今の日本の消費者のリアルな声だ。そこには日本経済の停滞が大いに関係するのは言うまでもない。(2016/5/30)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

マネーの達人:
借金大国の日本が「安全な資産」と言われる3つの理由
2015年6月末時点で国の借金は過去最大の約1057兆円にふくれあがっています。世界一の借金大国となった日本ですが、他国からは「安全な資産」との見方も。今回は、日本が安全な資産と言われる3つの理由を考えてみます。(2016/3/4)

マネーの達人:
「マイナス金利」が導入されたけど、お金の運用はどうすればいいの?
2月9日、10年国債利回りが初のマイナスとなり、金利市場に大きな混乱が起きています。そんな中、われわれのお金はどう運用すればいいのでしょうか?(2016/2/19)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
投資信託の一番人気商品がお勧めできない理由
投資信託の中で最も人気がある「毎月分配型投資信託」。しかし、経済ジャーナリストの荻原博子さんは、お勧めできない商品だと説明します。その理由とは……。(2016/2/15)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
あなたの年金が減るかも? 「マイナス金利」がもたらす影響
いま話題になっている「マイナス金利」とは一体どういうものなのか。何が起ころうとしているのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/2/4)

「ゴルゴ13」に麻生大臣っぽい人? 記者会見での質問に「楽しみにしています」
「その程度は読んでいますよ」とさらり。ほかの質問との温度差があってもしっかり答えています。(2015/10/8)

世界を「数字」で回してみよう(15) ダイエット:
人類は、“ダイエットに失敗する”ようにできている
今回から新シリーズとしてダイエットを取り上げます。ダイエット――。飽食の時代にあって、それは永遠の課題といっても過言ではないテーマになっています。さて、このダイエットにまつわる「数字」を読み解いていくと、実に面白い傾向と、ある1つの仮説が見えてきます。(2015/5/14)

マネーの達人:
得する預金――少しでも高い金利で預金するポイント
最近、「預金で得するコツ」について問い合わせがありました。預金金利が過去最低水準にあるなか、少しでも高い金利で預金することに関心が集まりつつあるようです。今回は、少しでも高い金利で預金するポイントについてお話しします。(2015/3/26)

藤田正美の時事日想:
円高になるかもしれない、欧州の騒動
ギリシャのチプラス党首が「現実的な財政再建策についてEUなどと協議するが、これまでの支援条件を反故にする」と発言したことで、欧州が揺れている。党首の発言によってECにどんな不安要素が加わり、日本にどのような影響が考えられるのか。(2015/1/29)

マネーの達人:
冬のボーナス、お得な預け先はココ! 高金利ランキングまとめ
今回は、銀行の高金利ランキングと、今冬のボーナスキャンペーンについてまとめました。(2014/12/11)

藤田正美の時事日想:
安倍首相は何のために解散するのか
消費税10%への引き上げを延期し、11月21日に衆議院を解散すると発表した安倍首相。このタイミングで解散する理由を「増税の実行は前回の公約に入っていなかったから」と説明しているが、解散などしている暇はあるのだろうか?(2014/11/19)

ナレッジワーキング!!:
ニュースな数字も「見える化」すれば怖くない
「国の借金1000兆円」「2050年には65歳以上が4割」。数字で語られるニュースは分かったような気にになりがちですが、具体的なイメージはしにくいもの。図にまとめ直すことで分かりやすくなります。(2014/10/22)

経済破綻はなぜ起こったか? ギリシャ編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、ギリシャでの事例を紹介。(2014/10/21)

藤田正美の時事日想:
国を超えた富の移転は実現するか――EUが抱える、根本的な矛盾
IMFが世界経済の成長率見通しを下方修正した。現在最も懸念が大きいのは、日本型デフレに陥るリスクを指摘されているEUだ。ただ、EUが抱える問題はこれだけではない。域内の財政を1つにする上で、富の移転を国家レベルで行えるかという“壁”がある。(2014/10/15)

藤田正美の時事日想:
日本国債の“暴落”はいつ起きる?
「危ない」と言われ続けながらも、日銀の量的緩和に支えられてきた日本国債だが、さすがにそんな状況がいつまでも続くわけがない、というのが大方の予想だ。本当に国債は暴落するのか、そしてそれはいつ起きるのだろうか。(2014/10/1)

2020年に向けた日本の製造業の方向性――オープン&クローズ戦略に基づく「伸びゆく手」
今後のビジネスは付加価値の高い製品を守りながら、いかに世界中に普及させていくかが重要となる。これを実現するのが、オープン&クローズの知財マネージメント戦略思想である。(2014/9/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「社畜脱走計画」のために知っておかなければならないこと
まずは、自分の人生と真剣に向き合ってほしい。「しなきゃいけない」ことではなく「したいこと」を考えてみてはいかがだろうか。(2014/9/4)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
ここまで見せちゃう!? 真夏のガールズトーク
土曜不定期連載でお送りする『カブ・ジェネレーション』。肌が焦げてしまうような日焼けは乙女の大敵。でも、世の中にはもっと恐ろしい“焦げ”もありますよね……。(2014/8/30)

ベンジャミン・フルフォードが危惧する“東京オリンピック”の後
2020年に開催される東京オリンピック。期待される経済効果に疑問を抱くフリーランスのジャーナリスト、ベンジャミン・フルフォード氏の著書を紹介します。(2014/8/21)

エネルギー列島2014年版(15)山梨:
南アルプスからの清流で小水力発電、エネルギー地産地消の先進モデル
山梨県では2050年までに県内の電力需要をすべて再生可能エネルギーで供給する「地産地消戦略」を推進中だ。中心になるのが太陽光と水力である。高い山が連なる山間部では官民連携や市民共同出資による小水力発電所が次々に運転を開始した。全国でも先進的な取り組みとして注目を集める。(2014/7/22)

藤田正美の時事日想:
金融緩和で世界にあふれた“イージーマネー”、いつになったら正常化?
米国のFRBが金融緩和の縮小に向けて動き出しているが、これは金融上昇によるリスクもはらむ難しい問題だ。そもそも、世界的なバブルの後始末に苦労するという状況自体が、人類史上初めてなのである。(2014/6/25)

窪田順生の時事日想:
安倍さんの成長戦略を潰そうとしているのは誰か 犯人は“医療ムラ”
サプリメントの規制緩和をめぐって、消費者庁が揺れている。安倍政権がチカラを入れている成長戦略を骨抜きにしよう、という動きがあるのだ。具体的にはどんなことが……。(2014/6/24)

「国内投資は増えない」は本当か?
資産運用先として注目を集める海外投資。分かりにくいことも多い海外投資の入門用書籍『厳選10本のお宝ファンドを紹介!初めての海外投資でしっかり儲ける本』の著者、森智紀さんにインタビューを行いました。(2014/6/5)

世界を「数字」で回してみよう(1):
「数字」に落とせば見えてくる!? 時事問題をエンジニア的視点で読み解く
既婚と未婚はどちらがシアワセ? 領土問題の本質って? この世にごまんとあふれる、“分かるようで分からない問題”。そうした疑問も「数字」でみれば、問題の本質が分かるかもしれません。いったん数字に落とし込めば、エンジニアのフィールドに持ち込んで分析できます。気になる問題を数字で読み解く新連載、スタートします。(2014/6/5)

国内への投資は“危険”? 投資のエキスパートが語る
今国内への投資をするのは“危険”と植頭隆道氏。氏の著書から紹介します。(2014/5/27)

ビジネス英語の歩き方:
安易な英語乱用や大仰な日本語訳を見直す
最近、新しいカタカナ英語を目にすることが多くなりました。「ベースロード」「プライマリーバランス」……。もう少し簡単な日本語で表現できないものでしょうか?(2014/3/19)

スマートシティ:
島民が4億円を出資した太陽光発電所、300世帯分の電力を供給開始
瀬戸内海に浮かぶ淡路島の北端に、島民の出資による太陽光発電所が完成した。兵庫県が発行した総額4億円の「あわじ環境未来島債」を島民が購入して、県有地を使って発電所を建設・運営する方式だ。出力0.95MW(メガワット)の規模で3月中に運転を開始する。(2014/3/13)

藤田正美の時事日想:
クリミア半島を“制圧”するロシアに欧米が強く出られないワケ
ウクライナに軍事介入を行ったロシアに対し、欧米は制裁を発動したが、その内容はごく限定的なものだった。クリミア自治共和国の帰属もほぼ決まりそうではあるが、欧米がロシアに対し、強硬的な姿勢を取れないのには理由がある。(2014/3/12)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
南欧にチャイナマネーが入って不動産バブルが再燃?
2014年2月、日経平均株価が1日で500円以上下落して世界の金融市場が混乱しました。日本のアベノミクス景気にも、冷や水が浴びせられた格好になりました。投資マネーは株式だけでなく商品市場や原油などの資源に向かうこともありますが、不動産に向かうとやっかいなことになります。(2014/3/10)

藤田正美の時事日想:
貿易赤字が膨らむ日本、国債信用に更なる危機
日本の国際収支を表す経常収支が財務省から発表された。辛うじて黒字を保っているものの、貿易赤字は膨らむ一方だ。政府が財政再建の道筋を示さなければ、ヘッジファンドに日本国債を売られてしまうリスクがある。(2014/2/12)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
バレンタインに必ず(?)チョコがもらえるアプローチ
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。1年前に買った株が3倍になったと喜ぶあずさ。一方、ハゲタカ君はさらにおトクな投資を知っているようですが……。(2014/2/8)

2015年1月に迫る増税“タワーマンション節税が最適”の理由とは?
2015年の相続税増税。相続税対策に「都心のタワーマンション」が最も効果的な理由とは?(2014/2/4)

藤田正美の時事日想:
2014年、欧州の金融危機は起こるのか
中国、中東とともに2014年は欧州の金融政策に注目が集まる。欧州中央銀行がユーロ圏の銀行を一元管理するようになったが、欧州圏全体で財政を統一し、そして富の再配分を完成させるまでには長い時間がかかるためだ。(2014/1/15)

六本木の夜景を眺めながら:
働く男女の「資産運用コトハジメ」、堅実な人生に必要なお金はいくら?
東京・六本木にある日興アセットマネジメントのセミナールームに20〜40代の男女50名が集まって、人生を楽しく過ごすために必要なお金との付き合い方を学んだ。(2013/12/20)

スマートシティ:
京都市にも「屋上メガソーラー」、市民出資方式を併用
全国の自治体が公共施設の屋根を貸し出す形で、「屋上メガソーラー」の実現に相次いで乗り出している。京都市は約30カ所の市有施設の屋根を発電事業者に貸し出して、2013年度中に発電を開始する計画だ。市民からの出資で運営する「市民協働発電制度」も同時に推進していく。(2013/12/11)

ゼロからはじめる株式投資入門:
株式相場のいろいろな決まり
今回は、株式投資の基礎の基礎として、株式相場のいろいろな決まりを紹介します。(2013/11/8)

ゼロからはじめる株式投資入門:
そもそも「株」って何?
今さらですが、「株」とは何でしょうか? そして、株を買うことでどんなメリットがあるのでしょうか? 今すぐ分かる株式投資の基礎の基礎をおさらいしましょう。(2013/10/25)

藤田正美の時事日想:
米国債の債務不履行が世界恐慌を招きかねない理由
米国の累積債務額が17兆5000億ドル(およそ1750兆円)に達し、債務上限額を引き上げないと国債の償還ができなくなる恐れが出てきた。米国債のデフォルトを避ける手段とは?(2013/10/9)

藤田正美の時事日想:
米国の予算審議が滞り、世界景気の腰を折る
米国の2014年度予算の審議が進まず、17年ぶりに連邦政府の一部機能が閉鎖されるという異常事態に陥っている。もう1つ、債務上限枠の引き上げ問題もあり、世界経済はワシントンの動向を注視している。(2013/10/2)

赤字削減優先、インフラ整備延期 マレーシア、格下げや通貨安で対応
財政赤字の削減を目指すマレーシア政府は、支出抑制のためにインフラ整備計画を延期する方針だ。(2013/9/24)

NISA口座で非課税投資:
PR:2014年から始まるNISAってナニ? SBI証券で、メリットを聞いてきました
2014年から「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」がスタートします。一度はこの言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、一体どんなものなのでしょうか? FISCOリサーチレポーターの三井智映子が、SBI証券にお邪魔して「NISA」について詳しく聞いてきました。(2013/9/17)

藤田正美の時事日想:
中国の“リコノミクス”、抵抗勢力をねじ伏せる覚悟はあるか?
中国からまた暗いニュースが流れてきた。同国の成長率が政府の公式発表よりも大きく鈍化しているのではないかという指摘だ。輸出主導、投資依存型の高度成長からの転換期にある中国の今後は?(2013/8/7)

藤田正美の時事日想:
動き出す消費増税と社会保障改革、安倍首相が歩むいばらの道
予想どおり自公の圧勝で終わった参議院選挙。ねじれが解消したとはいえ、安倍首相の前にはどれも一筋縄ではいかない問題が山積している。(2013/7/24)

20〜49歳の投票率1%低下で、年間13万5000円の損? 大学教授らが試算
20〜49歳の投票率が1%低下すると、年間で13万5000円損をする――東北大学大学院経済学研究科の吉田浩教授と学生らがこんな試算を発表した。(2013/7/18)

若年世代が1%投票を棄権すると13万5000円損する──世代間格差、投票率にも一因・東北大
若年世代が1%投票を棄権すると、年間13万5000円の損となって跳ね返る──東北大学が試算を発表。1967年からの衆参選の年齢別投票率と国の予算の統計を集め、両社の関係を分析した。(2013/7/17)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の銀行に経営破たんのきざし
欧州の銀行のPBRは1を割っている。割安というよりも投資家が怖くて手を出せないともいえる。日本の銀行がバブルがはじけて以来、不良債権処理が大変だったのと同じ状況だ。(2013/7/17)

NRI、新日銀ネット対応の第2段階に向けた決済管理ソリューション対応に着手
野村総合研究所は、「I-STAR/LC」の新しい日本銀行金融ネットワークシステム対応の第2段階に向けたシステム対応に着手した。(2013/7/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。