ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グレープシティ」最新記事一覧

連載:Forguncy 3でカンタンWebアプリ開発:
第1回 Forguncy 3に触ってみよう
「Excel方眼紙」の「方眼紙」をもじった名前で話題となったForguncy。そのバージョン3を題材に、Forguncy 3によるWebアプリ開発の基本を見ていこう。(2017/11/10)

「神エクセル」は是か非か 識者が問題の本質を追究する「Excel方眼紙公開討論会」開催
「神エクセル」否定派と、否定的意見へ懐疑的な人の意見を交え、問題の本質と解決の糸口を目指します。(2017/8/8)

「Excel方眼紙=悪」なのか? 公開討論会9月に開催
「神Excel」などと呼ばれ、批判されることも多い「Excel方眼紙」。何が問題で、解決策はあるのか――専門家が意見をぶつけ合うイベント「Excel方眼紙公開討論会」が都内で開かれる。(2017/8/4)

スマホアプリへ高度なARエンジンを実装:
グレープシティ、ARアプリ開発用SDKの新バージョン「Wikitude SDK 7」をリリース
グレープシティは、iOS・Android用ARアプリの開発者向けSDK「Wikitude SDK 7」をリリース。新たに物体認識とトラッキング機能を追加し、JavaScript、HTML、CSSで既存のモバイルアプリへさまざまなAR機能を組み込めるようにする。(2017/7/18)

特集: Forguncy 3新機能解説:
Forguncy 3の新機能「Excelデータの一括インポート」「PDFエクスポート」「セル分割」を試してみる
Excelライクな操作性で簡単にWebアプリを作成できることで有名なForguncyの最新バージョンにはどんな機能が追加されたのか、目玉機能を幾つか見てみよう。(2017/6/2)

ExcelライクなノンプログラミングのWebアプリ開発ツール:
グレープシティ、「Forguncy 3」を発表 50以上の新機能
グレープシティが、業務用Webアプリケーション開発ツール「Forguncy」の新バージョンを発表。2017年5月29日に発売する。50以上の新機能を備えた。(2017/4/28)

Web帳票の運用環境をノンプログラミングで構築:
グレープシティ、Web帳票開発コンポーネントのサーバ製品「ActiveReports 11.0J Server」を発表
グレープシティがオールインワン帳票ソリューション「ActiveReports 11.0J Server」を発売する。Webサーバ(IIS)にインストールして利用し、帳票設計から管理、運用まで、Web帳票の運用環境をノンプログラミングで構築できる。(2017/1/26)

今こそ未来に備えるとき
Fordが自動車開発に活用 急拡大するAR/VRビジネスに必要なスキルとは
自動車メーカーから小売業に至るまで、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)が企業における従業員の働き方や製品の生産方法に変化をもたらしている。具体的な事例を紹介しよう。(2016/12/31)

20以上の業界標準コードに対応:
Salesforceで利用できるバーコードコンポーネント、グレープシティが発売
グレープシティは、米セールスフォース・ドットコムのアプリケーション開発フレームワークで利用できるバーコード生成コンポーネントの販売を開始した。(2016/3/17)

特集:Forguncy 2新機能詳説:
Forguncy 2のかゆいところに手が届く機能を見てみよう
今回はForguncy 2で追加された新機能のうち、リストビューの条件付き書式、ウィザードによるWebアプリの自動生成などの機能を見ていく。(2016/2/9)

特集:クロスプラットフォーム開発新時代:
Visual Studio+Xamarin.Forms+Xuniでクロスプラットフォーム開発
Xuniはモバイルアプリ開発で便利に使えるコントロールキットだ。本稿ではXamarin.FormsとXuniを組み合わせて簡単なアプリを作ってみる。(2016/1/29)

Excelライクの帳票作成ツールがバージョンアップ、40以上の機能を強化
Excel方眼紙のような感覚でWebアプリを開発できる「Forguncy」の新バージョンではグラフ作成やデータ連携がより簡単になった。(2016/1/21)

Windows 10、Edgeブラウザにも対応、40以上の新機能も:
「Forguncy」の新バージョンが発売
グレープシティは、Excelと同じ操作感覚でWebアプリケーションを開発できる開発ツールの新バージョン「Forguncy 2」を、2016年1月27日に発売する。(2016/1/21)

5年前の失敗を乗り越え再挑戦:
なぜNECは、10万件以上のテスト項目があるプロジェクトで、UIテスト自動化ツールを導入できたのか
NECの浦口宗也氏は、2015年10月に開催されたテスト自動化ツールの紹介セミナーに登壇。同社のUIテスト自動化ツール導入に関する取り組みを講演した。(2015/12/21)

オブジェクト自動認識で保守コストを削減:
PR:Web、デスクトップ、モバイルと70種類以上の多様なテクノロジに対応するUIテスト自動化ツールのRanorexとは何か
テクマトリックスが国内販売するUIテスト自動化ツール「Ranorex」を紹介するセミナーが開催された。同ツールの大きな特徴は、デスクトップ/Web/モバイルという広い範囲のクロスプラットフォーム対応と、テストケースの保守を大幅に省力化するUIオブジェクト自動認識機能だ。(2015/12/2)

ARアプリ制作が簡単に:
拡張現実対応アプリをWeb標準技術で開発、グレープシティがツールを発売
Web標準技術だけで、AR技術を使ったアプリを簡単に作成できるツールが登場。大規模開発向けの環境も。(2015/10/20)

ARアプリをHTML/Javaで開発する「Wikitude SDK」発売 スマートグラスにも対応
グレープシティは、HTMLなどのWeb標準技術でARアプリを開発できるツール「Wikitude SDK」を発売する。(2015/10/20)

連載:業開中心会議議事録:
Windows 10でデスクトップアプリはどう変わるか ― 第8回 業開中心会議
Windows 10の登場を間近に控えたタイミングで開催した本会議では、デスクトップアプリの将来について議論が交わされた。(2015/7/31)

APIを使わずにクラウドサービスからデータ取得:
グレープシティ、データ接続ツール「CData」の新製品を発表――Google Analytics、Dynamics CRMなどに対応
グレープシティは2015年7月29日、Office製品などとクラウドサービスを接続する「CData」シリーズに新製品を追加したと発表した。Google AnalyticsやDynamics CRMからのデータ取得が可能になる。(2015/7/29)

帳票を運用管理する新機能、グレープシティがリリース
「ActiveReports」に開発した帳票の利用や管理を支援する機能を追加できる。(2015/7/16)

Web上で帳票の管理・参照が可能に:
グレープシティ、SDKで外部システムとも連携可能なActiveReportsのサーバー版を提供開始
グレープシティは7月16日、Visual Studio向けの帳票開発コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」Professionalエディションのサーバー製品である「ActiveReports 9.0J Server」をリリースした。ActiveReportsで開発した帳票を、Web画面から管理・参照できるようになる。(2015/7/16)

Web APIの学習/利用コストを削減できるか:
Salesforce、SharePointとリアルタイムにデータ接続できるCDataシリーズにFacebook、Excelデータをつなげる新製品を追加――グレープシティ
グレープシティは2015年5月11日、クラウドサービスをリアルタイムで接続できる「CData」シリーズに新製品を追加。Salesforce、SharePointに加えFacebook、ExcelデータをExcelアドイン、ODBC、ADO.NET、JDBCで接続できるという。(2015/5/12)

特集:Forguncy Pro新機能詳説:
第1回 ワークフロー機能を試してみる
Excel感覚で手軽にWebアプリを開発できるForguncy。その新バージョンでサポートされたワークフロー機能を実際に試してみる。(2015/2/27)

連載:「○○してみた」日記:
【速報】Forguncy Proに触ってみた
2015年2月にリリースされた直後のForguncy Proを使用して、外部データベース接続とカスタムJavaScriptがどんなものかを試してみた。(2015/2/18)

連載:業開中心会議議事録:
2015年に到来する大変革「次期.NET/ASP.NET/Visual Studio、Windows 10」に備えよう ―第7回 業開中心会議
クラウドの隆盛、多様なデバイスの登場でITの世界は大きく変わりつつある。これに合わせるかのように、.NETやVisual Studioなど、マイクロソフトが提供する開発フレームワーク/ツールも次期バージョンでは大きく変化する。今回の会議ではこれら次世代の.NETがテーマとなった。(2014/12/19)

グレープシティが開発支援ツール「Forguncy」リリース:
Excel方眼紙をWebアプリにして楽になろう
帳票好きの日本人に浸透している“Excel方眼紙”。一方でこれがボトルネックとなり、業務の効率化が進まない現実もある。そこに着目したのが「Forguncy」だ。(2014/10/16)

連載:カンタンWebアプリ開発ツール「Forguncy」の実力を探る:
第1回 Forguncyに触ってみよう
「Excel方眼紙」の「方眼紙」をもじった名前で話題となったForguncyの正式版がリリース。そのForguncyによるWebアプリ開発を解説する連載スタート。(2014/10/15)

え、方眼紙? いえ、もっと高機能です:
Excel職人が業務Webアプリ開発できる「Forguncy」とは
クラウド、モバイル、ソーシャル……。そうはいっても現場はExcelで回っている。そんな企業の現実を解決するツールが登場する。UIも操作性もほぼExcelだ。身近な業務環境をExcel職人の手でそのままWeb化できる。(2014/10/9)

連載:業開中心会議議事録:
ツールから入る、モダンな.NET業務系HTML5/JavaScript開発
マイクロソフト技術がオープンソースで提供されたり、Web標準技術がツールに搭載されたりするなど、Visual Studioユーザーの状況は変わりつつある。今後、.NETとHTML5のどちらを選択すべきかを議論した。(2014/7/30)

「de:code」展示会場17ブース:
PR:今見ておきたい、多様化するデバイスやクラウドに対応したソリューションまとめ
(2014/6/16)

Windows XP移行待ったなし:
エンタープライズ開発現場が知っておきたいHTML5の4つの意義
Windows XP時代にエンタープライズ向けシステムのクライアント開発現場が抱えていた問題は、HTML5(Web標準)という一つ上のレイヤーからアプローチし解決する道が模索されています。本記事では、先月開催されたカンファレンス「Enterprise × HTML5 Web Application Conference 2014」から幾つかのセッションの内容をピックアップし、HTML5ソリューションの全体像を俯瞰し、上記解決の道がどこに向かおうとしているのかを探ってみます。(2014/3/28)

連載:業開中心会議議事録:
どうなる、SIと業務系アプリ? 最新&未来テクノロジーからの考察 ―第5回 業開中心会議
これまでの業開中心会議では「いわゆる」業務アプリの開発に関わるさまざまな技術をテーマとしてきた。果たして、それだけが業務アプリなのだろうか? 今回の会議では業務アプリの未来とチャレンジをテーマに議論が行われた。(2014/3/26)

“Excel方眼紙”でWebアプリ開発「Forguncy」プレビュー版公開
“Excel方眼紙”のような画面を使ってプログラミング知識不要でWebアプリを開発できるというソフト「Forguncy」のプレビュー版が公開された。(2014/3/24)

連載:業開中心会議議事録:
第4回 これからの業務系デスクトップアプリ開発〜Windows 8.1時代 君はいま、次世代に駆け出す……〜
Windowsの新バージョンであるWindows 8.1、そしてこれに対応した新たな開発環境であるVisual Studio 2013の登場によって、これからの業務系デスクトップアプリはどうなっていくのか。(2013/12/24)

“Excel方眼紙”のような画面でWebアプリを開発できる「Forguncy」 来夏発売へ
Excelの操作性そのままに、プログラミングの知識不要でWebアプリを開発できる「Forguncy」をグレープシティが来夏発売へ。(2013/12/5)

連載:業開中心会議議事録:
第3回 業務アプリ開発者が活用すべきマルチプラットフォーム向けの開発技術&サービス
“BaaS”の登場などにより、既存のサービスと組み合わせて本格的なアプリを“楽”に構築できるようになってきている。そいういった技術やサービスを業務アプリ開発にも適用できるのか?(2013/9/3)

Windowsフォーム資産をタッチアプリに、グレープシティが新製品
グレープシティは、既存のWindowsフォーム資産をWindows 8などでタッチ操作できるようにするコンポーネント製品を発売する。(2013/7/31)

NEWS
既存のWindowsフォーム資産をタッチ対応アプリにリメイク、グレープシティ
Windows XP/Windows 7用のWindowsフォームアプリでも、タッチ操作で画面のズームや拡大鏡を表示できるUIに変換するコンポーネントを発表した。(2013/7/31)

連載:業開中心会議議事録:
第2回 Visual Basic祭り 〜帰ってきたVB研公開ゼミ〜
C#の存在感が強まる中、VBに未来はあるのか? 今からC#に乗り換えた方がよいのか? Visual Basic開発者が集まり、VB開発とVB開発者の未来について講演・議論した。(2013/7/1)

グレープシティ、Windowsの手法でHTML 5のWebアプリを開発するフレームワークを発売
マルチデバイスに対応したWebアプリをVisual Studioを使って開発できる「Visual WebGui Pro Studio Web&Mobile 7.0J」を発表した。(2013/5/15)

Windowsフォームの開発手法でWebアプリを開発:
グレープシティ、Webアプリ開発基盤「Visual WebGui」を6月に発売
グレープシティのVisual WebGuiは、Windowsフォームアプリケーションを開発するのと同じ手法でHTML5対応のWebアプリを開発することができる。(2013/5/15)

NEWS
HTML5対応Webアプリを、Windowsフォームアプリ感覚で作れるツールが登場
これまでの.NET Frameworkベースの開発手法を用いて、CSSやJavaScriptなどを記述することなく、HTML5対応のWebアプリやマルチデバイス向けアプリなどの開発が可能なツールが登場した。(2013/5/15)

連載:業開中心会議議事録:
第1回 .NET技術の断捨離
.NETが登場して10年。.NET FrameworkやC#/Visual Basicは進化した。そこで最新のコーディング・スタイルや技術の使い方を講演・議論した。(2013/2/19)

ホワイトペーパーレビュー
帳票システムを生かすコツが分かる3つのホワイトペーパー
日々の業務遂行に欠かせない帳票。その作成や管理に役立つのが「帳票システム」だ。本稿では、帳票システムの選定や活用に役立つ3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/11/5)

連載:.NET中心会議議事録:
第9回 ASP.NETなWeb開発者のためのHTML5活用ポイント
スマートフォンやタブレットの普及に伴い、HTML5やレスポンシブWebデザインなどの、1ソースでマルチデバイスに対応できるWeb技術が注目されている。その実践ポイントをパネル・ディスカッションで議論した。(2012/10/23)

ホワイトペーパー:
Webアプリにマップチャートを実装する技術資料
グレープシティの提供するJavaチャートコンポーネント“WebCharts3D”を利用し、データベースなどから動的に値を取得してマップチャートを表示するWebアプリの開発方法をコードレベルで解説(2012/10/22)

グレープシティ、WPF向けの表計算グリッドコンポーネントを発売
WPFで利用可能な表計算グリッドコンポーネント製品の「SPREAD」を12月に発売する。(2012/10/17)

特集:『.NET開発者中心』リニューアルの真相:
業務アプリInsider、始めました
@IT全体のデザインや記事制作システムが刷新されたのを機に、旧「.NET開発者中心」コーナーも一新。その理由とは?(2012/10/10)

グレープシティ、UI開発ツールの最新版をリリース
クライアント側技術として「jQuery」を全面的に採用。SVGチャートなども取り入れ、スムーズな描画処理が可能なユーザーインタフェースを開発できる。(2012/8/22)

ホワイトペーパー:
ActiveReportsをVB6から.NETへ移行するときに役立つ資料
VB6で開発したアプリケーションを.NETに移行するには作り直しが基本。本文書はActiveX製品と .NET製品のActiveReportsの相違点をまとめた移行時に役立つ技術資料である。(2012/8/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。