ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GXS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Global eXchange Services

EIM(エンタープライズ情報管理)で開かれる新たな地平:
PR:日本でデジタル化の取り組みがうまくいかない理由、欧米企業と国内企業における非構造化データの活用格差とは
「エンタープライズ情報管理(EIM:Enterprise Information Management)」は、ECMをもう一段大きく発展させたものだ。日本ではそれほど一般的ではないが、英語圏ではECMやBPM、CEM(顧客体験管理)、BIなどのアナリティクス、eDiscovery(電子証拠開示)などのコンプライアンス対応、そして企業間データ連携といった、企業の情報を管理したり、企業間で情報を連携させたりするさまざまな機能を包含した仕組みとして注目度が増している。(2018/5/23)

マウスコンピューター、最新Quadro搭載のクリエイター向けデスクトップPCを発売
マウスコンピューターは、同社製デスクトップPC「LUV MACHINES」「MDV ADVANCE」など4シリーズにQuadro採用グラフィックスカード搭載モデルを追加した。(2014/10/27)

MousePro、6万円台からの“Haswell”搭載ビジネスPC
マウスコンピューターは、法人向けPC「MousePro」シリーズのラインアップに第4世代Coreプロセッサ搭載モデル6製品を追加した。(2013/6/3)

導入事例:
グローバルでの輸送ステータスをクラウドで可視化、富士ゼロックスが導入
NECとGXSが、物流統合クラウドサービスとグローバル対応企業間データ連携クラウドサービスを組み合わせ、グローバルでの輸送ステータスの可視化するクラウドサービスとして富士ゼロックスに提供した。(2013/5/16)

マウスコンピューター、約8万円からのQuadro K600搭載クリエイター向けデスクトップPC
マウスコンピューターは、CAD/CG作業などに向くQuadro搭載エントリーデスクトップPC計5製品を発表した。(2013/5/8)

ソーシャルネットワーク活用で取引先情報を瞬時に把握 GXS
企業間電子商取引プロバイダーのGXSは、買収したRollStreamとのサービス連携について説明した。(2011/9/2)

BCP再点検:
日本企業のサプライチェーン強化へITベンダーが震災復興支援策
先の震災を教訓とし、多くの日本企業がBCPを再点検し、より堅牢なグローバルB2Bの基盤整備に取り組み始めた。最大手のGXSは、数週間で最適なソリューションを提案、初期費用なども柔軟に対応する支援策を発表した。(2011/6/3)

SCM製品一覧
製造業や流通業において、生産から最終需要(消費)に至る商品供給の流れにおけるビジネスプロセスの全体最適を支援するSCM製品を紹介する。(2010/12/24)

グローバル経営の礎になるB2B基盤――GXSセーゲルCEO
企業間電子商取引分野でシステム統合のアウトソーシングサービスを提供する企業として、米GXSが注目を集めている。(2010/12/1)

GXS、世界の金融機関を連携する新サービス「SWIFTサービスビュロー」を開始
企業間電子商取引向けソフトウェアを提供するGXSは10月26日、都内で記者向けのブリーフィングを開催した。(2010/10/27)

SCM製品紹介
国際物流をアイテム単位で可視化できる「GXS Logistics Visibility」
リードタイムが長い国際物流は、輸送ステータスの把握が極端に難しくなる。世界規模のネットワークで各物流業者からステータスを取得することで、アイテム単位の追跡を可能にしたSCMサービスを紹介する。(2009/11/17)

無駄な利払いを減らす:
アビーム、日系グローバル企業向けにグループ資金の一元管理サービスを提供
アビームコンサルティングは、世界に複数の拠点を持つ日本企業向けに、資金を一元管理するためのサービスを提供すると発表した。(2009/9/28)

SCM製品紹介
生産から最終需要(消費)に至る商品供給の流れを部門・企業間で共有・管理するSCM(Supply Chain Management)システム。SCM製品を提供する各ベンダーへの取材を基に、それぞれの製品の特徴をまとめた。(2009/8/18)

東京エレクトロン、B2Bアウトソーシングサービスを導入
グローバル規模での商取引における受発注業務の効率化やシステム運用体制の強化を目的に、東京エレクトロンが新たにアウトソーシングサービスを導入した。(2009/7/22)

経済危機によってビジネス機会が創出 GXS
全世界の企業に向けてアウトソーシングサービスなどを提供するGXSは、世界的な経済危機によって苦戦する企業が多い中、独自の強みを生かして着実に売り上げを伸ばしているという。(2009/7/2)

TCO削減を実現する経営革新を:
PR:世界中の取引先とのデータ連携を迅速かつ容易に実現、GXSが提案するB2Bアウトソーシングの強みとは?
世界的な経済不況により企業システムの運用コスト削減は待ったなしの状況にある。ビジネスインフラの効率化に加え、さらなるビジネス拡大に向けてグローバル規模で新たな企業間取引を効率的にかつ円滑に構築するニーズが高まっている。全世界で3万5000社を超えるユーザーを持つGXSが提供するグローバルB2Bアウトソーシングサービスを通じて、企業はTCOを削減しながら、世界中の企業とのデータ連携を迅速かつ柔軟に展開することが可能だ。(2009/6/22)

アウトソーシングによるコスト効果の測定サービスを提供 GXS
コスト削減対策としてサーバなどのシステムをアウトソーシングする企業が増えている。GXSはアウトソーシングによるコスト効果を測定するサービスを開始した。(2009/2/5)

物流の可視化が生き残りの条件:
ヤンマー、グローバル規模の補修用部品の追跡管理をGXS製品で実現
機械大手のヤンマーは、把握しきれなかった補修用部品を追跡管理するために、GXSの物流可視化ソリューションを採用した。世界規模で物流の流れをリアルタイムに把握するシステムを7月より稼働している。(2008/11/11)

B2B ECの“厚い壁”を取り除く、GXS
GXSは、受発注データ処理の管理を一括受託するアウトソーシングサービス「GXS Managed Services」を発表した。(2006/11/16)

スターリングコマースの新社長に元GXS社長の小路氏が就任
企業間連携ソフトウェアを提供するスターリングコマースは同社の社長に小路恒久氏が就任したことを明らかにした。(2006/5/18)

GXS、合併による新体制で電子商取引市場を活性化へ
米GXSは4月13日、都内で記者発表会を行い、同社の日本法人とGインターナショナルが合併すると発表した。(2006/4/13)

SunのSeeBeyond買収に肯定的な評価
「SunはSeeBeyondをもっと早く買収していた方が良かった」という意見はあるものの、業界観測筋は今回の買収を「幸先のいいスタートになる」と評価している。(IDG)(2005/6/29)

Global eXchange、IBMのB2Bサービスを買収
(2004/10/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。