ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「H-IIB」最新記事一覧

JAXA、初の公式LINEスタンプ 宇宙飛行士や「きぼう」「こうのとり」「H-IIBロケット」など
JAXAが公式LINEスタンプを発売。4人の宇宙飛行士と「きぼう」「こうのとり」「H-IIBロケット」などが描かれている。(2015/11/18)

蓄電・発電機器:
宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機を支えた蓄電池
宇宙ステーション補給機「こうのとり」は5号機は2015年8月19日に種子島宇宙センターからH-IIBロケットにより打ち上げられ、国際宇宙ステーションへの補給を無事に行い任務を終えた。その動力を支えたのは、GSユアサグループの蓄電池だった。(2015/10/29)

「こうのとり」4号機に乗って:
ロボット宇宙飛行士「KIROBO」の打ち上げ日程が決定! 8月4日午前4時48分ごろ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力の下、電通、東京大学 先端科学技術研究センター、ロボ・ガレージ、トヨタ自動車が開発を進めてきたロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」がついに完成。2013年8月4日午前4時48分ごろ、H-IIBロケット4号機に搭載される宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機に乗って、種子島宇宙センターより打ち上げられることが決定した。(2013/6/26)

こうのとり3号機が宇宙へ H-IIBロケット3号機打ち上げライブ配信
「こうのとり」3号機を載せたH-IIBロケット3号機が種子島宇宙センターから打ち上げられる様子をライブ配信する。配信は7月21日10時20分〜。(2012/7/17)

宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機打ち上げ 迫力の映像を生で!
国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給機「こうのとり(HTV)」2号機をH-IIBロケット2号機で打ち上げる様子をライブ配信。宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センターから迫力ある映像を届ける。(2011/1/19)

H-IIB打ち上げシーンのHD動画、JAXAがYouTubeに公開
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、新型の大型ロケット「H-IIB」試験機の打ち上げシーンのHD動画を、YouTubeのJAXAチャンネルで公開した。(2009/9/15)

初のH-IIB打ち上げ成功 ネットに写真や動画続々
JAXAは11日早朝、新型の大型ロケット「H-IIB」試験機の打ち上げに成功した。打ち上げを見に行った一般ユーザーによる写真や動画ネットに投稿されている。(2009/9/11)

初のH-IIB打ち上げをJAXAがライブ中継
11日午前2時ごろ予定のH-IIB打ち上げをJAXAサイトでライブ中継。(2009/9/10)

H-IIB打ち上げ・HTVドッキングのライブ中継、配信・上映希望者を公募
国際宇宙ステーションに物資を運ぶHTVを載せたH-IIBロケットの打ち上げなどを配信したい事業者や放送局、パブリックビューイングを行う科学館などの公募が始まった。(2009/7/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。